上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は日本語補習校で
幼稚部の父兄を対象に説明会が行われた。

といっても、
3ヶ月前に行われた時に
出席しなかった人たちのために
もう一度同じ説明会を開催してくれると言う
日本人ならではの
親切な説明会。

2度も同じ事をやってまで
幼稚部全員の親に理解を求めるほどの説明会。

その内容は、
日本語補習校というものを理解する。

というものだった。

そもそも日本語補習校というのは
日本の企業などから派遣された駐在員家族の子供が
いずれ日本に帰国した時に
また日本の学校の授業についていけるように補習をする
という目的で設立されたもの。

つまり
この補習校に入学する大前提は
日本に帰国して日本の学校に入る予定がある。
ということ。

ただ、
設立された頃とは時代が変わり、
今は駐在員よりも、永住者のほうが圧倒的に増えてきて、
この大前提があやふやになってしまっている。

補習校にかよえば、
日本語が上達するかも♪
とか
日本語を忘れないでいてくれるだろう♪
とか
大きな勘違いをして入学を希望してくる人が
実に多いらしい。

ただ、
永住者でも、
何らかの理由で突然日本に帰国して
子供も日本の学校に行かなければならない事が
あるかもしれない。

同じ日本人として
どうせあんたは日本に帰らないでしょ!
と永住者を切り捨てることはできないので
今でも日本にいつか帰国するという前提はそのままで
永住者の子供も受け入れている
というわけだ。

そして、
日本政府、外務省からは
補習校の校舎借用料
(ゴールドコーストではオールセインツという私立の学校の校舎を借りている)
講師の謝礼金
を全額ではないが、補助してくれている。
また、
文部科学省からは
補習校の教員、校長が派遣され
教科書も無償で支給してくれている。

そして、
これらの補助は全て
日本国民の税金からまかなわれている。

なんとも
ありがたい話ではないか。。。

日本国民バンザイ!!!

そう思うと
毎週土曜日に学校に連れて行くのが面倒くさいとか
日本語の絵本を図書室で借りてきたのに
読まずに返してしまったりとか、
ひらがなを勉強させるのが億劫だとか
そんなことしてたらバチが当たりそうだ。

日本ではよく
「税金の無駄遣い」がニュースなどで取り沙汰され、
私もそんなニュースを見ては
けしからんなぁ~
と思っていたが、

もし補習校に通いながら
せっかく恵まれた日本教育の機会を
面倒くさいとか
本人がやりたがらないし、、、
とかで
無駄にしてしまったら、
私達自信が
税金の無駄遣いをしてしまっていることになる。

ただ、
日本語の勉強が大変なのは事実で

実際
日本の小学校1年生の国語の授業時間数は306時間あるのに対し、
補習校は1年間で80時間しかない
その差226時間。

これを補うのは
自宅での学習。

1年生だけでなく、
各学年でで200時間近く授業時間が足りず、
さらに漢字学習は
6年間で1000字にものぼる。

日本で教育を受けた私達には
1000字という数字があまり大きく感じないが、
英語が母国語になってしまっている子供達には
ひらがな、カタカナに加えて
漢字1000字というのは
拷問に等しいだろう。

ついでに
補習校では算数の授業もある。
丸とか三角ならまだ日本語で分かるが、
足す、引く、かける、割る
こういった言葉から日本語で教えてあげなければならない。
分数にいたっては
日本では3分の1というところは
英語でワン、サードと逆に言うので
これまたややこしい。
九九なんか
日本語で覚えさせたほうが良いのか
英語で覚えさせたほうが良いのか
悩むところだ。

そんなわけで、
ちょっと色々考えさせられる補習校の説明会だったのだが、
その説明会の中で
保護者会代表という方が、
ご自身の経験を語ってくれた。

彼女は補習校を中学3年で卒業した子供と(補習校は中学3年まで)
もう一人現在中学2年生の子供二人いるのだが、
とにかく、
小学校3年生までが正念場
だそうだ。

毎日本を読んだり、
文字の練習をしたり、
時間を決めて
そういう勉強をする習慣を3年生までに身に付ければ
あとは、
だんだんと自分からやってくれるようになるらしい。(本当か?)

そして、
日本語が当たり前のように理解できる私達親は
つい自分の子供も同じように出来て当たり前のように
思ってしまいがちだが、
改めて
子供は英語を母国語としているので
日本語を学ぶのはそう簡単なことではない
というのを認識する必要があり、
子供が、日本語を勉強して当たり前なのではなく、
周りの子供(地元の子)以上に
プラスアルファのことを勉強していて
偉いんだ!
と毎日ほめてあげることが大事!
だそうだ。

ふんふん、なるほど。。。

さっそく単純な私は家に帰り
ミーナに日本語の本を読んであげた。
図書室で借りたのに
2週間全然読まなかった本

そして、

なんとなくミーナに読ませてみた。

すると、
ひらがなのところはほぼ完璧に読めるではないか!!!

最近はひらがなの勉強もさぼってしまってるので
忘れているかな?
と思ってたのだが、
やっぱり子供の吸収力はすごい!!!
やればちゃんと身に付いているんだ!!!

思いっきり褒めてあげながら
やっぱり
日本語の勉強、
がんばろう

そう決心した。


↓決心が持続しますように。。。
にほんブログ村 海外生活ブログへ






スポンサーサイト
2010.09.11 Sat l 子供のこと l コメント (18) トラックバック (0) l top

コメント

No title
娘はちゃきちゃきの日本人だけど、日本語が通じないときがあるe-286
私が兄の世話にかまけて絵本を読んであげなかったから、読書の習慣がつかず語彙力がまたく無いのだ。
時々病院とかでは私が通訳?しないと話が通じない。
猛反省しても手遅れだった。
小学生が読むハリーポッターも漢字がわからないとか言って読まないe-443
3年生までが重要なのは経験上正しいと思う。
頑張れ!kovachane-271ポチ☆
2010.09.11 Sat l phebee. URL l 編集
No title
ミーナちゃん、すごい!
私の娘(2004年生まれ)も、最近ようやく平仮名をマスターしました。
やっぱり子どもってすごいですね。

裁判所、頑張ってください。
(こんなコメントで本当にごめんなさい!)
2010.09.11 Sat l ねこめのひつじ. URL l 編集
No title
補習校の補助金って日本国民の税金からまかなわれてるんですかi-198
知らなかったです!
うちの子はまだ日本語も英語もどちらも母国語にはなっていないんですが、オーストラリアに移住後は英語があっという間に母国語になるんでしょうね。
3年生まできっちり勉強する環境を作ってあげないといけないですね。
私も頑張ります!

応援ポチです!
2010.09.12 Sun l yuukari. URL l 編集
No title
kovachanさんがんばってくださいね!
色々と考えさせられる記事でした。
「語学はいくつになっても習得できる」という意見もあるようですが、なんか納得してしまいました。
日本語って、、漢字などもあるし特殊だし。。

一方
子供のころに親が教育熱心になりすぎて、
大きくなって勉強嫌いになってしまうケースもあったりして、、
小3までの勉強が押し付けにはなってはいけないし、難しいところですよね…(苦笑)。

うちは英語を身につけさせたいので、、逆のケースとして参考にさせていただきます~。
2010.09.12 Sun l ざまき. URL l 編集
No title
ははは
持続します様にぃいいいいい~~~~!
2010.09.12 Sun l 松井大門. URL l 編集
No title
漢字1000文字って、本当に凄い数なんだね。
今から覚えるとなると、本当、拷問だね。(笑
今、自分でもどのくらい、漢字読めるのか? 不安になってきました。 100文字くらいか? (笑

ミーナちゃん、ちゃんともう、ひらがな読めるなんて、素晴らしいと思う。 ひらがなさえ読めれば、なんとなく本は読めるから、どんどん上達するんじゃないかな?  バイリンガルの夢、着実に進んでるね。
2010.09.12 Sun l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
ミーナちゃん、スゴイ!
平仮名読めれば、もう1年生になる準備は万端だね。
校長が、永住者か帰国者かなんて言ったって、結局は、やる気があるかないかだよ。
だって、子供が一人で日本国籍を選びたければ、親に関係なく、一人で日本に行くんだしね。
永住か帰国かなんて、その子が大人になって決めることだから。
その保護者代表の仰る事、ワタシも同感だな。
ミーナちゃんは、将来、とっても重要な人物になる子だよ。
そんな素質のある子供に恵まれた親もラッキーだね。
2010.09.12 Sun l ポンポン. URL l 編集
phebeeさんへ
なんか、
すっごく説得力のあるコメント
ありがとうございます。
ミーナの勉強を見てあげるのもいいんですけど、
リサがすぐ邪魔をして、
二人で喧嘩が始まったりするのが
また面倒くさいと思っちゃう原因でもあるんですよね~。。。
でも、
そんなことも言ってられないですね。
3年生までが勝負か・・・
がんばらなきゃ!!!

ポチありがとう!!
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
ねこめのひつじさんへ
娘さんもすごいじゃないですか~!!!
この時期って、
やればやるほど吸収していくんでしょうね。
かといって、
あまりプレッシャーを与えるのも逆効果だし、
上手い具合にやる気を引き出しながら
たくさん学んでほしいですね。
お互い頑張りましょうね!!!
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
yuukariさんへ
学校が始まると
一気に英語力が加速して、
日本語が停滞してしまうんですよ。
当然と言えば当然ですけどね~。。。
親も大変だけど、
一番大変なのは子供なんですよね。
少しでも楽しく勉強しやすい環境を
作ってあげなきゃいけないなぁ~
と改めて感じました。

応援ありがとう!!
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
きっと語学の習得というよりは、
どんな内容でも
勉強の習慣をつけるのは、
早いうちの方がいいってことなのかもしれないですね。

私もついつい熱くなってしまって、
やる気がないなら、もういい!!
って怒ってしまったりしてました。

ミーナが本を読めたのは
分からなかったり、つっかえたりしたところは
すぐに私が助け舟を出したので
プレッシャーを感じなかったから読めたんだと思います。

リラックスして、楽しく勉強できる環境を作ってあげられれば
最高ですよね。

お互い頑張りましょうね~!!
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
がんばりますよ~!!
祈っててくださいね!(笑)
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
あはは
最近は漢字もパソコンで変換してくれるから
忘れちゃいますよね。

考えてみれば
3種類も文字を覚えなければいけない日本語って
すごく難しい言語ですよね。
日本人ってすごいんだ!
と改めて感心しちゃいました(笑)

途中でつっかえたり、間違えたりもあったけど、
初めて日本語の本を自分で読んで
ミーナも嬉しそうでした。
ミーナの喜ぶ顔をみながら
勉強ってこうやって進めていくものなんだろうなぁと
考えさせられましたよ。。。(笑)
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
ポンポンさんへ
最近ひらがなの勉強を全然していなかったので
まさか読めると思っていなかったから
なおさら感激したよ(笑)
校長先生も
なんだかんだで
日本に帰国する人を対象という前提を置いておかないと
日本政府からの補助もなくなってしまうから、、、
と、本音を漏らしていたよ(笑)
まぁ、
せっかくこういう恵まれた環境にいるんだから、
最低限の努力はしないとね。
でも、
ポンポンさんの熱心なバイリンガル育児には
いつもいい刺激をもらっているよ!
2010.09.12 Sun l Kovachan. URL l 編集
No title
今、ぐだぐだ言いながらなかなかとりかからない日本語学校の宿題を少しやってきたところなので、身につまされました。

3年生までの勉強の習慣ですか。。
我が家は今まるでお尻をたたくかのようにやらせてますから、どうしたら楽しく学習できるか、これから試行錯誤をしていかないといけないと思います。小さなことでもがんばって褒めてるんですが、なかなか。。です。

そうそう、教科書にも「日本国民の税金でまかなわれてます」と書いてありまして、有難く頂戴いたしましたよ。

それにしてもミーナちゃん、本が読めたのですね。すごいです。ひらがなを読めるだけで、文が読めるわけではないということ、よくわかりますので、ミーナちゃんの中でひらがながちゃんと定着していて、本を読むところにまで進んでいること、本当にすばらしいと思いますよ~。特にミーナちゃんはまだ幼稚園の段階ですから、来年1年生の授業が始まるに向けて、順調に準備が整ってますね!

お互いがんばりましょうね~♪
2010.09.13 Mon l すぬこ. URL l 編集
すぬこさんへ
そうなんですよね。
まだ文章が読めるわけではなくて、
ひらがなを一文字ずつ読んでいるだけなんですよね。
でも、
そういうことの繰り返しで
いいんだろうなと思いました。

とりあえず、今は楽しむことが先決と思って
イライラする気持ちを抑えながら(笑)
なんとかやっていこうと思います。

がんばりましょうね~!!!
2010.09.13 Mon l Kovachan. URL l 編集
No title
そうなんですね~
こどもにとってはとっても大変なことなんですね。
私の友達もバイリンガルの子がいます。彼は英語を母国語としていて(日系アメリカ人)英語はもちろんネイティブで日本語もほとんど話せます。でも感じにいたっては分からないものもあるそうです。
たとえば憂鬱とかという難しい漢字とか日本語でもわからないことがあるみたいで。日本語の発音も完璧です。それは大人になって結果がわかることで子供のときは大変だったんだな~っておもいました。コンプレックスもあるみたいでハーフゆえのコンプレックスみたいなものらしいのですが。
って話はそれました。その彼は今は日本の企業で立派に働いていて(日本で)日本の大学もきちんと卒業しています。今は大変かもしれませんがきっと将来こどもたちは感謝しますよ☆
毎日の日本語のお勉強がんばれにポチっ。
2010.09.15 Wed l lip. URL l 編集
lip さんへ
子供をバイリンガルにするのって、思ったより大変なんですよね~
子供に毎日勉強させるのも
至難の業です(汗)
でも、進んだり戻ったりしながらも
最終的には日本語を習得してくれればいいかなと
あまりあせらないようにしています。
といいつつ
つい怒っちゃうんですけどね~(笑)
2010.09.16 Thu l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/351-ead9dfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。