FC2ブログ
今週末はイースター。

金曜日と来週の月曜日が祝日となるため、
4連休になる。

日本では、キリスト教徒でなければ、
イースターをお祝いすることはないので、
なじみがなかったが、
こちらでは、わりと盛大にお祝いをする。

お祝いをするというより、
パーティーを開いて大騒ぎする口実でもあるようだが、、、

とりあえず、
イースターの金曜日は、キリストが処刑された日として
「Good Friday」
と呼ばれる。

なぜGoodなのかは、聞かないでいただきたい。

オーストラリア在住中の6年間、
何人もの人に、これを聞いたが、
納得できる説明をしてくれた人はただの一人もいない・・・

そして、
このGood Fridayは、肉を食べない日でもある。
キリストが処刑された日なので、肉と血を連想させるものは食さないそうだ。

オーストラリアで1年のうちもっとも魚屋が儲かる日でもある。

私家族も、毎年、この日は
お庭でシーフードバーベキュー。
日本人の私には、とってもありがたい。

そして、土曜日は何事もなく過ぎ、
日曜日は、これまた
キリストが復活した日として、
盛大に祝う。

金曜日に肉が食えなかった分、
思う存分食うぞー!

ということで、
オージーらしく、ビール瓶片手に、
盛大な肉のBBQとなる。

そしてこの日、
子供達にとってのメインイベントは、ビールと肉ではなく、
Egg Hunt。

私が子供の頃は、
この日、教会に行くとゆで卵がもらえるというので、
意味も分からず、
友達と連れ添って、
ゆで卵を貰いに行ったものだった。

別に、家でも食べれるんだけどね。

一方、こちらではスーパーに卵の形をしたチョコレートが売っていて、
親はそれをたくさん買い、
こっそり、家中のいたるところに隠しておく。

そして、
子供達はそれを探し、
見つけた数を競い合って遊んだりする。

遊び終わった後は、そのチョコレートをムシャムシャ食べる。

これは、一般的なオージーの子供達の楽しみ方。

旦那が小さい頃は
旦那のおじいちゃん(ユーゴスラビア人)の仕来りにのっとり、
復活祭は、
おじいちゃんが卵を茹で、
それを子供達が色づけし、
そして、色を塗った卵で
エッグファイトをする。

卵同士をぶつけ合い、
相手の卵を壊せた方が、勝ち。
卵を壊された方は、勝ったほうに、自分の卵を渡さなければいけない。
なので、
勝った子は、相手の分までゆで卵を食べられる。

というわけだが、
「へ~、なんかそれも楽しそうだね」
というと、
旦那は、
「そんなにいっぱいゆで卵なんか、食いたくねーよ!」
と言っていた。

まぁ、、、
そりゃ、そうだな。。。

たぶん、うちは今年も
チョコレートのEgg Huntになるだろう。

でも、
子供達は、卵に色を塗るのも好き。

というわけで、
実は昨日、ミーナと二人で、イースターエッグ作りをしたのだが、
本当は、
そのことを記事にしようと思っていたのに、
話が横道にそれてしまったので、
本題は、また明日


↓明日はお金をかけず簡単に出来るイースターエッグ作りを紹介!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト



2010.03.30 Tue l 日常 l コメント (10) トラックバック (0) l top