FC2ブログ
今日は午前中、久しぶりにリサをつれて
近所の公園に出かけていった。

その公園の近くには
ハイスクールがあって、
なぜか、午前中なのに何人もの生徒が
学校から出てきた。

なんかの行事で、
早く学校が終わったのかな?と
別に気にもしないで、
リサと遊んでいた。

そのうち、
ハイスクールの生徒と、
その友達らしき制服を着ていない子供達が
7,8人でたむろっていて
私がそばを通り過ぎたとき
「ハロー」
と声をかけてきた。

「ハロー」と声をかけられたので
「ハロー」と返すと
今度は
「$%%^#$%~、$%%^&#@%^~~」
と中国語っぽい発音でめちゃくちゃな言葉を発し
私をからかい始めた。

ムカッ

「私、中国人じゃないけど」
と私が言っても、関係なく

「#$$^%^#~、$%$^%&#@~~」

とからかい続ける。

腹がたったが、相手にするのもバカらしいので

「中国人じゃね~んだよ! ば~か」

と日本語で怒鳴って、
あとは知らん顔を決め込んだ。

でも、
そのガキどももしつこく

私の顔を見るたびに

「@#$^%@!~、#%%^^@@%%^~~」

と言ってくる。

いい加減腹が立つ!

リサがいなかったら、
一発ぶん殴りに行きたいところだが、
リサに危害が及ぶのは確実なので
踏みとどまる。

なので、

持っていた携帯で、
そのガキどもの写真を撮った。

制服の生徒もいるので、そのハイスクールに行って、
苦情を言おうと思ったから。

すると、ガキども

「何で俺達の写真撮るんだよ!」

と私に言ってくる。

なので、

「悪いけど、私中国人だから
英語分からないの。
あんた達、中国語喋れるんでしょ。
中国語で喋ってくんない?」

と言い返した。 えぇ、大人げないですよ、私。

私が何を言っても構わず

「何で俺達の写真撮るんだよ

と聞き続けるガキ。

私が笑いながら

「フン、そのうち分かるわよ!」

と言うと

「何が分かるんだよ。何言ってるか、わけ分かんねーよ!」
というガキ。

そのうち、制服を着ているほうのガキが

「あのさ、僕はあんたに何にも言ってないんだから
その写真で僕にトラブル起こさないでよ!」

と言ってくる。


「は?何のこと?
何か悪いこと私に言ったってこと?
何でトラブルになると思ってるの?」

というと、
黙りこけるガキ。

でも、
制服をきていないほうのガキは強気にしつこく

「だから、なんで俺達の写真撮ってるんだって聞いてるんだよ!
それで、どうするつもりだよ!!」

と怒鳴ってくる。

そのうち、
公園で子供を遊ばせていた、他のお母さんが

「何事なの?」

と助け舟を出してきてくれた。

ガキの一人が

「何かこの人、俺達の写真撮ってるんだよ」

と言ったが、
そのお母さん、フンと言ってそっぽを向いた。

私も、
腹は立っていたが、
顔に満面の笑みを浮かべて、
その場を立ち去った。

私が、写真を撮って、何も言わずせせら笑っているほうが
くそガキどもも、腹が立つだろうと思ったからだ。
だって、
私だけ腹が立つのは悔しい。 えぇ、大人気ないですよ。私。

結局、そいつらとは、それまでで、
私は近くのスーパーで買い物を済ませ
家に帰ったが、
考えれば、考えるほど
はらわたが煮えくり返る気分だ。

私がアジア人というだけで、
こんなくそガキにバカにされなきゃいけないという事実。

バカは放っておけとは思うが、
それでも、やっぱり悔しい。

だって、
家族も友達も、大切なもの全て日本においてきて
身一つで、海外に渡り、
外国で外国人として一生懸命生きてきた。
言葉も習慣も食べ物も違う国で
自分をなんとか適応させて、
そんなストレスの中、嫁姑問題も乗り越え、
子供たちも育ててきた。

自分の意思でここに来たんだから
「私はこんなに大変なのよー」
と、一切日本の家族や友達に言った事はない。
それに、
思ってはいけないと思っている。

でも、
やっぱり、時々は
「外国に住むのは、大変なのよーー!!!」
と叫びたい時もある。

ガキどもにバカにされたおかげで
普段は封印しておくべき気持ちが
飛び出してきてしまった。

バカにされたことより、
そのことに腹が立つ。

今度会ったら
タダじゃおかねぇぞ!

明日のテコンドーは
いつも以上に気合が入りそうだ。。。


↓ポチっと慰めて~
にほんブログ村 海外生活ブログへ











スポンサーサイト



2010.04.28 Wed l 日常 l コメント (36) トラックバック (0) l top