上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日の「泣かせとけ法」の経過報告。 

私が本を読み、部屋を出たとたん泣き始めるリサ。
とりあえず、泣かせとく。

ところが、5分経った頃には静かになった。

どうやら、寝たようだ。

初日は1時間かかった。
2日目も1時間。
昨日は10分。
今日は5分。

これは「泣かせとけ法」が効いているのかもしれない

とりあえず、このまま続けてみよう!

******

今日は義母の話。

12月の初め頃。
義母が階段でこけた。
そして、足のスネを打ってしまい、小さな切り傷を作ってしまった。

この切り傷が、この後とんでもないことに。。。

家に帰ってから、クスリをつけて絆創膏を貼っておいた。

そして
1週間後
傷口にばい菌が入ったのか、すこし化膿してしまったようだ。
でも、別に医者に行くほどのことはない。

2週間後
化膿が止まらずに、広がってきたかんじ。
でも、そのうち治るだろうと、医者には行かなかった。

3週間後
化膿がますます進んで、小さな切り傷が500円玉くらいの大きさに・・・
しかも、化膿で皮膚がえぐれてきた。
えぐれちゃ、しょうがないので医者へ。
医者では包帯をして、化膿止めと痛み止めのクスリを処方された。

4週間後
傷口がさらにえぐれてきたので、毎朝包帯を交換しに医者に通う。
痛みもさらにひどくなり、まともに歩けなくなってきた。
医者も傷が治らないことを怪しみながらも
6週間たっても治らなければ検査をしようと言う。

4週間直らなかったものが、あと2週間できれいに治るものだろうか・・・?

5週間後
傷はさらにえぐれる一方。
痛みに強い義母もさすがに歩けなくなってきた。
6週間と言ってたが、
念のため検査することに。

医者から紹介状を書いてもらい、専門医のところへ。
(オーストラリアの医療制度についてはこちら

CTスキャンなどの検査の結果、

な、な、なんと

心臓付近の動脈が閉塞していることが判明!!

とくに左足の方には血液がほとんど回ってなかったらしい。

閉塞も最近突然起こったことではなく
長年の間に徐々に血管が狭まってきていて
ここにきて、すっかり詰まってしまったんだろう、
という専門医の話。

至急動脈のバイパス手術をすることになった。

検査結果がでた3日後には入院
さらに2日後に手術。

血管のバイパス手術はオーストラリアでは割と一般的とはいえ、
やっぱり大手術。
なにしろ、心臓付近の血管をいじるために、
他の邪魔な臓器をいったん、体外に出して手術をしなければならないらしい。

手術前には家族と本人に
「これは大掛かりな手術のため、手術中に死んでしまうこともありえます!」
ときっぱり言われたらしい。

なにもそんなこと言わなくても。。。

でも、聞くところによると
有事のさいの責任追及ということもあるので、
手術をする人には皆に言っていることらしい。

それにしても、
そんなことを言われた本人も家族も不安でたまらない。

実際、義母の場合
手術中に心臓が停止したため
電気ショックを与えたらしい。

この手術は、とくに女性は卵巣があったり、子宮があったり
構造が男性に比べて複雑なので、
なおさら難しい手術だと言っていた。

それでも無事
なんとか4時間にわたる手術を終えることができた。

義父や、旦那は手術の直後にも病院へ行ったが
私は翌日に旦那と子供達と一緒にお見舞いに行った。

病室で横たわる義母は
体中にいろいろなチューブをつながれて
なんとも痛々しい。
顔色もまだ真っ青で
大丈夫なのだろうか、、、と不安になってくる。

それでも、少しでも血流を助けるため
手術の翌日というのに、体中にチューブをつなげたまま
2,3分ほどの散歩をさせられたらしい。

真っ青な顔の義母は、まず
「こんな状態で歩かされたのよ~」の文句を言い出した。
それから、
手術のことを延々と喋り始めたかと思えば
「もう隣のベッドの人のいびきがうるさくて、うるさくて!」
とか
「あの、奥のベッドに寝ているおばあちゃん、
足が壊死しているので、明日切断するらしいわよ~」
とか
「あの、向かいのベッドの人は脳みその手術だったんですって。
大変よね~」
挙句に
「トイレに行っても、手術の傷が痛くてうんちが出来ないのよ!」
と、
別に知りたくもない情報まで教えてくれた。

この人は、何があっても死なないな。。。

でも、こんな状態でも義母らしくいてくれたことに
ちょっと安心した。

結局、術後1週間で退院して、
それからすでに2週間ほど経過した現在は
家で、ゆっくりと療養している。

家事一切を義父がやっているのが、
嬉しいようだ。

とにかく、義母は太りすぎていた。
足は静脈瘤ででこぼこだし、
普段も運動しないので、血行が悪かったのと
血管が狭まってきていたので、だるくて運動ができなかったのと
悪循環が祟ったようだ。
ジャンクフードばかり食べていると言うわけではないが
ものすごく好き嫌いが激しくて偏食。
極めつけは、
1時間に一杯の割合で紅茶を飲み続ける。
そして、夜はスコッチかワイン。
水なんて飲んだことないんじゃないだろうか。。。
タバコも長年吸っていたが
7ヶ月前に突然止めた後
ますます巨大化が進んだ。

どう考えても、健康的とはいえなかったが、
これを気に
食事を考え直して、運動もまめにするように自分に誓ったらしい。

早く元気になってね!

皆様も
「なんか、体がだるいなぁ」
を侮るなかれ!


↓健康が一番!
にほんブログ村 海外生活ブログへ









スポンサーサイト
2010.02.11 Thu l 日常 l コメント (22) トラックバック (0) l top

コメント

こんばんは
うちの母もひどい静脈瘤で、14年くらい前に手術で取ってしまいました。
喘息とコレステロールが高いので、時々医者にいっています。
今は一病息災って感じです。
メタボで更年期にさしかかった私は、朝起きる前に、グ~v-217で心臓をマッサージして、股間接を入れる体操をしてから起きます。
特に冬の今は心臓発作が多いから。
メタボ診断の目安、女性の腹回りが90センチから80センチになることになりました。
6月の検診までに80センチを切らねばv-12

旅ブログにコメントありがとうございました。
中だるみしちゃって先に進まない。
来週から頑張りますv-91
2010.02.11 Thu l phebee. URL l 編集
No title
おかあさま大変だったんですね・・・。
だいぶよくなられたようでよかったです。
見た目はわからなくてもそんなコワイ病気になっていることがあるんですね。
ある意味、かすり傷ができてわかったのだからよかったですよね。
コレステロール怖いです・・・。
私も気をつけなくては。糖尿病とか家系にいるし。
あまり食べすぎて調子づいていると、、。
ちなみに白人の方って糖尿病の遺伝子を持っていないらしく?糖尿病が少ないと聞いたことがあります。太っている方が多いのに。。
やはり健康第一ですね!
2010.02.11 Thu l ざまき. URL l 編集
No title
お義母さん大変だったんですねi-201
足の方も痛々しくてかわいそうだったけど、それで病気がわかったんですもんね。そのまま知らずに過ごしてたらもっと大変なことになってたかもしれないし、よかったのかなi-234
お義母さんも楽しそうな方ですね!元気そうで何よりですi-179

リサちゃんの泣かせとけ法効いてるみたいでよかったですi-178ウチも移住後はその方法でやってみますi-236
2010.02.11 Thu l ユーカリママ. URL l 編集
No title
え~~~~
足の傷から、そんなことが!!!
あるんですね。。。
かなりびっくりしました。

お義母さんの手術大変でしたね~
でも、入院中は、いつものお義母さんみたいで、
私も読んでて一安心。。
2010.02.12 Fri l BiBi. URL l 編集
No title
う~ん、 リサちゃん、まんまとkovachanの罠にひっかかっているなぁ~?  もうちょい抵抗しても可愛いのにね??? (冗談です)
リサちゃんの可愛い寝顔が浮かんできます。e-468

お義母さんは大変でしたね。
病気には原因があるということをよく耳にします。
だと、すると、自分も、かなり思い当たる節があるので、注意しなければいけません。  酒、酒酒、酒酒酒 
kovachanさんも気をつけてね。
2010.02.12 Fri l ゴルッテリア. URL l 編集
義母さん大変でしたね。
心より御見舞い申し上げます。

毎日 酒浸りの私には少しドキッとする記事でしたわ!(笑
そろそろ躰をいたわらなくてはいけない歳ですからね~

だけど なかなか出来ないんだな…
生来の意地汚い性格が…

この食い意地の汚さなんとかならんかな?

「腹の虫泣かせてとけ法」の開発を熱望致しますわ。(笑
2010.02.12 Fri l いその爺. URL l 編集
義母さん大変でしたね。
心より御見舞い申し上げます。

毎日 酒浸りの私には少しドキッとする記事でしたわ!(笑
そろそろ躰をいたわらなくてはいけない歳ですからね~

だけど なかなか出来ないんだな…
生来の意地汚い性格が…

この食い意地の汚さなんとかならんかな?

「腹の虫泣かせてとけ法」の開発を熱望致しますわ。(笑

2010.02.12 Fri l いその爺. URL l 編集
義母さん大変でしたね。
心より御見舞い申し上げます。

毎日 酒浸りの私には少しドキッとする記事でしたわ!(笑
そろそろ躰をいたわらなくてはいけない歳ですからね~

だけど なかなか出来ないんだな…
生来の意地汚い性格が…

この食い意地の汚さなんとかならんかな?

「腹の虫泣かせておけ法」の開発を熱望致しますわ。(笑
2010.02.12 Fri l いその爺. URL l 編集
成功してよかったですね☆
私も2年くらい前に沖縄の海でサンゴアタックし、傷を作ったことがあります。たいしたことなかったので、絆創膏してほっときましたが、3日くらいしたら、足の甲全体が真っ赤に靴が履けないくらい腫れ上がり、歩けないほど痛んだので、病院へ。
その時私も「手術必要かも」と言われましたが、なんとか手術せずに治りました。たかが傷ってあなどれないですねi-201
健康第一、間違いないですね!!
2010.02.12 Fri l MIKA. URL l 編集
No title
泣かせとけ法成功中のようですね!私もうまくいってるような、行ってないような微妙なカンジです。
義母さんのお話ビツクリですね。早く治りますように。
Kovachanさんのブログおもしろくって、ついつい読みいってしまいました。私のしょぼブログですが、リンクさせていただきました。事後報告でごめんなさーい。
2010.02.12 Fri l 美愛. URL l 編集
No title
大変な手術をしたあとなのに・・・。
でも、元気そうでなによりですね(^^)
いつもと変わらない態度がみんなを安心されるのかも。

でもね、「トイレに行っても、手術の傷が痛くてうんちが出来ないのよ!」のコメント、納得。
手術はしてないけど、出産後に経験したわ~、こういうの。
2010.02.12 Fri l 大豆. URL l 編集
こんばんは。
「餅は餅屋」って、お袋がよく言ってました。
専門家に診てもらうのを面倒がってはダメですね。

2010.02.12 Fri l ボス。. URL l 編集
phebeeさんへ
日本人でも、静脈瘤あるんですね。
こちらは多いですよ。
きっと、オージーというか、西洋人は上半身が太りすぎている割に足が細かったりするから
なおさら、足に負担がかかるのかもしれないですね。

心臓マッサージと股関節の体操ですか~
がんばって続けてくださいね!

2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
そうなんですよ!
足を怪我しなければ、分からなかったことですよね。
不幸中の幸いです。
こっちの人でも、糖尿は結構いるみたいですよ。
義母は、今回の手術のために2回くらい糖尿病の検査をさせられたけど
なんとか大丈夫だったようです。
それにしても、
義母は、運動もしないしかといって健康的な食生活でもなかったし、
つくづく日頃の生活習慣て大事だなぁと思いました!
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
ユーカリママさんへ
そうなんです!
足の怪我は本当に不幸中の幸いですね。
もし知らなかったら、近々死んでいたかもって医者にも言われたそうです。
怖いですよね~。

リサはとくに最近昼寝をしないので、
夜にはしっかり疲れてくれているので、
なおさらサクッと寝てくれるみたいです。
すごく楽になりましたよ~♪
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
BiBiさんへ
私も、
手術後にチューブだらけの義母を見たときは
ちょっと悲しくなったんですけど
喋り始めたら、いつもの義母だったので
ホッとしましたよ(笑)
でも、術後も痛みがひどかったみたいですが、
痛みに関してだけは、本当に強い人です。
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
> う~ん、 リサちゃん、まんまとkovachanの罠にひっかかっているなぁ~?  

フフフ、
私の手にかかれば、ほぉらこの通り・・・(笑)

義母の生活態度を見ていれば
何かしらの病気があっておかしくないとは思っていました。
でも、ゴルッテリアさんの場合は
お酒を止めたらかえって病気になっちゃうんじゃないですか?(笑)
楽しく飲めるうちに、飲んじゃえ~!!
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
いその爺さんへ×3
> 「腹の虫泣かせてとけ法」の開発を熱望致しますわ。

3度も言うとは、よっぽど熱望されているんですね!!
そこまで頼まれては、仕方がない。
今度、考えておきます!

でも、いその爺さまの食と酒へのこだわりは
意地汚いどころか、美学だと思いますよ。

健康なうちに
食っちまえ~、飲んじまえ~!!


2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
MIKAさんへ
私はダイビングやらないので、経験ないんですけど、
友達がやっぱり、珊瑚で足をけがしたら、
かぶれちゃって、すごく腫れてしまってました。
怖いですね。

ほんと、
今回は健康のありがたさが身に染みました。。。
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
美愛さんへ
うちも、まだ成功♪と両手挙げて喜べる状態ではないんですが、
確実に進歩はしているようです。
まだまだこれから、お互い頑張りましょうね!!

私のブログも相当しょぼいですが、リンクありがとうございます。
私もぜひリンクさせてくださいね。
これからもよろしく!
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
大豆さんへ
義母のことを思い出すたびに、同時に大豆さんのことを思い浮かべていたんですよ~
大豆さんなら、こういう病気のこと
色々知っているんだろうなぁ~って。。。

あぁ、そういえば、出産後ってそうでしたよね。
特にミーナのときがひどかったです。。。
辛いですよね。
義母の場合、手術から5日後にようやく出たらしくて
「踏ん張って、踏ん張って、ようやく出たのよ~。
少しだけどね。」
と、また知りたくもないこと教えてくれました。
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集
ボスさんへ
日本じゃ考えられないことなんですけど、
こちらでは、個人が勝手に専門医に行くことは出来ないんですよ。
必ず、何でも屋のGP(妊娠しても、足の骨を折ってもそこにいく)と呼ばれる
医者にまず見てもらって、その医者の判断で
専門医に紹介状を書いてもらって、
はじめて専門医に見てもらえるんです。。。

こちらは、「餅はスーパーマーケット」なんです~(涙)
2010.02.12 Fri l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/200-4d193260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。