上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、こんなメールが来た。

Dear Parents / Guardians,

This week is Under Eight’s Week. This year the theme is DIVERSITY: Living Diversity – Act Locally – Think Globally. Under Eights week gives young children the opportunity to shine in their community and to enhance the community’s awareness of the rich and competent contribution young children make to that community.

This Friday, the 28th of May 2010, there will be a dress-up day for all Prep to Year 3 school members in support of Under Eights week. Students can dress up as a plant, animal or person that represents a part of our diverse world. All P-3 classes will be engaging in experiences on the day around the theme of diversity. You do not need to make elaborate or complex costumes, please keep this simple and fun for both you and your child.

Please note that this is a celebratory day and no money will be collected. We look forward to seeing everyone dressed up to celebrate the diversity of the young children in our community.

Thank you


なんだかよく分からないが、

8歳以下を対象に、将来を担う子供たちの週間となったようで、
その一環として、
金曜日にdress-up dayを開催することになったそうだ。

テーマはDiversity(多様性)

そんなわけで、
世の中の多様な生物の代表として
植物、動物、人間のなかから、好きなものを選んで、
仮装するように。

とのこと。

ミーナが選んだのは、もちろん人間。
しかも

プリンセス

さっそく金曜日、
全校集会に行ってみると、

動物や植物もいるが、
人間も、お医者さんの仮装や、ロックスター、道路工事のおじさん、画家
いろいろな格好をした子供たちがいた。

28052010531.jpg

先生たちもみんな仮装している。

ミーナは

いたいた
28052010529.jpg

プリンセスに満足のようだ。

そして、

同じくこの日、

この多様性をテーマにした「8歳以下週間(Under Eight's Week)」の今日は、
文化の多様性ということで、
違う国の文化を学ぼうということになったらしい。

そこで白羽の矢がたったのが私。

2日前の水曜日、
ミーナの担任に、
「金曜日、スシを作って欲しいんだけど」
と頼まれた。

断る理由もないので、
「いいですよ~」
と承諾した。

材料は全部先生のほうでそろえてもらって、
私は、11時ころ
炊飯器を抱えて学校へ向かうことになった。

もう一人、
オージーのママだが、
スシの作り方学びたいわ!といって
手伝いに来てくれた人がいて、
彼女も炊飯器を抱えて、同時刻に学校に到着。

教室にはこんなキッチンがついている。

28052010532.jpg

着くと、ちゃんと
お米、ツナ缶、すし酢、のり、クリームチーズ、きゅうり
が揃っていた。

クリームチーズは、マヨネーズの代用。
卵アレルギーの子がいるので、マヨネーズは使えないらしい。

で、
さっそく作業開始。
お米を洗って、炊飯器のスイッチを入れる。
ツナとクリームチーズを混ぜる。
きゅうりを切る。

勝手の知らないキッチンで、
しかも、
興味津々の子供たちが、入れ替わり、立ち代り覗きに来るし、
ミーナは私がいることに大喜びで
足にまとわりついて、離れない。
そんなわけで、
これだけの準備に結構時間がかかった。

やっと出来上がった材料をもって
子供たちの待つテーブルに運ぶ。

28052010534.jpg

まずは、私が説明をしながら
見本で一本作る。

「のりを置いて、その上にご飯をのせます。
ごはんを手で広げたら、
その上にきゅうりとツナをのせます。
そしたら、こうしてこうやって
ロールして、プッシュして
できあがり」

次に先生が一個つくってみた。

のりの上に適当にご飯を広げて
適当に具をのせて
適当に丸める。

ぐちゃぐちゃスシのできあがり。。。

ひ、人の話をよく聞けよ

あまりにへたくそなので、
先生にはもう一度トライしてもらう。

「そうそう、そうやって具をのせて、
ぐるぐる巻くんじゃなくて、
ここの端と、ここのご飯の端を合わせて、ぎゅっとする
それから、すこし回して、またぎゅっとする」

今度は上手にできた。

先生も
「あら~、これで私すし屋で働けるかもしれないわ~」
と調子に乗り始めた。

今度は生徒の番。

一人一本作る。

生徒一人一人に、
「そうそう、そうやって、
ちがう!具はこういう向きにのせて、
じゃ、一緒にロールするよ~
はい、プッシュして~
できあがり~」

これを一クラス25人で、4クラス分やった。
みんなミーナと同じ学年。

オージーのママも
私から作り方を学んで、
生徒の手伝いを一緒にしてくれたから、すごく助かったが、
11時に学校に来てから
3時まで、
ずーっと生徒とスシ作りをしていた。

生徒たちは、スシ一本作ると、
別の場所に行って、
ハワイアンダンスを教わったり、
ニュージーランドの原住民(マオリ族)のダンスを学んだりしていた。 これも文化の多様性

生徒たちの中には
スシが大好きな子も結構いて、
作るなり、
「もう食べていい?もう一個作っていい?」
としつこく聞いてきたり
「私のママもスシが上手に作れるのよ~」
と自慢してきたり、 日本人ママに対しての挑戦状か?
そういう子たちは、結構かわいい。

しかし、

中には
「ツナ嫌いだから、入れたくな~い」 だったらツナ入れなきゃいいだろ←心の声
とか
「僕はきゅうりが嫌だ~」 だったらきゅうり入れるな!
とか、ひどいのは
「僕、スシなんてだいっきらい!!
わ~、こんなもの
きもちわる~~~~い!!!」

・・・・カチン

ボ~~~~~

だったら食うんじゃねぇぇぇ~~~~~~~

そうじゃなくても、
順番が待てない子供たち。
私が先だの、僕が先だのとけんかし始める。

最悪なのは
私のアクセントのある英語を真似してバカにする子供たち

もう、
怒りのあまり、
ちゃぶ台でもひっくり返したい気分だった。。。  どこにちゃぶ台があるんだ?

そして、3時近くになり
ようやくスシ作りも終盤。

あとは出来上がったスシを先生が切って、
みんなで食べる。

なんだかんだ言って、
みんな自分が作ったスシを喜んで食べているようだった。

スシロールを海外の子供たちが頬張っている光景は
なんとも不思議なものがあった。

びっくりしたのは、
のりだけを食べたがる子供もいたこと。
のりは余っていたので、
欲しがる子供たちにあげたのだが、
みんな美味しそうに
パリパリと食べている。

一緒にいたオージーママが、子供がのりを食べている様子を見て、
「私が子供の頃なんて、
のりを食べるなんて考えられなかったわ~」
と、自分ものりをムシャムシャ食べながら
感慨深げに言っていた。

このオージーママも、
スシロールの作り方が分かって大喜び。
ついでに
ご飯の水加減も全然分かってなかったようなので
それも教えてあげた。
週末は、さっそく子供たちにスシロールを作ってあげると張り切っていた。

自分の国の食べ物が、こうやって海外で受け入れられているのは
ちょっと嬉しい。

3時になり、授業も終わったので、
後片付けをして、
ミーナと一緒に、家に帰るため車へ向かう。

すると
駐車場であるお母さんと男の子の会話が聞こえた。
どうやら、ミーナと同じ学年の隣のクラスの子のようだ。

母「あら?今日学校でスシ食べたの?」
子「うん、先生が作ってくれたの」 おい!先生じゃなくて私だよ!
母「そう、おいしかった?」
「ううん、食べないでゴミ箱に捨てちゃった。だってスシ嫌いだもん。」

ぬぅあにぃぃぃ~~~~~~~~

ボ~~~~~~~~

く、クソガキめ!!!

一発蹴り入れて、根性叩きなおしてやろうかと思ったが
必死にこらえる。

こんな感じで、

本当にスシが好きで喜んでいたのは
全体の10%くらいだろうか。。。
そして、
本当にスシが嫌いな子(ほとんどが食わず嫌い)
が30%
のこり60%が訳分かってない子。
なんだこりゃ、よくわかんないけど、とりあえず食ってみようみたいな感じ。

それでも、
どの子も自分でスシを巻いて出来上がりをみると
みんな笑顔になった。
何かを自分で作り上げた喜びがあるんだろう。

私にとっても
いい体験になったが、
はっきりいって、、、

もう勘弁してほしい。。。。。

なんだか、疲労感たっぷりで
ぶっ倒れそうだった。
最後に聞いた駐車場での親子の会話もショッキングだったし、
なんか
心の中にモヤモヤが残る。

そんなわけで、
モヤモヤを吹っ飛ばすべく
予定外にテコンドーに行ってきたのだが、
気持ちはすっきりした代わりに
怪我をした。。。

しょせん
ついてない一日だったのね。

将来を担う子供たち。。。

一人でも多くの子が
文化の多様性を理解して
違うものや、新しいものに対して
柔軟な姿勢と態度、
そして、
それを受け入れる寛容さを持ってくれることを祈るばかりだ。。。


↓疲れたの。ここ、ギューッと押してくれる?
にほんブログ村 海外生活ブログへ







スポンサーサイト
2010.05.29 Sat l 子供のこと l コメント (30) トラックバック (0) l top

コメント

No title
お疲れ様でした~。
11時から3時まで、、、って大変でしたね(汗)。
10分くらい巻いているだけで疲れるのに、、。

日豪親善大使みたいで、、いい経験じゃない!~なんて昨日は思っていましたが、、
「もう勘弁」って感じなんですね。(苦笑)
喜んでくれるなら、、まだしも、、
駐車場の会話はショックですよね…。

そして英語なまりをからかわれる、、。
前に私もオーストラリアで「パードン」の発音を子供にからかわれて、、
穴にも入りたい気持ちになったのを思い出しました。
でも、、「私英語ダメなんだわ、、orz」と思ってしまいましたが、、
kovachanさんのような英語堪能な方でもおこりうることなんですね…。
私、、もっと図太くならないと!と思いました。


でもその10%(&60%)の子供達にはきっと素敵な体験になったと思いますヨ!
2010.05.30 Sun l ざまき. URL l 編集
kovachanさんへ
おはようございます。kovachanさん。(こちらは、朝8時)v-395

大変ご苦労様でした! 大変でしたね。
二枚目の写真の笑顔のプリンセスめちゃめちゃ可愛いですねv-407
拡大してポスターに出来そうです。v-218

しかし、『食べないでゴミ箱に捨てちゃった。だってスシ嫌いだもん』て、どこの国の子供もいっしょですが、食べ物を粗末にしてはいけませんよね。
嫌いだったら、他の好きな子に回してあげればいいのに。
まったいない!
お米・海苔・野菜などを作るのにどれだけ苦労をしているのかを子供たちに、
再度、先生方親御さんが教えていかないといけませんよね。
欲しくても、食べれない子供たちも居ると言うのに
残念です。
せめて、自分たちの子供だけでも教えていかないといけませんね。
でも、楽しく記事読ませていただきましたよ。
 とってもいい笑顔だったな~ プリンセス!

2010.05.30 Sun l リキ. URL l 編集
No title
24人、4クラスを4時間もかけてって、 凄いです。
尊敬しちゃいます。 しかも英語だもん、疲れるよね。 お疲れ様でした。
 
寿司ロールも難しいよね。 先日、しめ鯖で寿司ロールしてみたけど、 上手くいかなかったよ。 (汗) 結構難しいよね。  

やっぱり、寿司嫌いな子結構いるんだね。 生魚使っているなら、解るけど、寿司ロールのどこが気持ち悪いのか、理解できないよね。  米なのかな? この間見た映画の中で、日本人を差別している用語に ”米食い虫の日本人”  ってのがあったけど、 米って気持ちわるいのだろうか?
のりは人気あるんだね。 そっか、のり食べないからハゲが多いのかな?(笑)
2010.05.30 Sun l ゴルッテリア. URL l 編集
本当に
食べないで捨てるなんて!
親もそんなことしちゃいけません!っていわないんですかね~?
4時間もお疲れ様でした><
しかも子供たちかわいいけど生意気な子もやっぱりいるんですね~
発音をまねするなんて・・・
私も経験があります><
Reallyっていうのがどうもおかしいみたいでまねされたりしました(笑)
子供にではないけど大人に真似されるのもけっこういやってきますよ(笑)
ミーナちゃん本当にいつ見てもかわいいですね☆
素敵なプリンセスですよ☆

ご飯のどこが気持ち悪いんだろ??
私は肉のかたまりのほうが気持ち悪くて嗚咽がしましたけどね(笑)
2010.05.30 Sun l lip. URL l 編集
No title
きゃ~~、ミーナちゃんの衣装、可愛い♪♪
お人形さんみたい(^^)

コバちゃん、お疲れ様~~
これは、大変でしたね!!
そんなにたくさんの子供の相手、
長時間、本当にお疲れ様でした(^^)

怪我も大丈夫ですか?
早く良くなりますように~

応援♪
2010.05.30 Sun l BiBi. URL l 編集
お疲れ様でした!
ほんとに大変でしたね~!!
私ならいくら頼まれても断ってしまそう。。
スシだってほとんど作ったことないし、英語で子供達に作り方説明するのだって無理ですi-238
しかし、失礼な子がたくさんいるんですね。食べ物を粗末にするなんて・・・。
それに、子供だからってkovachan
さんに対して失礼な発言が多すぎます!
なんだか私もムカついてきました。
でも、一部の子達は楽しんで食べてくれたようでよかったですね。
もっとお手伝いしてくれるボランティアのママさんがいればよかったですよね。
ほんとにお疲れ様でした。

ミーナちゃんのプリンセスかわいい~i-178
ママがみんなに教えていて、ミーナちゃんは嬉しかったでしょうね!
自慢のママですねi-179
ポチ☆
2010.05.30 Sun l ユーカリママ. URL l 編集
No title
ははは
ちゃぶ台送ろうか?
2010.05.30 Sun l 松井大門. URL l 編集
ざまきさんへ
スシもかなり一般的になってきてはいるものの
やっぱり馴染みのない子もたくさんいるんですよね。
でも、
なにか知らないことや新しいことに直面したときの対応って
親の影響が大きいんだろうなぁと
つくづく思いました。

でも
素直に楽しんでいる子は、すごくかわいかったです(笑)

英語をからかわれるのは、もうしょうがないですね。
でも、
私は2ヶ国語を喋っているんだと、自分に自信を持つようにしています。
いや、やけくそ!?

まったく、、、
いい経験でした。。。
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
リキさんへ
嫌いだから、捨てちゃうって
ひどいですよね。
その子のお母さんも、
「あら、そうなの?」って無反応だったし・・・
でも、きっとどこの国でも一緒なんでしょうね。

一方、ミーナは、
プリンセスになれるし、
ママは学校に来てくれるし
スシは食べれるしで
大喜びでした。(笑)
なので、
これで良しとします!(笑)
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
オージーでも
考えが閉鎖的で、馴染みのないものには手を触れたくない、
みたいな人も結構いるから
そういう人の子供たちが、見慣れないものを、
すぐ「気持ちわる~い」って言うんでしょうね。
うちの旦那も初めて海苔を見たときは
ギョッとしてました。
「こんな黒い紙みたいなもの食べるの?」って。(笑)
でも、今は普通に食べているので
ハゲの心配はないかも!?(笑)

2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
lipさんへ
> 親もそんなことしちゃいけません!っていわないんですかね~?

言うどころか
「あら~、そうなの~」
と子供に同情的でしたよ!

reallyは難しいですよね~
今度笑われたら、「あなた日本語しゃべれるの?」って
言ってやったらいいですよ。
私たちはあんたらと違って、二ヶ国語喋ってんだよ!って。(笑)

変なガキもいたけど、
楽しんでいる子供たちを見るのは
やっぱり嬉しいです。

いい経験でした。
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
BiBiさんへ
ミーナはプリンセスで学校行けるので
この日を楽しみにしていたんですよ。

色々な子供がいて大変だったけど、
楽しんでいる子もいたし、
普段の学校の様子も見れて、
いい経験でした。

怪我はもうだいぶ良くなりました!

応援ありがとう!!
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
ユーカリママさんへ
子供って良くも悪くも正直ですからね~
でも、
少なくともミーナの仲良しで
そういう失礼な子供がいなかったのは幸いです。
そういえば、
どちらかというと
女の子のほうが喜んで作ってました。

この日は、ミーナも
プリンセスになれるし、私は学校に来るしで
大喜びでした。
子供ってちょっとしたことでも
親の自慢をしたいんですよね~(笑)

ポチありがとう!!
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
> ははは
> ちゃぶ台送ろうか?

きゃ~、うれしい!!!
これで思う存分ひっくり返せま~す♪
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
No title
お疲れ様でした。
子供達は、言いたい事を言うからムカっとくるときあるよね!

怪我はその後どう?
大丈夫?

お大事に。

応援ポチポチ!!
2010.05.30 Sun l ぐーたらまま. URL l 編集
ぐーたらままさんへ
子供の正直さは怖いものがありますよね。
でも、まあ
みんな初めての経験で、
喜んでいる子もいたし、
私にとってもいい経験になりました。

怪我はだいぶ痛みがひきました。

応援ありがとう!!
2010.05.30 Sun l kovachan. URL l 編集
初めまして★
私は大学1年生で保育を学んでます
 
オーストラリアが大好きなので、将来は日本ではなくオーストラリアの日系幼稚園で働こうかなと考えてます♪
 
オーストラリアで働いてる日本人は結構いますかね(´・ω・`)?私の周りの人で、海外で働いてる人はいないから、どうやったら海外で働けるのかいまいち分からないんです‥
 
もし何か知ってたら教えてください(*^_^*)
2010.05.31 Mon l ルー. URL l 編集
お疲れ様でした
教室にキッチンがあるってびっくりv-12
巻きずしを教えたんですね。
私は上手く巻けないので(って、いうか日本でも巻ける人はパートの採用率がいいの)尊敬します。
食べ物を捨てた子にはむかつきますね。
まず、嫌いなものでも捨てないって教育が大切なような?
怪我は心配ですが、シップが残っているならバンバン使って早く直してくださいね。
お見舞いぽち~☆
2010.05.31 Mon l phebee. URL l 編集
こんにちは。
異文化を学ぶ!
学校も洒落た事をするんだね!
日本にはあるのかなぁ?

寿司を食べないで捨てるとはイイ根性してるな v-359
せめて「親に見せろ」って感じ・・。

まぁ、ミーナちゃんのプリンセス姿を見れたから、
怒りはこの位にしておこう v-17v-219
2010.05.31 Mon l ボス。. URL l 編集
No title
お疲れ様でしたね~。
子供が小さいうちはよく学校からお呼びがかかるんだよね~。
ガキお子様が苦手な私には(よくうちの子達生き残ったもんだわ・・)結構苦痛でしたね。せっかくの機会なので片っ端から啓蒙しまくりましたけど(笑)!
2010.05.31 Mon l ヨーコ. URL l 編集
いずこも。
すごい数のお寿司でしたねー。学校の設備も凄い!

私も息子の中学で教えたことがあります。
その時は、父兄対象だったので、なんとか出来ましたが準備が大変でしたー。

タコヤキも小学校で作りましたが、それはかなり好評でした(実演だけでしたが)。

疲労度たっぷりの行事も、KOVACHANさんのキレのある文章だと、楽しく拝見できますね。

プリンセスミーナちゃん、とっても可愛い♪

2010.05.31 Mon l ピノミホ. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.05.31 Mon l . l 編集
お疲れ様です、
kovachanさん、こんにちは♪

日本の代表的な海苔巻、あんまり人気がなくて
残念でしたねぇ~
ご飯や酢飯が嫌いな子や食べたことがないお子さんもいるはず…
多様性のお勉強も一長一短ありますね(笑顔)

テコンドーでの手の怪我大丈夫ですか??
スジを傷めたり打ち身はつきものですね(笑)
お大事にされて下さい。
ポチ
2010.05.31 Mon l かな. URL l 編集
ルーさんへ
はじめまして
訪問あんどコメントありがとうございます。

オーストラリアの日系幼稚園ですか?
私はゴールドコーストのことしか分からないんですけど、
こちらで幼稚園にあたるものは
Day careとか Kindyと呼ばれるもので、
どちらかというと日本の保育所に近いものがあると思います。
日系といっても、オーストラリアの規定に準じているので
こちらで先生になるには、
こちらで資格を取らないとできないはずです。
Day careや Kindyの先生になるコースがあるので、
それを受けて、資格を取り
それから職探しとなります。
オーストラリアは子供の数が増えているので、
Day careや Kindyの先生の職は割りと見つけやすいと思います。
とくに英語と日本語のできる先生は重宝されますよ。

がんばってくださいね!!
2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
結構ちゃんとしたキッチンがついているんですよ~
私もびっくりです。
時々ピザとか授業で作っています。

巻くのは、こっちに来てからうまくできるようになりましたよ(笑)
日本にいるより、こっちでのほうが
スシを作る機会が多かったので。。。

いただいたシップ、重宝してます!
小さめに切ってますが、バンバン使ってますよ。
ありがとうございます!!

ポチもありがとー!!!

2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
ボスさんへ
こっちは移民が多いから、
異文化を学ぶのはとくに大事ですよね。

ほんと、
スシを捨てたガキには
ボスから一喝してもらいたいですよ(笑)

まあ
ミーナはプリンセスになれたし、
スシも食べれたし
楽しかったようなので
良しとします。。。

2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
ヨーコさんへ
>子供が小さいうちはよく学校からお呼びがかかるんだよね~。

いや~、もう勘弁して欲しいですよ。。。
ガキンチョも可愛いけど、
私もムカっとくると本気になっちゃうので、
娘の手前自分を抑えるのが大変なんです(苦笑)

でも、この学校では今のところ
私が唯一の日本人だし、
またお呼びがかかりそうです。。。

私も啓蒙しまくりで行こうかな(笑)
2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
ピノミホさんへ
へ~
フランスでたこ焼きの実演ですか!?
面白いですね。
スシよりも馴染みのない食べ物でしょうから
みんな興味シンシンだったでしょうね。
こんど学校に呼ばれたら
提案してみようかな?(笑)

プリンセスミーナ、
実はこれ、1年前のバースディで着た衣装だったんですけど、
とりあえず喜んでくれたので
良かったです(汗)
2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
ひゃ~~
嬉しいです~~
光栄です~~~

何枚かピックアップして
さっそく送らせていただきますね♪
2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集
かなさんへ
う~ん
人気がなかったというよりは、
スシが嫌いな子の態度があまりにも悪くて目立った
って感じです。
ほとんどみんな
食わず嫌いなんですよね~
食べてから「これ嫌い!」っていう子は
全然いなくて
みんな、食べる前に「これ嫌だ!」
って決め付けてました。
せっかくの機会なのにもったいないですよね。

怪我の痛みはずいぶん良くなりました。
行くと必ずどこかに青あざを作ってくるんですけど、
手は困りますね。

ポチありがとうございます!!
2010.05.31 Mon l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/286-7b5ea003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。