FC2ブログ
現在
週2日通っている英語の学校(TAFE)
2日間、それぞれ違う先生が教えてくれている。

一人はオージーの年配の女性。
そして、
もう一人は
黒人のアメリカ人の先生。

このアメリカ人の先生、
何年か前にオーストラリアに移住したらしいが、
オーストラリアに来た最初の何日か、
困ったことがあった、、、
という話をしてくれた。

それは、

オーストラリア人の話す英語が分からない。。。

ということだったらしい。

その先生いわく、
アメリカ人と発音の仕方が若干違うのはもちろん、
オーストラリア人の話し方は、
口を開かず、もごもごして
はっきり話さないので、
何を言っているのか聞き取りにくい。

例えば、
車のCAR
カードのCARD

オーストラリア人はこのカードの最後のDを
ほとんど発音しないので、
車とカードがほとんど同じ音になる。

なので、
文章からどっちの言葉を言っているのか
想像しなければならない。

という話を
先生がしてくれたのだけど、
確かに、大袈裟じゃなく
オーストラリア人は、
口の中で、もごもごを話す人が多い。

旦那に言わせると、
「オーストラリア人は怠け者だからなぁ、
口を開けて話すのも面倒くさいんだよ。」
だそうだ。

そして、
はっきりと話さないだけでなく、
オーストラリアでしか使わないような言葉まであるので、
たまったもんじゃない。

代表的な言葉は、
誰でも知っている
G'day!
だろう。

もちろん、グッデイと言ってはいけない。
グダイと言う。
(グッダイでもないので、ご注意を)

そして、
単語の末尾を'ie'や 'y'に変えて
省略してしまった言葉もある。

代表的な言葉は
誰でも知っている
Aussie
だろう。
もちろんこれは、いわずと知れた
Australian
の略。

こうやって
'ie'や 'y'で短くしてしまった言葉が
オージー英語の中にはたくさんある。
それだけ、
長い言葉を言うのが面倒くさいんだろうか。。。

今日はそのいくつかを紹介したいと思う。

Barbie
Bickie
Brekkie
Chrissie
Mozzies
Postie
Pressie
Telly
U-ie
Undies
Vegies


これら全部
まったく英語が分からないの~
という人でも、
これなら知っている!
という単語ばかり。

そして、
これらが分かれば、もう
オーストラリア生活も怖くない!

さて、
日本、
オーストラリア以外の外国にお住まいの皆様、

いくつ分かるかな?



↓正解を知りたい人はポチ! 興味のない人もポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ





スポンサーサイト



2010.07.30 Fri l 英語 l コメント (20) トラックバック (0) l top