FC2ブログ
ミーナは2004年6月4日にゴールドコーストホスピタルで生まれた。

そして、実はこの日、
私のほかに、
あと二人、日本人が同じ病院で出産していた。
ミーナ以外は二人とも男の子。

3人の日本人が一時間おきに、次々と出産し、
看護婦さんの粋な計らいで、
私達3人を同室にしてくれた。

当時、私はオーストラリアに来て2ヶ月。
友達は皆無だったため、
本当に心強かった。

その後も、
月に一度くらいのペースで3人で集まっては、
それぞれの子供の成長具合を確かめ合い、
相談したり、励ましあったり。

でも、
子供達が大きくなるにつれ、
Kindyに入ったり、
習い事を始めたり、
だんだんと、
会う頻度が減ってきた。

そして、
去年学校が始まってからは、まったく会うことがなくなってしまった。

どうしているかなぁ~
とは思いながらも、
なんとなく時間が過ぎていってしまっていたが、

ある用事が出来て、
私が二人のうちの一人に電話をすることになった。

もちろん、
久しぶりね~!元気~???
なんて話になる。

そして、
久しぶりに集まろうよ!
ということになった。

3人で集まるのは約1年半ぶり。

きっと大きくなっているだろうなぁ~
と思いながら、楽しみにしていた。

そして、今日がその日。

ランチを持って、
ミーナとリサをつれて遊びに行く。

ドアを開けて、中に入ると、
赤ちゃんではなく
すっかりお兄ちゃんになってしまった子供達にびっくり!

向こうは向こうで、
ミーナの成長にびっくり!

お互いしつこいくらい
「うわぁ~大きくなったね~」
と言い合っていた。

それも、そのはず。
みんな、生まれたばかりの頃から知っているので、
赤ちゃんの時の印象が強い。

こんな感じ

CIMG1354.jpg 生後一ヶ月

そして、

現在


06042010438.jpg

ミーナのパンツが見えてるので、
モザイクをかけたが、
かえってイヤラシイ・・・

やっぱり
5歳くらいになると、
男の子と女の子で遊び方が違うし、
特にミーナは、
お人形で遊んだり、お絵かきするのが好きなので、
男の子達の遊びについていけず、
リサと私とばかり遊んでいた。

でも、
異国の地で、
生まれた日から知っている、日本人友達。

たとえ、
男の子と女の子だから、上手く遊べなかったとしても、
お互い忙しくなって、あまり会えなくなっても、
ずーっと
ずーっと
大事にしたい、貴重な友達だ。

私も、
ミーナとリサとばかり遊ぶことになって、
ママ達とあまり話はできなかったけど、
みんな元気そうだったし、
子供達の成長も見れたし、
楽しい一日だった。

今度集まったら、
またさらに大きくなっているんだろうな。。。

楽しみ♪


↓押してもらえると、嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ



スポンサーサイト



2010.04.06 Tue l 子供のこと l コメント (26) トラックバック (0) l top