FC2ブログ
なぜか日本人て外国人、
(とくにアメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語圏の白人)
に対して、
親切でフレンドリーという固定観念を持っている気がする。

確かに彼らは
目が合えばニコっと「ハロー」と言ってくれるし、
エレベーターのドアを押さえて先に乗せてくれることもあるし、
親切っていえば親切だし
フレンドリーといえばフレンドリーかもしれない。。。

私も、英語が全然話せなかった留学中は
どれほど見ず知らずの親切なオージーに助けられたかわからない。
なので、
当時は私もオージー=フレンドリー・親切という観念を持っていた。

そして、日本に帰ったあとも
フレンドリーで親切な国、オーストラリアに住みたいなぁとずっと思っていた。

実際それが叶って、移住することになったのだが、
気付いたのが、
留学やワーホリというのは、1年いようが、2年いようが
そのうち日本に帰るという前提があるので、
あくまでもその国のお客さまという状態。

移住という形で
実際その土地に根を張り、現地人と一緒の実生活を送っていくと、
お客様でいた時には見えなかったものが見えてきたりする。

それは

Racizm

すなわち、人種差別。

これは、日本人に対してというわけではなく、
オーストラリア以外の外国に対して。

私が直接誰かから、人種差別的なことを言われたとか
意地悪された、とか言うわけではないが、
なんとなく肌から感じるものがある。
そして、たまーに、
人の会話の中で
「それってちょっと差別的じゃない?」
という言い回しを聞くこともある。

たとえば、
ケチな人のことを
「あの人って、ほんとユダヤ人みたいよね~」
とダイレクトな比喩を使うことがあるし、
「やっぱりあの人って○○人だから、ちょっと変わってるのよ~」
と根拠のない結論をつけてみたり
日本人のお辞儀をするしぐさなどを真似して
バカ笑いしたり。。。

何年か前は、ゴールドコーストでレバノン人の商店や、アジア人の商店が
襲撃されたこともあった。

最近で有名なのは、
ビクトリアで頻発した、インド人襲撃事件だろう。
3年間で1500人以上ものインド人が襲われたらしい。

白豪主義という歴史があっただけに、
やっぱり一部のオーストラリア人達には、
自分と違った種類のもの、人、は受け入れられない
という気持ちが、どこかにあるのだろう。

白豪主義を撤廃してからは
他民族共存国家をスローガンに移民を受け入れてきたオーストラリアだが、
それは、あくまでも国の政策。
移民は増えたものの、
個人レベルでは、
それを歓迎する人、
ムシズが走るほど、外国人を嫌う人、
色々な人がいる。

きっとこの人は、
「ムシズが走るほど移民嫌い」
の代表なのだろう。。。

27032010315.jpg

車のガラスに張られていたステッカー。(訳:うせろ!ここはいっぱいだ!!)

オーストラリアに来て、
フレンドリーで親切なオージーに会い、
たくさんいい思い出が出来ればそれに越したことはない。
思い出として大事にすればいいことだが、
だからといって、
盲目的に
オーストラリア=フレンドリー+親切=素敵な国=住みやすい
と結論付けてしまうのは
とっても危険なことだと思う。

とくに言葉が分からないと
ニコっとされるだけで親切な人だぁ~と勘違いしてしまいやすい。
そうやって、被害を受ける日本人女性も少なからずいるらしいし。。。

どの国にも
何事にも
正と負
陽と陰
善と悪
そういう部分がある。

特に、外国という異文化に触れる前には
そこのところを理解しておいた方がいいのではないか。

この車のステッカーを見ながら、
そんなことを考えていた土曜日の午後だった。


↓押してもらえると、嬉しいです!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト



2010.03.27 Sat l ひとりごと l コメント (50) トラックバック (0) l top