上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
さて、
母のオーストラリア滞在3日目。

今日のおでかけは
バイロンベイ。

ここは特にサーファー達に人気の
有名な観光地でもあるが、
ここは
旦那が8歳から13歳までの多感な青春時代を過ごした地でもある。

私も行った事がないので
ネットで調べてみると

こういう感じの

images[4]

こういう所らしい。

imagesCAU31T7C.jpg

グフフ
楽しみ♪

しかし、今日はリサも同行。

どうなることやら・・・

なんて不安を抱えながら
ゴールドコーストから州境を超え、
ニューサウスウェールズ州はいって
さらに少し行くと
そこがバイロンベイ。

ゴールドコーストから車で1時間半くらい。

まずは
バイロンベイの中心部の町に到着。

P1000076.jpg

え!?

これが町???

有名な観光地なので
新しい建物がいっぱい立ち並ぶ
洗練された町並みを勝手に想像していた私。。。

旦那も約20年ぶりに訪れる。

さぞかし当時とは変わっちゃったんだろうなぁ
なんて言っていたが、
実際来てみると
住んでた当時とほとんど変わらないらしい。。。

とりあえず
町中を散策。

途中に公園があり、
子供達がそこで遊びたがるので
しょうがなく付き合うことに・・・

P1000087.jpg

この公園も、旦那が住んでいた当時
よく遊びに来ていた公園で
ここにある大きな木を
こんなふうに

P1000096.jpg

よじ登って遊んでいたらしい。

今は同じ場所を
自分の娘たちが同じように遊んでいる。

さぞかし感慨深かっただろう。

さて、
いつまでも公園で遊んでいてもしょうがないので
嫌がる子供達を引きずりながら
もう少し町を歩くことに。

しかし、
今度は
店の前のシャボン玉で遊びだす子供達。

P1000083.jpg
注:リサの服装は自分で選んだもので、決して私のセンスではありません!!

なかなか前に進めない・・・

再度、
嫌がる子供達を引きずりながら
次の目的地に向かうために
車に乗り込んだ。

向かった先は
Wategosというビーチ。

このビーチに向かうまでに
10分ほど遊歩道を歩かなくてはならない。

P1000097.jpg

なかなか言うことを聞かない子供達に
ムッとしている私と、

P1000102.jpg

やたらに荷物の多い母。

P1000101.jpg

ビーチの散策だけなのに
手帳とか、化粧ポーチとかよく分からないいろんなものが入った
重たいショルダーバッグに
さらに
紙袋に
カメラ、日傘、上着などを入れて歩いている。

ショルダーバッグの中を整理整頓すれば
カメラも、日傘もみんな入るのよ。

なーんてことは
あえて言わない親思いの私。

途中トカゲと遭遇しながら
P1000109.jpg

ビーチに到着

P1000113.jpg

ちょうど晴れてきて、
空も海も
真っ青で綺麗

「綺麗だね~」
と言おうと思ったが、
あれ?
母は??

そういえば、
美白に命を懸けている母は
日に当たるのが大嫌い。

さっそく日陰を見つけて
帽子とサングラスをかぶり
日傘までさして
隠れていた。

何年も前
一緒にヨーロッパ旅行をしたときも
日差しがきつくて日に焼ける~!!
と言って、
帽子をかぶり、
サングラスをして
さらに
口元が焼けないように
顔の下半分にハンカチを巻いて
ローマの町を闊歩していて
道行く人にジロジロ見られていたっけ。

本人は必死なので、そういう視線に気付かなかったようだったが
一緒に歩いていた私はめちゃくちゃ恥ずかしかった。。。

とくに
オーストラリアの日差しはきついので
雲の間から太陽が覗くたびに
母は大パニックを起こす。

いっそのこと

こういう格好をして欲しい。

imagesCAAG7O8M.jpg

そんなことを考えいると
子供達が

「ママ~、濡れちゃった~~~!!!」

P1000115.jpg


もう、、、

海に入るなと言っただろーーー

着替え持ってきていないのに・・・

結局濡れた服のまま
嫌がる子供達を引きずりながら
次の目的地に進むことに

次は、
バイロンベイでもっとも有名な

灯台

P1000114.jpg

あっという間に到着

P1000121.jpg

癇癪を起こしているリサと運転手の旦那を車に残して
灯台を見学することに。

なんといっても
ここからの眺めは最高!
うるさいリサがいないので
ゆっくりと景色を楽しむことが出来た。

灯台から見たさっきのビーチ

P1000120.jpg



P1000124.jpg

そして
時々海をジーッと見ていると
イルカが飛び跳ねているところまで見れた。

素晴らしい景色に
つい時間を忘れそうになるが
後ろ髪を引かれながら
私たちはバイロンベイを後にした。

町もビーチもゴールドコーストに住んでいるので
それほど感動はしなかったが、
この
灯台からの眺めは圧巻だ。

これだけでも
バイロンベイに来る価値はあるかもしれない。

もう少しリサが大きくなったら
皆でもう一度来たいと思う。

そういえば、、、

なんだか子供達に振り回されて
お昼ごはんを食べるのを忘れていた。

途中、
Tweed Headsに立ち寄り
ケンタッキーでフライドチキンを食べ、
腹ごしらえ。

もう時間は5時を回っていたが、
家には帰らず
このあと
私たちは
世界遺産のナチュラルブリッジに行って
土ボタルを見に行くことにした。

イメージ画像
imagesCA5QMJOA.jpg

母は4度目の訪問にして
初めての土ボタル見学。

暗い中をブッシュウォーキングすることになるので
懐中電灯も途中で買い込み
目的地へ。

旦那によると
今いるところから
それ程遠くないと言うことなので
30分くらいで着くと思っていたが、
行けども、行けども、
ナチュラルブリッジの看板が見えない。

1時間山の中を走り続けて
さすがにおかしい、、、
と思い始め
人に道を聞くと、、、

まったく反対方面に車を走らせていたのだった

なんだよ
道知ってたんじゃなかったのかよ

旦那の
「知ってるつもり」
のおかげで
激しく時間をロスした私達。

昼間の子供達のこともあり
私のイライラがマックス状態。 また?

ようやく
夜7時過ぎに
目的のナチュラルブリッジに到着したのだった。

一度家に帰ってから出直したほうが
よっぽど早かった。

それでも
めでたく暗闇のブッシュウォーキングと
土ボタル鑑賞は成功し
ようやく
家路につくことになった。

さすがに

疲れました。。。
P1000126.jpg

4日目につづく


↓色白に命を懸ける母を応援
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2010.10.01 Fri l l コメント (10) トラックバック (0) l top

コメント

No title
沢山歩いたのですね。
お疲れ様でした。
海見たら入りたくなりますよね。
娘がリサちゃんくらいの頃、宮崎の海辺でこけて濡れ、売店でム―ム―買った覚えがあります。
2010.10.01 Fri l phebee. URL l 編集
No title
ははは
爆睡だぁああああ~~~~~!
2010.10.02 Sat l 松井大門. URL l 編集
No title
お疲れ様でした~!!
バイロンベイってよく聞くけどどんな所なんだろう?って思っていました!
なので、紹介してくれて嬉しかったです!
綺麗な所ですね~e-454灯台からの景色、私も見てみたいです!
お母様、日焼け対策が完璧ですね!私も日傘さしたいけど、オーストラリアに住んでていちいちそんなことしてたら浮いちゃうんでしょうね(笑)
私も土ボタルまだ見たことないので、移住後に絶対見に行きたいですe-266

色白なお母様にポチです☆
2010.10.02 Sat l yuukari. URL l 編集
No title
こんにちは!!
やっぱりバイロンベイはすごいですね。あんな写真の人は本当にいるんでしょうか?おうちの人は怒らないんでしょうか?
今、はやりのCGでしょうか?

子どのも着替えを、持っていくのを忘れるのは、分かります!赤子の時は持っていたのにな~。
「まさか!こっ、ここで汚すの?」っていつも思います。

お母様の日焼けに対する意気込みも分かります。
一瞬の油断が命取りですよね。
たくさんの荷物を持つお母さんの「備えあれば憂いなし」精神を学びたいです。

ガールズトークは楽しそうですね~
たまにはないと、ママもだめです!私もやります!ファミレスだけどね。
のどと頬の筋肉が痛くなりますよね。

沖縄は楽しかったです。
去年のこの時期はゴールドコーストでした。
来年また行きたいな。

同郷なんて、びっくりです。
ちなみに私は相鉄線(マニアックですね。)


2010.10.03 Sun l ねこめのひつじ. URL l 編集
phebee さんへ
ビーチに行って
海に入るな!と子供達に言うほうが無理だったんですよね(笑)
日本だと売店があるから便利ですね。
濡れた服のままだったけど
とりあえず風邪は引かなかったので
よかったです。
2010.10.03 Sun l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
寝る子は育ちますよね(笑)
母も!?
2010.10.03 Sun l Kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
バイロンベイはサーファーには
とっても楽しいところみたいですよ。
灯台からの眺めは最高でした!
ぜひ行ってみてくださいね♪
日焼け対策、私も最初にころは念入りにやってたんですけど
ついつい面倒臭くなっちゃうんですよね~(汗)
土ボタルも綺麗ですよ。
ゴールドコーストに来たら
行くところがたくさんあって、楽しみですね♪

ポチありがとう!!
2010.10.03 Sun l Kovachan. URL l 編集
ねこめのひつじさんへ
おかえりなさい!
沖縄楽しめたようで
よかったですね♪
来年はぜひまたゴールドコーストへどうぞ!(笑)

そうそう
子供の着替えってつい忘れちゃうんですよね。
実はこの日、リサのオムツまで忘れてしまい(しかもう○ちをされ・・・)
急いで旦那がスーパーに買いに行ってくれました。

ねこめにひつじさんは相鉄線ですか!?
私は桜木町ですよ!
2010.10.03 Sun l Kovachan. URL l 編集
kovachanさんへ
こんにちは、kovachanさん。

お久しぶりです。
ブログを開いて、最初の写真を見てビックリv-405
二人の女性のひとりがkovachanさんと勘違いしました(笑)

しかし、順番に見ていくと綺麗な写真ばっかり、いい所ですね。

お母さんも孫娘といっしょに居られて、すごくうれしいでしょうね。
最後のお疲れのお母さんと娘さん写真、どんな夢見てるのかな?
いっぱい、遊んだ夢かな?
ボクだったら絶対に遊んだ夢ですよ。
  こんなにかわいい娘さんなんですからね。
2010.10.03 Sun l リキ. URL l 編集
リキさんへ

> 二人の女性のひとりがkovachanさんと勘違いしました(笑)

あはは
だとよかったんですけどね~
私だとお尻の位置がさらに10センチほど下にずれてます(笑)

どんなにうるさくても
やっぱり血のつながった孫はかわいいんでしょうね。
本当にたくさん遊んでくれました。
子供達もしばらくは母が帰ってしまい寂しかったようです。

バイロンベイ、町はそうでもないけど
海の眺めは最高でした!
2010.10.04 Mon l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/361-1d30a45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。