FC2ブログ
5月に突然歯列矯正を決心し、
2週間前にはとうとう
抜歯をした。

歯列矯正ブログを別に作ろうかと思ったが
それはそれで、
ちょっと面倒なので、
ここに
記録として記しておこうと思う。

2度にわたる
矯正歯科でのコンサルテーションを終え
翌週に
抜歯するために歯医者の予約をした。

通常、
矯正のための抜歯は
4番の第一小臼歯を抜く。

images[2]
画像はグーグルより

しかし
私の場合、
左側の5番の歯が差し歯なので
左右の5番、第二小臼歯を抜く事になった。

5番の左は差し歯だし、
右も虫歯の治療をしてあったので、
まったく健康な
4番の歯を抜かずにすんでよかった。

6月10日、
抜歯するために
歯医者へ向かう。

抜歯というのは
麻酔が一番痛い。

歯一本につき
二本の麻酔の注射を打つので、
計4本の注射を打たれた。(涙)

でも、
親知らずと違って、
意外と簡単にすっぽりと抜けてしまってびっくり。

とくに右はあまりにも簡単に抜けたので
「え、これでいいんですか?」
と思わず聞いてしまったくらい。
それに比べると
左の差し歯は
ちょっと手こずっていたようだ。
でも、
差し歯を抜く時は
途中で歯が割れてしまう事もあると
事前に先生から言われていたので、
幸いにも
割れることなくすっぽりと抜けてくれて安心。

抜歯後
市販の痛み止めを4時間おきに2回ほど飲んだが、
そのせいか、
抜歯の痛みというのは
まったくなかった。

しかし、
一番困ったのは出血。

一晩たっても
なかなか血が止まらず、
何か悪い病気なんじゃないかと思ったくらい。

それでも、
翌日の夜には出血も収まって一安心。

ただ、
出血が止まっても
口の中はいつも血の味がしていて
それには参った。

おかげで、
食欲がわかず、
1キロほど体重が減った。(すぐに元に戻ったが)

歯磨きも
ちょっとブラシが当たってしまうと
また血が出てくるので、
かなり気を使う。

そんな感じで過ごして
抜歯してから4日後。

突然、抜歯跡から出血。

ティッシュを噛んでいても
すぐ真っ赤になってしまう。

どうしちゃったんだろう。。。

なんて思っていると
なにやら
抜歯跡から
ゼリーのような血のかたまりが出てきた。

ネットで調べてみると、
血餅(けっぺい)と呼ばれるもので、
この血餅が抜歯跡を守ってくれるもののようで、
取れてはいけないらしい。

右も左も
きれいさっぱり血餅が取れてしまった。。。

でも、
いったん取れてしまうと
それまでの出血がウソのように止まって、
以来、
出血する事はなくなった。

日がたつにつれ
抜歯跡も埋っていき、

たまたま
抜歯した歯の隣の歯に虫歯を発見したので、
治療をしてもらおうと歯医者さんに行ったら、
「すっごく順調に回復してますね!」
とびっくりされた。

抜歯もしたし、
虫歯もちゃんと治してもらったし
矯正の準備はばっちり!

そして、
今日、
3週間ぶりに
矯正歯科を訪ねた。

歯の型をとるためだ。

まずは、
写真撮影。

色んな角度で写真を撮り、
口の中も
鏡まで突っ込んで
写真を撮っていた。

そして、
その後、型取り。

型を取るのは
今までも歯医者で経験があるが、
なんか
今日のは
特別痛かった。

型を取る、やわらかいやつを
口の中に入れたときに、
唇をありえないくらい引っ張られ、
大口を開けさせられ、
唇がもうちょっと乾燥していたら
確実に血が出るくらい切れていたと思う。

これも美しくなるため!
と思い
必死に我慢をしながら
ようやく終了。

この型を使って、
次回の来院までに
先生がブラケットを調整しておくそうだ。
そうすると
取り付けが簡単に終わるらしい。

次の来院は
来週の金曜日。

いよいよ
私の歯に矯正器具がつく。

矯正は
痛かったり、
いろんなものが挟まって、ものが食べにくかったり、
歯磨きしづらかったり、
器具がこすれて
口内炎ができてしまったり、、、

色々な困難を乗り越えなければならないらしい。

実際
何が起こるのかまったく分からないが、
2年後の自分の姿を想像し、
鏡の前で
つい
ニヤニヤと笑ってしまう。

でも
あと一週間でこの顔(口元)ともさよならかと思うと
それはそれで
ちょっと寂しかったりもする。

とりあえず、
矯正したばかりの時は
食べ物が食べづらいらしいので、
今日は
矯正歯科の帰りに
美味しいものを食べに行った。

飲茶。
24062011143.jpg

来週が楽しみ♪


↓なんか最近痛い思いばかりしている私に応援を!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


矯正歯科、コンサルテーション2回 55ドル
抜歯2本+オーラルチェック+クリーニング 355ドル
虫歯治療1本 90ドル  

  金かかんなぁ~。。。
2011.06.24 Fri l 歯列矯正 l コメント (12) トラックバック (0) l top