FC2ブログ
今日は天気がいいので、
Sea Worldへ行くことにした。

スクールホリデーは終わっているものの
やっぱり土曜日なので、すごく混んでいた。

Sea Worldに着いたときは11時。
次のイルカショーが11時半からというので、
さっそく見に行くことに。

入り口から一番離れた、園内の奥にある会場。

歩きながら、乗り物を目にするたび乗りたがる子供達を諭して、
イルカショーの会場へ向かう。
炎天下の中、20分ほど歩いて到着。

もうヘトヘト。

イルカショーも子供達はおとなしく見ていたが
はっきり言って、つまらない。
芸がちょっとしかなくて、
後はイルカの歴史やら、生態やらを説明してばかりで
ちょっとガッカリだった。

実はもう1個会場があって、そこで違う時間帯にやるイルカショーのほうが、
もっとアクロバティックな芸を見せてくれておもしろい。
今回は見るチャンスがなかったが、、、

イルカショーが終わり、会場を後にして、
モノレール乗り場に向かった。

ちょうど、モノレールが止まっていたので、急いで乗り場に向かう。

あともう少しでプラットフォームに着く、
というところで、
モノレールが行ってしまった。。。

ムカッ

しょうがないので、次のモノレールを待つ。
約15分・・・

やっと次のモノレールが来た。

すると、すでにモノレールは満員で乗れない!!

せっかく15分も待ったのに!

ムカッ ムカッ

目の前に来たモノレールに乗れないと知ったリサは
おお泣き。。。
かわいそうだけど、どうしようもないので
乗り場を後にして、歩き始めた。

また、炎天下の中延々と歩く。

途中ケーブルカー乗り場があって
乗ろうと思ったら、あまりに長い行列に諦めた。

諦めたことが気に入らないらしく、
またリサおお泣き。

ミーナはLog Ride(ログライド)に乗るのを来る前から楽しみにしていた。

ログライドは丸太の乗り物に乗って、水の上を進み、
最後に急降下と同時に思いっきり水しぶきを浴びる乗り物。

ここもすごい行列だったが、ミーナのお気に入りなので、
並ぶことに、、、
でも、リサは小さすぎて乗れないので、
私と一緒に、小さい子用の乗り物のところに行こうとすると
ミーナとダディーと一緒がいい!!!
と大騒ぎ。

ミーナと旦那はすでに並び始めていたが、
ダディー、ダディーと叫ぶリサのために、
私とバトンタッチすることに。

ミーナと旦那の後ろには、すでに何人か並んでいたので、
旦那はミーナを置いて低いフェンスを飛び越えて、出てきてリサのところへ。
私は入り口から
「Excuse Me! Excuse Me!」
といいながら、先のほうで待つミーナのところへ行こうとした。

ところが、途中、
通路いっぱい占めるほどの巨体のオバチャンが
「You Can't go through!」(横入りはだめよ!)
と言って、通してくれない。

ムカッ

なので、前方に娘が待っているので、通してくれと言ったが
このデブの言ったことは
「I don't care! I was wating here first」(関係ないわよ。私が先にここに並んでたのよ)
と言い出した。

その間、ミーナの後ろにいた人も、
ミーナに誰も大人が付いていないのをいいことに、
ミーナを押しのけて先に進み始める。

押されたミーナは、後ろでデブに阻まれた私のところへ来た。

なんか腹の虫が収まらない。

「Thank you very much for being so nice to me!」
とわざと大きな声で嫌味っぽく言ったら
そのデブ、
私の顔を一瞥して、
「フン」
と鼻で笑いやがったー!!!

ムカッ カチーン! 
ボ~~~~~

もうこんなところにはいたくない!!
ミーナを説得して列から出た。

そして、フェンスの外側からそのデブの腕をつつき、
「Thank you fuckin very much!You Fuckin' Bich!!」
と怒鳴りつけてやった。

それでもまだ、顔がにやけてるのでなおさらムカついて
「Fuck you!! Go to hell!!!」
と中指を立てながら精一杯怒鳴った。

もちろん、周りの人たちは私の顔を苦笑しながら見ていた。
でも、そんなこと構わない!
こういう状況で、癇癪を起こした方が負けと分かっているけど
でも、そんなこと構わない!
その場にいる人たち全員が、デブの方じゃなく、私がバカだと思っただろうけど、
えぇ、えぇ、バカで結構!

ただ、一つだけ後悔していることは
そのデブに向かって
「少しは痩せてみろ、大デブ!」
と言わなかったこと。
そうしてら、あんなにやけた顔出来なかっただろう。。。

一方、泣き叫ぶリサをつれた旦那。
彼もフェンス越しに、ミーナを押しのけて先に進んだ人と喧嘩をしていた。
旦那が、
「子供が押しのけて先に進むとは何事だ!」
とその人に怒ったら、
その人は子供連れで
「うちの子供は、てんかん持ちなのよ!!」
と言い返してきた。
「それと、うちの子供を押しのけるのとどう関係があるんだー!」
と怒鳴っていたたら、
「じゃぁいいわよ!好きにすれば!私の前に並べばいいでしょ!!」
とすね始めた。

結局ミーナにはかわいそうだが、ログライドは諦めてもらった。

もう、悔しいやら、悲しいやら、、、

その後涙目になりながら、幼児用の乗り物がたくさんあるところへ行って、
メリーゴーランドや汽車や飛行機の乗り物に乗った。

しばらく泣いていた子供達も、
乗り物に乗ったとたん、機嫌が直ったが、
私も旦那も不快極まりない。

一通り、乗り物に乗った後まっすぐ家に帰った。

家で、遅い昼食を食べた後
気を取り直して、
ウォーターパークに行くことにした。

テーマパークのはしご!?

暑い中散々歩いたので、
プールは最高に気持ちよかった。

子供達も大喜び。

旦那とも、
「今日は散々だったよね。最初からここに来ればよかったよね。」
なんて言っていた。

ミーナは勝手に泳ぎ回っているし、
リサも一人で楽しそうに遊んでいる。

ようやく、水につかりながらホッと一息ついたところで

バンッ

何かが私のこめかみに当たった。

あまりの痛みに何が起こったのか分からなかったが、
「Sorry!」
と言う声が聞こえてきた。

よく見ると7,8歳くらいの女の子が謝っている。

一応謝っているし、と思って何も言わなかったが
目は思いっきり睨みつけていた。

「ごめんなさい。ゴーグル投げちゃったの」

と言っている。

でも、
ごめんなさいといいながら、さっさと歩き去ってしまった。

旦那が一言
「今日は家でじっとしていた方が良かったのかもね」

明日から、ひきこもりにますます拍車がかかりそうだ。。。

あぁ、なんて一日だったんだろう。。。

What A Day!!!


こう見えても(見えないって!)かなり落ち込んでるので、
明日はブログをお休みして
英気を養います。


↓元気が出るので、ポチっとよろしく!
にほんブログ村 海外生活ブログへ




スポンサーサイト



2010.02.13 Sat l 日常 l コメント (22) トラックバック (0) l top