上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日のつづきから。。。 長いので気合いれて読んで下さいね♪

現地に到着した私たちは、早速御勤め開始となるわけだが、
御勤めというのは、基本的には、お偉方の説教(宗教的な意味の)を聞くことがメインだった。

教祖様(この宗教の場合、教祖様はもう亡くなっていて、神様のような扱いだった)
がトップで、
その下に大先生。
そのさらに下が、先生と呼ばれる人たちがいて、
大先生は何人かいて、それぞれ交代で
午前3時間、午後3時間、大本堂でお説教をしてくれる。
そして、
先生と呼ばれる人はわりとたくさんいて、
いくつか並ぶ8畳くらいの部屋で、
それぞれ個別の相談をしてくれる。
その個別の相談は見学自由。
相談をどの部屋のどの先生にするかも自由。

というわけで、
ここに滞在している間、

全員そろっての朝の礼拝
朝食
大本堂での大先生によるお説教又は
先生による個別相談、又はその見学
昼食
大本堂での大先生によるお説教又は
先生による個別相談、又はその見学
夕食
全員そろっての夜の礼拝
就寝

そんな日程で毎日過ごすことになった。

昼過ぎに到着した私たちは
さっそく
大本堂でのお説教に参加。

フムフム、
内容は覚えてないが、
なかなかいい事言うなぁ~と感心した記憶がある。 

その後の夕食、質素だが、
みんなで感謝しながら美味しくいただく。
これも、なかなか悪くない。。。

そして、
夜の礼拝
これが困った。。。

なんか、よく分からない歌を歌わされるわ
手の振りだけだが、踊りまで踊らされる。
お説教まではよかったが、
こうなると、いかにも宗教ぽくて
引いてしまう。

それでも何とか礼拝もクリアし、
ようやく就寝タイム。

女子ばかりの大部屋で雑魚寝だった。

そして、
寝る前にも、一日の感謝を正座をし、三つ指ついて頭を下げて述べなければならない。
感謝の言葉を述べる前や、
食事を食べる前お祈り、
食べた後のお祈り、
かならず、冒頭で
キリスト教での
「天にまします父よ」
と同等の決まり文句
「○○様、ありがとうございます」
で始めなければならない。
今でもハッキリ覚えているが、
何の宗教かバレてしまう可能性もあるので、ここには詳しく書かないでおくが。。。

で、
周りのみんなも
畳に頭をこすり付けながら
「○○様、今日もありがとうございます。
なんちゃら、かんちゃら、で有意義な一日を過ごすことが出来ました。」
ここまでは普通だが、
このあと、
「明日は朝6時に起こしてください」
なんて、お願いまでしちゃってる!?

目覚ましまで、神頼み????

と思いながら、友人Sちゃんに
「それってあり?」
と聞くと、
「だまされたと思って、真剣にお願いしてごらん。
必ずその時間に目が覚めるよ。」
なんて言う。

バカァ言っちゃいけないよ!
あたしゃあ信じませんよ!! ええ、ええ信じませんとも!!

と思いながらも、
ちょっと真剣に
「朝6時半に起こしてください」
とお願いしてみた。

刺激の多い一日の疲れか
あっという間に夢の中へさまよいこんだ。。。

熟睡。

そして、翌日6時半ぴったりに目が覚める。。。

ま、こんな偶然もあるわよね。
でも内心ちょっとびっくり!

朝の礼拝は、
夕べの礼拝と同じように、
歌って踊り、短いお説教で終わる。

朝食は、夕べの夕食の残り。
食べ物を無駄に捨てるのはいけないという考えからだ。

無駄が無いのは、いいことなので、
私も気にせず美味しくいただく。

そして、昼食を除く午前と午後の時間。
私とSちゃんは
大本堂でお説教をきいたり、
先生の個別相談を見学したりして、過ごした。

私が見学した先生の個別相談では
ある両親と中学生の小太りの男の子が相談を受けていた。

どうやら、その男の子が、学校でいじめを受けて
登校拒否になっているらしい。
それに関して、先生が色々とアドバイスをする。
長い時間かけて、懇切丁寧にアドバイスをしていたが、
私が一番心に残っているのは

「いじめはもちろん悪いことだ。
いじめをする人間も悪い。
でも、自分にいじめられる原因があるということも気づかなくてはいけない。
いじめる相手を憎み、うちにこもってばかりじゃ、
何の解決にもつながらない。
いじめる相手が90%悪いとしても、10%は自分に責任がある。
その10%が何なのか、もう一度よく考えて見なさい。
それに気づいて自分を変えることが出来たら
いじめはきっと無くなります。
せめて、今日からは
そうやって背筋を丸めるのはやめて、
胸を張って堂々としなさい。
そうすれば、視界が広がって、
今まで見えなかったものが、見えてきます。」

というようなもの。

おおお~~~

良いこと言うね~!!先生~~!!!

こんなにありがたく、的確なアドバイスを貰った
その家族は、
畳に頭をこすり付けて
何百回もお礼を言っていた。

でも、私は見た!!

最後にその家族は先生に
お礼の菓子折りを差し出したのだ。
先生も、当たり前のように受け取る。
結構なサイズの菓子折りだ。
饅頭の下には、小判がギッシリ並んでいるのか?

越後屋と悪代官だなぁ。

「おい越後屋、そちもワルじゃのお~」
とにやけながら菓子折りを受け取る先生を想像してしまった。
だって、先生ってみんな着物着てるし。。。

話はすごくよかったけど、
やっぱり、貰うもの貰ってんだなと思ったら
またちょっと引いた。

Sちゃんに言わせると、
「別に相談にお金は要らないんだけど、
みんな気持ちとして、いくらか渡すのよ」

ふ~ん、そうなんだ。。。

「そうだ!コバも鼻血のこと相談してみたら?」
とSちゃん。突然のひらめき。

昨日から色々、わりといいお説教を聞いているために
確かに、相談したらいいかも。。。
と思った。

「で、いくら渡せばいいの?」
とSちゃんに聞くと

「だから、気持ちでいいのよ」
という。

早速財布から500円を取り出し、
相談に向かおうとすると

「あのさぁ、気持ちっていったって
500円じゃ気持ちにもならないわよ!
せめて1000円以上は出すのが礼儀よ!」
だって。

最低1000円以上出すのが礼儀な’気持ち’って何だよ

と思い、結局相談はやめておいた。
今思えば、1000円くらいなら行っとけば良かったと思ったが、
なにしろ、学生だったし、まだバイトもしてなかったし、旅行中だったし
100円でも貴重だった。
しかも、1000円払いたくない理由のもう一つの理由は

鼻血が出ていなかった!!

のだった。

それまで、2日以上出なかったことはなかった。
早い話、毎日鼻血がでていたのだが、
ここに到着してから、一度も鼻血が出ていないのだ。。。

ムムムムム。。。

これはいったいどう説明をつければいいのか、
やっぱり、ここは
パワースポットなのか!?

結局Sちゃんも
相談の無理強いをすることもなく、
また大本堂にいって、大先生のお説教を拝聴することにした。

この頃になると、
お説教を聴くのも慣れてきて、
大先生や先生の言葉をすんなり受け入れられるようになっていた。
さすが、こういう人たちの話は
勉強になる。
といっても、
今ではまったく記憶にないのだが、、、

礼拝の歌や踊りもばっちり!
食べる前や、寝る前の祈りの言葉もばっちり!

来て2日だが、
私だけ信者じゃないという違和感がまるでなかった。
そして、
ここでの決まりごとも、先生の言葉もすんなり受け入れられるようになっていた。

はっきり言って、居心地がいい。

ここには、大勢の人がお勤めに来ていたが、
先生にしろ、信者の人たちにしろ、
とにかくみんながみんな、優しい。

なんか、みんなニコニコしていて、幸せそうだった。

それまでの私だったら、
そんなニヤけた連中を見ていたら、
キモい!!
と思っていただろうが、
ここにいる間、
私が信者でないことを知っても
先生と呼ばれる人たちは
「まぁ、気楽に楽しんでいってくださいね~」
と言ってくれたし、
ほかの信者の人たちも
「私たち、怪しいものじゃないから大丈夫よ!楽しんでね♪」
と声をかけてくれたりと、
会う人会う人、みんな温かく私を迎え入れてくれたのだった。
そして、誰一人として、
「ここの教えはいいでしょ~」
と言ったり、
「今度、支部の集会に顔出してみたら?」
なんて、勧誘めいたこと
一切口にしなかった。

なんだか、
こんなよい人たちに囲まれ
いいお話を毎日聞かせてもらい
タダ飯までご馳走になって、
しかも
宿泊費もタダなんて、申し訳ないくらいだった。

そして、3日目の夕方、
ここを去る時には、
一抹の寂しさまで覚えるように。。。

結局、
出発前の不安と恐怖がうそのように
楽しく思い出深い3日間を送ったのだった。

この後、何年も後に
国内添乗員をやっていたとき
立正佼成会の団体旅行の添乗をしたことがあったが
そのときも、
考えられないくらい素晴らしい人たちとの出会いがあった。

宗教、とくに新興宗教となると、
ニュースやテレビで悪いところだけが取り沙汰されて
知らない人たちに大きな誤解を与えているふしがある。

もちろん、信者を騙す、悪い宗教もあるが、
宗教を信じている、個人個人は
私が出会った中では、
正しい道を進み、人間として上を目指そうと努力している人たちが多かったし、
また、
妬み、ひがみ、怒り、侮蔑、などの人として普通の感情と戦いながら
常に人を敬うことを、実践しようと心がけている
素晴らしい人たちが多かった。

あの人は、この宗教を信じているからこうだ!
と、宗教によって人を決め付けてしまうのは
私がこの国で、
コバは日本人だから。。。
と日本人という偏見だけで私を判断されてしまうのと同じ事。

まずは人間という個人レベルで人を見て、
宗教とか人種とかいうのは
その次にくるものだと思う。
それは、その人を判断する材料にするのではなくて、
その人をもっとよく理解するための材料になるべきだ。

家族にはとっても心配をかけたが、
18歳の私には、とっても貴重なネタ体験だった。

一途に何かを信じることが苦手な私は
信者になることはなかったが、
あの旅以来、
病的な鼻血に悩まされることは一切なくなった。

やっぱり、旗を作るべきだったか・・・?


↓長い記事、読破ありがとう。最後の力を振り絞ってポチっとお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログへ


力尽きたので、明日更新休みます。


















スポンサーサイト
2010.05.16 Sun l 思い出 l コメント (28) トラックバック (0) l top

コメント

No title
宗教と言うと少々引いてしまうのが日本人かしらね。
信仰と言うと さほど拒否反応が無かったりして。

自らは「私は無宗教です!」と言い
その割には京都に行って神社仏閣で手を合わせる。(笑
子供が出来るとお宮参りで、人が死ぬとお寺に走る。
まぁ無分別なのかな・・・

最近は宗教の名前をかたる詐欺が多いってことですね。

オーストラリアの信仰はいかがでしょうか?
無宗教と言い切る人は少ないと思えますが・・
2010.05.16 Sun l いその爺. URL l 編集
No title
>力尽きたので、明日更新休みます<
には思いっきり吹いちゃったよ  あはは
ゆっくり休んでね

 ↑ のいその爺さまの書いてある無分別な日本人の典型の私
でもそれが心地よいかも~?
ものすごく信じることができないし、一途に信じてる方たちが少し怖かったりする
でも、ズルイ事したり、人をだましたりしたら、どこかでちゃんと神様が見てるって思ってる


うーん・・・難しいな
宗教は、ひたすらに信じてる人もいるから、コメントしづらいな
ナーンテ言いながら、結構書いたぞ、私
2010.05.16 Sun l Lily姫. URL l 編集
No title
ふ~ん。。。なかなか面白い体験しましたね。
私も宗教というと条件反射のように身構えちゃうタチですが、ちょっとどんなもんか垣間見てみるくらいなら興味なくもないな~。
自分さえしっかりしてれば良いんじゃないですか?(甘いか?)
それにしても1000円払わず鼻血治ったのは(偶然かもしれないけど)儲けものだったねっ!ププッ
2010.05.17 Mon l シンタ. URL l 編集
No title
お疲れ様~。
楽しく読ませていただきました。
何かを信じるってパワーが必要ですよね。
わたしにはそれが無い。
だからお正月祝って節分してお盆が来てお彼岸に参ってクリスマスにケーキ食べています。
そのお友達とのその後も気になります。
ゆっくり休んでくださいね。ポチ
2010.05.17 Mon l phebee. URL l 編集
お疲れ様~
興味深く読ませてもらいました。

私も、オージーである旦那も二人して
宗教と聞くと正直引いちゃう所があるかも。。。

時々、例の「エボバ」の人がウチに来てわざわざ日本語のパンフレットを置いていってくれる
けど、それをふと読んでみた時に結構良い事書いてあったのよね~。
「家族はどうあるべきか。」「夫婦の絆」とかそんな感じのもの。

どこまで信じるかはそれぞれ個人の問題であって
「宗教」自体は悪いものではないのよね、きっと。

ただ、世界の中で見てみると「度を越えた宗教心」が争いごとを
起こしている事に心が痛むわ。何事もほどほどよね。。。

2010.05.17 Mon l Setta. URL l 編集
宗教は色々ですね~
残念ながら、私は宗教にはあまり良いイメージはありません。というのも、うちの母親が熱心な信仰者でしてね・・・。(父親は徹底的に嫌ってましたが)。
子どもの頃から会合やら子ども用の日曜クラスやら、家でその地域の集まりをしたり、夜寝る前の念仏?(何て言うんですかね~・・・)をひたすら1時間ぐらい唱えたり。
物心つくまでは、母親と同じ事してましたが、ある程度の年齢になってきたら、「何かおかしい」「何か違う」と思うようになってきて、その後小学校高学年ぐらいで、そこから一気に距離をおきました。
が!!!!!勧誘は引き続き来るは、うちの母親も彼らには何も言ってくれないし、私は完全拒否反応!
そういう勧誘は高校ぐらいまで続きましたよ・・・。
会合とかで信者?が沢山やってくるのも嫌でした。

それ以来、私は宗教というものに、過剰なまでの拒否反応アリアリです。祖父の葬式で、その宗派のやり方でしたが、私は形だけの念仏?をも唱える事もありませんでした。
結構大きな団体なんでね~(苦笑)。高校の同級生とかたまに私と同じ体験してる人と遭遇する事もありましたよ~。やはり皆私と同じでしたが。

宗教は精神論?も違うので色々でしょうが、kovqachanサンの場合、その雰囲気に圧倒されて、潜在的に「鼻血は絶対でる」という意識を忘れてしまって、体が素直に反応したんでしょうね!!!
何がともあれ、信者にならずとも、上納品を収めなくても(笑)鼻血が治ったのは大きな収穫ですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:フフフ
2010.05.17 Mon l お茶ちゃ. URL l 編集
No title
なんかすごい体験をしましたね!

朝6時に起こしてください!
ってお願いしちゃってるっていうのには大爆笑しちゃいました(笑)

それでkovachanさんも6時半に起きれたのは偶然なのかすごい!っておもいましたね☆

鼻血もそれいらい出なくなったって!?
びっくりです。
私もどちらかというと無宗教ですが、宗教って本当にあんまりいいイメージではないです。
でもそんなことで人を判断してしまうのはやっぱりだめですよね。
私もここにきて彼の友達とあんまり会いたくないって思ってましたから。
彼はみんないいやつだよ!っていってくれても本場の外人さんって話すのがすごーく早いしなんかよくわからんことをいっているし、そして私の英語力っていったら10のうち2レベルですから(よくきたなって感じです)
でもいやいやでもあったりしているとみんなすごくいい人でゆっくりわかりやすくはなしてくれて本当にあって良かったなって思いました。
って話はずれてしましましたがとにかくいい経験をしましてね!
私も思わず先生の話にほーって関心してしまいましたが、気持ちの値段がきまっているってわらっちゃいましたけどね(笑)

頑張ったkovachanさんにぽち!
2010.05.17 Mon l lip. URL l 編集
No title
真剣に読みました!
世の中には、いろいろな宗教の方がいますよね。
宗教により、気持ちが助けられている方は沢山いると思います。でも、興味がない人にとったら困る時がありますよね。

旅から鼻血が出なくなったなんて凄いです!
意思がしっかりしていたから、宗教に入らなかったのですよね。
旅行中、ご家族はどれだけ心配したでしょうね。

私は、勧誘ですごく困った事があります。
会社の取引先の方がどうしても家族で来て欲しいと、家族で何かの集会に連れて行かれ、歌や何人かのスピーチ、いろいろ聞きました。
そして、その後勧誘を進められましたが、もちろん丁重にお断りをさせていただきました。

応援ポチポチ
2010.05.17 Mon l ぐーたらまま. URL l 編集
No title
私も基本的に無宗教です。 そして、宗教に関してはあんまり良いイメージは持っていないですね。 今まで、生きてきて、宗教を信じている人で、幸せそうだなって思った人、一人もいないです。 もちろん、宗教によっては良い宗教もあるのでしょうから、 信じている人を差別などは、絶対にしないようにはしています。 
でもこの間同級生が亡くなりました。 宗教の為に手術を拒んで死んで行きました。 死んだ後に解ったのですが、 財産なども一切なく、宗教に全て捧げていたそうです。 残された家族も信者なので、迷惑はかけてはいないのですが、 なんか間違っていると思いますが、 信者にとっては正しい選択のようです。


2010.05.17 Mon l ゴルッテリア. URL l 編集
いその爺さんへ
そうですよね~

日本人て、お正月はお寺や神社に行ってお参りする割には
結婚式は教会で挙げたりしますもんね。
(私は八幡宮でしたが。。。)

無分別というか、柔軟というか、
無関心というか。。。(笑)

オーストラリアも、キリスト教が多いのかと思っていたら
わりと無宗教が多いんですよ。
でも、
結婚式と葬式は教会という、
日本人と似たところがあると思います(笑)
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
Lily姫さんへ
> ゆっくり休んでね

ありがとうございます!!
もう、ホント
宗教って難しいから
かなり気を使って書いちゃいましたよー(笑)

私も無分別かも。。。
幼稚園と短大は、キリスト教の学校だったし、
中学と高校は仏教の学校だったし。(笑)

宗教は各個人の信仰だから、
本人が幸せで人に迷惑さえかけなければ
いいと思います。
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
シンタさんへ
> ふ~ん。。。なかなか面白い体験しましたね。

そうなんですよ!
これってなかなか出来ない体験ですよね。
ラッキーでした。
しかも、タダで鼻血も直ったし!?

私も、自分さえしっかりしていれば、、、
に同感です!
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
> 何かを信じるってパワーが必要ですよね。

私が宗教の人にすごいなぁ~と感じるのは
その一途なパワーなんですよね。
疑うこともせず、教えに従い邁進する。。。

私にはとても出来ませんi-202

Sちゃんはその後もずっと信者でしたよ。
親の代からの信者だから、
それが当たり前という感じでした。
今では彼女も一児の母です。

ポチありがとう!!
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
エホバもよく来るけど、
友達が創価学会に入っていて、
パンフレットをよくくれるんだけど
そこにも結構いいことが書いてあったよ。

宗教って教え自体は、すごくいいこと言っていたりするけど、
やっぱり、
あの強引な勧誘とかが、嫌われる原因なのかもね。
私もエホバが来ると、厳重に戸締りしちゃうし・・・(苦笑)

争いが起きる時点で、
もうそれは宗教とは呼べないよね。
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
お茶ちゃさんへ
↑Settaさんのコメレスにも書いたけど、
宗教が嫌われるのって、
やっぱり、過剰な勧誘と、過剰なお布施が原因かなと思います。
自分1人が信じていればいいことを、
それを人に押し付けたり、
ましてや、家族に迷惑がかかるほどお布施をしたりって
信仰心というよりは、自己満足ですよね。

ただ、私が出会った宗教の人たちは
お布施は知らないけど、勧誘は一切しない人たちだったので
よかったです。
みんな親切だったし、いいお話も聞けたし、鼻血も治ったし、
ラッキーでした!?


2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
lipさんへ

> 朝6時に起こしてください!
> ってお願いしちゃってるっていうのには大爆笑しちゃいました(笑)

あはは
神様にモーニングコール頼む宗教って初めてですよ~(笑)

でも、若いときにこういう経験が出来てラッキーでした。
じゃなかったら、
話題になった、ある宗教の色々な事件もあったし、
今でも新興宗教と聞くだけで、アレルギー反応起こしていたと思います。
過度な勧誘やお布施は、疑問を感じるけど、
無宗教でも悪い人はいくらでもいますからね。
やっぱり宗教で人を判断してはいけないと思います。

lipさんも、がんばってるみたいですね。
英語はきっと住んでいるうちに出来るようになりますよ♪ 
lipさんなら大丈夫!!

ポチありがとう!!
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
ぐーたらままさんへ
やっぱり、勧誘が迷惑なんですよね。
ぐーたらままさんも大変でしたね。
うちも週末になると、勧誘でドアをノックされるのが
ものすごく嫌です。
しかもそれで人助けをしていると思っちゃってるから始末に困ります。

人それぞれの人生で、何かに救いを求めるのは自然なことだし、
それがたまたま宗教だった場合、
他人がそれをとやかく言う筋合いは無いと思います。

ただ、人に迷惑をかけるのは、やめようよ!
それは信仰じゃないだろ!!
って感じですね。

鼻血が治ったのは嬉しいし、
すごくいい人たちに出会えたけど、
やっぱり、性格的に
私は宗教に入れないです~。。。
でも、宗教に対しての偏見がなくなったのは
大きな収穫でした!

応援ありがとう!!


2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
私は逆に、
宗教を一途に信じることが出来て、他人から見てどうであれ、
本人は幸せだと思える人は、幸せだなと思います。
というか、羨ましいです。
同級生のかたも、
私たちにとっては、お気の毒に思えるし、ちょっと違うんじゃないの?
と思うところもあるけど、
幸い、ご家族もみんな信者で、みんなでそれが正しい人生の終え方だと信じていれば
その人たちにとっては幸せなことなのかなと思います。

でも、
財産全部宗教に捧げて、どーすんだよっっ!
宗教が食わせてくれるってのかぁ~?
というのが、
私の本音ですが。。。   あ、言っちゃったi-201
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
こんにちわ♪
一気に読ませて頂きました!
鼻血止まったのすごいですね!ほんと何かパワーが出ているんでしょうか・・
日本でベストセラーになった「1Q84」も宗教のお話ですね。1.2と読んで最近完結編3が出たので読みたいです~。あ、私宗教やってないですよ(笑)本が好きなだけですからご安心を!
2010.05.17 Mon l MIKA. URL l 編集
No title
貴重な経験良かったね~~~~!
2010.05.17 Mon l 松井大門. URL l 編集
MIKAさんへ
へ~
あの本、気になっていたんですけど、
宗教の話なんですか。
ますます興味が。。。(笑)
鼻血が止まったのは、謎ですね~
やっぱり旗たてるべきだったかな?(笑)
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
> 貴重な経験良かったね~~~~!

怪しい宗教じゃなかったので良かったし、
若い頃にこういう経験ができて、
本当に良かったです。
であった人もいい人たちだったし
ラッキーでした♪
2010.05.17 Mon l kovachan. URL l 編集
凄い体験!!
kovachanさん、こんばんは♪

あるある!! kovachanさんほどじゃないけれど、
似たような経験はありますね(笑顔)
私たちが学生の時って、やたら宗教の勧誘が多かったような気がします(苦笑)

その宗教を信じてて、本人が幸せであれば全然問題はないと思います。
余程の得体のしれないカルト集団は無理だけど、
まじめな宗教を批判するなんてできないし…
みんな幸せになりたくて入会するのだから。ポチ
2010.05.17 Mon l かな. URL l 編集
No title
お疲れ様でした!
いろんな人が見てるブログで宗教のこと書くのは気を使っちゃいますねi-229
でも、すごく貴重な体験をしたんですね!
私は無宗教だと思っているけど、やっぱりピンチの時は神様仏様~ってお願いしちゃいます。
宗教って聞くと、ちょっと引いてしまうところがあるけど、全部が悪いものとは限らないですね。
信じて入会してる人達はとても親切だったり、前向きに生きようとしてる人達もたくさんいるんですね。
私も勉強になりました。
朝、6時半に起きれたり、鼻血が止まったりしたのは、神様のおかげなのかがとても気になります(笑)
2010.05.17 Mon l ユーカリママ. URL l 編集
No title
コバちゃん、凄い経験だね~~
いろんなことを覚えているコバちゃんにも、尊敬!!

私は、今まで、いろんな宗教系に勧誘され、
すごくしつこく言われ続けた経験があるけど、
全て断り続けてるの。

でも、確かに、その人達は、みんな楽しそうというか、
ニコニコしてるかも~~

コバちゃんの鼻血が止まったのには、
ビックリだね!!

応援♪

2010.05.18 Tue l BiBi. URL l 編集
かなさんへ
カルト集団が目立つから、
色んな宗教が偏見で見られちゃうってありますよね。
強引な勧誘は迷惑だけど、
本人がそれで幸せだと思っていれば、私もいいんじゃないかなと思います。
むしろ、
そういう心の拠り所があって、羨ましいです。(笑)

ポチありがとうございます!
2010.05.18 Tue l kovachan. URL l 編集
ユーカリママさんへ
私はたまたま信者で親切な人にたくさん会えたから
ラッキーなのかもしれないですね。
宗教で不愉快な目にあうことも多いのも事実ですからね。
朝きっちり目覚めたのと
鼻血は、なぞですが、
神様かな?と思っておくのも、まぁ面白くていいかなと思ってます(笑)
2010.05.18 Tue l kovachan. URL l 編集
BiBiさんへ
私も記事書きながら
よくこんなこと覚えてるよなぁ~と
我ながら感心しましたよ(笑)
それだけ鮮烈な印象だったんですね。
でも、楽しい思い出です♪

日本では道端で宗教の人に声かけられることがよくあったけど、
こっちに来てからは
遠慮なくドアをノックして勧誘してくるので
ほとほと迷惑してます。
自分たちだけで、神様に祈っててほしいですよね。

応援ありがとう!!

2010.05.18 Tue l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/277-39bf6d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。