FC2ブログ
先日、耳アカに問題ありの健康診断の結果を
もらってきたミーナ。

今日、学校に行く前にお医者さんに見てもらうことになった。

私は、耳アカがドライなくらい何さ
くらいに思っていたのに、
旦那のほうはちょっと心配だったらしく
いつの間にかお医者さんを予約していた。

ちょうど、昨日からリサが結膜炎っぽいので、
ミーナの耳と一緒に、リサの目も見てもらうことに。

さんざん、こっちの医療システムにケチをつけたど
7月6日記事 納得いかない医療制度
こういう時、便利。
耳鼻科と目医者別々に行かなくていいし。

40分くらい待たされたけど、
おもちゃやお絵かきの道具など
遊ぶものが結構あったので、子供たちは退屈しなかったみたい。

そういえば日本で下火になってきた豚インフルエンザも
オーストラリア全土に蔓延してるので、
カウンターのところにマスクが置いてあって
誰でも自由に持っていけるようになっていた。

日本だったら速攻でなくなるだろうけど、
マスクをつけることのないオージー、
誰も持っていく気配はなかった。

やっと私たちが呼ばれ中へ入る。

まずはリサの目から

泣き叫ぶリサを押さえつけて診てもらうと
やっぱり結膜炎。
目薬を処方された。

今度はミーナ
耳の中を見てもらうと
乾いた耳アカが結構こびりついていると言う。
で、耳の薬を処方された。

耳に入れる液体で、毎日これを入れて
耳アカを柔らかくしてから
月曜日にもう一度お医者さんに来て
やわらかくなった耳アカをごっそりとるらしい。

普段の耳掃除じゃ見えない奥のほうに
そんなに耳アカがあるとは・・・

う~、その耳アカ
私が取りたい~~!!!

ひとりで、私の愛用の耳かき棒で
ミーナの耳から耳アカがごっそりかき出された図を
想像しうっとりする・・・

変体か!私は・・・

そんなわけで、処方された耳の薬
009_convert_20090806120526.jpg
実はPharmacy Medicine
と書いてある場合、
処方箋なしで、薬局で直接行って買える。

それから、リサの目薬
010_convert_20090806120925.jpg
これは抗生物質が入っているので
処方箋がないと買えない。

ちなみに結膜炎は英語で
Conjunctivitis という。
コンジャンクティバイティス。

ウサギのようにまっかっかなリサの目
早くよくなるといいなぁ


↓ここを押してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ





スポンサーサイト



2009.08.06 Thu l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top