FC2ブログ
最近の旦那は創作意欲に燃えている。

やはりなんといっても、
きっかけは、これ。(記事はこちら

P1040335.jpg
こんな風だった家のサイドが、

Tおじいちゃんのお陰で

P1040452.jpg

こんな風に生まれ変わったこと。

もう、どうにも手がつけようがなく、
どこをどうしていいか分からなかった、
この湿地帯のようなサイドが
人間が気分良く歩ける場所となった。

ヤレバデキル!!

ほとんどやったのは、Tおじいちゃんにも関わらず、
旦那は自分にもできると自信を持ったらしい。

昔は、買ってきた本棚を組み立てるのも
四苦八苦だった旦那。

それでも、ハンディな男でいることに
強い憧れをもち、
使いもしない、電動ノコギリや、
ねじ回しのセットや、
なんだか、いろいろなツールを買い揃えていた。

そして、だんだんと
こういう小さいものは作れるようになった。

P1040920.jpg

そして、
このTおじいちゃんとの、サイドの改装以来、
旦那のチャレンジが始まり、
とうとう、
ここに

屋根をこしらえた。

P1040916.jpg
                    ↑浮浪児ではなく、ミーナです。。。

しかも、
自分ひとりで出来ることを証明したいと意気込んで、
Tおじいちゃんにお手伝いを依頼せず
一人で全部作ったので、
本人も大満足。

ここは、
西日が当たる方角で、真夏になると
こちら側に面した部屋がサウナ状態になるので
この屋根はとってもありがたい。

それに、
屋根の部分は、ウォータープルーフのシェードクロスを使っているので、
洗濯を干して、突然雨が降っても、
急いで取り込まなくてもOKなのが嬉しい。

しかも、ここに
こういったものまで、作ってくれた。

P1040913.jpg

実はこれ、
Tおじいちゃんのうちに作ってあったもので、
旦那は前から同じものを作りたがっていた。

これは、
洗濯物を干す時に、洗濯籠を乗せる台で、
これに洗濯籠を乗せれば、
地面に置いた洗濯籠から、
腰をかがめて洗濯物を取って干さなくてもOK.

とっても便利な代物だが、
巷には、
キャスター付きで移動可能な便利な台が売っている。
(しかも20ドルくらいと安価)
しかし、
あえて、それのほうがいいとは言わず、
旦那の作ってくれた台に
素直に感謝の念を表す、優しい妻。。。

しかも、
旦那の作ってくれた台のほうは、
こんな風に、折りたたみも可能で、
邪魔にならない。

P1040914.jpg
                 ↑だから、浮浪児じゃなくて、、、

そんなかんじで、
段々とハンディマンとしての自信をつけてきた旦那は、
今、
ガレージで、あるものを製作中。

P1040912.jpg
ちなみにガレージの左側面にある棚も旦那がこしらえた。

さて、

旦那は何を作っているのでしょう????

正解は、
これが出来上がった時に発表します!

ヒントは
この写真の正面奥に写ってるんだけどね~♪



↓頑張ってる旦那にポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト



2010.08.15 Sun l 日常 l コメント (22) トラックバック (0) l top