FC2ブログ
まったくの独り言です。

世の中には、結婚した女性が旦那さん以外の人を好きになり、
浮気をしたり、
または、離婚して、その人と一緒になったり
ということがあるが、
そういう女性ってすごいなぁ~
といつも感心する。

独身の頃は気付かなかったけど、
恋愛って、すごくパワーのいることだと思う。

とくに、
一度結婚して、
恋愛の相手が、家族となり、
家族だからこその、
ある意味何でもアリ的な馴れ合いが生じ、
女性としての気合が抜けてきてしまうと、
なかなかもとに戻すのは難しい。

まぁ、好きな人が出来るということが
原動力となるんだろうけど、
恋愛をまた0からやり始めると考えると、
途方にくれてしまう。

たとえば、
デートで食事に行ったとき、
たいてい男性が払ってくれるが、
それでも一応

「あ、私の分払います。。。」
と言う。

そこで、
「いやいや、今日は僕が、、、」
と言ってくれればまだいいが、

「あ、そうですか?じゃ、2000円ください」

なんて言われた日には、
一応自分の分払うとは言ったにせよ

「ケチってんじゃねえよ

という気持ちが一瞬頭をよぎり
それを一生懸命否定する。

そんなことが面倒くさい。

また、たとえば、

出先でう○ちがしたくなったとする。
旦那だったら

「ちょっとう○ちしてくるわ」

と包み隠さず言えるが、
これが、
恋愛中の相手だと

「ちょっとトイレに行ってくるわ」

と言ってトイレに駆け込み
大のほうだと悟られないように
超特急で用を足さなければならない。

なかなか超特急でことが進まなければ
トイレから出た後

「待たせちゃってごめんなさい。
トイレがすごく混んでいて・・・」

なんて、
トイレから全然人が出てきてないのに
見え透いたウソをつかなければならない。

それでも、
ウソをつけばなんとかごまかせることならいいが、

恋愛相手の前で
うっかり

「ブフォ

と、でかいおならをして、さらにそれが臭かった日には
もう、言葉が見つからない。

そして、

たとえば、その恋愛が発展し
情事となった時、

うっかりゴムが伸びてしまったヨレヨレのパンツをはいて来てしまった。

そんな場合、
きっと
そのパンツを見られないように
急いで脱いでしまうだろう。
でも、
きっと相手には

「うわ、はりきってんなぁ~。ちょっと、こえ~よ

なんて、ひかれてしまうかもしれない。

ましてや、

脇のむだ毛を剃り忘れてしまったときなんか、
決して、腕を上げないようにと
アクロバット的な体勢をとってしまうかもしれない。。。

きっと相手には

「うわ、すげ~な。雑技団かよ、おい!」

と、ますますひかれてしまうかもしれない。

そして、情事の真っ最中
ふと彼の顔を見たら

白目になっていた。。。

なんてことになったら、
私の恋愛感情は一気に冷めてしまうだろう。

そんな風に、
ドキドキ感から始まった感情が
恋愛に発展し、
そして、
盛り上がって、
冷めていく。
いや、
冷めることがなくても、落ち着いていく。

そんな一連の過程を、
今からもう一度経験しろ、
と言われると、今はそんな勇気がないと思う。

それは、今コバちゃんが幸せだからよ~
と思う人もいるかもしれないが、

私もいろいろあって
「別れたほうがいいかもしれない・・・」
と思ったことが何度もある。

でも、結局、
私がどんな顔してようと、どんな格好してようと、
う○ちをしようが、おならが臭かろうが、
な~んにも気にすることない。
そして、一応、
私が私自身でいることを許されている。
ある程度の不満はあるにせよ、
そんなぬるま湯につかった状態から
水風呂や熱湯風呂に入るのは、かなりの気合が必要だ。

そうはいっても、
勇気を出して、
水風呂や熱湯風呂に飛び込んで
綺麗になっていく女性もたくさんいる。
むしろ、そういった刺激が
女性を美しくするのも事実だと思う。

そんな、刺激もちょっと欲しいような、、、
やっぱり、怖いような、、、

あ~あ
ぬるま湯につかったまま
美しくなる方法はないのかなぁ~



↓押してもらえると、美しくなれます!?
にほんブログ村 海外生活ブログへ














スポンサーサイト
2010.04.24 Sat l ひとりごと l コメント (32) トラックバック (0) l top