上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
心労!?が祟ったのか、すっかり風邪で体調を崩してしまった。

今日は特につらいので、
旦那が義母に電話をして、リサを預かってもらうようにしてくれた。

旦那も仕事に出かけ、リサもいない、ミーナは学校。
すごく静か。
そうなると、なんだか気分も良くなってきた気がする・・・

で、のんびりとパソコンに向かってブログサーフィンを楽しむ。
その時、何の気なしに開いた机の引き出しにたくさんのビデオカセットがあった。

そういや、たくさんビデオとったんだよなぁ、と一本取り出して
見てみることに。

セッティングをしてスイッチオン。

ゃあああああああああああ~~~~
と突然断末魔の叫びが・・・・
そして
「ひぃ、ひぃ、ひぃ、」
に続き、もう一度
ゃあああああああああああ~~~~

私の出産の時のビデオだった・・・・

5年前のミーナの出産
懐かしいな~
と、思い出に浸り始めた私

ミーナが生まれる前日の朝に出血があって、陣痛が始まった。
まだ生理痛くらいの痛みだが、一応病院に電話してみることに

「そんなに痛くないなら、まだ病院に来ないで良いわよ。
そのうちすごーく、すごーく痛くなって我慢できなくなったら電話してちょうだい」

すごーく、すごーく痛くなったらって何?
どこまで痛くなるの?

なんだかすごく怖くなった。

結局病院にいったのはその日の夜1時頃。
電話をしても、まだ来なくていいみたいに言われたけど、
何か不安なので、むりやり押しかけた。

助産婦さんが調べると
「まだ、3センチしか開いてないんだから、まだ来なくても良かったのに」
と、やたら対応が冷たい。

どうやらその日は出産ラッシュで、病院もすごく忙しかったらしい。
こっちでは、通常の出産は医者じゃなく、助産婦だけが立ち会う。
その助産婦たちがバタバタ駆けずりまわり、
そしてあっちこっちで妊婦たちの悲鳴が聞こえる。

痛いし怖いし、泣きたくなった

そして、別室に移される
子宮口チェック
「この調子だと、1時間に1センチずつ開くから、出産は朝8時頃ね。
この部屋で産むことになるから」

という部屋はわりと広くてテレビやシャワーがついていて、リクライニングチェアーもおいてある。

明け方5時頃、痛くて痛くてしょうがない。
だいたい、私はあまり痛みに強いほうじゃない。
生理痛だってほとんどないほうだし、
指切って、血がタラ~と出ただけでも
「血が~血が~」と大騒ぎする迷惑なタイプ。

私このままどうなっちゃうの~とパニクりそうになっていた。

そんな時
「グ~グ~」と音が・・・

おい!姑!こんなとこで人が苦しんでる時に寝るな!!

そう、実は当時同居していた姑が車を運転して病院まで連れてきてくれて、
そのまま旦那と一緒に居残り、
リクライニングチェアーでいびきをかきながら寝ていたのである。

こっちでは立会い出産はいたってフツ~の話
ガウンとかマスクとかもつけないでOK
誰でも気軽に入ってこれてしまうような所。

でも、帰ってほしかったなぁ。
もちろんリサのときは立ち合わなかった。
もう同居もしてなかったし。

そして朝6時頃、いいかげんおなかもすいてきた。
助産婦が「パンと紅茶でも持ってきてあげようか?」
と言うので、よろこんでYES PLEASE!と答えると
「あなたに聞いてるんじゃないわよ!
お義母さんに聞いてるの!
あなたはもうすぐ出産だから食べちゃだめ!吐くといけないから」

お腹をすかせた私の横でムシャムシャとパンをかじっている姑
帰ってほしかったなぁ・・・

そして8時。いよいよ出産

前から旦那とビデオとっておこうねと話していたので、旦那はカメラをセッティング。

助産婦さんに
「四つんばいになってみなさい」
言われるままに、四つんばいに

カメラは四つんばいになった私のおしりの斜め下にセッティングされた。

そして私の断末魔の叫びとともに生まれてきたミーナ
2,500グラム

へその緒は旦那が切って、胎盤が出てきた。
この胎盤、持って帰っていいですか?
と聞いたら、もちろん!といって専用の小さなバケツみたいなものを用意してくれた。

後日この胎盤は土の中に埋めた。
胎盤が土に返ったら、何か植物をミーナのために育ててあげたいと思ったから。

この土に埋めた胎盤でまた姑とひと悶着あったのだが、またの機会に。

出産の1時間くらいあと、シャワーを浴びるように言われたので
立ち上がる。
バタッ
貧血で倒れてしまった。
だいたい、いくら汚れてても、畑仕事したわけじゃないんだから
シャワーなんて浴びたくもないよ~

一方リサの時は3時間くらい休ませてくれてからシャワーと言われた。
全体的に、2度目の余裕もあるのかも知れないけど、
リサの時のほうが病院の対応がいいと思った。
きっと忙しいとはいえ、あまりのぶっきらぼうな対応が
問題になったのかもしれない。
・・・そう信じている。信じたい。

ところで、このビデオ。
あまりに間近で撮ってあるし、すごい悲鳴から始まるので
旦那は5年たった今でもまだ見ていない。

このグロテスクな映像は下手なホラー映画より怖いかも・・・


↓ここを押してもらうと、恐怖出産ビデオダウンロードできます(ウソです)
にほんブログ村 海外生活ブログへ








スポンサーサイト
2009.07.22 Wed l 子供のこと l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

すごい!
本当にホラー映画みたい!
ビデオも旦那さまその場所から撮るなんてv-402
私も立会い出産でしたが、本当はいて欲しくなかったくちです。
ましてやお姑さん?考えられませんe-463
よく耐えましたね~えらい!

未だに見たくないビデオ私もありますよ~
結婚式のビデオ・・・・e-330です。

体調早く直してくださいね!
2009.07.24 Fri l みらぴん. URL l 編集
みらぴ
こんにちは

そうなんですよ~。お姑さんの立会い。普通帰りますよね?
でも、旦那にはもともと居てほしかったんです。
私はこんなに苦労して子供産んでるのよ!ってとこ見せたくて(笑)
案の定、子供の世話はよくしてくれましたよ~。

えーなんで結婚式のビデオ見たくないんですかー?
そう言われるとすごく見てみたい!!!

風邪はだいぶ良くなりました。ありがとう!!!
2009.07.24 Fri l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/31-c2db4a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。