FC2ブログ
オーストラリアに移住する直前、
私は妊婦だったので
便秘防止とカルシウム摂取のため
ヨーグルトをよく食べていた。

買うのはもちろんナチュラルヨーグルト。
たまに、
母が買ってきてくれる
アロエヨーグルトも食べていたが、
自分で買うときはいつもナチュラルヨーグルト。

私の一番のお気に入りの食べ方は、
煮豆にヨーグルトをかけて食べる食べ方だった。
(豆を煮てくれるのは母だったが。。。)
特に美味しいのは黒豆。
甘く煮た黒豆の汁とヨーグルトが混ざったところは
まさに絶品。
もう、
かれこれ6年は食べていないので
私にとっては思い出の味となりつつある。

その後、オーストラリアに移り住んだ後も
やはりまだ妊婦だった私は
煮豆はなくても
ヨーグルトは食べよう!
と、スーパーに行って
ナチュラルヨーグルトを買って食べた。

ところが。。。

あまりにもすっぱくて
食べれたものじゃない!!!

これは、
メーカーのせいなのか、オーストラリアのせいなのか?

数あるメーカー、
片っ端からナチュラルヨーグルトを食べまくった。

どれもすっぱい。

人から聞いた、どこどこのメーカーのはすっぱくないよ!
という情報を得ても、
買って食べてみると、
私にとってはすっぱい。

日本のナチュラルヨーグルトが
私の舌をどれだけ甘やかしていたかを
痛感する出来事だった。

以来、
ナチュラルヨーグルトを買うことはほとんどなくなったが、
でも、
たま~に、むしょ~に
ナチュラルヨーグルトを買いたくなることがある。
そう、
食べたい!のではなくて買いたいのだ!

先日も
スーパーマーケットで
ナチュラルヨーグルトを買いたい病にとりつかれた。

でも、
普通のナチュラルヨーグルトを買っても
結局全部食べきれずに捨てる羽目になり、
旦那に嫌味を言われることは目に見えていた。

悩んだ末
私が手を伸ばした先は

グリークヨーグルト
P1040774.jpg

実は何年も前から、ものすごく気になっていた商品。
いったいグリークというだけで
普通のヨーグルトと何が違うのか?

気にはなっていたものの、
買って食べきれないと困るので
ずっと手を出さなかった品。

とうとう、
そこに私は手を伸ばした。

ドキドキする。

そして、
そこまで気合をいれて買ったにもかかわらず
3日間冷蔵庫の中で忘れ去られていた
このヨーグルトを、
いよいよ今日、
開けることにした。

というか、思い出してあわてて開けただけだが。。。

開けたところ、
そこには、

普通のヨーグルトがあった。。。

でも、
スプーンですくって一口食べてみる。

うわっ

なにこれっ???

めちゃくちゃ、うめーーーーーーっ!!!!!!

濃厚でクリーミーで、すっぱさも気にならない。

ヨーグルトのソムリエが存在するとしたら
きっと
「ベルベットの舌触り」と表現するだろう。

こんなに美味しいナチュラルヨーグルトが存在したにもかかわらず
私はその前を何年間も素通りしていたのか。。。

愕然とする思いを奮い立たせ
このヨーグルトを何かに使おう!
と突然思い立った。

そうだ

ケーキが食べたい。

で、
焼いてみた。

P1040773.jpg

材料は
バナナ2本
ヨーグルト160グラム
砂糖30グラム
はちみつ大さじ1
卵2こ
セルフレイジングフラワー200グラム

これを混ぜ混ぜして焼いただけだが
これがまた

ウマい!!!

ヨーグルトをいれるだけで
こんなにしっとりふんわりするとは知らなかった。
バターも使わないし、砂糖も少なめなので
子供のおやつにもってこい。

もう、新しい発見にうっとり

こうなると
もっと何か作りたくなる。

そうだ!

グリークヨーグルトっていうんだから、
ギリシャ料理にでてくる
ヨーグルトソースだ!!!

そして
自動的に、今夜の夕食は
スブラキに決まる。

スブラキは旦那の得意料理。

こーんな風に、豪快に作ってくれる。
P1040779.jpg

スブラキを言えば普通串焼きだが、
旦那いわく
「材料を串に刺すのが面倒くさい」
「口の中に入れば同じことだ」

というわけで
我が家では
まるで中華の炒め物のような(味は立派なグリークだが)
スブラキが登場するのである。

そして
今日の主役

ヨーグルトソース
P1040775.jpg

レシピは、ぱおさんのブログを参考にさせていただいた。

これがもう、絶品。
しかも簡単に作れるのが嬉しい。

ぱおさん、いつもありがとう!!!

あ、
ちなみに、
今日は珍しく我が家でとれた野菜を使ってサラダも。

P1040777.jpg

といっても、
とれたのは、レタスだけだが。。。

ところで、
ヨーグルトソースを作りながら、
気付いたことがあった。

それは
長年の疑問
「グリークヨーグルトと普通のヨーグルトの違いは何ぞや?」
の回答を導き出す結果となったのだが、

ヨーグルトソースのレシピには
ヨーグルトを水切りする
とある。

こういう面倒くさい作業がものすごく苦手な私は、思った。

そういえば、
このヨーグルト、ものすごく濃厚だしドッシリ感がある。
ふたを開けたときも
水が上面に浮き出ていなかった。

ということは
水分が少ないヨーグルトなのでは???

そして、
水切りせずに使ってみたが、
心配していたべチョべチョソースにはならなかった。

そうか!

グリークヨーグルトは
乳清(ホエイ)が少ないんだ!!
ということは、料理にもってこいのヨーグルトなのか!!!

そして、
確認のために、ネットで色々調べてみると
まさにその通り。

ってか、
最初から調べれば簡単なことだったんだけどね。。。


なんだか、
のどのつかえが取れたような、
スッキリとした気分。

そのまま食べても、
料理やケーキに使っても美味しい
そして、水切りという面倒な作業もいらない ←これ重要!
グリークヨーグルト。

どうやら、
私、、、

惚れてしまったようだ


↓新たな発見を祝してポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ












スポンサーサイト



2010.07.14 Wed l 料理 l コメント (28) トラックバック (0) l top