上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日はミーナが学校の図書室で本を借りてきた。

婦人公論じゃないよ。

実はミーナのクラスは毎週火曜日が図書室に行く日になっていて、
一学期は毎週何かしら本を借りてきていたんだけど、
最近はちっとも借りてこないので、ちょっと物足りなかった。

なぜなら、せっかくこのブログ内に英語の絵本のカテゴリーをつくって
子供の英語教育をがんばってるママたちを応援しようと思っていたから。
一学期のころは、まだブログをやっていなかった。。。

久しぶりに借りてきた本に、ちょっとわくわくする。
表紙の絵が、いかにも親子の愛情物語って雰囲気ですごくいい。

はい、こちら




えっと、タイトルは「There for You」
君の為にそこにいるよ・・・
いいねぇ~

あれ、タイトルの上に何か書いてある

え!? 

Understanding...Divorce
離婚を理解するために

え~???
何でこんな本借りてきたの~???

ミーナは私達夫婦間に何か感じ取っているんだろうか・・・
まさかね・・・は、ははは

どうやら、この本は子供が自分の両親が離婚することにショックを受けたり、戸惑ったりしたときの
対応策の絵本らしい。

で、読んでみた。

P1030523_convert_20091110195731.jpg

ある朝突然、幼いJonは両親から離婚することを告げられる。
突然のことにびっくりしたJonは、自分が何か悪いことをしたからなのか、
おりこうにしていなかったからなのか、、、だから両親は分かれちゃうんだ
と自分を責め始める。
そんなショックを受けているJonを両親が抱き寄せて、説明をする。

「あなたを傷つけてしまって、悲しませてしまってごめんなさい。
でも、あなたは何も悪いことはしていないのよ。決してあなたのせいじゃないの。
子供が、大人が抱える問題を引き起こすことは絶対にないの。」

「これは、家族3人にとって一番いい方法なんだ。もうJonが何も心配したり、怖い思いをしなくてすむ
最善の方法を選んだんだよ。」
「でも、決して忘れないで。
私達はいつもあなたのそばにいるから。」
「そう、僕達はいつでもJonの両親だし、Jonは永遠に僕達の息子なんだよ」
両親が説明してくれたこと。
Jonの質問をちゃんと聞いてくれたこと。
それで、Jonはパパとママが離れていても、今と同じようにこの先もずっと家族なんだ
と理解することができて、すこしホッとした。

かなりヘビーな内容で、長い話なので、端折ってしまったが
こういうお話。。。
読み終わったときにはジーンときてしまった。。。

最後のページには、こんなふうに

P1030524_convert_20091110195823.jpg

両親と先生へこの本の使い方が説明してある。
しかもページごとに詳しく。
たとえば、

「4~6ページの、Jonが父親がどこかに行ってしまうと知ったことについて、あなたの子供とその意味を話し合ってください。」
とか
「10~11ページのJonは、両親の離婚について自分を責めてしまったが、これは両親の離婚に遭遇した子供にはとてもよくあることなので、この場ではっきりとあなたの子供に
’子供は、大人が抱える問題を引き起こすことは決してない’
と言って下さい」

というようなことがズラズラっと書いてある。

なんだか、ミーナに読んであげるより、自分ひとりで読みふけってしまったが
この本は「Understanding Series」となっていて、
子供にショッキングな出来事があった場合の、対処法が
それぞれ状況ごとに、シリーズになっているみたい。
だから、たぶん家族との死別や友達からのいじめ、などのシリーズもあるのかもしれない。

それにしても子供って、小さい頭で必死に考えて、小さいなりにその状況に一生懸命対応しようとしてるんだと思うと、なんだかいじらしくなってしまう。
子供って純粋なんだよね。。。

なので、さっきミーナをベッドに連れて行ったとき
なんだかギューッと抱きしめてあげたくなった。

ギューっとしていると、ミーナが
「ねぇ、ママ」
って優しい声で話しかけてきた。
「なあに?」
なんだか私もいつもより優しい口調
すると、ミーナがささやいた。

「あのね・・・
Willieは日本語でち○ち○って意味なんだよ。分かる? 」

いいいい
だれか・・・

た~~~す~~~け~~~て~~~


↓押してもらうと、救われます・・・
にほんブログ村 海外生活ブログへ

スポンサーサイト
2009.11.10 Tue l 英語の絵本 l コメント (20) トラックバック (0) l top
今週ミーナが学校で借りてきた本はこれ




’The Topsy-Turvies’

これがちょっと変わってて、すごくおもしろい。

あらすじは

あるTopsy-Turvies一家のお話。
Topsy-turvies一家は夜中の12時にダイニングルームで起きることから
一日が始まる。

起きたら、洋服からパジャマに着替える
そして、ベッドルームに行って朝食
フォークを使って食べようとする息子のJinxに
お母さんは
「フォークで食べちゃだめよ!
それは、髪をとかすものなんだから!」
と注意する。

「ジャムを取ってくれる?」
とお父さん
娘のMinxはジャムの瓶に手を突っ込んでお父さんに投げつける。
「ありがとう!」
とお父さん。

そしてお父さんと、お母さんは学校へ行く。
学校が終わると、子供たちは、お父さんとお母さんを公園に連れて行って遊んであげる。
家に帰ると、ベッドルームでディナー

そして、お風呂に入り、洋服に着替えて
ダイニングルームで寝る。

P1030221_convert_20090816113055.jpg


そんな毎日が続く中、

ある日、お隣さんのMrs Plumが、出掛ける用事があるので
お隣さんの家で自分の子供を見ていてほしいとTopsy-Turvies一家に頼む。

Topsy-Turvies一家は快く引き受け、お隣へ。

ソファーが置かれているリビングルーム

「Mrs Plumのために、このリビングを快適にしてあげましょう」
と一家はすべての家具をひっくり返した。
植木鉢もさかさまに置かれて、土が床じゅうにひろがる。

「これでMrs Plumもよろこぶわ」と一家は大満足。

Mrs Plumの子供が紙に絵を書こうとすると
「そんなところに書いちゃだめよ!
ちゃんと壁に書かなきゃ!」と、Mrs Topsy-Turvies。

そろそろお腹がすいてきた。

ベッドルームに行って食べ物を探すが、一向に見つからない。

やっとキッチンで食べ物を見つける。
「キッチンに食べ物をおいておくなんて、ずいぶん変わってるわね」
といいながら
朝食のケーキを準備。
デザートはトマト。

P1030222_convert_20090816113225.jpg


「食事の前にちゃんと足を洗いなさい」とMrs Topsy-Turvies。

そして、
子供たちが足を洗っていると、突然
泥棒が窓から家に入ってきた!!

さぁ、どうなる Topsy-Turvies一家!!


というお話。

めちゃくちゃな話だけど、
絵を見ながら読むと、すっごくおもしろい。

英語も少し長いけど、それほど難しくない。
ただ時々、学校で習ったことないような言い回し(私が勉強しなかっただけ?)がでてくる。
たとえば

They put the room in apple-pie order.
部屋の中をすっちゃかめっちゃかにする。

とか

It thakes all sorts to make a world.
世の中にはいろいろな人がいるのよ。

など。

でも、むずかしい言い回しはこれくらいで、あとはだいたいシンプルな文章なので読みやすいと思う。

ミーナも結構楽しんでいたので
おすすめの一冊


↓ポチッとしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ












2009.08.17 Mon l 英語の絵本 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日からミーナの学校の2週間のスクールホリデーが終わり、3学期が始まった。

新学期といっても、日本の学校のように始業式のようなものはなく、
いきなり通常授業。

そういえば、こっちでは入学式もなく、いきなりその日から9時から3時までの授業だった。
授業といっても、さすがに初日は自己紹介とか学校の案内とかだったみたいだけど、
日本で育った母親としては、ちょっと物足りない。
入学式のおめかしもできなかった。

というわけで、さっそくはじまった授業
昨日は図書室に行く日だったらしい。(私は時間割を把握していない・・・)

ミーナのクラスでは週に一回図書室に行って、本を借りてくる。
さすがに学校の図書室だけあって、結構いい本が揃ってるみたい。

なので、これからミーナが学校で本を借りてくるたびに、その本を紹介していきたいと思う。

昨日借りてきた本はこれ


「The Princess and the Wizard」
プリンセスと魔法使いというタイトル

で、内容は

ある日家族とバースデイパーティを開いていたプリンセス。
ちょうど7本のろうそくを吹き消そうとしたとたん、
魔法使いが現れて、家族を石にされてしまい、
プリンセスは塔に閉じ込められてしまった。
7回だけ、自分の姿をかえて魔法使いから逃れるチャンスをもらう。
プリンセスは自分の姿を魚に変えたり、ひよこに変えたり、バッタに変えたりするが
いつも魔法使いに見つかってしまう。
そして、残る最後の一回。
今回も魔法使いに見つかると、もう一生逃げることはできず、
魔法使いの下でこき使われることになる。
家族も石にされたまま・・
さて、プリンセスは無事姿を変えて魔法使いから逃げて、
石にされた家族も救うことができるのか・・・

というお話。

文章が少しながくて、分かりにくい単語もあるので
幼稚園か小学校低学年向きかもしれない。

ただ、絵がカラフルでかわいいし、
glitter(きらきらした粉みたいなもの)で絵が加工してあるので触って楽しむこともできる。
絵をみたり、触ったりして楽しむ分には小さい子供でも十分に楽しめると思う。

中身はこんなかんじP1030100_convert_20090715123621.jpg
プリンセスの服と靴、ねずみのしっぽ、くもの巣などが加工してある。

たとえば、このページの文章
She cried herself to sleep → 泣き寝入りした

なんて言い回しも勉強にもなる。

ところで、絵本の紹介をしようと思った時、
日本でいくらくらいで買えるんだろうと値段をみてびっくり。
こっちで買うのとほとんど同じ値段。
円高の影響なんだろうか・・・
いや、たぶんこっちは本がすごく高いんだと思う。
日本みたいに1000円以下で買える文庫本なんて売ってないし。
だいたい小説一冊20ドル~30ドルくらい。
買う気も失せる。
やっぱり日本はいいなぁ~


↓ここ押してもらうとやる気がでます
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



2009.07.15 Wed l 英語の絵本 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。