FC2ブログ
先日ミーナの学校で健康診断があって
昨日その結果の手紙を持って返ってきた。

身長、体重、視力、聴力、言語能力などの知能発達度
など、検査したらしい。

さすがオーストラリアだけあって
小学校の健康診断でBMI、
つまり肥満度まで検査する。

ミーナはもちろん全部の項目クリアだろうと思ったら
Hearing Screening Not Passed
と書いてある。
え!耳ちゃんと聞こえてないの?

でも、「あ~、だからこの子は親の言うこと聞かないのか~」
と妙に納得してしまった。

で、詳細のページを見てみると
聴力自体は問題ないらしい。
じゃぁ、何がいけないのよ!と思いながらコメント欄を見てみると

「ミーナの耳アカがドライなので、ドクターに言って薬をもらってください。
その後4~6週間後にもう一度検査をしてください。」

と言う内容。

?????

耳アカって私もドライですけど?何か?

いやいや、
考えてみれば旦那の耳アカは気持ち悪いほどドロドロ

それにこっちには日本の耳かき棒は売っていない。
綿棒のみ。
綿棒っていったって、
日本みたいに黒い綿棒とかオリーブオイルがしみこませてある綿棒
なんてのも売っていない。
普通の白い綿棒のみ。

オージーはドロドロなんだ!

で、いろんなサイトで調べてみた

日本人の70~80%はドライ。
欧州系やアフリカ系はほとんど皆ウェット。

日本人でもユーラシア大陸を南下してきた縄文人はウェットで、
シベリアなどに長くとどまった弥生人はドライだったらしい。

でも、人間以外の哺乳類ではマウスとラット以外みんなウェット派。
なので、最古の人類はウェット派だったのが、どこかで突然変異を起こしてドライ派が誕生した。

ついでに、ウェット派の人はわきの下にあるアポクリン汗腺がドライ派の人と比べて多く
そのため’わきが’の人が多いらしい。

あ~、だから西洋人て汗かくと匂いがキョ~レツなんだぁ!

それにしても、いたって健康な娘が
半分日本人であるがゆえに、
耳に問題ありにされてしまうなんて・・・
薬でウェットにされるなんてやだよぉ
耳掃除したときの、あのポロッと取れる感触がたまんないのに!
ウェットは取っても取ってもきれいになった気がしないんだもん!

実は私、耳掃除大好き人間。
暇さえあれば、すぐ誰かの耳掃除がしたくなる。

そうそう、耳アカは英語で Ear Wax
やっぱり、どろどろが基本だからWaxって名づけられたんだろうな。
以前Ear Waxって言葉を知らなくて
耳くそだから
Ear Shit
と言って恥をかいたことがある。

ついでに鼻くそはまじめに
Nose shit
だと思っていた。
Snot
が正解!


↓ここ押してもらうと嬉しくなります
にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト



2009.08.04 Tue l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top