FC2ブログ
久々の更新だが、
ぼやきます。

今日はテコンドーの昇級テスト。

そう、
最近ブログネタの頻度は落ちていたが、
しっかり続いていて、
あっという間に
この私も4級まで上り詰めた。
帯の色でいうと青帯。

あと1年か1年半くらいで、順調に行けば黒帯となるはず。

時間の経つのは早いもので、
ある日突然思い立ち、
迷うことなく
テコンドーの道場に一人で向かっていったのは
1年以上も前。

あの頃は、
なぜか、
嫌な経験をする事が多く、
道行く人に、悪態をつかれたり、
見ず知らずのくそガキに人種差別的な言葉を浴びせられたり、
そんな事が続いた私の心の中は
やり場の無い怒りで一杯だった。

強くなりたい!
そう思って始めたテコンドー。

始めてみると、
防御も攻撃も学べ、
ストレスも解消できるテコンドーにのめりこみ、
全身アザだらけになろうが、
首を痛めて、一日寝たきりになろうが、
足の小指を折ろうが
痛さも恐怖もあまり感じることはなく
ただただ、
レッスンを楽しんでいた。

週2~3回の頻度で通い、
家でも練習をしていたおかげで、
かなり上達したと自分でも思う。

いつの間にか
道端を歩いて
酔っ払っている人がいても、
明らかにドラッグでラリっていそうな人がいても
怖いと感じることがなくなった。

何かあっても、
自分を守れる術を知っていることが
自信になって、
何か嫌な思いをしたら、どうしよう。。。
とか
まだ起きてもいないことを不安に思う
思考の悪癖がなくなった。
まぁ、
そんなこと、考える事自体おかしいのかもしれないが、、、


そう、
心の平穏が訪れたのだ!

でも、
そうなると、
強くなりたい一心で、頑張っていたテコンドーも
意味を成さなくなってくる。

自己防衛を学ぶが、もちろん
攻撃も学ぶ。
でも
平穏な気分で
人を攻撃する気にはならない。

そんな、迷いを感じている中、
今日の昇級テスト。

課題の型の後、
スパーリングをするのだが、
相手は私と同じくらいの歳のおばちゃん。

私よりも体が大きく、
そして、
アグレッシブ。

レッスンでも、この人には何度も痛い目にあわされた。

何か嫌な予感がするな、、、
と思いながら
スパーリングを開始したとたん、

ボコッ!

顔面を殴られた。

幸い、
鼻は折れなかったが、
目が開けられないほどの痛み。

「おお~、ソーリー」
なんて謝っている彼女に、
私は「スパーリングはノーコンタクト(接触してはいけない)なのよ
と言うのが精一杯。

そして、
テストの最中なので、
痛みに苦しんでいる私に、インストラクターは
「スパーリングを続けなさい!」
と注意をしてくる。

なんだか、

何やってんだろ、、、私・・・

そんな気分だった。

痛い思いをしながら、
テコンドーを続ける意味って何なんだろう?

あれほど
怪我をしても、平気でいた私が、
道行く他人に対しての恐怖がなくなったとたん、
今度は、
怪我をするのが怖くなった。。。

これ以上
痛い思いをしながら、
テコンドーを続ける意味が分からなくなってしまった。。。

どうしたものか。。。

やめてしまえば
簡単な話。
でも、
がんばるぞ!
と言って始めた事を
途中で投げ出してしまうのは
自分に負けてしまうことになる気がする。

それ程難しく考える必要はない気もするが、
でも
どんなに小さい事も、
自分で決めた事を達成するまで頑張るのは
大事なこと。

今後の怪我は覚悟して
あと、1年半
防御や攻撃というよりは
フィットネスとして割り切って
続けていくべきなのだろうか?

それとも
あまり難しく考えず
サクッとやめて
ジムに通うなり、ズンバでも踊るなり
平和的に運動をするほうがいいのだろうか?

いつも、あれほどウキウキと楽しんでいた昇級テスト。
結局、今日は
鼻もかめないほど腫れ上がった鼻を冷やしながら、
悶々と考え込む一日となってしまった。


↓ポチっと慰めて~
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト



2011.06.19 Sun l ひとりごと l コメント (14) トラックバック (0) l top