上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
うちの家庭菜園

P1050874.jpg

ミニトマトが
勢力を拡大し、手がつけられない状態。

だが、

その中で
ひっそりと育つ野菜がいる。

レタス、チリ、にんじんなど。。。

でも、
やっぱりトマトの弾圧に耐えかねるのか
こんなひねくれた人参になってしまった。

P1050873.jpg

どうやって皮むけばいいんだよっ!

せっかくの自家栽培だから
生食がしたい。

必死に泥を落とし、皮をむき、
人参スティックにしたり、
細かく切って
サラダに入れたりした。

たかがサラダなのに、
泥おとしと皮むきに30分近くかかってしまった。

こういうのは、
皮ごとジュースにしたほうが
楽かもしれない。

そこで思いついた。

このトマトの勢力下
細々としかし確実に根を張る住人がいたのだ。

その名は「ケール」

ケールはあの青汁の原料になる野菜。

とっても栄養があって、
葉は固いが、
青汁以外にも、
サラダにしたり、炒め物に使える。

でも
もともとケールを手に入れた理由は
自家製無農薬ケールを使って
自家製「青汁」をつくり
腰に手を当て飲み干した後、

「う~ん、まずい!もう一杯っ!」

と叫びたかったから。

まだ葉は小さめだが、
人参と共に収穫してみた。

P1050955.jpg

ジュースにしようと思ったときに限って
真っ直ぐなにんじんが収穫できてしまう
人生の皮肉。

さっそく
ミキサーでガーッとやる。

できた!

P1050956.jpg

でも、
実は気の弱い私。
ケールと人参だけのジュースを飲む勇気はなく
リンゴもいれてしまった。

旦那や子供たちに不気味がられながら
手を腰に当て
飲み干す。

「う~ん、うまいっ!!!」

やっぱり
リンゴが頑張ってくれて、
人参臭さもケール青臭さも消えている。

私は朝、まずコーヒーから始めるのだが
こっちのほうが
ずっと体にはいい。
ジューサーじゃなくて、ミキサーなので
繊維もいっぱい残っていて
おなかにたまる。

今日の朝食はこれで決まり!

なんか、
朝の一発目から
栄養たっぷりの自家製ドリンクを飲んだので
健康美人な気分で
出かけることができたのだが、

腹持ちはしないらしく、
昼前にはお腹がすきすぎて、
用事も済ませることが出来ず、
フラフラになりながら
帰って来る羽目になった。

やっぱり
朝食はしっかり食べないとね!

そして、
トマトに負けることなく
ケールにはしっかり頑張ってもらわなければ!!

ちなみに、
オーガニックショップでケールを買うと
小さな一束が4ドルもする。

ケールがんばれ!!!


↓もうちょっとベジガーデンのお手入れをしないと。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ






スポンサーサイト
2011.11.07 Mon l 家庭菜園 l コメント (13) トラックバック (0) l top
実は最近
家庭菜園がちょっと憂鬱。

というのも、

6月に作ったベジガーデン。
P1040684.jpg

2ヶ所ベジガーデンを作ったのだが
こちらは
日当たりが悪いほう。

日照時間が極端に少ないので
ハーブ系を育てていた。

上の写真でチラッと見えているパセリも
2ヵ月後には
こんなに大きくなっていた。

P1040946.jpg

豪快なパセリの隣にひっそりと育っていたのは
オレガノ。

さらに
コリアンダー、紫蘇、ルッコラ、ミント、イチゴ
と育てていたが、
やはり
日当りが悪いせいか、
成長が思わしくなかったものの、
ここ最近になって、
だいぶ暖かくというか、
暑くなり、
この子たちが突然急成長をし始めた。

そして、
こんなことに、、、

P1050172.jpg

もうパセリなんか
食べれば食べるほど、
どんどん大きくなっていくので
日増しに膨張していくモンスターのようだ。

P1050174.jpg

そして
とう立ちしたコリアンダーが
パセリに押されて
オレガノ方面に乗り込んでいく。

P1050175.jpg

オレガノはオレガノで
コリアンダーから逃げるように
赤紫蘇方面へ
地べたを這いずり回って増殖していく。

結果、
紫蘇ばかりが苦しい思いを強いられ
成長がかんばしくない。

やっぱり
日本代表のハーブは謙虚だ。。。

そして
もうルッコラ方面を見てみると

ルッコラとミントが
互いに巨大化し、
場所の争奪戦が執り行われている。

P1050173.jpg

結果、
ルッコラに覆いかぶされたイチゴは
死滅した。。。

この戦国時代のような
ベジガーデン、
何とかしなきゃと毎日考えながら
ついつい
目を背けてしまう。

でも、
目を背けた先には

P1050177.jpg

育っているんだか
枯れているんだか
分からないようなミニトマトが、、、

幸い
実を山のようにつけているので
毎日
新鮮なミニトマトを食すことが出来ているので
まぁ、ヨシとしよう。

そんな中、

一人だけ
まともにスクスクと育ってくれている野菜がいる。

P1050171.jpg

えんどう豆。

こちらは発泡スチロールの箱に入れて育てているので
他の野菜とは隔離されていたのが
生き残りの秘訣だったんだろう。

実がずいぶん大きくなったので
収穫した。

この瞬間がたまらない。

P1050176.jpg

そして、
サヤを開けると

つやっつやでまん丸のえんどう豆が

P1050179.jpg

となったら

これしかないでしょう!!

えんどう豆ご飯

P1050180.jpg

お酒と塩で味付けしたこのえんどう豆ご飯。
私の大好物♪

自分が育てた新鮮な豆を使った豆ご飯は
味も格別。
豆もパサつかず
薄皮を存在していないように
しっとり、ふっくら。

こんな美味しい豆ごはん。

私以外、誰も食べてくれない。

子供たちは
豆をよけてご飯だけ食べるので意味なし。
私も
子供のころは
豆ご飯が嫌いだったので
別にいいんだけどね。

そんなわけで、
心置きなく
豆ご飯を独り占めする事ができた。

えんどう豆君、
君だけはまともに育ってくれて
ありがとう!

さて、

この
戦国武将と化したハーブたち、
ゴールドコースト夏の陣の後は
太平の世となってくれるのだろうか。。。


↓ってか育て主が何とかするべき?
にほんブログ村 海外生活ブログへ









2010.10.31 Sun l 家庭菜園 l コメント (14) トラックバック (0) l top
以前、オスダイコンを収穫した話を書いたが (記事はこちら
その後もダイコンたちは順調に育っていき、
味噌汁に入れたり
おでんに入れたり
サラダにしたりと
重宝している。

というか、
食べきれないので
ついつい収穫が遅れがちになる。

昨日収穫したダイコンは

P1050066.jpg

普通のダイコンだが、
よく見ると

P1050068.jpg

ぱっくりと口が開いている。

しかも、
葉に近いほうは、
すでにスカスカになってしまっていた。

もうちょっと早く収穫して
冷蔵庫にしまっておいたほうが
よかったのかな。。。?

先週収穫したダイコンは
ちょうどいい出来で
美味しかったが、

形が、、、

P1050040.jpg

・・・・ 

いや、

まてよ、、、

この形、
どこかで見たことあるような、、、

あ、

そうだ!!!

これよ、これ!!

basic instinct

このお色気ダイコン、
前回のオスダイコンの隣に育っていただけのことはある。

そして、
このお色気ダイコンは

葉っぱがふりかけとなり

P1050070.jpg

実のほうは、煮物として

P1050071.jpg

大変美味しくいただいた


どうもお上品に育ってくれなかったダイコンたちの横では
こちらがそろそろ収穫時。

そら豆
P1050065.jpg

そら豆は育っている時は鞘が立っていて、
収穫時期になってくると、下を向くらしい。
こりゃ間違いなくオスだな

ちょっと小ぶりだが、
もぎたてのそら豆、
茹でて食べようか
焼いて食べようか
ワクワクしながら毎日眺めている。

気がつけばもう
そら豆の季節。。。

夏もいっぱい野菜そだてるぞー!!!


↓家庭菜園に男女関係があったのか!?
にほんブログ村 海外生活ブログへ




2010.09.15 Wed l 家庭菜園 l コメント (12) トラックバック (0) l top
以前、間引きとしてダイコンを収穫したことはあったが
このたび、
立派に成長したダイコンを
本格的に収穫することになった。

根菜類は育てるの初めてだったので
この収穫の喜びはひとしお。

特に、
ダイコンはスーパーではなかなか売ってないし、
朝市で買っても
葉っぱはついていないし、、、

自分で育てて、
葉つきの大きな立派なダイコンを
収穫して
新鮮なうちにボリボリ食べるのが夢だった。

そして、念願の収穫

6本育っているダイコンの中から
一番大きくなっているのは

P1040878.jpg
このいびつな形のダイコン。

この子はほんの1ヶ月ちょっと前は
こんな小さな子供だった。

P1040793.jpg

1ヶ月で、形は悪いが、
よくぞここまで大きく育ってくれたものだ。

幼稚園の芋ほり以来
初めての根菜類の収穫。

ドキドキしながら
引っこ抜く。

意外にするっと抜けた。

あ、、、

あら、、、、

オスだ!!
P1040971.jpg

だって、

ほら、

真ん中に、

ねっ?

旦那とも気が合うみたい。
P1040969.jpg

このオスダイコン。
さっそく
切って生で食べてみた。

か、、、

辛い!!!

でも、
水にさらして、サラダにしたり
お味噌汁にいれたりすると
辛さもあまり感じない。

自分で育てたという喜びが
絶妙なスパイスになって
特別美味しく感じた。

でも、まあ
落ち着いて考えれば
普通のダイコンの味だんだろう。

ちなみにこのダイコンを育てた部分の土は
あまり肥料をあげてなかったところ。

他の4本が育っているところは
ちゃんと肥料をまぜたので
真っ直ぐ1本に育ってる。

やっぱり肥料はあなどれないなぁ。

このオスダイコン、
まだ食べきっていないのだが、
あと5本が
着実に大きくなっている。

最近温かくなってきてるし、
とう立ちしないうちに
さっさと収穫して食べちゃわないと。。。

もう一つ

嬉しい成長は、こちら

そら豆

P1040991.jpg
実がついてきた。

なんだか、よく分からないままに
育てているが、
ちゃんとこの実が大きくなってくれるか
不安。。。

夏には
収穫したてのそら豆と
キンキンに冷やしたビールを
飲むことを
楽しみにしている。

ちゃんと育ってくれますように。。。


↓やっぱり家庭菜園は楽しいね
にほんブログ村 海外生活ブログへ







2010.08.30 Mon l 家庭菜園 l コメント (14) トラックバック (0) l top
ちょうど去年の今頃、
2株かったイチゴの苗が、半年後に

こういうことになり
P1040288.jpg
今年3月ごろの写真

約30株ほどに増えた。

その後
順調に育っていき、

こんなに素晴らしいイチゴを提供してくれるようになった。

P1040926.jpg

去年のイチゴに比べて、
甘くてとても美味しい

まだまだ、たくさん実をつけているので、
赤くなるのが楽しみ!
P1040927.jpg

中には
こんなイチゴまで!?
P1040928.jpg
鬼イチゴ!?

ただ、
2株が30株に増えるたので、
来年、どんだけ増えるか考えるとちょっと怖いものがあるが、
いっそのこと
裏庭全体を
イチゴ農園にしてしまうのも悪くないかなぁと
考え始めている。。。

どうも、
我が家では、イチゴのみならず、
野菜たちが無秩序に増えまくる傾向があるが、
その代表選手ルッコラは
今花盛り

P1040911.jpg

そして、
ポットの中で、可愛らしく育っていた
パセリまで、
地面に植え替えたとたん

このありさま。。。
P1040946.jpg
奥のほうで遠慮がちに育っているのはオレガノ

挙句に、
マッシュルームコンポストからは、
大きくて立派なマッシュルームが
すくすくと育つ。
P1040932.jpg

なんだか美味しそうで、
焼いて食べたくなってしまうが、
あくまで、これはコンポスト。
何の種類のマッシュルームを使って作っているか不明なので、
残念ながら食べられない。

毎日これを見ながら
取って食っちまいたい衝動と、必死に戦っている。。。

ところで、

イチゴのほかにも
嬉しい収穫があった。

間引いたものなので、小さいが、

ダイコン 祝初収穫!
P1040934.jpg

間引いたと言うと
なんだか、計画的に育てているようで、聞こえはいいが、
実は、
身に覚えのないところから
いきなり4本のダイコンが育っていたのだ。

P1040933.jpg

そら豆の間から、すくすく育つダイコン。
そっとしておいてあげたかったが、
いくらなんでも、これじゃ
そら豆くんがかわいそうだ。

とりあえず、
食べれるくらいの大きさになるまで、待って
そして、引っこ抜いた。

ダイコンを収穫したら、絶対に作りたかったもの。

ダイコンの葉の漬物!
P1040950.jpg

塩と昆布でつけた漬物は白いご飯にぴったり!
ダイコンはマーケットなどで割りと手に入りやすいけど、
ダイコンの葉はなかなか手に入らない。
ず~っとこれが食べたかった。。。

そして、
ダイコンの根のほうは、もちろん

ダイコンサラダ
P1040949.jpg

シャキシャキしてて美味しかった♪

一方、
季節を無視して育ててしまった紫蘇。

大きくならずに
花が咲いてしまった。。。
P1040931.jpg

ゴールドコーストの気候なら
冬でも育つかなと思ったが甘かった。。。

そうそう、
同じ紫蘇でも
日陰で育てた紫蘇
P1040929.jpg

日向で育てた紫蘇
P1040930.jpg

日陰で育ったほうが
葉が大きくなることを初めて知った。

家庭菜園は
色々な発見があっておもしろい!

ゴールドコーストは、これからが夏。
今年はもっともっと
色んな野菜を育てるぞー


↓栽培は計画的に!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.08.20 Fri l 家庭菜園 l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。