上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の金曜日、
学校に初登校したミーナは泣いていたが、
帰ってきたときは
笑顔だったので、
よかった、よかったと
一安心したところ、、、

今朝になって、
やっぱり泣きながら学校へ行った。

やっぱり
去年一緒のクラスだった友達が
1人もいないのが不安らしい。

特に、

年度末に、
来年誰と一緒のクラスになりたいか
というのを書いて
先生に提出するらしく、
もちろん
保障ではないが、
子供だったら
書いた以上は、その子と一緒のクラスになれると
期待するはず。

それもあって
誰とも一緒になれていないことに、
ミーナは相当ガッカリしたようだ。

学校も
余計な事するよなぁ、、、

今の日本の学校はどうか知らないが、
私が小学校のころは、
2年おきだったが
クラス替えは当たり前の事だったし、
当然
仲の良かった子と離れ離れになるのは
覚悟していた。
みんなそうだったと思う。

新しいクラスになれば
新しい友達をつくればいい。

当然のことのように思っていた理論が
ミーナには通らない。

そして、
何より一番ミーナをガッカリさせたのは、
去年散々ミーナをいじめていたAくんと
同じクラスになってしまったのだ。

友達と同じクラスになれなかった上に
いじめっ子と同じクラスになってしまった。

7歳のミーナに、これはさすがに酷だろう。

Aくんについてはこちらの記事
に詳しく書いたが、
あれで
解決したと思ったものの、
ミーナが相手にしなくなっただけで、
Aくんのちょっかいは
ずっと続いていたらしい。

そして
今日も
休み時間にミーナのことをからかっていたらしい。

「それで、ミーナちゃんはどうしたの?」

と聞くと、

「Aくんには、何も言わないで
 休み時間が終わった後、先生にAくんがやったことを言ったの。
 そしたら、
 ’じゃぁ、Aくんに注意しなきゃね!’
 って先生が言ってくれたの。」

先生が本当に注意をしたのかどうかは不明だが、
とりあえず、
ミーナが
言い返したり、仕返しをしようとせずに
すぐ
先生に言いに行くという対処ができて
よかった。

でも、
まだ1年が始まったばかり。。。
これからのことを思うと
気が滅入る。

親の私が言うのもなんだが、

内向的で、ネガティブで、暗い。

いじめられそうな要素が十分備わっているミーナ。
せめて、
もうちょっと子供らしく
明るく前向きに、細かい事を気にせず!!!
と思うのだが、
生まれ持った性格は
そう簡単に変えられるものじゃない。

というか、
それはあくまで親の勝手な理想論。

ミーナはミーナのままで
完璧だ。

人と付き合うことが苦手な子ではあるが、
本当は
誰にも負けないくらい
すごくピュアで優しい心を持っている。 

そんなわが子にしてあげられることは、
100%味方でいてあげること。
ここにいれば安心、
という家を
作ってあげること。

また
色々と
私とミーナで作戦会議を開く機会が増えそうだが、
きっと
何年か経ったとき、
「こんなこともあったよね~」

二人で笑って話せるときが来ると思う。

絶対に大丈夫!!!

だから
ミーナにはがんばってほしい。


↓子供の社会もシビアだ・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

スポンサーサイト
2012.01.30 Mon l 子供のこと l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。