上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
餃子を作っていると
たいてい
具のほうがあまってしまい、
そういう時は、
翌日
肉団子にして
春雨などを入れてスープにする。

旦那はこのスープがお気に入りで、
わざわざ具があまるように
たくさんの肉を使うわけだが、
先日
餃子を作っていたら
どういうわけか、
具ではなく
皮のほうが5枚ほど余ってしまった。

こういう中途半端なあまり方って困る。

どうしたもんか、、、
と考えながら
色々ネットで検索していると
チーズを包んで揚げるとおいしいらしい事が判明。

さっそくやってみる。

せっかくだから
庭にある紫蘇を使い、
たまたま
冷蔵庫にあったカマンベールを入れてみた。

P1060017.jpg


ちょっと包みにくい

P1060018.jpg

揚げないで、
他の餃子と一緒に焼いてみた。

P1060019.jpg

なんと
これが超美味。

ビールのお供にぴったり。

旦那も気に入ったようで、
今度は
わざわざ皮のほうが余るように
餃子を作らなきゃいけなくなりそうだ。

でも、
こういうのってカロリーが気になる。

激しくエクササイズをしていても
一向に減らなかった体重。

今は膝痛のために、
まったく動いていないので、
毎日着実に増え続ける体重。

気にはなるけど、
空腹でいるのはイヤだし、
カロリーを気にせず満腹でいたい。


思いついたのが、
ミックスビーンズ。

缶詰のミックスビーンズで
サラダを作ってみた。

P1060021.jpg

ミックスビーンズに
タマネギ、トマト、キュウリ、パセリを混ぜ、
ドレッシングは
ガーリックパウダー
レモン汁
オリーブオイル
赤ワインビネガー
しお、こしょう

これもまた
超美味。

缶詰の豆はあまり今まで使った事がなかったが、
手軽に使えるし
おなかいっぱいになるし、
栄養もあるので、
これから使う頻度が増えそうだ。

なんといっても
ローカロリーがうれしい。

そして、
もう一つローカロリー食品を見つけた。

P1060022.jpg

Evaporated Milk

日本では、エバミルクとか無糖練乳とか言うらしい。

まだ使っていないので
どうなのかわからないが、
生クリームの代わりに使えて、
しかも
生クリームより95%も脂肪分が少ないと書いてある。

カルボナーラとかグラタンとかキッシュとか、
罪悪感なしに
思いっきりたべれそうだ。

危機感を持ってダイエットをしているわけではないが、
ローカロリーで美味しいものを発見するのは
結構楽しい。
でも、
チーズ餃子も美味しかったなぁ。。。


↓それにしても、体重減らすのって難しい
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
スポンサーサイト
2011.12.07 Wed l 料理 l コメント (8) トラックバック (0) l top
なんとなく
アジアンテイストなチャーハンが食べたくなった。

そう思って買ってきたのは、
これ

P1050953.jpg

ジャスミンライス。

日本人の私がタイ米を買うのには
どうしても抵抗があって、
今まで買ったことはなかったのだが、
やっぱり本格的なアジアンテイストを求めるなら
米もアジアなものに限るだろう。

タイ米というと、
かつて「平成の米騒動」と呼ばれた時を思いだす。

しょうがなくて輸入したタイ米。
くせーだの、まずいだの大騒ぎして
連日、
どうタイ米を調理すれば美味しく食べられるかなんて
テレビで紹介していたっけ。

その頃、銀行でOLをしていた私。

食堂の入り口に大きな張り紙があって
「大変申し訳ございませんが、このたびの米不足問題のため
 この食堂でもミックス米を使用する事になりました。
 ご理解とご協力をお願いいたします。」

そんなに、侘びを入れながら協力を求めるほどのことかな?

タイでは日常に食べられているものなのに、
まずいけど我慢してください
みたいな物言いって
なんか
タイの人に悪いんじゃない?

そんなことを思ったっけ。

でも、やっぱり日本人は
米に対してすごいプライドを持っている。
私自身
日本の米は世界一ウマい!
と思っている。
まぁ
どこの国の人も、自分の国の料理が一番ウマいとはおもっているんだろうけど。

そういえば、

海外添乗員をしていた時に
ツアー中の食事が
ロンドンの中華料理屋だったことがある。

そのときのお客の1人。

60~70歳くらいの男性だったが
その中華料理屋でだされた白米を一口食べ、
「こりゃ、外米だな!
 うん、こりゃ外米だ!!
 こんな外米なんて、食えたモンじゃねえ!!!!」

なんて1人で大騒ぎをしていた。

ロンドンの中華料理屋で「外米だ!」と叫ぶ日本人
何を期待して海外旅行をしていたのだろう。。。

で、

話はもどって、ジャスミンライス。

私はあの米騒動の時に輸入されたタイ米と同じものだと思っていたら
どうやら違うらしい。

ジャスミンライスは
タイでも東北部の限られた地域で、
限られた条件でのみ育てられるので、
タイでは高級米とされ、生産量の80%は海外に輸出される。
ちなみに
あの頃輸入されたタイ米は、ホワイト米とも呼ばれ
タイで一般的に食べられていた米を備蓄していたもの。

そして
ジャスミンライスのほうが臭い、いや、香りが強いらしい。

さっそく炊いてみる。

おおお~

キッチン中にアジアっぽい香りが広がった。

なんか、
タイ料理レストランに入った気分。

炊き上がったところで
さっそく
チャーハンを作る。

材料は
にんにく
ネギ
人参
トマト
エビ

コリアンダー

調味料は
スープストックパウダー
ナンプラー
醤油
ライム
塩、こしょう

これを
普通にチャーハンを作る要領で作る。(超いいかげんなレシピ)

お米がパラパラしているので、
材料が均一に混ざって嬉しい。

そして出来た!

P1050951.jpg

おお~
アジアの味!!!

人数分の卵がなかったので、チャーハンに混ぜてしまったが、
目玉焼きを1人一個ずつドカッと乗せてもよかったな~

せっかくだから、
この間買って来た
チリソースを少しつけてみる。

P1050954.jpg

それはそれで美味しいが、
ソースの味が強すぎて、せっかくのチャーハンの味が消えてしまう。

そして、
夕食が終わった後も
いつまでも立ち込めるこのジャスミンライスの香り。
このアジアな感じが
結構好き♪

しばらくは
ジャスミンライスのチャーハンにはまりそうだ。

それにしても、
ついこの間のように思っていた花のOL時代が
20年も前の話
というのが恐ろしい。。。


↓いまだって、花のアラフォー
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ





2011.11.05 Sat l 料理 l コメント (10) トラックバック (0) l top
どーでもいいことなのだが、

つぶあんとこしあん、
どちらが好きかと聞かれれば
私は
断然こしあん
と応える。

小さい頃
母がよくあんこを作っていたが、
つぶあんだと
かなりテンションが下がり
お汁粉などは、
お餅だけ食べて、小豆の部分は
ほとんど残していた。

たまにこしあんを作ってくれると
嬉しくって
小躍りしたくなったものだった。

しかし
こしあんを作った後のキッチンは
大変な惨状で
泥棒が入ったって、ここまで散らかしていかないだろう
というくらい
散らかっていた。

なので、
私の中でこしあんというのは
手がかかり
キッチンがよごれ、
作るのも
片付けるのも
面倒くさいもの。。。

という位置づけがなされていた。

そんなわけで、
結婚して自分が台所の主となり、
たまにあんこを作る時は、
当然
つぶあん。

漉したり、さらしたりという
面倒くさい作業は
道具もなければ、やる気もないので
我が家のあんこは
つぶあんのみ!
となっていたのだが、
やはり
つぶあんは
あまり子供達が喜ばない。

私に似て
どうしても
口の中に残るあの皮が気になるようだ。

そして、
現在、矯正器具のついている私が
下手につぶあんを食べると、
歯と矯正器具の間にペッタリと小豆の皮が張り付いていたりして、
中途半端な
お歯黒状態。

う~ん

こしあんが食べたい。

ここは、頑張って作ってみるか!

以前、
母にこしあんの作り方を聞いたことがあったのだが、
母は、説明が上手くない。

「どうやって作るの?」
と聞いても

「普通に作ればいいのよ」
というような
答え方をされるので、
よく分からない。

でも、今は便利な時代。
ネットでいくらでも
検索できる。

さっそく
こしあんの作り方を検索してみると、、、

えっ!?

な、、、

なんと、、、、

こしあんが、
ミキサーで作れるらしい!!!

これは、
作るしかない!
とさっそく
今日、
試してみた。

小豆は水に一晩浸す必要がないのが嬉しい。

さっと洗ったら
すぐに火にかける。

煮こぼしたり、びっくり水をいれたりして
煮る事約1時間。

小豆がやわらかくなったところで、
ミキサーにいれて
ガーッと回す。

ひとかけらの皮が残る事も許さない
という気合で
ミキサーを回すと、

なんと、

まったくツブツブ感のない
滑らかなペースト状になった。

それを鍋に戻し、
砂糖と塩を加え
水分を飛ばす。

こしあんの
できあがり!!!

P1050936.jpg

まったく普通のこしあんだ。

この手軽さと美味しさに
勝利の雄叫びをあげたくなった。

ちょうど
ミーナが学校から帰ってきたので
お団子をつくり

P1050933.jpg

おやつにする。

ツブツブのないあんこに
ミーナも大喜び。

「今度、これであんまん作ってね!」
と言ってくれた。

思いがけず
簡単にこしあんが作れたのが
すごく嬉しい。

それに、
このやり方だと、捨てる部分がないので、
栄養もそのまま。

ミーナのリクエストのあんまんも作りたいし、
大好きなおはぎでもいいし、
でも
今一番食べたいのは、水羊羹。

寒天があるので、
明日にでも作ってみようと思う。

でも、
その寒天、

まだ封を開けていない状態で
3年前に賞味期限がきれているのが気がかりだ。。。


↓新しい発見に!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

2011.10.26 Wed l 料理 l コメント (17) トラックバック (0) l top
カレーのルーや、
シチューの素、
納豆はもう一息だが、
日本食料品店で買うものがだんだんと
少なくなってきているのは、
喜ばしい限り。

そして、
なんと今回
濃縮めんつゆの作り方まで発見したので、
また一つ
買わなきゃいけないものが減った。

P1050805.jpg
ガーリックの瓶に入れるところが庶民的。。。

作り方は、とっても簡単。

みりん:しょうゆ を1:1。
まずみりんを先に入れて、沸騰させてから醤油をいれて
さらに沸騰させる。
みりんとしょうゆをあわせた量と同量の水をいれ、
ダシをいれる。

ダシの素でもいいし、
うちは
カツオパックと昆布があるので、
それを入れている。
カツオパックはしばらく煮たら、取り除いて
昆布はそのままつけておきながら
保存する。

あっという間に出来てしまうので
とっても便利。

だいたい冷蔵庫で1~2週間は持つので、
作りおきしておくと、
色々な料理に使えて重宝する。

これを使って、
こんなものも作ってみた。

P1050753.jpg
おいなりさん

おいなりさん用のお揚げも売っているが、
5,6ドルはするので勿体無い。

油揚げなら2ドルくらいで買えて
安上がりだし、
なにより
自分で甘さの調整が出来るのがうれしい。

これでまた一つ、
いや、
おいなりさん用のお揚げを入れて二つ、
日本食料品店で買うものが減って、
喜ばしい限り。
あとは
納豆をマスターするのみ!

料理ネタついで、、、

以前、
チャイニーズのブッチャーショップで
ローストダックとチャーシューを買った話を書いたが(記事はこちら
そのチャーシューを使って作りたいものがあった。

日本にいるころ
よく近所のラーメン屋さんで食べた
中華風つまみ。
たっぷりのネギとチャーシュー、
たしか、もやしも入っていたと思うが
中華風のソースが絡んで
私も旦那も大好物だった一品。

あれは、どうやって作るんだろうね~
といつも旦那と話していたのだが、
ふと、
気が付いた。

考えてみれば
忙しい大衆的なラーメン屋さん。
その一品だけに特別なソースを作るとは思えない。
もしかして、
冷やし中華のソースを使いまわしていたのではないか?

というわけで、

砂糖、酢、醤油、鶏がらスープ、ごま油

これらを合わせて冷やし中華のタレを作り
大量のネギとチャーシューをあえてみた。

P1050803.jpg

大当たり!!!

これだよ、これっ!!
と旦那も大喜び。

ネギの辛さと、チャーシューの甘みがタレといい具合にブレンドされて
超ウマい♪

私って、やっぱり天才じゃないかしら?
と思った瞬間だった。

最後に、
今日の夕食。

P1050862.jpg

ダイエット中の身にあるまじきボリューム。

実はこれ
昨日見ていた料理番組で作っていたもの。
ダイエット中とはいえ、
見ると食べたくなるのが人情。

肉には焼く前にたっぷりの塩とガーリックパウダーをまぶしてあり、
ポテトはあげる前に
しっかりバターと塩で味付けをしてある。
なので、
ソースが無くても十分味があっておいしい。

おなかいっぱい食べたところで、
明日からまた
ダイエットを頑張ろうと
やる気が沸いた。


↓全然減らないあと一キロ、頑張って減らすぞー!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ










2011.09.05 Mon l 料理 l コメント (10) トラックバック (0) l top
昨日、ミーナの日本語補習校の帰りに
家族でランチに出かけた。

数ヶ月前に出来た
ジャパニーズカフェで
かなり家から遠いので、
ついでがないと、なかなか来れない。

日本語情報誌で見た地図の記憶を頼りに
店を探す。

ようやく到着。

なかなか新しくて小ぎれいなカフェ。

隣に公園があるので、
晴れていたら、
食後に子供達を遊ばせられるが、
この日はあいにくの雨。

おとなしく、
食事だけにする。

たくさんあるメニューの中から、
各自食べたいものを選ぶ。
私は当然のごとく
スシ
旦那はカツカレー
リサはコロッケサンドで
ミーナは迷うことなく天ぷらうどん。

注文後
やたら待ち時間が長かったが、
ようやく
注文の品が運ばれてきた。

16072011195.jpg

16072011198.jpg

16072011199.jpg

絶品というほどではないが、
どれも
日本人の、日本人による、日本人のための料理だった。
(つまり、そこそこ美味しい)

うどん好きのミーナだけは、
「これすっごくおいしい!!
 これ大好き!!  
 成田空港で食べたうどんよりおいしい!!」
と大感激。

よかった、よかった。

食後
ブラブラと周辺の店を見てまわる。

チャイニーズの店が多く、
チャイニーズグローサリーに
チャイニーズブッチャー
チャイニーズベジショップ
チャイニーズレストラン
と並んでいる。

そこで、
旦那の目に留まったのが
ブッチャーショップ(肉屋)

チャーシューや、ローストされたアヒルが
店頭にぶら下がっていて、
横浜の中華街を思い起こさせる。

迷うことなく旦那が購入したのは、
チャーシューと
ローストポーク。

このチャイニーズのローストポーク、
たまに飲茶でも食べるのだが、
皮がパリパリと香ばしくて
とっても美味しい。

こんなに買った。

16072011200.jpg
奥にあるのがチャーシュー。

ローストポークは一口大に切っておいてくれるのが嬉しい。
(しかもこのプラスチックの入れ物は重宝するのよね~)

さっそく
家に帰ってからローストポークをつまむ。

う~ん
美味しい。


パリパリの皮を噛みしめたとたん、、、

あっ 

矯正のワイヤーがとれた!!!!

どうやら
抜歯跡にかかっているワイヤーの部分を
固いローストポークが押し上げてしまって、
奥のブラケットから
ワイヤーが抜けてしまったのだ。

ヤバイ!!

ヤバイ!!!

ヤバイ!!!!

とパニック状態で
意味もなく家の中を走り回りながら
ワイヤーをいじったら、
なんとか元に戻ったようだ。

そうだ、
そういえば
固いものを食べちゃだめって
矯正歯科から言われていたっけ。。。

せっかくのローストポーク、
結局
全部、旦那の胃袋に納まってしまった。。。

まぁ、いいや。
私にはチャーシューがあるから。

でも、
なんだかんだ言って、
日本食にチャイニーズと
贅沢な食事をした一日だった。


↓めげずに矯正がんばるぞー!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

2011.07.17 Sun l 料理 l コメント (16) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。