FC2ブログ
Cepageでピノミホさんと感動の対面を果たした後は、
コバ家揃っての
夕食会。

上の兄が先に実家に到着していたが、
私自身、兄の昔の同級生との再会に興奮していて、
落ち着いてみると、
そこには
すっかり様変わりした姪が座っていた。

前回会ったときは8歳、
そして、今中学一年生。

この時期の子供の成長ってすごい!!

小さい頃のイメージしかなかったので、
すっかり大人びてしまった姪の姿に
一瞬戸惑ってしまった。

しばらくすると
下の兄の家族もやってきた。

下の兄には娘が3人いるが、
日本に来てすぐ、3人には会っているので、
その成長ぶりに戸惑う事はなかったものの、

昔は
こうして家族みんなが集まると、
4人の小さな姪達が
チョコチョコと動き回り、
賑やかなものだったが、
今では、この姪達が
ドタバタと暴れまわる
ミーナとリサの面倒を見てくれる。

時の流れを感じずにはいられない。

全員揃ったところで
中華街へ向かう。

私が小さい頃から
何か家族の行事があると必ず利用する
「華勝楼」

images[3] 画像はお借りしました

ここのフカヒレスープは絶品。
その他、
五目旨煮
炒飯
エビチリ
巻揚げ
北京ダック
などなど
豪華料理に舌鼓を打つ。

でも、
料理の味はもちろんの事だが、
私が一番好きなのは
こうして家族が集まって
ワイワイと好き勝手言いたいことを言い合い、笑い合う空間。

特に、今では
姪の一人は成人しているし、
一人は高校生だし、
みんなそれぞれの生活が出来てきて
なかなか全員が集まることはなくなってしまったらしい。

私や、ミーナとリサのために 料理のため?
面倒くさそうな顔一つせず
全員が揃って、こうして楽しい時間を過ごせるのは
本当に嬉しい。

10年先も、20年先も
時々はこうして一族が集まって
楽しい時間を過ごすことができれば最高だ。

華勝楼でお腹一杯食べた後は
実家に集まって、
食後のデザートを食べながら談笑。

盛り上がって、気がつけば、
もう夜の12時になっていた。

あっという間の一日。
あまりにも楽しい一日で
疲れさえ感じなかった。

遠く離れていても、
「ただいま!」
と言って帰れる場所があり、
「おかえり!」
と迎えてくれる家族がいる。

日常に埋もれていたそんなシンプルな幸せを
再確認した。

その後
オーストラアに帰るまでの3日間、

特に予定もいれず、
今までできなかった買い物の総仕上げに励み、
また
中途半端になっていた自分の部屋の大そうじ、などなど。

なんだかんだとやはりバタバタしている間、
母は子供達を近所の公園に連れて行ってくれた。

P1000577.jpg

P1000571.jpg
滞在中何度も行ったこの公園、
今でも子供達のお気に入り。

そして、帰国(オーストラリアへ)前日には、
今回ミーナが小学校へ体験入学するにあたって、
ランドセルや体操着など色々揃えて下さった、
義姉のお友達で、
私の母のペン習字の生徒であるHさんと
義姉の計らいで
一緒にランチをした。

Hさんは初対面だったが、
私と同い年ということもあってか
とても話しやすくフレンドリーで、
短い時間ではあったが、
日本滞在の最後にまた楽しい思い出を増やす事ができた。

そして、いよいよ出発の日。

空港までまた下の兄と母が送ってくれた。

毎度のことだが、
この空港での時間が一番嫌い。

一瞬でもいいから時間が止まってほしい。

一瞬でもいいから長くここにいたい。

そんな願いもむなしく
時間は残酷に過ぎていく。

泣きながら別れるのは嫌い。

今この瞬間の別れを忘れて
次の再会だけを心に描きながら
一生懸命笑顔を作り

「ありがと! じゃ、またね!」

と言って、
セキュリティーチェックの前で手を振った。

機内の中で、
子供達が寝静まった後
封じ込めた寂しい気持ちのふたを開け、

「なんで、こんなつらい思いをしながら
 オーストラリアに住む必要があるんだろう。。。」

そう自問しながら
ひとり涙を流す。

でも、

そんな思いをしてまでここに住んでいるからこそ、
一日、一日を一生懸命生きなければいけないのかもしれない。
でないと、
別れの涙が無駄なものになってしまう。

オーストラリアに戻り3週間がたち
ホームシックからもようやく立ち直り
元の生活に戻った今、
そう思うようになった。

密度の濃かった3週間の日本滞在。

リサに愚図られ泣く思いだった日さえも、
大掃除のせいか、黄砂のせいか、のどをやられ
声が出なくなってしまった日さえも
全てが良い思いで。

そして、今回は特に
新しい出会いがたくさんあった。

新しく出会った友達、古くからの友達、先生。
みんなからもらった楽しい思い出に
たくさんの
「ありがとう!」
を送りたい。

そして、なにより大切な
私の家族へ
心をこめて、


P1000679.jpg

ありがとう!!!

また
来年も行くからね~~!!!!

覚悟しとけよー



↓日本滞在記終了記念ポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ







スポンサーサイト



2011.06.01 Wed l l コメント (18) トラックバック (0) l top