上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
夏休みがあけ、
先週から始まった
TAFEの英語コース。

実は今回、
ちょっと新しい試みで、
週2日のうち、
一日は普通の英語コース
そして、
もう一日を

Medical Topics

というコースにした。

これは、
医者や看護師を目指すコースではなくて、
医療に関わる専門用語を学ぶコース。

なので、
自国では、医者や看護師など医療に携わっていたので、
オーストラリアでも資格を取りたい場合などの
足がかりとして
経験者に人気のコースだ。

しかし、

私は
10歳まで看護師になりたいという夢を持っていた経験はあるが、
実質的な経験はゼロ。

でも、
やっぱり
ある程度専門用語を学んでおけば
医者にかかったり、
手術をしたり、
などと言う場合、
役に立つのでは?
と思ったので、
思い切って受けることにした。

特に私は
お産に始まり
子宮頸がんの手術や
その後の大出血騒ぎなど
病院にお世話になる事が多く
言葉の壁におもいっきりぶちあったっていた。

これをマスターすれば、
もう臆することなく
病院の門を堂々とくぐれる!
あまりくぐりたいものではないが・・・

そんなわけで
今日初めての
Medical Topicsの授業に出た。

実は先週もあったのだが、
このコースの申し込みを
先週末にしたので、
今日が私の初日になった。

さっそくプリントが配られ
どれどれ?
と読んでみる。

タイトルは
「Respiratory Pathologies」

そして、
Pharynx
Nasopharynx
Oropharynx
Laryngopharynx
Upper、Lower respiratory tract
Larynx
Trachea
Bronchi
Diaphragm
Capillary
Alveoli

そんな単語が並んでいる

もう帰ろうかと思った。。。

考えてみれば
医療用語は日本語でも難しいが、
それでも、
病名なんかは
漢字を見れば、
漢字の意味から検討がつけられる。

例えば
簡単なところで
「胃炎」

よく聞く言葉なので、
すぐ分かるが
例えば日本語を勉強している外国人が
「イエン」という言葉を知らなくても、
漢字から
「胃」が「炎」症を起こしているんだなと
想像がつく。

ところが、

英語では、

「Gastritis」

なんじゃそりゃ?

と思うところだ。

ところが、
今日、授業で習ったところによると

言葉の最後に「itis」がついていると
それはいつも
「炎症」と言う意味。
そして
前につく言葉で
体のどの部位の炎症かが分かるわけだ。

だいたい英語の医療用語はラテン語から来ている。

Gastro(ラテン語)=Stomach(胃)

Gastr(胃)+ itis(炎症)

というわけで
胃炎(Inflammation of stomach)という意味だと分かる。

なので、
ある程度
体の部位の特殊な言い方(ラテン語)と
単語の法則(長くなるので説明は割愛)を理解すれば
だいたい
どんな病名か判断がつくわけだ。

あんまりにも
たくさんのことを習ったので
久しぶりに、
眠っていた脳細胞をたたき起こして
頭をフル回転させた。

しかし、
とどめが、
授業の最後に
聞き取りテストをやったのだが、

医者と患者の会話を聞いて
カルテのようなものを仕上げるテストと
オーストラリアと他国との医療システムの違いや改善などのスピーチを聞き取るテスト

こんな難しいヒヤリングは初めてだ。

フル回転した頭は
とうとうオーバーヒートでダウン。

げっそりして家に帰った。

でも、
こんなに一生懸命勉強したのは久しぶり。

いつもの英語の授業ももちろん良いが、
今まで習った事のないことを学ぶのは
とても楽しい。

ちなみに今日は
テコンドーに行って
思いっきりぶん殴って体を動かして、
大汗かいてきた。

頭と体をフルに使い込んだ今日一日。

とっても充実した一日となった。


↓新しい挑戦にポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ






スポンサーサイト
2011.02.08 Tue l 英語 l コメント (12) トラックバック (0) l top
では、
さっそく昨日の回答から。

Barbie=BBQ →バーベキュー

Bickie=Biscuit →ビスケット

Brekkie=Breakfast →朝食

Chrissie=Christmas →クリスマス

Mozzies=Mosquitos →蚊

Postie=Postman →郵便配達員

Pressie=Present →プレゼント

Telly=Television →テレビ

U-ie=U Turn →Uターン

Undies=Underwear →下着(パンツ)

Vegies=Vegitable →野菜



何問正解したかな?

ちっ、
こんなの簡単すぎるぜ~
という方。

よろしかったら、
こちらの上級編をどうぞ。

Sparky
Chippie
Pollies
Rellie
Truckie
Sickie


と言っても、
何日もこのネタで引っ張るつもりはないので、

回答。。。

Sparky=Electrician →電気技師

Chippie=Carpenter →大工

Pollies=Politician →政治家

Rellie=Relatives →親戚

Truckei=Truck Driver →トラックドライバー

Sickie=Sick days →病欠、休暇


と、
まぁこんな感じで
オーストラリア人を理解するために
さらに学ばなければいけない単語や言い回しがあるのは、
いささか、アンフェアー
な気もしないではないが、
いかにも
オージー的な音に変わってしまった言葉を聞くのは
面白い。

そして、
それが理解できたときは、
自分がオーストラリアの生活に少しずつ溶け込んでいく気がして
ちょっと嬉しい。

郷(豪!?)に入れば郷に従え。

言葉はその土地柄を表すもの。
基本的な英語はもちろんのこと
オーストラリア特有の言葉も
たくさん学んでいきたいものだ。

と思いながら、
Undiesをはいて、 brekkieに Bickieを食べながら Tellyをつけ
ちょっと早いがChrissieの Pressieは何にしようか考えながら
Mozziesに刺された足をボリボリ掻く
Aussie生活を送るのであった。


↓役に立った方はポチ! 興味ない方もポチ
にほんブログ村 海外生活ブログへ



2010.07.31 Sat l 英語 l コメント (21) トラックバック (0) l top
現在
週2日通っている英語の学校(TAFE)
2日間、それぞれ違う先生が教えてくれている。

一人はオージーの年配の女性。
そして、
もう一人は
黒人のアメリカ人の先生。

このアメリカ人の先生、
何年か前にオーストラリアに移住したらしいが、
オーストラリアに来た最初の何日か、
困ったことがあった、、、
という話をしてくれた。

それは、

オーストラリア人の話す英語が分からない。。。

ということだったらしい。

その先生いわく、
アメリカ人と発音の仕方が若干違うのはもちろん、
オーストラリア人の話し方は、
口を開かず、もごもごして
はっきり話さないので、
何を言っているのか聞き取りにくい。

例えば、
車のCAR
カードのCARD

オーストラリア人はこのカードの最後のDを
ほとんど発音しないので、
車とカードがほとんど同じ音になる。

なので、
文章からどっちの言葉を言っているのか
想像しなければならない。

という話を
先生がしてくれたのだけど、
確かに、大袈裟じゃなく
オーストラリア人は、
口の中で、もごもごを話す人が多い。

旦那に言わせると、
「オーストラリア人は怠け者だからなぁ、
口を開けて話すのも面倒くさいんだよ。」
だそうだ。

そして、
はっきりと話さないだけでなく、
オーストラリアでしか使わないような言葉まであるので、
たまったもんじゃない。

代表的な言葉は、
誰でも知っている
G'day!
だろう。

もちろん、グッデイと言ってはいけない。
グダイと言う。
(グッダイでもないので、ご注意を)

そして、
単語の末尾を'ie'や 'y'に変えて
省略してしまった言葉もある。

代表的な言葉は
誰でも知っている
Aussie
だろう。
もちろんこれは、いわずと知れた
Australian
の略。

こうやって
'ie'や 'y'で短くしてしまった言葉が
オージー英語の中にはたくさんある。
それだけ、
長い言葉を言うのが面倒くさいんだろうか。。。

今日はそのいくつかを紹介したいと思う。

Barbie
Bickie
Brekkie
Chrissie
Mozzies
Postie
Pressie
Telly
U-ie
Undies
Vegies


これら全部
まったく英語が分からないの~
という人でも、
これなら知っている!
という単語ばかり。

そして、
これらが分かれば、もう
オーストラリア生活も怖くない!

さて、
日本、
オーストラリア以外の外国にお住まいの皆様、

いくつ分かるかな?



↓正解を知りたい人はポチ! 興味のない人もポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ





2010.07.30 Fri l 英語 l コメント (20) トラックバック (0) l top
以前、英語で 「How are you?」と聞かれたときの
返事の仕方について記事にしたことがあった。

そのときの記事はこちら ←過去記事探すの大変だった~

で、
今日は質問のほう。

実は今日、
スーパーマーケット行った時に、
レジのお兄ちゃんに、お約束の
「ご機嫌いかが?」
の質問をされた。

普通だったら、
「How are you?」

でも、
お兄さんが言ってきたのは
「How are we?」

もちろん、これも
ご機嫌いかがの決まり文句で、間違ってはいないが、
私には、どうしても違和感がある。

だって、「We」
を使ったら、
「僕達、元気かなぁ~?」
と聞かれた気になってしまう。

そんなこと聞かれたら、

いや、私は元気だけど、
あんたが元気かどうかは知らねーな!

と言いたくなってしまうではないか!!

で、旦那に聞いた。
「How are you ?」
「How are we ?」
は、どう違うの??

すると、答えは、
「We」で聞くほうが、「You」で聞くよりも、
もっとカジュアルな普段使いの挨拶らしい。

といっても、
最近の若者が好んで使っているような言葉で、
文法的に変だし、
旦那自身も、まったく使わない。

らしい。

若者言葉だったら、
いつか廃れる日が来るんだろうか・・・?

そうそう、
How are you?
とは関係ないが、
同じく私が混乱してしまうこと。

I am sorry.

もちろん、ごめんなさいと謝る時に使うが、
私が困るのは、
この言葉が、
「まぁ、お気の毒に」
という意味でも使われること。

こんなことがあった。

私が誰かと話していて、
相手が、
「あなたの実家のお父さんは、オーストラリアに来ることあるの?」
と、聞いてきた。

もちろん私は
「いえ、父は4年前に亡くなったんです。」
と言う。

すると相手は
「Oh, I'm sorry」
と言った。

それは、
「そんなこと聞いてごめんなさい」
のSorryなのか、
「それはお気の毒に」
のSorryなのか、
分からなかったのだが、
とりあえず無難に

「That's all right」

で締めくくった。

以前私が、誰かと話をしていて
お気の毒にのつもりで
「Sorry」を使ったら、
「謝らなくていいのよ」
って言われたこともあった。。。

旦那に
Sorryと言われたとき、
それが、
謝罪なのか、同情なのかどうやって聞き分けるの?
と聞いたことがある。

「その場の状況で判断するんだ」

と言われたが、
それじゃちっとも分からない。
結局
未だに慣れないままだ。

How are you? とか
I am sorry. とか
中学生、
いや今の時代、小学生が習うような、シンプルな英語だが、
実際、英語を使う環境に入ってみると、
それが意外に奥が深かったりする。

考えてみれば、
オーストラリアに住んで6年。
深かったり、浅かったりする英語に、未だに翻弄されている。

なので、
そろそろいい加減、
真剣に英語を勉強しないと、やばいだろ!私!

という
突然の思い立ちで、
英語のコースを受けることに決めた。 テコンドーに続く突拍子のない決意。。。

こちらでは、
何百時間か忘れたが、
移住者には政府が無料で提供してくれる英語コースがある。
さっそく
昨日電話して、そのコースを受けるための面接の予約をした。

面接では、英語がどのレベルなのかを見るらしい。

うまくいけば、久々の学生気分を味わえることになる。

ふふふ
髪の毛をおさげにでもしていこうかしら?


↓娘に追いつき追い越せ! めざせバイリンガル♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ








2010.06.09 Wed l 英語 l コメント (30) トラックバック (0) l top
昨日の私と旦那の会話。

私「ねぇ、イースターのエッグハントは日曜日にやるんでいいんだよね。」

旦那「うん、そうだよ」

私「じゃあ、イースターエッグのチョコレート、今日買ってこなきゃ」

旦那「月曜日まで待てば、すごく安くなるよ」

私「だって、それじゃイースター終わってるじゃん」

旦那「だから安くなるんだよ。
   それを狙って月曜日まで買わないやつ結構いるよ。
   Because they are tight asses

私「・・・・」


Tight ass??

Tight=堅い、きつい、締まってる
Ass=ケツ(おしりじゃなくてケツ)

ということは、
今、旦那が言ったことを訳すと

「だって、あいつらのケツはよく締まっているからな!」

えええ~~~っ

月曜日に安くなったイースターエッグを買うのと
ケツの締りがいいのと、
どう関係があるの~~~っ?????

もちろん、
そのままやりすごすわけには行かない。

旦那に聞く。

私「なんで、安くなったチョコレートを買う人のケツはよく締まってるの?」

旦那「?????」

私「だって、今、Tight ass って言ったじゃん!」

旦那「ああ~  
   Tight assっていうのは’ケチ’っていう意味だよ」

どうやら、旦那の説明から

自分のおならもうん○でさえも、人に分け与えたくないほどきつくケツの穴を閉めるケチな奴
という意味合いで
Tight ass = ケチ
となるらしい。

旦那「すっごくよく使う表現だから、覚えておいた方がいいよ!」

ふ~ん、
そうなんだ。。。

まぁ、オージーなら
Ass とか Pissとかばっかり言ってるから
いかにも使いそうな表現だ。

うん、
覚えておこう!

で、
「月曜まで待てば安くなるよ」
と助言してくれた旦那。

彼こそ
ケツがよく締まってるTight ass(ケチ)なんじゃないの???



↓お尻の引き締め体操もほどほどに・・・
にほんブログ村 海外生活ブログへ




2010.04.02 Fri l 英語 l コメント (24) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。