FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の木曜日、
ミーナの学校でスポーツカーニバル(運動会)が執り行われた。

毎年の恒例行事だが、
日本のように、
予行練習があるわけでもなく、
もちろん
学年ごとの出し物があるわけでもなく、
家族揃って、腕によりをかけたお弁当を食べるわけでもなく、
リレーと、
綱引き、高飛び、ボール投げ、その他の競技を淡々とこなしていく。
9時半に始まったら、
12時半には終わってしまう
なんとも気楽な運動会だ。

もちろん、
旦那とリサと一緒に見に行く。

ちょうどいい具合に
ミーナのリレーが始まるところだった。

09062011108.jpg
余裕の表情。

ちなみに、

2年前のレース前の表情
P1030114.jpg ちっこい。。。

当たり前のようだが、
こうして比べてみると
我が子の成長ぶりに改めて驚かされる。

でも
走り方は、相変わらず
09062011110.jpg

高飛びなんか、
一から教えてあげなければならないようだ。
09062011124.jpg 
おい、またぐもんじゃないぞー!

でも、

あらゆる場面ですぐ乱入するリサの手を
優しく引いてあげるミーナ。

09062011121.jpg

やっぱり
成長したね。

この日はこの冬一番の冷え込みで
今にも雨が降りそうな天気が心配されたが、
無事、運動会も終了し
ミーナもいっぱい楽しんだようだ。

そして、
週末の日曜日。

旦那の両親を招待して
ミーナの2度目のバースデイディナー。

この日のケーキは
ミーナが作ると言い張っていた。

自作レシピを書き上げるほどの気合の入れよう。

11062011138.jpg
髪の毛はやっぱりラプンツェル。

右下の×が書かれているのは
やってはいけない事の注意書きらしい。

SaltがSoltになってしまっているが、
そこはご愛嬌。

そして、
私のエプロンをつけて、
作り始めた。

11062011131.jpg

いきなり
小麦粉に溶かしバターを放り込む。

・・・・

私は手を出しちゃいけないのが、
ちょっともどかしい。

無事卵を割る。

11062011134.jpg

卵の中に砂糖をいれ、
かき混ぜる。

11062011135.jpg

それを、
先ほどの粉とバターと混ぜ、
型に入れて焼く。

なんと、、、



11062011137.jpg

ちゃんとケーキらしく
焼けたではないか!?

ただ、
砂糖の量が極端に少ないので、
冷めてから
半分に切って、
イチゴジャムと生クリームを塗り、
上には
粉砂糖を振りかけた。

出来上がりの写真は撮り忘れたのだが、
まあまあ
食べれる代物だった。

でも、
7歳になったミーナが
自分で考えて、自分で作ったケーキ。

どんな有名パティシエが作ったケーキよりも
私達にとっては貴重で
美味しいケーキ。

私も旦那も、旦那の両親も

「おいしいねぇ~、おいしいねぇ~」

心からそういって
ミーナを褒めた。

満足の表情を浮かべるミーナ。

「じゃ、また明日も作ってあげるね!!」

えっ!?

き、、、
気持ちだけで、十分だからね。ミーナ。

でも、
子供の成長を感じるときは
同時に幸せを感じる。


↓がんばったミーナにポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ










スポンサーサイト
2011.06.14 Tue l 子供のこと l コメント (14) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。