上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さて、さっそく昨日の続きから。

スーパーで、大量の買い物をし、
トランクに、買い物袋と一緒に、
車のキーを入れた自分のバッグまで一緒にトランクに入れて
閉めてしまった私。

リサの手をひき、しばしボーゼンと立ち尽くす。

パニックになって、
泣き出しそうになったが、
深呼吸を繰り返し、気持ちを落ち着ける。

まずは家に電話しよう。

今日は旦那が家にいる。
しかし
昨日から、うちの裏庭の改修作業を近所のおじさんに手伝ってもらいながら、やっていて、
一日中外で働いている。
家に入ってくることはほとんどない。
でも、
たまたま、トイレとかで家に入ることもあるかもしれない。

携帯電話もトランクに入っているので、
誰かに携帯を借りなければならない。

さっそく通りすがりのおじさんに声かける。

「あの~、お急ぎじゃないですか?」

おじさん、チョー訝しげな顔。

「実は、車をロックしたまま鍵をトランクに入れてしまって
車に入れなくなってしまったの。
家に電話かけたいので、ケータイかしてもらえませんか?」

すると、おじさん

「ソーリー、ケータイ持ってないよ」

と言って、そっけなく去ってしまった。

暴れだしそうになる自分を、必死におさえ、
次のターゲットを探す。
ケータイ持っていそうな人。。。
そして、親切そうな人。。。

なんか、皆怖い顔をしていて、親切そうに見えない

いや、
人を見かけで判断してはいけない!

そう思い、咄嗟に
私のすぐそばを通り過ぎたおじさんに声をかけた。

そのおじさん、
走っているのが不思議なくらい、ボロい車から降りてきて
セミロングの髪を後ろに束ね、
タンクトップで刺青だらけの体を主張している。

咄嗟とはいえ、
よりによって、こんな怖そうな人に声をかけてしまった・・・(涙)

同じように
「あの~、お時間あります?」と聞く。

やっぱり訝しげな顔を私に向ける。

「カクカク、シカジカなので、ケータイを貸してくれるとありがたいんですが・・・」

「はいよ」

怖そうなおじさん、
無愛想だが、快く携帯を貸してくれた。

ホッ

そして、家に電話をかける。

旦那よ出ろ!旦那よ出ろ!
と念じてみたが、
3コールで留守電に切り替わる。

「あの、、、
カクカク、シカジカ、なので、
このメッセージきいたら、
Nerangのショッピングセンターに車のスペアキー、持ってきてください。。。」

とメッセージを入れる。

果たして、このメッセージを聞くことがあるのかも不明だが。。。

そして、
怖そうなおじさんに、丁重にお礼をいいケータイを返す。

「旦那さん、早く来てくれるといいね」

なんて、優しい言葉までかけてくれた。。。

ウルウル

やっぱり人は見かけで判断しては、いけないのよね。

さて、
留守電にメーセージは入れたものの、
いつメッセージを聞いてくれるかも分からない。

ずっと外の駐車場で待っていることも出来ないので、
ショッピングセンターの中に入る。

幸い、ここのショッピングセンターは、
小さくて、お店の中に入らなければ、
人一人探すのはそれ程、苦にはならないはず。

コインを入れると動く
車の乗り物とかで、リサを遊ばせながら、
時間をつぶす。 (もちろん、コインを入れずに遊ばせた)

時間とともに不安になってきて、
もう一度、家に電話してみたほうがいい気がしてきた。

今度は誰を捕まえよう・・・?

そうだ、
ショッピングセンター内スシロールのお店があるし、
そこに日本人ぽい人が働いていたから、
行ってみよう。

スシ屋に行き
「すみませ~ん」と日本語で言った。

通じなかった。

どうやら、韓国人らしい。

しょうがないので、また英語でカクカクシカジカと説明し、
店員さんのケータイを借りることに。

やっぱり、留守電。。。

同じメッセージを吹き込む。

う~ん、
ますます不安になってきた。。。

これは、なんとかしてタクシーで帰るしかないかな?
でも、
どうやってタクシーを呼べばいいんだ?
しかも、タクシーで帰って、旦那が出かけてしまっていたら、
家に入れない。。。
ってことは、お金も払えない。

それより、
こうしている間に、
せっかく買った、ハムや牛乳や卵が腐っていたらどうしよう。。。

そういえば、
もうすぐ、リサもノドが乾く頃だよな。。。

リサが水を欲しがって愚図り始めたら、どのお店に入って
事情を説明しようかな。。。
「後で、必ずお金を払うから、水をください!」って言うのか?

そんなことを、
ショッピングセンター内のベンチに座りながら考えていた。

その間、リサは目の前の小さな銀行の支店にいた、親子連れの子供と
仲良く銀行の中で遊んでいた。
銀行の中には、子供用の玩具が置いてあり、
それで遊んでいたようだ。

しばらくすると、その親子連れは帰ってしまい、
残ったリサはひとりで、そのおもちゃで遊んでいた。

用もない銀行で、自分の子供を遊ばせるわけにいかないので、
私も入っていき、
リサに玩具を片付けるように言うと、
すぐ近くにいたおばちゃんが、
「かわいいわね~」
と声をかけてきた。

「いくつなの?」とか
「女の子はいいわよね。うちなんか、男の子二人だから、それはそれは大変だったわよ~」
とか、
すごくフレンドリーに色々話し始めた。

そして、話の流れで、
私の今の状況をそのおばちゃんに話始めた。
「実は、今、カクカクシカシカで困ってるんですよ~」
おばちゃん
「オ~ノ~」
と、極めて同情的。
「なので、いっそのことタクシーで帰ろうか思案中なんです」
と言うと、
おばちゃん
「ねえ、RACQには電話してみた?」と言う。

RACQというのは、日本のJAFみたいなもので、
道端で車が故障した時など、
電話をすると助けに来てくれる。
そのサービスを受けるには、RACQに入会していなければいけない。

「そっか、その方法がありましたよね。
でも、ケータイも車の中で、電話かけれないし、
しかも、電話番号も分からないんですよ~」
と私が言うと、

いきなり、銀行のカウンターの中から、

「うちの電話使っていいよ~」
という声が聞こえてきた。

若くて愛想のいいカウンターのお兄ちゃん。
私がおばちゃんに話しているのを、聞いていたらしい。

「RACQの番号も、今調べてあげるから、
うちの電話使って、かけなよ!」
と言ってくれた。

もう、嬉しくて、涙が出そうになった。。。

そして、
電話帳をパラパラめくりだした、お兄ちゃん。

「あ、そうだ!
このショッピングセンター内にRACQの事務所があるよ!
電話するより、直接行った方がいいかもよ!」

と言って、
RACQの事務所の場所を教えてくれた。

もう、涙を流さんばかりに、
何十回もお礼をいって、その銀行を後にした。

人と話しをしてみるもんだよなぁ~・・・

おばちゃんと世間話をしなければ、
ここまで辿り着けなかった。。。

ショッピングセンターの外側にその事務所はあった。

さっそく中に入り、
受付のおばちゃんに
「カクカクシカジカ」と説明する。

「オ~ノ~」と言いながら、
すばやく手続きに入る。

そして、受付のおばちゃんが繋げてくれた、ロードサービスの人と
直接電話で話し、
私がどこで待っているかを説明する。

「じゃ、45分以内にそこに行きます」
と言われ、電話を切る。

受付のおばちゃんに
「45分って言われたんですけど・・・」
と言うと、おばちゃん
「45分て言っても、実際10分で来ることもあるから、
そこの椅子にでも座って、ゆっくり待っていたら?」
と言い、
リサに動物のシールまでくれた。

「そうだ、旦那と連絡取りたいんですけど、
電話貸してもらえます?」
と言うと、快く電話を使わせてくれた。

電話をかける。

どうせ、また留守電だろうなぁ~
と思っていたら、

「もしもし」

と出た!

「今、ちょうどメッセージ聞いたところだよ」

「そう、カクカクシカジカだけど、結局RACQが来てくれることになったよ。
でも、45分もかかるかもしれないんだって。でも10分で来ることもあるらしいけど。」

「じゃあ、今からスペアキー持って行くから、
僕のほうが早かったら、RACQをキャンセルすれば?」
と提案してくれた。

電話を切った後、
受付のおばちゃんに、説明する。
キャンセルするのは、全然構わないらしい。

「一刻も早く、車を開けたいので、、、」と言い訳すると
「そりゃ、そうよ!」
と、理解を示してくれた。

そのまま、RACQの事務所で待つこと、20分。

ガラス張りの窓から、じっと外を見る。
RACQが来るか、旦那が来るか、、、

あ!

サングラスかけた坊主頭が見えた。
旦那だっ!!

必死に手を振る。

向こうは笑顔で私に手を振り返して
そして、
去ってしまった。

人違いだったようだ。。。

ちっ!と思いながら、
さらに待つ。

そして、
もういちど、坊主頭が見えた。

今度こそ、旦那だ!

旦那は、車からおりて、
RACQの事務所に入ってくる。

手には、私の車のスペアキーを持って。。。

このときばかりは、
旦那が天使に見えた。

わ、私、、、家に帰れるのね!!!
帰ってもいいのね!!!!

結局頼んでおいたRACQのロードサービスはキャンセルしてもらい、
めでたく、
スペアキーで車のドアを開け、
運転して帰ってくることが出来た。

買い物時間1時間。
そして、
トラブル発生から2時間。
ちいさなショッピングセンターで、
合計3時間も費やした。

ケータイを貸してくれた、怖いおじちゃん。
そして、韓国人のおねいちゃん。
銀行にいた、おばちゃん。
そして、
なんといっても、
銀行の窓口の若いおにいちゃん。
そして、
RACQのおばちゃん。
最終的には、旦那。

たくさんの人に助けられ、
ようやく家路につくことが出来たが、

今回、一番私を助けてくれたのは、
あれほどの愚図りやのリサが、この3時間一切愚図らなかったこと。
おやつも水もない状況だったが、
楽しそうにニコニコしていてくれたのが、
何よりも嬉しかった。

ありがとう!助けてくれた皆!
ありがとう!リサ!!

ところで、
リモコンでトランクが開けられる便利さも
考えものだなぁ。。。


自分のドジさ加減をさておいて、
文明の利器に疑問を感じた一日だった。

長いのに
最後まで読んでくださってありがとうございます!!!


↓そう、そう、ここをギューッっとね
にほんブログ村 海外生活ブログへ


















スポンサーサイト
2010.04.16 Fri l 日常 l コメント (30) トラックバック (0) l top

コメント

No title
続きまっていました~(笑)。
よかったですね~!
お疲れ様でした。
ホント何気ない日常ってありがたいことですよね。
でも、、何かあったときに人の温かさが身にしみますよね。。
2010.04.16 Fri l ざまき. URL l 編集
No title
く~~~~~
これは、手に汗握りながら、読みましたよ~
コバちゃん、お疲れ様!!
すっごく気持ちが伝わってくる文章で、
私も入り込んじゃったぁ。

でも、たくさんの人の優しさに助けられると、
ほんと、人ってありがたいなぁ~って思うよね♪
リサちゃんも、とってもいい子だったね(^^)
2010.04.16 Fri l BiBi. URL l 編集
こんばんは!(。・▽・)ノ
kovachanさん、大変でしたねぇ~そしてお疲れさまでした(笑顔)

私も今は旅先でのレンタカーだけしか運転しないけど、
以前はよくこの失敗はしていましたょ~
そしていつもJAFのお世話になってました(笑)

ほとんどが鍵を車の中に入れたまま閉めた事ですけど・・・
またJAFの費用も高いんですよね(苦笑)
やはりパコ??も高いんでしょ??

パコの手続きが終わった後に
今まで散々連絡がつかなかった主人と
連絡がつくこともよく経験しましたよ~(笑)
ご主人の方が早くてラッキーでしたね~♪

そしてオージーの良心的な人たちに助けられて
ホント!良かったですね(笑顔)
喉元過ぎれば……
にならないように祈っときますね(苦笑)ポチ★☆
2010.04.16 Fri l かな. URL l 編集
え!実は私たちも今日。。!!
2日分今読ませて頂きましたが、実は私たちも今日まさにインロックしたんです~(笑)
友達と3人でサーフィンしに車でバイロンベイへ。
先に二人で海へ向かっていると一人が叫んでいる。。そう、Kovachanさんを苦しめたインロックです!でも、すぐに様子を察した日本人が近づいてきて助けに!ハンガーを駆使して解除しようとするが難しい、、するとサーフスクールのコーチが登場!無事に解除できたんです!って長いコメントですいません!タイミングがかぶってビックリでした!Kovachanさんおつかれさまでした!!
2010.04.16 Fri l MIKA. URL l 編集
よかった~
ホント、気持ちは痛いほど分かりましたよ~。

自分一人だけならまだどれだけ時間がかかろうが
かまわないけど、子供が居るとこんな場合は
ヒヤヒヤします。

でもリサちゃんお利巧さんだったね~。
マミーが大変なのが分かってたんじゃないかな。
「今愚図ったらヤバイ。。。」
と子供なりに思ってたのかもしれないよ。

なんとか無事に事なきを経てよかった、よかった。

どんどん時代は便利になってくるけど、
その分、考えなくても良くなっていくのがちょっと
怖い。色んな意味でね。

いつもよりポチ多めにしといたよ!

あ、ポチは一日一回しか有効じゃないんだった!!
失礼致しました。。(笑)
2010.04.16 Fri l Setta. URL l 編集
こんばんは。
kovachan、ドキドキの3時間だったのね。。
親切な人たちに出会えて助けられて良かったね。

kovachanを助けてくれた方々、ありがとー v-222


そういえば、車の中の食品は大丈夫だった??
2010.04.16 Fri l ボス。. URL l 編集
No title
お疲れ様でした!  大変でしたね!

どうなる事かと・・・・心配させるなよ!(笑

困ったときに、温かい人情に接するのは格別の喜びですね。
国境や人種が問題にならない所が又素敵です。

佳いところ辛いところコバちゃんのオーストラリア生活はスリリングで楽しそうです。
2010.04.16 Fri l いその爺. URL l 編集
大変でしたね~・・・・
疲労感たっぷりだったでしょ・・・・。
私はRACQに世話になりっぱなしですよ(笑)メンバーにも入ってます☆
kovachanサンと同じ目に数回あり・・・、車がパンク数回あり、車が途中でとまった数回あり・・・という感じで、何回か同じ人に当たったり・・・。
助けてくれた人に感謝ですね☆
ちなみに食料品は・・・?!
2010.04.16 Fri l お茶ちゃ. URL l 編集
よかったぁ!!
あ~よかったです!
ドキドキしながら続き読ませてもらいました!
知らない人に話しかける(しかも携帯貸してって・・・)のって勇気いりますよね。。
でも、ピンチの時に助けてもらうと、人の優しさに感動しますよねe-420
いろんな人と話しながら、解決する方向に少しずつ向かってたんですね!
本当にお疲れ様でしたe-257
オーストラリアに行って運転するようになったら、まずはRACQに入会ですねっ!
RACQのこと覚えておきます!

子供って親がピンチの時は空気読んでくれますよね~!リサちゃんすごくお利口さんでしたね!
2010.04.16 Fri l ユーカリママ. URL l 編集
お疲れ様でした
大変でしたね。そのときの不安な気持ち、お察しします・・・。親切な人たちに助けられてよかったですね。リサちゃんも、おりこうさんだったようですし。きっとママの気持ちが通じたんでしょう。

私も似たような経験があります。オートロックのアパートに慣れてなくて、ゴミ捨てに行ったとき、うっかり鍵を持ってくるのを忘れてしまい、建物内に入れなくなりました。ゴミ捨てだけのつもりだったので、ノーメイクに変な格好の謎のアジア人・・・。
アパートの住人は出かけているようで、駐車場には、ほとんど車がない・・・。でも1部屋ずつ、ブザーを押して、理由を説明してオートロックを解除してもらいました。kovachanさんの事件に比べれば大したことありませんが。
2010.04.16 Fri l yuu. URL l 編集
No title
ホッ・・・良かったぁ
ドキドキしながら読みましたよ
リサちゃん、お利口だわー
ママがすごく困ってる
ここでグズグズ言ったら、ママがもっと困るって思ったんだわ!

リモコン、困るね
まったく、リモコンのやつめ!
・・・って・・・えっ?
2010.04.16 Fri l Lily姫. URL l 編集
No title
オーストラリア版JAFあるのね。
暑い中、食糧腐ってなかった?

私’90にそっちに行ったとき、初めてリモコンでドアのロックが外れるのを見て感動したのを覚えているわ。
シートべルもスーって児童で装着していたようだったなぁ。
その7年後、我が家もリモコン付きの車を買ったけど、1年後くらいのお花見でそのカギ無くしちゃっ。e-260
以来10数年、普通にカギ開けています。

親切な人たちとおりこうだったリサちゃんにポチ☆
あ、エリマキトカゲ折り紙アップしてます。
2010.04.17 Sat l phebee. URL l 編集
No title
大変でしたね。 ちょっとドキドキしちゃいましたよ。(笑)

 私も大昔、やったことがあって、そのころは、携帯もない時代で山奥のキャンプ場だったのでしかたなく、ガラスを割ったことがあったよ。 (涙)

前の仕事でスマートキーにも少し携わっていたので、我が家の車には(2台)ともスマートキーを付けてます。 キーはポケットとかバックに入れておけば、スイッチやボタンなどで、エンジンがかけられるんです。又、キーがどこにあるか、常に車が判断しているので、中にキーがある状態で車がロックされることもありません。 一見、 便利ですが、 それでも色んなシチュエーションで、不便なことがおきます。 どんなに便利にしても、不便さは出てきちゃいますね。 

リサちゃんがお利口に、知らない子と遊んだの読んで、なんか、嬉しくなっちゃったよ。  偉いね。
2010.04.17 Sat l ゴルッテリア. URL l 編集
ざまきさんへ
いや~
疲れました~!!

ほんと、何気ない日常がこれほどありがたいものとは、、、
でも、
こういうハプニングって、
終わってみると笑っちゃいますよね(笑)
とは言っても
もう懲り懲りですi-202
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
BiBiさんへ
> これは、手に汗握りながら、読みましたよ~

私は、額に脂汗でした~(笑)

本当に助けてくれた人たちや、
なんといっても、リサには大感謝です!!
結局、なんとなくの世間話が一番解決に導かれたので、
人とは、話すべきだなぁ~
と思いました。。。
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
かなさんへ
こういう失敗って、あるものなんですね~
いつもはあまりトランクって使わないので、
初めての経験でした。

喉もと過ぎれば、笑っちゃう出来事ですが、
しばらく、あのショッピングセンターに行く気しないです~i-202

日本のJAFって頼むたびにお金かかるんですね!?
RACQは年会費を払えば、
利用するのはタダですよ。
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
MIKAさんへ
へ~、偶然ですね!!
でも、
お友達がいるって、心強いですよね。
助けてくれる日本人もいてラッキー♪
お互い、気をつけましょうね~(笑)
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
そうなんですよね。
子供がいると、いないでは、
状況が全然変わってきますよね。。。
でも、
リサは水もおやつもない状況で、本当にお利口さんにしてくれてて、
助かりました~
夜、すごく愚図っていたけど、
笑顔で許しちゃいましたよ(笑)

なんだか、世の中、
便利なんだか、不便なんだか。。。

いっぱいポチ、ありがとーーー!!!
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
ボスさんへ
ご心配おかけしました~i-201

車の中の食料も大丈夫でしたよ。
トランクの中だったので、直射日光が当たらず、
冷凍物も、溶けずに済みました。。。

こういうときは、
人の優しさが身にしみますね~(涙)
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
いその爺さんへ
> どうなる事かと・・・・心配させるなよ!(笑

あはは
ご心配おかけしました~(笑)

普段は、自分から何か行動するのって、
苦手なんですけど、
こういうときは、そうも言ってられないですもんね。
でも、
人との世間話から、解決の糸口が見つかったので、
これからは、シャイにならず、
どんどん人と話そうと思いました。

いや~
スリリングな生活なんて、求めてないんですけど、
どうしても、そうなっちゃいますね(苦笑)
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
お茶ちゃさんへ
食料品は、無事でした!!
トランクに入れたのが、良かったみたいです。
あ、でも、トランクに入れたから、
こういうハプニングになってしまったのですが・・・(汗)

RACQは前の車では、よくお世話になってました。
でも、まさか、
新車で世話になるとは・・・(涙)
RACQのオフィスが近くにあってよかったです~
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
ユーカリママさんへ
そうなんですよ!
知らない人に、時間を聞くんだったらまだいいんですけど、
ケータイ貸してって、お金もかかることだから、言いにくいですよね~
でも、今回は、
人とのコミュニケーションの大切さを学びました~。
Speak up!ですね。

RACQはオーストラリアに来たら必須ですよ!
車の保険も扱っているので、便利です♪
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
yuuさんへ
わぁ~、yuu さんも大変な経験されてるんですね。
自分の部屋に帰れないのもきついですよね~
でも、一部屋ずつブザー押して入れてもらうなんて、
臨機応変ですよ~!!

オートロックとか、オートなんとか、、、って
便利なようで、いつも気をつけてきゃいけないのが、
不便ですよね。。。(苦笑)

お互い、気をつけましょうね♪(笑)
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
Lily姫さんへ
ほんと、
リサには助けられました。。。
その夜、かなり愚図っていたけど、
いつもならイライラするところを、笑顔で対処できましたよ(笑)

まったく、
リモコンって、便利なんだか、何なんだか・・・
って、
気をつければいいことなんですけどね~i-202
身にしみました・・・
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
食料は、トランクに入れておいたのがよかったのか、
全然大丈夫でした。
冷凍ものも凍ったままでしたよ。
でも、
トランクに入れなければ、こんなハプニングはなかったんですけどね・・・i-202

シートベルトが自動装着ってすごいですね!
私の車は、自動でライトもつくし、雨を感知してワイパーも動くんですけど、
私の脳みそは使われずに、どんどん退化していく気がします・・・(苦笑)

ポチありがとうございます!

え、エリマキトカゲも作ったんですか!?
見に行きますー!!!v-29
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
うわ~
ガラス割ったんですか?
でも、どうしようもなかったら、
それしか手段がないですものね。。。
携帯電話のありがたみが、ひしひしと感じられます。

スマートキーって、キーの場所も車が判断できるんですか???
す、、、すごい。。。
私より、スマートだ。。
でも、
どんなに便利になっても、どこかで不便さは出てくるものなんですね。
頭を使わなくなる分、便利すぎるのも考えものですね。

リサには本当に助けられました~
ゴルッテリアさんが、いつもおっしゃるように、
少しずつ、ちゃんと成長しているんですね。
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
それは
大変でしたね~
でも無事にだんなさんが来てくれてよかったです。
こういうときって本当に人の温かさに感謝しますよね。
リサちゃんも良く頑張っていましたね~
ママの大変さ、子供ながら感じていたのかも!

おつかれさまでした!
2010.04.17 Sat l lip. URL l 編集
こんばんは  

初コメントです!
よく見させてもらっています(´∀`*)

いきなり質問したいのですが、お時間あれば答えていただけるとありがたいです。

私は神奈川の高校3年生で国際科の生徒です。

もう進路を決めなきゃいけないのですが、
今迷っています。

私はkovaさんのように将来、海外(アメリカかオーストラリア)に住みたいと思っています!

大学は日本の大学にいって1年間留学したいと考えています。
そこから海外に就職したいと考えているのですが、どんな道がありますか?

職業はホテル、グランドスタッフ、観光などに興味があります。
上記のものでなくても何かありましたら教えていただきたいです。

一方的ですみません。
よろしくお願いします!



2010.04.17 Sat l みっぷ. URL l 編集
lipさんへ
本当に、助けてくださった方には感謝、感謝ですよ~
でも、
RACQより旦那が先に来てくれてよかったです。
リサもがんばってくれたし、
終わってみれば、笑い話ですね(笑)

でも、
自分のバッグはどんなに重くても
もう、肌身離しません!!!
2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集
みっぷさんへ
はじめまして!
訪問、あんどコメントありがとうございます!!

高校3年生で、将来のことをしっかり考えていて、
とても感心しました。

海外に住むには色々な方法がありますが、
みっぷさんが考えられているのは、
日本の大学に入って1年留学して、
日本の大学を卒業してから、海外に就職する方法ですよね?

みっぷさんの現在の英語力がどれほどか、分からないので、
難しいのですし、職業にもよりますが
1年間の留学だけで、現地で就職するのは、
ちょっと難しいかなという気がします。

むしろ、
海外の大学にいくか、
どうしても、日本の大学を卒業しておきたいなら、
卒業した後、海外の専門学校に行って、
実践的な英語と技術を身につけてから就職という方法もあります。

もしくは、ワーキングホリデーで
アルバイトしているうちに、そのまま就職したケースもありますよ。

とりあえず、みっぷさんは、高校3年生ですし、
今決めなきゃいけないのは、
本当に日本の大学に行くのか、
やっぱり海外にすぐ行くか、
どちらかを決めておかないと、
受験勉強も、中途半端になっちゃいますね。

就職のことは、それから先、
いくらでも考える時間があると思います。

何になったらいいか、、、
というのは、
自分が本当に何が好きか?
とか、
何をしている時が、一番自分らしくいられるか?
とか、
気分がいいのは、何をしている時か?
とか
勉強の合間に、ちょっと自分を見つめてみるといいと思います。

海外で就職といっても、
職業は観光業に限らず、星の数ほどあるので、
旅行をしたり、本を読んだり、
視野を広げて、ゆっくりと探すのもいいと思います。
また、やってみて自分に会わない職だったら、
変えることだってできますしね。

せっかく持った、海外に住みたいという夢。
決して見失わないでくださいね!
人生で一番怖いのは、
目的を失った時です。

なんだか、長々と説教ババアになってしまって、
申し訳ないです。
お役に立てたか分かりませんが、
また、困った時には
いつでも、コメント入れてくださいね。
私でよければ、力になります。

頑張ってくださいね!!

2010.04.17 Sat l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/255-ac4ce389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。