FC2ブログ
先日、足跡を残しておいて下さったゴルッテリアさんのブログに訪問。

ゴルッテリアさんはお料理好きな中年の男性(中年はよけいか・・・

そしてさっそく目に飛び込んできたのは
なんともおいしそうなローストビーフ。
そして、お肉の残りを使ったビーフシチュー。
見ているだけで、よだれが止まらない。
肉好きの旦那にも見せると「わお~」の連発。

過去記事をみていても、どれもこれもおいしそう。

でも、最初に目に入ったローストビーフがどうしても頭から離れなくなり
今日のディナーは満場一致で(っていっても旦那と私)ローストビーフに決定!

さっそくお肉を買いに行きつけの肉屋さんへ

「Super Butcher」というOxenfordにある肉屋さん。
ここがまたすごい。

24082009143_convert_20090824192702.jpg

お店の中は冷蔵庫のように寒い。
なので、入り口のところでは、ジャケットを貸し出している。

それもそのはず
見よ!この品揃えを

24082009139_convert_20090824192357.jpg

そしてここも
24082009140_convert_20090824193213.jpg

ここも、肉ば~っかり
24082009141_convert_20090824192529.jpg

リサがこんなに小さく見える
24082009131_convert_20090824191126.jpg

この棚、ぜ~んぶソーセージ
24082009138_convert_20090824192130.jpg

ビーフのPorterhouse(リブとサーロインの間の部分) 3,2キロの塊
24082009132_convert_20090824191311.jpg

これもビーフ、なんの種類だっけ?
24082009133_convert_20090824191440.jpg

Wagyuと言う名前で、霜降り肉も売っている
24082009135_convert_20090824191617.jpg
344グラムで24ドル
高い~!!!
あ、でも日本に比べたら高くないのかな?

こっちでいうWagyuが日本に行くとオージービーフになる。
日本への輸出用に育てられた牛が、Wagyuとこっちでは呼ばれていて、
日本人好みに脂肪がたくさん入っている。

というのも、
こっちのビーフはとにかく赤くて硬い!
だから、食べる時も
ダイアンソース、とかペッパーソースとか、いろんな種類のソースがあって
それをかけて食べるのが一般的。

でも時々、「どーだー、赤くておいしそうだろ~」と言われるけど
日本育ちの私にはやっぱり脂肪が程よくまざった
霜降りが一番

話はお店にもどって・・・
これは、私の大好きなラム肉
24082009137_convert_20090824191804.jpg
7,8キロはありそう。

旦那はラム肉にはかならずグレービーソースをかけるけど、
私はミントソースが好き

で、今日のディナーはこれ
牛ヒレ肉、1,8キロの塊。生で見るとちょっと気持ちが悪いが・・・
24082009144_convert_20090824192821.jpg

ターボークッカーに野菜と一緒に入れて
スイッチオン
24082009145_convert_20090824192923.jpg

このターボークッカーはローストが早くできるし、
凍った肉や魚も解凍せずにそのまま調理できる優れもの。


今日は、これらもお買い上げ
24082009146_convert_20090824193031.jpg
Wagyuビーフの切り身に
ロースト用のポーク
ソーセージ2種

ターボークッカーがチンと鳴ってできあがり。
中がほどよくレアでいい感じ。

一緒にいれた野菜を肉汁と一緒にミキサーにいれてソースをつくる。
グレービー好きの旦那は、この野菜のソースとグレービーを混ぜていた。
チンしたブロッコリーやカリフラワーをサイドにのせて
いただきま~す

しまった~
写真撮るの忘れた~!!!

できばえは、皆様のご想像におまかせ。
でも、おいしかった~


↓ポチッとしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ















スポンサーサイト



2009.08.24 Mon l 料理 l コメント (8) トラックバック (0) l top