上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
12月6日から
1月17日に延期になった
私のスピード違反の裁判。

昨日だったのだが、
結果を言ってしまえば、

大敗

だった。。。

前回行ったときから
またさらに
システムが変わっていたようで、
無罪を主張すると、
さらに裁判が延期になって
来月にコンファレンスがあるという。 ←意味不明。。。

もう、
行くたびに、色々違う事言われるし、
だいたい、
言っていること自体
ちんぷんかんぷんだし、
さっさと終わらせたかった。

私の主張は
有罪として、
有罪の主張は、証拠がないので
やむを得ないことであり、
当日の状況としては
警察の間違いの可能性も大いにある
ということで、
恩赦を狙った。

私が以前裁判所で見たケースで、
犬が病気だったからスピード出しました。
と言って、罰金が減額になった人もいるし、
今まで、30年間一度も違反した事なかったから
許してくれって言って、
減額された人もいた。

そのときの判事とは、今回は違う人だったが、
私の言い分にどんな反応をするのか、
興味があった。

用意しておいたメモを読みながら
切々と語った。

3車線道路をたった一人で
しかも、
他の人の違反切符を切りながら
どうやって正確な判断ができるのだ。
とか、
私は20年間一度も違反切符を切られた事がないとか、
云々かんぬん、
言うべき事は
言ったつもりだ。

そして、

判事は、、、


「それがどうした?」

的、反応。

その判事、
警察擁護派なのか、

大きな道路ではだいたい警察はいつも2人で取締りをしている
と私が言ったことに関しては、
「今の人手不足の状況で
何車線だろうが、一人で取り締まりをするのはしょうがない。」
(だからこそ、間違いがあるんじゃないの?)

スピードガンには、
そのスピードを出していたのが私だという証拠が
何もない
といった事に関しては、
「スピードカメラなんてものは、
最近出来たもので、昔から警察はスピードガンで取り締まっていた」
(だからなんだよ!意味わかんねーよ

さらに
「警察に間違いがあったとしたって、
あんだだって、60キロの制限速度以上で走ってたんだろ。
61キロで走ってたって違反なんだぞ!」
(いつ私が、60キロ以上で走っていたなんて言ったんだよ
だいたい
61キロと80キロだったら、全然罰金の金額だって違うだろ!!)

「20年間一度も違反切符切られた事ないと言っているが、
私だって、初めて違反切符切られたのは、
運転し始めて24年経ったあとだ。」
(おめーの事なんて聞いてねーよ
それだけ、違反する確立が低いってこと言ってんのじゃ!)

「まぁ、あんたの言う事も(警察のミス)ありえる話だが
だからと言って、下手に裁判所に来ると
私の一存で4000ドルまでの罰金を課すことだってできるんだから、
おとなしく200ドル払いなさい。」
(訳:200ドル程度の罰金で一々こっちの手を煩わせるな!)

な、、、

なんじゃそりゃーーーーっ!!!!

200ドルを払うのはしょうがないとしても、

言ってることが、
めちゃくちゃだぜーーー!!!
おっさんよ

しかも、
警察のミスもありえる話だがって認めてるじゃん。

一存で4000ドルってなんだよ?? 暴君か?おいっ

幸い
裁判費80ドルは払わなかったものの、
結局
元の罰金額200ドルを支払う事になった。

この度の200ドルかけた社会科見学。

面白かったというか、勉強になったというか、ムカついたというか、、、

学んだ事。

とにかく、
裁判所のシステムはコロコロ変わるので
要注意だ。
特にこの4000ドルという暴君システムは
3ヶ月前から突然施行されたもの。

それまでは、
裁判で負けても、
違反金プラス裁判費用で済んでいたが、
判事の一存で4000ドルまで罰金を増やす事ができるようにしたことで
安易に裁判所に駆け込む
私のようなヤカラを排除する試みらしい。

無罪を主張すると
翌月にコンファレンスと言うのも今回初めて聞いた話。
前回は
6ヵ月後にトライアルと言われた。
いずれにせよ、
私には意味不明。
でも、要は、
無罪を主張するたびに、裁判が先延ばしにされるようだ。
この日来ていたおじさんで、
もう4回裁判所に来て、そのたびに先延ばしにされ、
今回もまた翌月に来いと言われ
激怒していた。

そして、
法に触れていなければ、
あとの判決は、
判事の気分次第。

犬が病気と言っただけで減額してくれる判事も居れば、
警察のミスもありうるとまで認めながら、
しっかり元値のままの罰金を徴収する判事も居る。

自分で判事は選べないから
これも運次第。
日頃の精進がモノを言うのかもしれない。

なんにせよ、
簡単に裁判が出来る国ではあるが、
安易に裁判をするものではない。

いい経験になった。

もう、昨日の時点で
言われた罰金もすぐに払っちゃったし、
これで全部おしまい。

今日から気分新たに
安全運転を心がけ、
日々精進に邁進しよう。

あー

せいせいした!  ほんとはちょっと悔しいんだけどね。。。


↓裁判終了記念、よくがんばったポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



注:心が弱いので、この記事に関しての非難コメはご遠慮ください。


スポンサーサイト
2011.01.18 Tue l 裁判 l コメント (22) トラックバック (0) l top
先日
ある方からコメントをいただいた。

私のスピード違反裁判に関して、

裁判に関わる仕事をしているので、
何かアドバイスできないかと思いコメントしました。
よかったら
その道路の詳しい情報を教えてください

とのこと。

なんて、親切な方なんだ!!!(号泣)

地獄に仏?
渡りに船?
豚に真珠? 違うか。。。

裁判に関わるお仕事なんて
きっと毎日忙しいに違いない。

たかだか罰金200ドルの私の裁判で
人の手を煩わせるのも心苦しいのだが、
記録にもなるので
ここに記しておこうと思う。

裁判関係にはうんざり
という方もいると思うので、

この先は
続きを読む
からお入りください。

↓その前に、いつものね!
にほんブログ村 海外生活ブログへ




2010.12.12 Sun l 裁判 l コメント (18) トラックバック (0) l top
いよいよ今日がその日。

色々自分に言い聞かせながらも、
やっぱり
緊張は収まらない。

準備は完璧なので
もう
早く終わらせてしまいたい気持ちで一杯だった。

そして、いよいよ
裁判所へ。

11時ちょうどに到着。

まずは記念撮影

06122010697.jpg

そして、
手荷物検査を受けて

この電光掲示板で
自分がどこの部屋へ行くか
確認する。

06122010698.jpg

私の名前を見つけ、
コートルーム9を確認する。

9号室はここ

06122010700.jpg

扉が閉まっていたので
しばらく部屋の外で待っていた。

そして、
扉があくと、
今日裁判をする人たちが
ゾロゾロと中に入っていく。

まずは裁判官の顔を確かめる。

ふんふん、

太ってはいるが
意地悪ではなさそうだ。

時々嫌みったらしい笑顔を浮かべるのが気になるが
まぁ、
大丈夫だろう。

そして、

まず最初、
名前を呼ばれた人から
前に出て
審判が始まる。

この最初に呼ばれた人物。

罪状を聞くと
私と同じ場所でのスピード違反だった。

そのほかの人たちも
同じ場所でのスピード違反が多かったので、
同じようなケースをまとめて
今日呼び出したんだろう。

ところで、

まず、最初の人の審判を聞いていると
何かおかしい。
何を言っているのか分からないが、
次の裁判の日時を決めているようだった。

次の人も、
その次の人も、

そして、
隣にいた旦那がボソッと

「今日は何もやらないのかもしれないな・・・」

とつぶやいた。

そ、、、
そんな、、、

今日のために必死に準備して練習して、
緊張で脳みそが飛び出しそうなりながら
がんばってここに来たのに、、、

何もしないで
次回に引き伸ばしって
どういうこと!?

しばらくすると
裁判官が
傍聴席に控える裁判待ちの私達に
話し始めた。

「もし、あなた達の中で
有罪を申し立てた人は、今日ここで、
次回の裁判日時を決定して
そのときに判決を下すが、

無罪を主張した場合、
このような簡易裁判でなく、
本格的な裁判(トライアル)に行ってもらうことになる。

軽い気持ちで
違反切符を裁判所に持ち込む人たちが多いが、
トライアルとなった場合に
有罪が確定すると
罰金が4000ドルにまで上がってしまう事もあるので
よく考えるように。」

正直、
このときの私、

裁判官が何言っているのか
チンプンカンプンだった。

そして、
裁判官が

「この中で無罪を主張するものは?」

と聞くので、

その英語だけははっきり分かったので
思わず
勢い良く手を上げてしまった。

「では、そちらの女性、
前に出てきてください。」
と裁判官。

ひぃいいいい~~~~

とうとう来た~~~!!!!

「苗字は?」

「コバです」

「コバですね?」

「はい。裁判長」

この「はい、裁判長」は英語で
Yes,Your Honor(ユア、オナー)
なのだが、

練習時、これをいつも私は
Yes,Your Owener(ユア、オーナー)
と発音してしまい、
旦那に直されていた。

そして、
裁判官は私の罪状を読み上げる

「これで間違いないですか?」

「はい、裁判長」

「それでは、@#$%&*&*(&^$@#@#?」

「・・・・・

おい、おっさん
意味が全然分からないぜ

そう思いながら
傍聴席に座る旦那を振り返る。

目で
「何言ってんの?この人??」
と訴える。

旦那が
「裁判長、私も前に出てよろしいでしょうか?」
と聞く。

裁判長
「どうぞ。」

そして、
旦那と裁判官のやり取りが始まる。

旦那「@#%^&*(^$?」

裁判官「@$&^&&*%^%^#」

旦那「それじゃ、##%^^*#$$#%なのですね?」

裁判官「いや、それは##$&^*$#ということになる」

旦那「ってことは、$%&^&%##ですか?」

裁判官「そう、ただし%^*(*)^&^%#3ということもありうる」

私「・・・・・

は、
話がまったく見えない。。。

しかもここで旦那が
「じゃ、どうする?」
って聞いてくる。

どうするも、こうするも、
話が全然見えないんだから答えようもない。

とりあえず、
今日はどう申し立てをするかということで、
私は裁判官に

「私はスピード違反を犯していないので、無罪を主張します」

とはっきりと言った。

そして、
勢いづいて

「なぜ無罪を主張するか、説明させていただけますか?」

と言うと、

旦那はあせって

「違う、違う、今日はそれはやらないんだよ」

と私を止めた。

もう、訳分からない。

すると裁判官は
「無罪を主張するとなると
トライアル(本格的な裁判)に持ち込む事になります。
そのトライアルの日までに
弁護士を見つけ、
リーガルアドバイスを受け、
無罪を立証する証拠を集めてください。
必要ならば
警察に行って、
証拠になりそうな書類など
提出してもらう事ができます。
そして、トライアルの日時は6月○○日です。」

そんな大掛かりな事になるなんて、、、
と青ざめる私。
しかも
6月・・・?

旦那もびっくりした様子。

そして、
また、
旦那と裁判官のやり取りが始まる。

「#$^%&*^#?」

「#%&^*&*&(&$%」

結局、

今無罪を主張すれば否応なしに
トライアルとなってしまうが、
今は主張せずに、
申し立て自体を延期することができるらしい。

もちろん次回で無罪を主張すれば
結果的にトライアルとなるのだが、
有罪を申し立てながらも
恩赦を要求することは出来る。
その場合は
罰金の減額という形になるのだろう。

今思いっきり

「無罪です」

と申し立てておきながら
結局、
申し立て自体をを延期することにした。

というわけで、

今日は
次回の裁判の日時を決定しただけで終わってしまった。。。

なんだよーーーー

あれだけ一生懸命練習したのに!!

無罪を主張するとトライアルになるが、
有罪を主張すれば簡易裁判で審理が行われるなんて、
なんだか
私達に無罪と言わせないための苦肉の策のようだ。
さらにその裁判で失敗すれば最高4000ドルの罰金だなんて。。。

たかだか200ドルの罰金の事で
トライアルに持ち込み
その準備にお金と時間を費やし、
刑事事件並みの
大袈裟な裁判をしなきゃいけないなんて
精神的にもあまりにも負担だ。

結局
次の私の裁判は来年1月17日に引き伸ばされた。

そして、
今度は一転して
有罪を認め恩赦を求める方針になった。

散々緊張した時間を過ごしたのに
結果が今日出なかったのは
がっかりだし、
またさらに6週間もこの事を考え
当日には今日ほどじゃなくても
また緊張に時間を過ごすのは
ちょっときついものがある。

でも、

真実は
私が走っていた時、スピードメーターを見ていなかった。
スピード出していたかもしれないし
出していなかったかもしれない。

なので、
全面的に無罪を主張するのに
ちょっと躊躇というか、
心苦しいところがあったのは事実だ。

だから、
次回、
有罪ではありながら、
警察のミスを指摘して恩赦を要求するほうが
自然だし、
無理がない。

もう一度計画の練り直しとなったが、
今回は
ヘンな意地をはって
全ての準備を一人でやったが、
これだけ裁判中には旦那に助けてもらったし、
やっぱり素直になって
次回は
旦那と2人で力を合わせて
準備をしていこうと思う。

それにしても、
裁判官と旦那のやり取りを見ていた私。
まったく意味の分からないやり取りに
ポカンと口を開け
かなりのアホヅラだったろうな。。。

やっぱり異国での裁判はハードルが高い。

今日は心が疲れてちょっと凹みそうだが
明日からまたがんばろ。
そして、
6週間後に軽やかにそのハードルを飛び越えよう!

・・・できるのか?

そんなわけで、

裁判シリーズ
もう少し続きます。。。スミマセン


↓疲れたの。ここ押してくれる?
にほんブログ村 海外生活ブログへ

2010.12.06 Mon l 裁判 l コメント (29) トラックバック (0) l top
今日は朝からちょっと緊張気味。

というのも

明日は、

裁判の日。

もう言う事も見せる写真も準備は出来ている。

練習も夜な夜な一人で何回もしてきた。

でも、

あの裁判所という独特の雰囲気に呑まれてしまいそうで
ましてや英語だし
頭の中が真っ白になったらどうしよう、、、

など、
考えてもしょうがないような事ばかり
考えてしまう。

こんなに緊張したのは
いつ以来だろう。。。

6年半前
大きなお腹を抱え、オーストラリアに移住する前の日
家族と別れる寂しさ、
特に
余命わずかの父と離れる辛さ、
そして、
友人知人誰一人いず、
勝手分からぬ外国に住み、子供を生む不安、

私はかなり緊張していた。

そういえば、

ミーナが生まれる直前
陣痛が始まった時
すでにお腹が痛いのに
これから
どこまでの激痛に耐えなければいけないのか
考えた時も

私はかなり緊張していた。

あぁ、そうだ、

海外添乗員になったときの
初仕事。
一人で20人近いお客さんを連れて
行った事のない国に
何度も行った事のあるフリをしながらも
最初の乗り換え空港、
パリ、シャルルドゴール空港で
思いっきり迷った時、

私はかなり緊張していた。

そう考えると、

ここ近年、

心臓がバクバクし
ちびりそうになるほど
緊張した事って
なかったんだ。

人生を引き締める意味でも
たまに
こうやって緊張するのは
いいことかも。

うまくいかなくっても
家庭が崩壊するわけじゃない。
誰か死ぬわけでもない。
ほんのちょっと多く
お金を払わなきゃいけないだけ。
それはそれでキツイが、、、

それどころか、

うまくやり通せば
もっと自分に自信を持つ事ができ、
自分が飛躍的に
成長するかもしれない。

こばちゃん人生劇場の一コマとして
この機会を楽しむ事にしよう。



自分に言い聞かせつつも、

5分後にはやっぱり
緊張状態に戻っている私。

あぁ、

はやく終わってくれ~~~


↓力強い応援を!!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ




2010.12.05 Sun l 裁判 l コメント (12) トラックバック (0) l top
とうとう
裁判所から手紙が来た。

ことの発端は
8月に起こした私のスピード違反。 そのときの記事はこちら

その後裁判所に見学に行って
勝てる自信を持ち
勢いづいて
裁判の手続きをしたのだが、

その後
10月には赤信号無視で
違反チケットが届き 
スピード違反より高い罰金に
凹みまくっている最中だった。 そのときの記事はこちら

手続きした以上
知らせが来るのは分かっていたが

書留で
いかにも
重要書類っぽい用紙が
緊張をさそう。

3枚綴りだ。

まずは裁判所からの
裁判の日時と内容の通知
P1050211.jpg

次が
警察から、
裁判に伴って
私のドライビングヒストリーを調べ
裁判所に提出する事があるという通知
P1050208.jpg

3枚目が
私がこの日に裁判に来れない場合にサインする用紙
しかし自分抜きで裁判が行われて、
有罪になっても
文句は言えない
P1050209.jpg

それにしても
難しい言葉がずらずら並んでいて
それだけで
気後れしてしまう。

ただの紙切れなのに
何人ものオフィサーのサインと
クイーンズランド政府のロゴが入った
ハンコが押してあると
これまた
何とも言えない威圧感がある。

自分で決めた事なのに
専門用語だらけの難しいオフィシャルな書類を目にしただけで
弱気になってしまう自分が
情けない。。。

弱気な自分に鞭打って
裁判対策を練らないと!

まずは
裁判英語だな

でも、
今日一日くらいは
ちょっと気後れしている自分に
「いい子、いい子、大丈夫よ~」
と頭なでなで
甘やかしてあげて

明日から
頑張ろう

ちなみに裁判は
12月6日月曜日 午前11時から

応援傍聴、熱烈歓迎!


↓ここもなでなでして~!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2010.11.09 Tue l 裁判 l コメント (20) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。