FC2ブログ
まずは、リサの泣かせとけ法の経過。
(は?泣かせとけ法って何?と言う方はこちら

リサをベッドに連れて行く。
本を読む。
おやすみのチューをする。

寝る。

そう、、、
昨日から、まったく泣かずに一人で寝るようになったのだ

時間稼ぎで何度も読まされた本も、一回読むだけでOK。

結局6日間で、泣かずに一人で寝るようになった。

恐るべし「泣かせとけ法」。。。

*******

今日は、もう二度と行きたくないと思っていた
Sea World にもう一度行くことになった。

今回はミーナと私の二人だけ。

実は、前回記事で意地悪ばあさんにあって、
ミーナの乗りたかった乗り物を諦めさせる時に約束したことだった。

前回記事にあるように、ミーナが後ろの人に押しのけられたのも
意地悪ばあさんに、私が意地悪されて、列の後ろに追いやられたのも
結局は大人の問題で、
私や旦那が我慢すれば、ミーナが諦める必要はなかったこと。

それだけでなく、
普段から、ミーナには我慢させていることがすごく多かった。

これは、一番上の子の宿命なのかもしれないが
例えば、
ミーナとリサが一緒にプール入っていても、
リサが出たがると、私はリサの面倒で、ミーナのことを見ていられなくなるので
強引にプールから出させざるを得ないことがある。

どこか外で食事をしていても、
リサが食べ終わって、どこかに行ってしまおうとすると
ゆっくり食べているミーナを急かしてしまう。

リサがまだ、小さい赤ちゃんで寝ていたときなんか、
ミーナが少しでも物音立てると、
リサが起きるからと言って怒っていた。

私は3人兄弟の末っ子なので、わがまま放題育ってきた。
我慢のがの字も知らない。

でも、先日友人と話していて
その友人は二人姉妹の姉の方で、
小さい頃、時々妹なんかいなくなればいいって思っていた。
と告白された時はドキッとした。

ミーナには決してそんな風に思って欲しくない。

兄弟姉妹って、上でも下でも
なんとなく不公平、、、
ってお互いに思っているのが普通だと思う。
私だって、兄達のことをすごく羨ましく思うときがあるし
兄達だって、私のことをあんなに甘やかされていいよなぁ~
って思っているだろうし。。。

でも、そんな不公平感が恨みに発展しないのは
やっぱり家族として大切な存在だと思っているからだし、
子供たちがお互い恨み合わないように努力をするのは
親の役目だと思う。

私も出来る限り、ミーナのためにリサに我慢させるようにはしているつもりでも
やっぱり、2歳児が相手となると、これまた難しい。。。

そんな日頃の気持ちもあって、
今日は「ミーナを甘やかそう日」と勝手に決めて、
学校も休ませて、テーマパークに行くことにした。

本当は他のテーマパークに連れて行きたかったんだけど
ミーナがどうしても、Sea Worldにもう一度行きたいというので、
そうすることに。。。

ミーナが食べたいと言った
トマトとチーズのサンドウィッチを作って 
ランチの後にはアイスクリームも買ってあげて、
この間乗れなかったLog Rideには4回も乗って、
Sea World で十分遊んだ後は
車でひとっ走り
ウォーターパークまで行った。

ウォーターパークもリサが一緒だと、なかなか出来ない
乗り物もあって、
今日は思う存分やらせてあげた。

最後は旦那とリサとウォーターパークで合流した。

しかし、、、
閉園の時間になると、
ミーナがもっと遊びたいのに~
と言って泣き出した。

普段はこんなことあまりないのに、
疲れちゃったのかな?

夜も、ちょっとグズリ気味で、
7時半頃ベッドに連れて行ったら、
速攻で眠ってしまった。

寝る前に
「今日は楽しかった?」
と聞いたら
「うん。でも、今日のことは明日学校で先生には言わないの。
だって、言わない方がいいから。。。」

今日学校をズル休みしたことは、しっかり理解していうようだ。
成長したなぁ・・・(涙)

そして、
今日のミーナの楽しい顔

15022010345.jpg


15022010342.jpg


15022010341.jpg


15022010349.jpg
やっとまともな写真が撮れた~


いつもいい子でいてくれて、ありがとう!ミーナ



↓押してもらえると、もうちょっと要領のいい母になれます。。。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

スポンサーサイト



2010.02.15 Mon l 子供のこと l コメント (16) トラックバック (0) l top