FC2ブログ
日本滞在記はちょっとお休み。

実は
歯列矯正を決心した。

私の顔を知っている人はご存知のように
私は出っ歯だ。

今さら、、、
という気もしないでもないのだが、
今が最後のチャンスという気もしないでもない。 なんのこっちゃ?

とにかく
なんで若い頃でなく、今なのかというと
若い頃は
それをチャームポイントだと信じ込んでいたし、
彼氏が出来なくて困るということもないし、
歯が邪魔になる(何の?)ということもなかったし、
特に問題視する必要がなかったのだ。

それが、
30歳近くになって、
親知らずが突然生え出し、
ただでさえ、出てる歯がますます出て、さらに
出てはいるものの、綺麗に整列していた歯が
だんだん乱れ始めてきて、
その頃から
危機感を抱き始めてた。

しかし、
結婚したり、子供を産んだりしているうちに
あれよあれよと時間が経ち、
ようやく最近になって、
こりゃやばい、、、
と認識するようになった。

というわけで、
先日
さっそく矯正歯科に行ってきた。

ドキドキしながら説明を受ける。

私のレントゲンを見ながら先生は

「う~ん、あまり気分のいい話じゃないかもしれないから
 覚悟して聞いてね」

なんて言うではないか!

私の緊張もマックス。

「この出てる歯を引っ込めるのはそんなに難しい話じゃないんだが、
 問題は
 この下あごなんだよね。

 上あごに比べて、下あごが小さく、後退しているので、
 前歯を真っ直ぐにしても、
 かみ合わせは良くならないんだよ。

 完璧に噛みあわせを良くするためには

 下あごの整形手術が必要だね!」

「整形って、どんな手術なんですか?」

「まず、下あごの骨の両端を切り離し、前へ少しずらす。
 切ったところは、メタルでつなぎ合わせボルトを止める。
 顔を切るんじゃなくて、
 口の中からやる手術なので、傷は残らないけど、
 しばらくの間、相当な痛みをともなうし、
 極稀に、後遺症が残る人もいるね」

そして、延々と下あご整形の話を続ける。

「あの、、、
 今はとりあえず、前歯の事だけを考えていたので
 突然そんな手術のことを言われても、ショックで・・・」

「そりゃ、そうだよ!うん、分かる、分かる。
 もちろん、これは本人の判断だが、
 本当に噛みあわせを完璧にするんだったら、必要な手術だね
 とりあえず、
 家に帰って、よく考えて
 どこまで直したいのか決めて、来週また来て下さい。
 それから、矯正のプランを立てましょう。」

この日、矯正歯科で1時間半のコンサルテーション。(ちなみにお値段55ドル)
ほとんどが
顎の整形の話で、その内容のグロさに疲れてしまった。

あそこまで強く押されると
「やったほうがいいのかな。。。」
という気にもなってくるのだが、
家に帰って色々ネットで調べてみると、

下あご後退というのは
日本人にはとても多い症例らしい。
なので、
ほとんど矯正だけですませて、
手術にいたるのは
よっぽど酷い場合か、
見た目を変えたいという美容目的が多いらしい。

考えてみたら
西洋人で下あごが小さい人って、ほとんど見かけない。
それもあって、
あの矯正歯科の先生も手術を勧めたのかもしれない。

だいたい、
今はそこまで痛い思いをして自分の顔を変えるほどの危機感は
まだ持っていない。
出てる歯を真っ直ぐにすれば
今はそれで十分だろう。。。

そういう結論に至った。

そして、
その話を聞いた旦那。

手術という言葉に顔面蒼白になりながらも
嬉しい事を言ってくれた。

「今まで言ってなかったけどさ、
 コバはその少しぽってりと厚い下唇が
 なんとも魅力的なんだよ。
 そんな手術なんかしたら、それがなくなっちゃんじゃないの?
 そしたら、すごくショックだな。。。」

おお~

たまにはいいこと言うじゃないか、旦那よ!

って事は
私、、、

こんな感じ?

imagesCATO3KY8.jpg
アンジェリーナ ジョリー

思わず
私もイチゴにかぶりつきたくなった。

自分の新たな魅力を発見した私。

その夜はいい気分でテコンドーに出かける。 そう、まだ続いていたの。

そうだ、
最近ちっとも相手にしてくれない愛しのスコット君。
(スコットって誰?という方はこちら

この私の唇をアピールすれば
ちょっとは私の魅力にクラクラっと、、、

そう期待しながら、
一時間のレッスン中
ひたすら唇を突き出していた。
間違えて歯を突き出さないように気をつけながら、、、

結果、変化なし。

う~ん、
唇の突き出し方が足りなかったか、
いや、
グロスでもつけていくべきだったか、、、

などと思案しながら、
鏡で自分の顔を復習してみると

そこは
アンジェリーナジョリーどころか、

こっちの顔があった
imagesCACE0VZS.jpg 鼻毛は出てなかったわよ!

ますます
スコット君の距離が開いてしまったのは確実だ。。。
いや、
こういう顔の女が好みってことも!?
 

とりあえず、今は
前歯だけを治そう。。。


↓がんばれ歯列矯正!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

スポンサーサイト



2011.05.28 Sat l オーストラリアの医療 l コメント (10) トラックバック (0) l top