FC2ブログ
一ヶ月以上前、学校の帰りにミーナが私に
「来週の火曜日は学校でSleep Overがあるの」
と言い始めた。
Sleep Overはお泊り会のこと。

「え、来週?そんな突然Sleep Overやるの?」
疑問の思ったが、あの学校だったらあり得るかもとも内心思った。。。

一応翌日担任の先生に聞いてみる
「ミーナが来週Sleep Overがあるって言ってるんですけど」
担任の先生は、冗談じゃない!って顔をして
「まさか!Sleep Overは来月よ。今学期の最後にやるの」

な~んだ
さすがにこの学校でも、Sleep Overなんて大変な行事
いきなりやらないよね。

まだ先と知ったミーナは不機嫌になって大変だったけど
いつの間にか一ヶ月が過ぎ、
昨日がSleep Overの日だった。

このSleep Over、参加は自由で
参加する子は夕食、翌日の朝食、昼食代として13ドル50セントはらう。

前もって持ってくるものがメールで送られてきていた

P1030624_convert_20091204190846.jpg

そして、日程表

P1030625_convert_20091204190935.jpg

P1030626_convert_20091204191057.jpg

日程表に書いてあるように
昨日は通常通りに学校を終えてかえってくると、
準備とシャワーをして夕方5時に学校へもどった。

ミーナはSleeping Bag(寝袋)を持っていないので、ソファーのクッションを三つ持っていって
ベッドにした。
かなりの数の子がちゃんとSleeping Bagを持っていたのにはびっくり。
みんなアウトドア派なのかな?
そして、みんな普段使っている枕を持ってくるので
大きな枕を抱えて歩いている子供達の姿が可愛かった。

学校に着くと親達は教室に子供のベッドの準備をする。

このお泊り会は親も参加ができるらしく、
何人かの親は子供と一緒に教室で寝袋で寝たらしい。
親が一緒に泊まって、学校のお泊り会の意味があるんだろうか・・・
とちょっと思ったけど、まぁいいとしよう。

一通り、ミーナのお泊りの準備を終えて
バイバイする。
去年の保育園でも、学校が始まってしばらくも、
朝、私と別れるときに散々泣いていたミーナが
これから一晩学校に泊まると言うのに、泣きもせず
ちゃんとバイバイをしてくれた。

駐車場の車に行くまで、私のほうが何度も何度も振り返って
ミーナの姿を確かめたけど、ミーナは私を探すでもなく
黙々と一人で学校の遊具で遊んでいた。

私の腕の中にすっぽり納まって産声を上げていた
小さな、小さな、赤ちゃんが
いつの間にかあんなに大きくなっていたんだ。。。

なんだか、私のほうが
「ミーーーーナーーーー!」
と叫んで走って行きたい気分だった。

家に帰ると妙に静かだった。
今までも、2,3回くらい旦那の実家に泊まったことはあるけど
この日はなぜか、特に静かだった。。。

でも、、、
20分もすると、ミーナがいないことにも慣れて(はやっ
うっひょ~~、楽チ~~~ン
と大喜びしながら、Wagyuステーキをほおばる薄情な母へと変身。

でも、本当に楽だった。
リサにかかりっきりになれるので、リサも嬉しいらしく機嫌よくしていてくれたし。
今までどれほど要領悪く、二人の子供の間をドタバタ行ったり来たりしていたのかよく分かる

そういえば、日程表にディナーは
Sausage SizzleとIce Creamと書いてあった。
そして、
そのあと寝る前に
SupperーMilo,Biscuitsとも。。。

ソーセージシズルは、焼いたソーセージをパンにはさんで食べるもの。
なんだか、質素だな・・・
でも、そこまではまだいいとして、
なんで、夜寝る前にMiloとビスケットをあげる必要があるのかがよく分からない。
しかも夕食ですでにアイスクリームを食べているのに、、、
オージーの子供には普通のことなのだろうか???

そして、あっという間に時間が過ぎ
今日午後三時。
お迎えの時間。
ミーナがどれだけ楽しんだのか、興味がある。

迎えに行くと

チョーーーーーーー 不機嫌

家に帰ってから話を聞くと
夜中に誰かがうるさくして起こされてしまったらしい。
それからずーっとミーナは眠れなかったと・・・

普段と違う環境だったから、なおさら寝つきが悪かったのかも。

家に帰ってきたミーナは、まぁ、機嫌の悪いこと、悪いこと、、、
私の腕の中にすっぽり納まっていた小さな赤ちゃんなんてすっかり忘れて
また、学校に送り戻したい気分だった。

ま、しょうがないよね。

結局ミーナは夕食の前に寝てしまって、そのまま。
本当に疲れていたみたい。

私も幼稚園の時にお泊り保育があった。
ちょうど、今のミーナと同じ年の頃だったんだけど
夕食がカレーだったこと、
夜中にふと目を覚ましたら、寂しくなって
ひとりで布団をかぶってシクシク泣いていたこと、
今でも覚えている。

何十年後のミーナが
今日の出来事を断片でも思い出すことがあるのかな??


↓薄情な母ですが、押してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ




スポンサーサイト



2009.12.04 Fri l 子供のこと l コメント (20) トラックバック (0) l top