上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回の記事で
ミーナのランチボックスを紹介したが、
あの後、
考えた。

ミーナに作ったら
やっぱり
リサにも作らなきゃ
不公平だな。。。

別に
リサが欲しいと言ったわけではないのだが、
自分に都合よく
言い訳をしながら
カタカタとミシンを踏む。

できた。

10052012031.jpg

リサは
外にポケットをつけ、
そこにレースをつけた。
(レースが足りなかったので・・・)

裁縫の勢いがついてきたところで、

こちらを仕上げた。

11052012036.jpg 夜写真を撮ったので色が悪い

私のサマードレス。

実はこれ、
去年の9月に作り始めたものなのだが、
突然
裁縫の気分ではなくなり
途中でピタッと止めてしまい、
そのまま
作りかけが箱の中で眠っていた。

こちらはこれから冬なのだが、
とりあえず、
作り終えてよかった。

体型が変わらなければ
次の夏に着てみよう。

サマードレスを仕上げると
なんか
もう一つ
服が作りたくなる。

なので、
子供のスカートを作ってみた。

11052012033.jpg

子供のスカートも
やっぱり
一つだけじゃ
やばいでしょ。

もう一つ作る。

11052012035.jpg

なんか、
私の物や
子供の物ばかりで
旦那のものが無い。

申し訳ないから


トランクスを作った。
11052012032.jpg
程よくピンボケでよかった。


旦那も大いに喜んでくれたのだが、
このトランクスをはきながら
微妙な歩き方をする。

はき心地悪いのかなと思ったら、
このトランクス、
きちんと布端の処理をしなかったため、
布から糸がほつれていて、
それが、
ちょうどお尻の穴あたりを
くすぐっていたらしい。

一度お尻の穴に当たった糸は触りたくないので、
旦那に自分で切ってもらい
すっきりさっぱり。

サイズもちょうど良く、
ポリエステルのつるつるした生地を使ったので
はき心地抜群のようだ。

よかったよかった。


たったの3日間で
これだけのものを作った私は
偉いのか?
バカなのか?

さらに
今日は
子供達のパジャマを作るための生地と型紙を買ってきた。

この裁縫熱、
まだまだ続きそうだ。



↓手作りって楽しい!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
スポンサーサイト
2012.05.11 Fri l 趣味 l コメント (8) トラックバック (1) l top
ミーナがランチバッグをなくした。

もうかなり使い込んでいるし、
どっちみち
そろそろ捨てようと思っていたので、
別に良かった。

新しいランチバッグを探していたのだが、
なかなか
いいのが見つからない。

そうだ!

ひさしぶりの
手作りしよう!

というわけで、

しまいこんであったミシンを引っ張り出す。

一時期は夢中になっていたミシンも、
かぎ針編みの勢いに押され
影が薄くなっていた。

そういや
布地も色々買い込んである。

今日は外に出かけたくない気分なので、
家にあるものだけで作りたい。
ちょうどいい具合に
デニム地の布があった。
これなら
丈夫だし、
汚れも目立ちにくいし、
ミーナのランチバッグにピッタリだ。

そして、
ネットで
色々と検索をしながら
これ!
と思うものを見つけ、
そして
作ってみた。

09052012023.jpg

レースもたまたま以前かって置いたもの。

巾着部分の紐がなかったので、
プレゼント用のリボンを使ってみたのだが
これだと
いまいち使い勝手が悪い。。。

う~ん。

意地でも
買い物には出かけたくない。。。

そこで、
ひらめいた。

私がかぎ針編みのために買い込んである
コットン糸があったので、
それで
鎖編みをして
紐代わりにしよう!

そして

09052012027.jpg

ムフフ

私って天才じゃないかしら?

ところどころ縫い目が曲がっていたり、
つなぎ目がずれていたりするのだが、
まぁ、
それは愛嬌ということで、
っていうか、
こっちのお店で買ったって
そんなの
良くあることだし。

う~ん
久々の手芸は楽しかった。

次は何を作ろうかな?


↓作ってみると、学校へ持たせるのがもったいない。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2012.05.09 Wed l 趣味 l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日はテニスの日。

たいていテニスのレッスンは
5,6人しかいなくて、
私以外はみんな10代の若者。

私はかなり浮いた存在だったのだが、
今日にいたっては
なぜか
大人が私のほかに二人、
そして
若い子たちが10人くらいという
大所帯だった。

そんなわけで
今日は
大人と若い子たちの二組み別れて
コーチングしてもらうことになった。

若い子たちのグループは
当然のことながら若い方のコーチ。

大人の方は
これまた当然のように
アインシュタインヘアーのおじちゃんコーチ。

おじちゃんには初めて教えてもらう事になるのだが、
ミーナのレッスンを見ている限り
若いコーチよりおじちゃんのほうが
教え方が上手。
しかも
今日は私入れて大人3人だけのクラスなので
しっかり教えてもらう事ができる。

ちょっと
ラッキー♪
と喜んでいた。

しかし、
このおじちゃん、、、、

やたら触る。
そして
距離が異様に近い。

まあ、
胸とかお尻とか触られるわけじゃないし、
テニスのレッスンなら
しょうがないのかもしれないが、
何か気になる。

でも、
おじちゃんが
ここをこうして、
こうやって!
と言いながら私の腕や肩を触って
位置を直すと
ものすごく上手に打てるようになるから
やっぱり文句は言えない。

ちなみに
若い方のコーチは
一切触らないけど、
フォームなどはおじちゃんほど
きっちり教えてくれない。

どちらがいいか、、、

やっぱり
上手になりたくて来ているんだから
多少触られるのは
我慢しよう。

そして

しばらく
サーブの練習をしていた。

やっぱりおじちゃんが
腕はこうして
足はこっち向きで
なんていいながら
腕やら、肩やら、足やら
色んなところを触ってくる。

でも
おじちゃんが直してくれた通りのフォームで打つと
ものすごくいいサーブが打てるようになるから
やっぱり文句言えない。

そして、
しばらくサーブの練習をしていたら
肩が痛くなってきた。

自分で肩をさすっていたら
おじちゃんが

「なんだ、肩でも痛めたか?」

というので

「いえいえ、大丈夫。何でもないです。」

と答えると、

「痛いならマッサージしてやろうか?
 おれはマッサージが上手くて有名なんだぞ。
 旦那には内緒で、マッサージしてやるぞ~。
 ウシャシャシャシャ」

このおじちゃん、
気のいいおじちゃんなんだけど、、、、

実のところ

単なるエロおやじか!?

そして
レッスンも終盤にさしかかったころ、
ボール拾いをしていると
おじちゃんが

「おまえのテニスもだいぶいい感じになってきなぁ」

と言うので、

「そうですか?
 おかげさまで、だいぶコツをつかめた感じで
 気分いいですよ。」

なんて答えたものの、

耳の遠いおじちゃんには一切聞こえていないようで
突然
おじちゃんが
私のそばによって来て

「テニスもだけど、おまえもなかなかいい感じになってきたぞ! 
 ウシャシャシャシャ」


またセクハラ発言を繰り返す。

しかも
おじちゃん、私の名前を覚えていないので
ミーナを連れている時は
いつも私のこと
「ママ」と呼んでいたのだが、
今日はなぜか

「プリンセス

と呼んでくれていた。

おじちゃんにねぇ~

プリンセスと呼ばれてもね~・・・

せめて
おじちゃんが30歳、
いやいや
20歳でも若ければ、、、

もしくは

私が20歳年取っていれば (老いらくの恋?)

このプチセクハラテニスレッスンも

超刺激的なアバンチュールになるのになぁ。

いや、せめてこれが
若い方のコーチだったら
ちょっとはドキドキするかもしれない。

といっても、
若い方のコーチは20歳そこそこで
若すぎるのよね。

愛しのスコット君だったら
どんなに触られても
文句言わないのに。
ってか
こっちのほうが触りたい。

「コバ、腕はこうして、体をこう回してぶん殴るんだよ」
「ちがう、ちがう、
 ほら、この足はこう、腰をこう使って、蹴りをいれるんだよ」
なんて言いながら
腕やら腰やらを触りながら教えてくれるスコット君を想像してしまう。
そして、
スコット君が
私の耳元でささやく。

「コバ、おまえはいつ見てもいいオンナだな~
 ウシャシャシャシャ」

きゃ~!!!

「ウシャシャシャシャ」はやめて~!!!

こんな妄想をしている私も
おじちゃんとたいして変わらないのかな。。。?



↓スポーツは楽しいね
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
2011.10.28 Fri l 趣味 l コメント (6) トラックバック (0) l top
毎週火曜日はミーナのテニスレッスンの日になった。

先生は

30092011328.jpg

このおじちゃんだったり、

30092011331.jpg

この若者だったり。

そして、
最近分かった事なのだが、
このおじちゃんと、若者は
実は親子だった。

そういえば、
この若者の頭におじちゃんのアインシュタインヘアーを乗っけると
そっくりだ。

なるほどね。

ファミリー経営のテニスクラブだったんだ~。

でも、
経営といっても
それでやっていけるの?と心配になるほど
レッスン料は安いし
(子供は1時間半で10ドル)
しかも
レッスンが終わるたびに
子供達にはロリポップが配られる。

ソーシャルテニスだって
1人10ドルだし、
大人のテニスレッスンも
1時間半で15ドル。

しかも、、、

子供がレッスンをしている間
同じくレッスンに通わせている友達のママと
座りながらくっちゃべっていると
アインシュタインがやってきて

「ラケットもってるか?」

と聞いてきた。

「はい、もってますけど。。。」

「それだったら、そんなところで座り込んでないで
 そこの開いているコートでテニスせんかい!!
 体動かせ!体!!!」

といきなり怒鳴られた。

といっても、
このおじちゃんは耳が遠いので
普通の喋り声がいつも怒鳴り声になっている。
決して怒られているわけではない。

そして
ありがたく私達は
子供のレッスンを待っている間
テニスを楽しませてもらう事ができる。

この間は
間違えて
レッスンのない日に
友達と一緒に来てしまったら

「せっかく来たんだから、ちょっと打っていけ!
 体動かせ!体!!!」

と怒鳴って
誰もいないコートを好きなだけ使わせてくれた。

あまりにも申し訳ないので
コート使用の代金を払いますとおじちゃんに言うと
「ダーッ!そんなもんはいらん!」
と怒鳴られた。

どこまでも太っ腹なおじちゃんだ。

実は最近
毎週金曜日の大人のテニスレッスンに
私と旦那の二人で通っている。
旦那は本当はレッスンが要らないほど上手いのだが
私が1人で行くのがイヤなので
一緒に来てもらっている。
(テコンドーは平気で1人で行けるのに、なぜかテニスは行けない・・・)

そんなわけで
旦那とも顔見知り。

そして、
先日旦那とおじちゃんが話していたらしいのだが、
このおじちゃん
もうすでに70歳を超えているらしい。
周りにも同じ歳くらいの友達はたくさんいるのだが
やることといえば
家に座り込んでビールのみながらテレビばかり見ている。
自分はそんな生活は絶対にしたくない。
ただテニスの環境に囲まれて
子供達にテニスを教えるのが最高の幸せだから
毎日ここでこうしているだけ。
年金で暮らしているし
このテニスクラブで儲けようとも考えない。
ただ
テニスを楽しめる環境を提供するのが嬉しい。
それだけ。

そうおじちゃんが話していたそうだ。

なんだか、
モーレツに感動した。

旦那がその話を聞く前から
よく私と旦那で
「あのテニスクラブって妙に居心地いいよね~」
なんて話していた。

リサでさえ、ここにいるときは一度もぐずった事がない。
レッスンの途中のボール拾いのときは
リサも入れてもらい、お手伝いさせてもらえるのが
リサの楽しみでもある。そして、みんなと一緒にもらえるロリポップも。。。

おじちゃんの
ただただテニスを愛する精神と
大人も子供もテニスを楽しんで欲しいという純粋な気持ちが
あの
居心地のいい空間を作り上げている。
おじちゃんの話を聞いて
納得した。

人生の終盤にさしかかったとき
自分の好きな事に情熱を傾け
そして
儲ける事も考えず
ただ人に楽しみを提供する。

そういうことって
誰にでも出来る事ではないだろう。

約30年後の自分を想像しても
そういう自分は見つからない。

初めて会ったときは
なんだかおかしなオッサンだな、、、
と思っていたが
今では尊敬の念を持って
おじちゃんと呼ばせていただいている。

今日、
ミーナのテニスレッスンに連れて行ったとき
おじちゃんが私に
「今週の金曜日のレッスンには来るのかい?」
と怒鳴ってきた。

「私は来るつもりだけど、旦那は仕事があるから来れないですよ」

と答えると

「旦那は来ないんだな?」
と念を押した後

「それじゃ、
 おまえのために、
 いい男でも連れてきておいてやろう!  
 ウッシッシッシッシ~~~」

本当に、

人に楽しみを提供するのが
上手なおじちゃんだ。


↓おじちゃんバンザイ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



2011.10.18 Tue l 趣味 l コメント (10) トラックバック (2) l top
私のかぎ針熱。
未だ冷めることなく、
せっせと毎日何かしら編んでいる。

ホームステイをやっていた時は
忙しくて、編む時間が無かったのだが、
終わってからは
その反動か、
狂ったように編み続けている。

びっくりするようなものではないが、
せっかく作ったので
紹介させていただきたい。

まずは
家中にゴロゴロしている空き瓶を使って

P1050788.jpg

こんな風にペン立てにしてみた。

P1050791.jpg

っていうか
瓶が大きすぎてペンくらいしか入れられなかった。。。


先日練習したスタークロシェでバッグ。
P1050793.jpg


もう1個バッグを作ろうと思ったが、
途中で面倒くさくなって、
急遽小物入れに変わったもの。
P1050811.jpg


かわりにこんなバッグを作ってみる
P1050801.jpg
ミーナの好きな緑だが、
ちと、色がババくさかった。。。


星型モチーフの練習
P1050794.jpg
レース糸を使えば
かわいいコースターになるかな?


そして、
私のかぎ針仲間と一緒に作った

シュシュ
P1050799.jpg


それから、
雪だるま
P1050796.jpg
なぜか、この雪だるまは
友達に大笑いされた。。。


そして、
子供達の髪を結わくゴムにつける
ハート
P1050795.jpg
緑がミーナで、ピンクがリサ。

つけた初日にミーナに失くされた。。。


さらに、
ただ今製作中のコットン糸を使った
春用マフラー
P1050802.jpg
でも、
最近やたら寒いので、
作る気が失せてしまい、
ここ1週間ほど放置されている。

その代わりに
現在バッグを製作中だが、
思ったより細かい作業で、
編むたびに自分との戦いが繰り広げられている。

出来上がったら公開予定。

そして、
この間の月曜日、
嬉しい事に、編み物仲間が一人増えた。

私のブログを読んでくださっていた
GC在住のAkkoさんが
かぎ針でマフラーを作りたいんだけど、
どうしたらいいか分からない。
というので、
それじゃ、一緒にやりましょう!
ということになった。

私は教えるほど上手くはないが、
とりあえず、基本的なことなら分かるから
お手伝いが出来るかなと思ったのだが、

彼女が
「これを使って編みたいんです!」
と言って持ってきた毛糸。

P1050815.jpg

ポンポン付き毛糸、、、

難関だった。。。

自称
手芸好きカリスマ主婦としては、 言われた事はないが、、、
「こんなん、出来ません!」
とは口が裂けても言えない。

思考錯誤しながら
なんとか、
使い方が分かってきた。

「こんな感じでやればいいんじゃない?」

とあまりにいい加減な教え方だったが、
飲み込みの早いAkkoさん、
シュシュを1個作り上げてしまった。

この毛糸で作るシュシュって可愛い。。。

「なんか、それ、いいなぁ~
 私も作ってみたいなぁ~」

というと

「じゃ、これ」

と言って、
もう一つあった、ポンポン付き毛糸一玉を
私に手渡した。

「え、いいの~? 使わないの? 悪いなぁ~」

といいながら
すでに毛糸の玉を脇に抱え
ホクホク気分。

この日は、お寿司を山ほど買って来てくれたAkkoさん。
毛糸までもらっちゃって、
気分はサイコー♪

編み物仲間が増えたのも嬉しい。

彼女は、この毛糸を使って
ただ今マフラー作りを頑張っているらしい。

どんな風に仕上がるのか
見せてもらうのが楽しみだ。

Akkoさんが帰ってから
さっそく私もシュシュを作る。

P1050813.jpg

イボイボポンポンが付いているので
すぐに編みあがるのが嬉しい。

そんなわけで、
まだまだ冷めることの無いかぎ針熱。
でも、
冷めてしまった日には
この山のようにある毛糸たちの運命は
どうなってしまうんだろう。。。

とういう心配をよそに
今日もせっせと編んでいる。


↓新しい編み物仲間に!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ




2011.08.24 Wed l 趣味 l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。