FC2ブログ
以前にも書いたことがあるが、
ミーナは学校に入るまでほとんど英語が話せなかった。

学校に入る前は3歳からKindyに入れていたが、
週2日通っているだけだったので、
英語の環境にいながら、
サバイバル的な英語は話せるものの、
ちゃんとした会話とまでは行かなかった。

Kindyに入る前は、もう日本語オンリー。

旦那は英語で話しているんだけど、
やっぱり過ごす時間の長い私の影響か
日本語ばかり。
なので、ミーナと旦那は意思の疎通がほとんど出来ないという悲しい状況だった。

でも、
ミーナが生まれた時は
旦那の両親と同居していたので、
英語漬けになって、ミーナが英語しか分からない子になったら困る
と、新生児のミーナを抱えながらかなり焦っていたっけ。。。

なので、
日本で録画したテレビ番組ばかりを流し、
日本語の絵本ばかり読ませ、
たとえ英語の絵本があっても、日本語に訳して読み聞かせていた。
私がミーナに英語で話すことは一切なかった。

ミーナの日本語に関してはかなり徹底していたと思う。

それでも、学校が始まってしまえば
日本語のレベルは平行線か下がる一方。
英語で話すほうが、楽に言いたいことが言えるようだ。

そして、リサ。

二人目となると、ミーナのときほどの気合はすっかりなくなってしまう。

まぁ、なるようになるか~
程度のもの。。。

それでも、今はやっぱり話す言葉は日本語が多い。

ところが最近、Kindyに行くようになって
ずいぶん英語の語彙が増えた。

「Look at me,Daddy!」
「Thank you , Daddy!」

ってな感じ。

で、ふと気が付いた。

リサは決して
「Look at me, Mummy!」
とは言わない。
「ママ~、見て~」
と言う。
「Thank you 」
じゃなくて
「ありがと」
と言う。

2歳半にして、ちゃんと
旦那には英語。
私には日本語。
と使い分けているのだ!!

すごい!
すごいよ、リサ!! え?こんなの普通?

ミーナはずっと日本語ばかりだったので、
いつから英語と日本語を使い分けするようになったか
記憶がなかった。

なので、リサが2歳半で使い分けが出来ると知った私は
天才児でも産んだかと思うほどの感動!

このまま私には日本語で話し続けてね!

そういえば、
ミーナの友達でハーフの子も
ほとんど英語になってしまって
日本人のママに話すときも英語で話しているが
なぜか私に話しかける時には
いつも一生懸命日本語で話そうとする。

きっと
私のオーラが
「えいご、ぜっんぜんわっからないよ~~~ん」
とでも言っているのかな?


↓ってことは、私って現地の日本人の子供にとって貴重な存在!?
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト



2010.02.26 Fri l 子供のこと l コメント (26) トラックバック (0) l top