FC2ブログ
どーでもいいことなのだが、

つぶあんとこしあん、
どちらが好きかと聞かれれば
私は
断然こしあん
と応える。

小さい頃
母がよくあんこを作っていたが、
つぶあんだと
かなりテンションが下がり
お汁粉などは、
お餅だけ食べて、小豆の部分は
ほとんど残していた。

たまにこしあんを作ってくれると
嬉しくって
小躍りしたくなったものだった。

しかし
こしあんを作った後のキッチンは
大変な惨状で
泥棒が入ったって、ここまで散らかしていかないだろう
というくらい
散らかっていた。

なので、
私の中でこしあんというのは
手がかかり
キッチンがよごれ、
作るのも
片付けるのも
面倒くさいもの。。。

という位置づけがなされていた。

そんなわけで、
結婚して自分が台所の主となり、
たまにあんこを作る時は、
当然
つぶあん。

漉したり、さらしたりという
面倒くさい作業は
道具もなければ、やる気もないので
我が家のあんこは
つぶあんのみ!
となっていたのだが、
やはり
つぶあんは
あまり子供達が喜ばない。

私に似て
どうしても
口の中に残るあの皮が気になるようだ。

そして、
現在、矯正器具のついている私が
下手につぶあんを食べると、
歯と矯正器具の間にペッタリと小豆の皮が張り付いていたりして、
中途半端な
お歯黒状態。

う~ん

こしあんが食べたい。

ここは、頑張って作ってみるか!

以前、
母にこしあんの作り方を聞いたことがあったのだが、
母は、説明が上手くない。

「どうやって作るの?」
と聞いても

「普通に作ればいいのよ」
というような
答え方をされるので、
よく分からない。

でも、今は便利な時代。
ネットでいくらでも
検索できる。

さっそく
こしあんの作り方を検索してみると、、、

えっ!?

な、、、

なんと、、、、

こしあんが、
ミキサーで作れるらしい!!!

これは、
作るしかない!
とさっそく
今日、
試してみた。

小豆は水に一晩浸す必要がないのが嬉しい。

さっと洗ったら
すぐに火にかける。

煮こぼしたり、びっくり水をいれたりして
煮る事約1時間。

小豆がやわらかくなったところで、
ミキサーにいれて
ガーッと回す。

ひとかけらの皮が残る事も許さない
という気合で
ミキサーを回すと、

なんと、

まったくツブツブ感のない
滑らかなペースト状になった。

それを鍋に戻し、
砂糖と塩を加え
水分を飛ばす。

こしあんの
できあがり!!!

P1050936.jpg

まったく普通のこしあんだ。

この手軽さと美味しさに
勝利の雄叫びをあげたくなった。

ちょうど
ミーナが学校から帰ってきたので
お団子をつくり

P1050933.jpg

おやつにする。

ツブツブのないあんこに
ミーナも大喜び。

「今度、これであんまん作ってね!」
と言ってくれた。

思いがけず
簡単にこしあんが作れたのが
すごく嬉しい。

それに、
このやり方だと、捨てる部分がないので、
栄養もそのまま。

ミーナのリクエストのあんまんも作りたいし、
大好きなおはぎでもいいし、
でも
今一番食べたいのは、水羊羹。

寒天があるので、
明日にでも作ってみようと思う。

でも、
その寒天、

まだ封を開けていない状態で
3年前に賞味期限がきれているのが気がかりだ。。。


↓新しい発見に!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

スポンサーサイト



2011.10.26 Wed l 料理 l コメント (17) トラックバック (0) l top