上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、医者にいった。

以前にも何度か記事に書いているが、
こっちで医者というとGP( General Practice)と呼ばれる
いわば、
医者の「何でも屋」に見てもらうことになる。
何でも屋なので、
当然、
風邪を引こうが、
骨を折ろうが、
妊娠しようが、
ウツになろうが、
みんなまずはGPに行くことになり、
よっぽど酷いと、GPが専門医に紹介状を書いてくれて、
晴れて病院の専門医に見てもらうことができるという
日本人にはまったく理解不能なシステムである。

で、
今日GPに行ったのは、
2週間前、酷いからだの痒みで診察してもらい
塗り薬を処方してもらったので
その結果を見るためと、

あと、もう一つは
子宮頸がん検診のため。。。

子宮頸がんについては、
過去にも記事にして、(記事はこちら
「皆さん、検査を受けましょー
なんて、
偉そうに、訴えたにもかかわらず、
当の本人は
怖くて、この2年検査を受けていなかったのだ。

2週間前、一緒に医者に来てくれた旦那が
なかなか検査を受けたがらない私に業を煮やし
勝手に検査の予約をしてしまったのだ。

そして、今日、
足取りも重く、GPへ向かう。

そして、今日は一人。

考えてみれば、
医者にはいつも旦那が一緒に来てくれて、
私が一人で医者に行くのはほぼ初めてのような気がする。

だいたい、
医者の言っていることってのは、何がなんだかわからないことが多い。
専門用語を使うから、
という理由もあるが、
この国(ゴールドコーストだけか?)の医者は、外国人が多い。
つまり、
バリバリアクセント交じりの英語で話される上に
専門用語をつかわれるもんだから、たまったものではない。

以前はロシア人のお医者さんにかかっていたことがあり、
診察の後、
私が唯一知っているロシア語で
「スパシーバ」
と言ったら、そのお医者さん、
大喜びで
「$%%^^&^#$#@%^^&!!!」
とロシア語でまくし立てられ、困ったことがあった。

インド人のお医者さんも多いが、
インド人訛りの英語というのは、
私にとっては、もはや英語ではない。

一度はオージーのおじいちゃん先生にかかったこともあるが、
耳に補聴器をつけた先生。
かなりお年を召しているらしく、
耳が遠い上に、言葉が不明瞭。
これも私には聞き取れない。
さらに
手もブルブル震えていて、
大丈夫か?
と、むしろこっちが介護したくなってしまう。

そんなわけで、
旦那が付いて来てくれると、楽なので
いつも来てもらっていた。

でも、今日のお医者さんは
オージーの女医さん。
妙なアクセントもなく、
普通のオージー英語を話してくれるので、
この人に言っていることなら私にも分かる!

ところが、
ここに大きな落とし穴があった。

言っている事が分かっても、
私が専門用語で説明が出来ないのである。

気付いた時は遅かった。

私はすでに診察室の中で、
先生に
前の、子宮頸がん手術の経緯を説明しなければいけない状況になっていた。

「どういう手術をしたの?」
と先生に聞かれる。
そんなの医者なら聞かなくても分かるだろうと思っていたので
意外な質問に面食らった私は、
「子宮頚管内にある、ガンになりかけたステージ3の細胞を切除する手術です」
と答えたかったのに、
「子宮頚管」と「細胞」という言葉が思い出せない。。。

「えーーっと、えーーーっと

と苦し紛れに、口から出た言葉は、

「えっとね、悪いところを切っちゃったの」

カーーーーッ
恥ずかしい

これじゃ、5歳児並みだ!!!
いや、それ以下か???

まぁ、
言わんとしていることは、先生も分かってくれたようなので
よかった。

そして、
いよいよ検査。

グサッときて、ガバッとなり、グリグリっと細胞の一部をとる。

で、この先生。。。
はっきり言って

ど下手くそ!!!

もう、痛いのなんのって、
違和感はいつもあるものの、
こんなに痛いのは初めてだ。

先生も分かっているのか
何度も
「あら、ごめんなさい」
「おっと、ごめんなさい」
を連発していた。

終わったときには、もう半べそ状態。。。

それでも気を取り直して、

「あと、今日は見てもらいたいところがあるんですが、、、」
と言って
1週間前怪我をした右足の小指を見せた。

「かなり派手にぶつけちゃって、未だに痛いんですよ。」

といって患部を見せると

「あら、ほんと、痣がすごいわね。」

で、ぶつけた経緯を詳しく説明すると

「しばらく痛みは続くけど、放っておけば治るわよ」
と先生は言った。
確かに言った。

放っておくって・・・

なんとも投げやりな診断に
私があ然としていると、
先生は取り繕うように

「足の小指は、どうしようもないのよ。
レントゲンをとってもいいけど、
たとえ折れていたって、
ギブスができるわけじゃないし、
結局そのままにしておくしか、治療法はないのよ。」

「ってことは、ヒビが入っているとか折れているって可能性もあるんですか?」
と私が聞くと

「まぁ、あるかもね」

「実は、私テコンドーを習っていて、
痛いままだと困るんですよ。
テーピングとかしたほうがいいんですかね?」

「そうね。テーピングしてもいいわね。
そのときは、隣の薬指と小指を一緒に巻いて固定しなさい。
あと、
周りに、小指折れてますとでも言っておけばいいんじゃない?」

「はぁ」

と、
釈然としない思いを噛みしめ
診察は終わりという気配を見せ始めた。

そうだ、
危うく忘れるところだったが、

今回の診察の一番の目的は
2週間前に診察してもらった、体の痒みのフォローアップじゃないのか?
まぁ、薬がすぐに効いて、
痒みはすっかり治ったのだが、
一応先生にそのことを言うと

「治ったんだったら、もういいわよ」

なんとも投げやりな。。。

だいたい2週間後にまた来なさいって言ったのは、先生のほうだったのに!!!

そして、
追い払われるように
診察室を後にする。

この国の投げやり診察には慣れていたが
今日は一段と釈然としない思いが募った。

というのも、
2週間前に初めてこの先生に診察してもらった時
すごく感じがよくて
旦那といい女医さんが見つかってよかったよね
と喜んでいたところだったのに。。。

家に帰ってから
今日の診察のことを一通り話と、

「僕がいなかったのがいけなかったのかなぁ?」

とボソッとつぶやいた。

そうか、
なるほど、
それなら納得だ。

若い男好きの、年配の女医さん。
そう考えれば、
この心のモヤモヤもすっきりだ。
いや、
むしろ、申し訳ない気持ちにさえなる。

よい対応を期待して
次回はやっぱり旦那を連れて行こう。

次回があればの話だが。。。

それにしても、
今日ほど日本の医療を恋しく思った日はなかった。

子宮頸がん検査と足の診察(あれを診察と呼んでいいものか?)
を一箇所で済ませられる便利さはあるが、
やっぱり
面倒でも
婦人科と外科、別々に行きたいものだ。

あー
日本に帰りたい~(涙)


↓私を日本へ連れてって
にほんブログ村 海外生活ブログへ










スポンサーサイト
2010.07.13 Tue l オーストラリアの医療 l コメント (30) トラックバック (0) l top

コメント

No title
v-12今晩わっv-12怖い怖いこわすぎで・・・す。本当にGPって何でも屋!その通りですね!!!やっぱり・・・こわ~~~い!!!KOVAちゃんさ|||んv-12私青ざめました~~~やっぱり…専門院で見てもらいたい限りですよね・・・v-12プライベートだったら?専門院に?診て?もらえるんですかね???v-12v-12v-12やっぱり…永住考えものです・・・v-12GPいやです・・・
2010.07.13 Tue l mina. URL l 編集
日本と違い過ぎ!!
こんばんは、

日本ではお医者さんは各パーツごとにたくさんいらっしゃいますし、
例えば歯医者さんでも少しでも気が合わなかったら
すぐ病院を変えることは当たり前なのに、
そのお医者様にかかる前のGP!!ですか??
信用性に欠けますね。
このシステムは…
オーストラリアのシステムは良く知らないけど、
子宮頚がんの検診で違和感があるのは、やはりヘタな証拠ですね(苦笑)
本当の大きな病気になったら日本に帰って治療した方がイイかも(苦笑)
応援ポチ★☆
2010.07.13 Tue l かな. URL l 編集
No title
医学用語難しいよね。 ズキズキする、 しくしくする、ツーンとする、 キリット痛い、 お腹がゴロゴロする、 ピーピーです、 胃がきりきり、 胃がどーんと、 これら、日本でも、方言があったら、解らないかも?
ましてや、英語じゃね。

GPも不安だけど、良い面もあるかもよ。
この間、目が痛くて、吐き気がするので、病院行ったけど、日本でもどこの病院行けばいいのか解らなかった。 結局、悩んで、目医者行ったけど、 内科に行って、検査して、問題がなければ、もう一度来てくださいと言われてしまいました。 難しいね。 全部の専門家がいれば、最高。
2010.07.13 Tue l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
移住を決めた時に、不安要素の一つがオーストラリアの医療だったんですi-201
GPって便利だけど、やっぱり初めから専門医に診てもらいたいですよね~。
特に婦人科は別にしてもらいたいなぁ。。何でも屋に内診されるなんて怖い~e-447
子宮頸がんの過去記事も読ませてもらいました!リサちゃんまだ赤ちゃんだったのに大変でしたねe-443私も、オーストラリアに行ったら、しっかり検査します!
日本の医療が恋しいのわかります~i-241日本ってありがたい国ですね。
ポチ!
2010.07.13 Tue l ユーカリママ. URL l 編集
No title
うーん、旦那さんがいるときはちゃんとして、そうじゃないと投げやりなんて・・・むかつくけどありがちですよね~~(汗)

確かにでも、付き添いがいるとちゃんとしないとなんか言われるかもって、無意識に思うのかもしれないですね。
いなくてもちゃんとしろー!怒って感じですが。
2010.07.14 Wed l VERRE. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.07.14 Wed l . l 編集
No title
確かにこっちの医療システムは不便ですよね~。でも新聞か何かで読んだ気がしますが、GPの先生はかなり広い範囲のことを勉強してるから、ある程度の病気はGPで解決できるそうです。

確かに明らかに『ここが悪い』って言うのが分かれば専門医に直接掛かりたいですけど『何となくここら辺が…』というのものであれば、自分も何処に行けば良いか分かりませんよね~。

1番良いのは『信頼できるGPの先生を見つけること』だと思います。見つかるまでは色んな所に行くのもありじゃないですか?ワタシも今の先生の会うまでは2回位先生を変えましたねー…。でも今はホントに良い先生に巡り会ったと思います。

後はGPに行く目的が分かってるので、あらかじめ言いたいことをメモって置くのも大事だと思います(笑)。

長くなりました。足も早く治ると良いですね。
2010.07.14 Wed l きらしお. URL l 編集
No title
こんにちわ☆
やっぱり症状に応じた専門のドクターに見てもらいたいですよね~!私もこの間検査したとき、言いたいことが伝わらないし、何言ってるかもわからないし、ただでさえ不安なのに、訳がわからなくて半べそ状態でした(T_T)
それに日本のドクターがあると言ってたものがこっちの検査では「ない」と言われたり信憑性も乏しい気が。。
お大事になさってくださいね!
2010.07.14 Wed l MIKA. URL l 編集
こんにちは。
kovachan 病院へ行くにも一苦労なんだねぇ・・。
体調管理が生活の必需基本!

簡単に帰国出来ないから、気をつけて下さいv-222
2010.07.14 Wed l ボス。. URL l 編集
No title
kovachanこんにちは。

>「えっとね、悪いところを切っちゃったの」
ごめんなさい。声を出して笑っちゃった!

私は、英語は全然話せないし、言っている事もわからない。。。英語のレベルは3年生の長男以下なのよ。
だから、そちらに住んでいるのが凄いと思うもの!

日本も、住む場所によってはなまりがあり聞き取れない時があるけれど、どこどこのなまり。。。英語自体理解できないから、なまりだとわかるのって凄いよ!

応援ポチポチ
2010.07.14 Wed l ぐーたらまま. URL l 編集
わかる~
アメリカもしかりですよ~!
明らかに耳だ、鼻だとわかっていてもニュートラルから始めなくてはいけないんですよね。
次の専門医に行くまでにまた時間かかるし。。
日本ではそんなこと考えたこともなかったー。
そして私も病院に行くときは必ずダンナ同伴です。
(いまだに)
小指良くなってよかったですね。
2010.07.14 Wed l シンタ. URL l 編集
なんと…豪快と言うか、大雑把と言うか…
いい加減な医者だね~(-_-メ)

小指にしてもヒビでも入ってたら、テーピング、消炎鎮痛剤の投与位あっても良さそうだ。

健康な体が基本です。
佳い精神を保つためにも、体を大事にして下さい。
p(^-^)q
2010.07.14 Wed l いその爺. URL l 編集
minaさんへ
v-12の絵文字の連続に
私も怖くなりましたi-201

私達が生まれ育った国のシステムと違うから
戸惑うだけで、
一応この国のこういうシステムでも
オーストラリア人は普通に生きてますから
あまり怖がることはないと思います。(笑)
それに、
ガンとか血管の病気とか(こっちの人はこれが多い)
重大な病気が見つかった時の対応は
びっくりするほど早いですよ。
むしろ日本より効率的で早いかも。

そんなつもりはなかったのですが、
もし、私の記事が
必要以上に不安を煽ってしまっていたら、
ごめんなさいね。
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
かなさんへ
医療のシステムも所変われば、、、ですね。
まぁ、
この国に住んでいる以上、これに慣れないといけないですね。
それにしても、
がん検診、下手すぎです。
GPのお医者さんだと、たまにしかやらないから
上達しないのかなぁと思っちゃいました。
こういうときは
やっぱり百戦錬磨の婦人科医がいいです!(笑)

ポチありがとうございます!!
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
> GPも不安だけど、良い面もあるかもよ。

そうなんですよね。
旦那に言わせると、
日本のシステムのほうが、自分でどこに行くか決めなきゃいけないから、
かえって不安だ!
らしいです。
お国の違いって面白いですよね。

医学用語、、、
一番困ったのは、
リサが結膜炎になったときでした。
何度聞いてもどうしても覚えられなくて、
アイプロブレムで通しました(苦笑)
ちなみに
Conjunctivitisです。
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
ユーカリママさんへ
そうそう、
せめて婦人科だけは、別にしてもらえると
嬉しいんですよね~
まあ、
妊娠中に足折って、中耳炎になって、胃潰瘍になって、痔になっても
GPの医者一人ですべて事足りる便利さはありますが(笑)

過去記事読んでくださったんですね。
ありがとう!
こっちに来たらぜひ検査受けてくださいね!

ポチありがとうございます!!
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
VERREさんへ
でも、投げやりな医者って結構いますよね~
とくに女医さんに多いような。。。

それとも私が期待しすぎなのかな?

夜中でも往診してくれるお医者さんは
だいたい皆外国人なんですけど、
外国人のお医者さんは、たいてい皆親切丁寧なんですよね~。
言葉がイマイチ分からないのだけが
ネックですが。。。(苦笑)
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
鍵コメさんへ
コメント、情報、ありがとうございます!!

こういうところがあると
海外旅行中は安心ですよね。
私も
何かの時には利用してみたいと思います。

そして、
いつも読んでくださって、
ありがとうございます!!!

2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
きらしおさんへ
信頼できるGPを探すのは大切ですよね。
私は色々なところを転々としてますが、
この先生ならOKと思ったところは
ものすごく混むんですよ~。
一時間半とか待たされると、苦痛ですからね~(苦笑)

あはは
次回からちゃんとメモして行きますね。
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
MIKAさんへ
でも、
なれない国でちゃんと一人で医者に行って検査受けて、、、
すごいですよー!!!
それに、日本語が通じるドクターに行ったんじゃなかったんですね。
そりゃ、半べそ状態になるわ。。。

MIKAさんこそ
お大事に!!!
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
No title
ははははははははははははははははははははははははははっはははははははははははははははははははははははははははははっはははははあああああああああああああああああああああああああああ

悪いけどおもしろすぎるぅうううううううう!!!
2010.07.14 Wed l 松井大門. URL l 編集
ボスさんへ
ほんと、
病気、怪我にならないのが一番ですね!
健康第一v-219
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
ぐーたらままさんへ
あはは
いいんですよ~
笑っちゃってください!(笑)

慣れって恐ろしいもので、
初めてここに来た時はオーストラリア訛りの英語が全然分からなかったのに、
今じゃ、こっちの英語じゃなきゃわからない状態です。
でも
本当に英語が出来る人は、訛りなんか関係なく
理解できないといけないんですよね~(汗)

ぐーたらままさん、
おーくんとちーくんに英語頑張ってもらって
通訳してもらえばいいんじゃないですか?
私も子供達に託してます。(笑)

応援ありがとう!!
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
シンタさんへ
へ~
アメリカもそうなんですか?
そういえば、
アメリカじゃ診察代も高いとか?
保険に入っていないととんでもないことになるとか?
いろいろ怖いことを聞いたことがあります。
こっちは薬代以外はタダなんですよ!(笑)
私立の病院は別ですが。。。

> 小指良くなってよかったですね。

あ、
あの、、、

まだ治っていないんですが。。。(笑)
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
いその爺さんへ
> なんと…豪快と言うか、大雑把と言うか…
> いい加減な医者だね~(-_-メ)

日本じゃ考えられない診察ですよね(笑)
でも、
オーストラリア人はこれで生きていっているんだから、
まあいいのかな?
って気になっています。(笑)

でも、
どこかが痛いとか痒いというだけで、
佳い精神は保てなくなりますものね。
やっぱり
健康が一番です!

2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
あはは
そんなにウケてもらえると
なんだか嬉しいなぁ~♪(笑)
2010.07.14 Wed l kovachan. URL l 編集
No title
ごめん、思わず噴き出しちゃったe-282
で、画面拭こうとしたらタッチパネルなんで文字がだ~~~~~って大きくなって見えなくなっちゃったe-263
それはさておき、そちらの医療システムは大変そうですね。
日本も医師不足で、専門医なのに??????な先生とか、5時きっかりに帰るから4時までに来なさい、それでも検査が遅れたら診察出来ないとか言う病院が増えました。
おちおち怪我も病気もしとられません。
一昨日、テレビが壊れる前に観たワイドショーでツキ指の対処法ってやっていました。
冷やす・固定する・安静にする・心臓より患部を上げる・・だそうです。
寝る時足を少しあげて寝てみればいいかも知れませんね。
お大事にポチ☆
2010.07.15 Thu l phebee. URL l 編集
phebee さんへ
あはは
phebeeさん、一人コントやってますね~(笑)

日本でも、考えてみたら
とんでもない医者っていましたよね。
金儲けで、やたら薬ばかり処方したがる医者とか。。。
とりあえず、
自分が納得できる医者を探すのが一番ですね。
その前に
病気にならないのが一番ですが。。。

心臓より患部を上げるんですね。
アドバイスありがとうございます!!

ポチもありがとう!!
2010.07.15 Thu l kovachan. URL l 編集
こ、小指。。。
早く良くなるといいですね(汗)
2010.07.16 Fri l シンタ. URL l 編集
シンタさんへ
> 早く良くなるといいですね(汗)

あはは
ありがとうございます!!
小指痛いと不便でしょうがないですよ~(涙)
2010.07.16 Fri l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/314-827626ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。