FC2ブログ
ちょっと、嫌なことがあって、
気分がムカムカする。。。

ブログもお休みしようかと思ったけど、
何か書くと、かえって、気がまぎれて
気分スッキリということもあるので、

今日は、
楽しかった若かりし頃の思い出話でもしようと思う。

それは、15年くらい前の話。

もちろんまだ、独身。
しかも、彼氏もなし。

一年間のオーストラリア語学留学から、
帰ってきたはいいが、仕事がない。
先が見えず、路頭に迷っていた時のこと。

そろそろ結婚というプレッシャーが重くのしかかってくる、お年頃だった私。
友達からの年賀状は、
結婚しましたハガキを通り越して、
子供が生まれました♪
か、
二人目が生まれました♪
が、大多数を占めていた。

あぁ、
白馬に乗った王子さまが現れて、
私を結婚という世界へ、さらって行ってくれないかなぁ~
と毎日夢を見ていた。

そんな時。

奥の銀歯が取れた。

ちっ!
仕事も金もねえのに、ついてないぜっ!
と思いながら、
最近近所に出来た、歯医者に足を運んだ。

まだ、新しいためか、
すいている。
そして、もちろん保険も利くし
なにより近所なのがありがたい。

そして、
「こんにちは~」
と出てきた先生。。。

わ、、、
若い

そして、
とっても、フレンドリー。

マスクをしているので、
顔全体は分からないが、
見えている部分は、全然悪くない。
マスクとったら、
かなりイケテルかも・・・♪

よく話す先生で、
行く度に、
テレビドラマの話とか、
趣味の話などして、盛り上がった。

よく、歯医者にありがちなパターンで、
ほんのちょっとずつ治療して、
何度も通わして、
稼ぐ、
という、
せこい真似をしていたが、

回数通うごとに、
歯医者に行くのが楽しみになっていて、
「ケチってんじゃねーよ!」
なんて、これっぽっちも思わなかった。

でも、
話す内容が、
他愛もない話から、
だんだんと、
「どんなタイプの男性が好き?」
とか
「今、付き合っている人いるの?」
とか
そういう突っ込んだ話になってきた。

なんか、ドキドキする
もしかして、
私、
この先生に、気に入られている???

そうなると、
歯医者に行く時も、
服装に気をつけるようになり、
顔にもフルメイクを施して、行くようになった。

自分が先生にどう見えるのか、
すごく気になるが、
でも、結局、
先生と対面する時、
患者の私はねっ転がって、
大口開けている、恥ずかしい姿をさらすはめになる。

挙句に、
先生が、話しかける時って、
治療中なので、
口開けたままで返事をしなければならない。

「今、付き合っている人いるの?」
なんて、
すっごくドキドキすること聞かれているのに
返事といったら、

「フ,フガッガッ!!」

になってしまう。

あーん
「いないです!」
って言いたかったのに~!!!

そんな、もどかしい駆け引きが続く中、

ある日

「ねぇ、お茶飲むの好き?」
と聞かれた。

え、もしかして、
お茶飲みに行こうと誘ってる!?

その時は、口が自由になってたので、
「好きです!好きです!もう、だ~い好きです~!!」

と、次の
「じゃ、今度お茶でも・・・」
を期待しながら、
半分身を乗り出して、答えた。

もう、鼻血を出さんばかりの大興奮!

そして、先生

「そう、、やっぱりね!
だって、前歯の裏に、茶渋がたっぷりついてるから。。。
これ、取っておいてあげるね。
サービス

・・・・・

そんなサービスいらないから、
茶に誘えーーーーっ!!!!

そかも、そんなこと言われたら、
思いっきり、恥ずかしいぞーーーーっ!!!!!

もう、
心の中で叫びまくったさ!

そして、

その私の叫びが聞こえたのか、、、

先生、唐突に

「ねぇ、よかったら今度、昼ごはんでも食べに行かない?」

え!?

あれ???

これって誘ってるのよね?????

また、
歯の間に食べかすが詰まっているから、
取ってくれるっていうサービスじゃないよね??????

キャ~~~~~~

歯医者さんに誘われちゃった~~~~~~

なんの脈絡もない、唐突な誘いだったけど、
もう、嬉しくて、
スキップしながら家路についた。

そして、
さっそく友達に
「ちょっと、聞いて!聞いて!!!
私ね~
どうやら、
歯医者婦人になるみたい~~~~!!!!
キャ~~~
ど~しよ~~~~~♪」

迷惑電話をかけた。

明るい未来を頭の中で描きながら、
当日を迎える。

初めて見る、マスクをとった先生。

え、、、っと、、、
まぁ、
想像と違ったが、
悪くはない。。。

そして、
近所のイタリアンのお店に入る。

なんだか、
嬉しくて、恥ずかしくて、
目の前にいる先生の顔がまともに見れない。。。

それでも、
いつものように、
他愛もない話をペチャクチャ喋っていた。

そして、
何かの話のきっかけで
「そんなに可愛いのに、彼氏いないなんて不思議だよね~」
なんてお世辞を言ってくれた。

そして、
それをきっかけに
ずっと気になっていて、
でも、
ずっと聞けなかったことを聞くことができた。

「先生は、結婚してるんですか~?」

年齢的に、
彼女いるんですか~?
よりも
結婚してるんですか~?
の方が、しっくりくるような気がして、そう聞いてみた。

ちょっと間がある。。。

まぁ、
もちろん私を食事に誘うくらいだから
答えはNOだろう。

そして、先生

「うん、してるよ」

・・・・・

今、してるって言った?

その口が、結婚してるって言った???

暴れそうになる自分を必死に抑えながら
笑顔で次の地雷に近づく。

「え、じゃあ、お子さんは?」

また少しの間。

「いや、いないよ。」

ホッ 何に安心してるんだ?

「でも」と先生。

 な、何?
続きあるの???

「実は女房が妊娠中でね。
もうすぐ産まれるんで、今実家にかえってるんだよ」

ガーーーーーーーン

サーサーサーサーサー ←冷めていく音

じゃあ、何かい?
奥さんが里帰り出産の間に、
ちょっと楽しんでおこうという魂胆かい?

歯医者婦人になった自分の姿が、
粉々に砕けていく・・・

なんか、
ショックを通り越して、
ムカついてきた。

もちろん、
その会話の後は、
話が続かず、盛り上がらないランチとなった。

その後、
歯の治療が2回くらいあり、
気まずい思いで、先生と対面することになったが、

先生の方は、
まったく気にしていないようで、
「楽しかったね~」
なんて言っている。

ちっとも、楽しかねーよ

挙句に、
「また今度、違うレストランに食事に行こうよ」
なんて誘っている。

私の返事は

「フッ、フガッガッ!!」

そして、
奥歯の治療が終わった後、
二度とその歯医者に戻ることはなかった。

数年後

その歯医者はなくなって、
その場所にはテナント募集の張り紙が張ってあった。

そして、
思い出のイタリア料理のレストランは
サラ金業者のオフィスになっていた。

今頃、あの先生はどうしているのやら。。。

患者をナンパせずに
幸せな家庭を築いていることを祈る・・・


↓先生の正直さは褒めるべき?
にほんブログ村 海外生活ブログへ




スポンサーサイト
2010.04.07 Wed l 思い出 l コメント (28) トラックバック (0) l top