上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
注:かなり長いので、覚悟してお読みください


つづきから。。。 

さらに一日、担任に猶予をやった私達、
ポイントは
翌日ミーナのお迎えに行ったとき
先生のほうから
私達の方にやってきて
結果や経過を報告するか、

それにかかっていた。

先生のほうから私達に来れば、
先生は
きちんとこの問題に関して
私達と話すつもりがあるということだが、
こなかった場合、

できることなら
私達とは話をせずに
うやむやに終わらせたい。
もしくは、
私には関係のないことだから
どーでもいい。

ということになる。

こういうところでも
日本では当たり前のことが通用しない。

そして、
当日(水曜日の放課後)
ミーナを迎えに、私と旦那の二人で行った。

3時になる

3時10分になる。

3時15分になる。

先生はまったく
私達の所に話に来る気配がない。

そんなことだろうと思ってはいたが
やっぱり腹が立つ。

結局
私達のほうから
教室に残っている先生のところへ行った。

「ハロー
で、
どうなってるんですかね?」

とHow are youも言わずに切り出した私。

「あぁ、あれは、
隣のクラスの子だったみたいなの。
ただ、
私はその場にいなかったから、
ランチの当番の先生と話をして
現場を目撃していたミーナの友達から犯人の名前を聞き出して
その子のクラスの担任に話をして、
その子に問いただしたら
その子は
自分はやっていないっていうの。」

「はぁ」

「本人がやっていないといっている以上、
私達がその生徒を責めるわけにもいかないし、
ミーナがすぐに言ってくれればよかったんだけど、
もう、こうなるとどうしようもないわ。
だいたい、
私はその場にいなかったんだから」

「先生がその場にいなかったのは、
昨日から何十回と聞かされているので、分かってるんですよ。
でも、
あなたがミーナの担任だから、
こうして話しているんじゃないですか」

「私が担任でも、その場にいなかったんだし、
その子供達が否定をしているんだから
これ以上もうどうしようもないわ」

「だいたい、
私達が理解できないのは
当番の先生がその場にいたのに、どうしてこういうことが起こりえるんですか?
当番の先生って言うのは
ただ座って、
生徒が何か報告をするのを待っているだけなんですか?」

「いいえ、私たちは当番の時
ちゃんと生徒を見ているわ。
それなのに、
こういうことが起こったから、私も困っているのよ。
せめて、ミーナがすぐに言ってくれれば
ことは簡単だったのに。」

「簡単に済ませることが、それほど大事ですかね?
だいたい、
昨日から、ミーナがミーナがって
ミーナが被害者なのに、
どうしてそこまで責められなきゃいけないんですか?」

「私は、誰も責めるつもりは・・・」

「それに、私が何より残念だったのが
あなたの最初のリアクションが
どうして報告しなかったのとミーナを責めたことです。
ミーナを責めるつもりがないなら
かわいそうね。
大丈夫だった?
とか、
もうちょっと優しい言葉をかけるべきなんじゃないですか?」

そして、旦那も加勢

「あと、先生じゃなくて僕達のほうから
どうなっているのか聞きにこなければならないのは
おかしいじゃないですか?
こういうことが起こっておきながら
僕達に先生から何も知らされないのは不満です。」

「でも、私はその場にいなかったけど
ちゃんと
当番の先生に話をしたり、
疑いのある生徒に話をしたりと
やるべきことはやったわ。
副校長にも話をして
協力してもらったのよ。
これ以上のことは
もう、
副校長と話をしてもらいたいわ。」

もう、
この女と1時間話そうが、一晩話そうが
埒が明かないことは明白なので
副校長と話をすることにした。

「じゃ、副校長と話をしに行きます。」

「そうしてちょうだい。
That makes my life much easier!
(そうすれば、私も楽だから)」

お、、、

おのれ~~~

この期に及んで
自分が楽になることばかりを考えているのか

こ、、、

殺す


私達が去るときの
担任の嬉しそうな顔ったらなかった。

もちろん
私たちはその足で
すぐに副校長室に行き、
話をすることになった。

席に着き、
まずは副校長のほうから
何を担任から聞いているのか、
どこまで事実を把握しているのか
話してもらった。

だいたい間違いはない。

副校長がランチタイムの事件を把握していることを確認してから
私たちは
担任の対応の不満をぶちまけた。

担任の対応のまずさに
副校長の顔も渋くなる。

ミーナが被害にあったことが一番の問題だったのに
担任の対応の悪さのせいで
教師の責任のほうが大きな問題になってしまった。

子供に責任を擦り付けるような人間が
教育に携わっていることが恐ろしいし、
その教師が2年間もミーナの担任をしていたことが
残念でならない。

もう副校長も反論の余地がまったくない。

というか、
副校長はとても賢い女性らしく、
私達の神経を逆なでするような言動は一切せず、
極めて同情的、
すでに問題が、サンドウィッチを踏み潰したことでなく
教師の対応に摩り替わっていることも
きちんと理解して、
それに対して、担任と話し、対処すると言う。
そして、最後に
こういうことが起こってしまって
本当に申し訳ない。
学校としてあってはならないことであって、
きちんと対処してから
また連絡します。
と言ってきた。

それが
本心からの言葉かどうかは定かではないが、
そうなると
私達もこれ以上言うことはない。

バリバリやり手のビジネスウーマンとして
社会で十分成功できる女性だ。。。

そんな印象だった。

そして一日経って、今日の朝。

私はTAFEに行ってていなかったのだが、
副校長から、電話があったらしい。

「担任の件では、今朝
授業が始まる前にじっくり彼女と話し合って、
生徒の親とのコミュニケーションがどれだけ大事か、
特に
問題が起こったときは、
まずは親との連絡が最優先だと言うことを
しっかり伝えました。
今後同じことのないように、
彼女の対応にも注意を払っていくつもりです。
そして、
教師のミーティングでは
今回の問題をとりあげて、
ランチの時間など、
教師がしっかり生徒を監督し、
問題がありそうな生徒はあらかじめ
教師の近くに座らすなどの対処を
教師達にしっかり指導していくつもりです。
そして
今回の件に関しては
不愉快な思いをさせてしまい
大変申し訳ありませんでした。」

と、
旦那に話したらしい。

私たちはしばらく考えた。

副校長から丁寧に謝られても
担任本人からの謝罪が一切ないし、
第一、
何を言われても、どうせ自分は一切関係ないと思っていると
考えるだけで腹が立つ。
それに、
副校長からのコンタクトばかりだが、
最高責任者の校長はどうした?

そんな不満がまだくすぶってはいるものの、

一応責任者の立場の人から
今後の対応と謝罪を述べられたら、
これ以上
私達が騒ぎ立てると
今度はかえって
ミーナの立場を悪くしてしまう。

もし、
私達夫婦に関わる問題だったら
「副校長でなく、本人が土下座して謝れー!」
と怒鳴りたいところだが、
自分の子供が関わっているし
最悪なことに
相手は子供の担任だ。

とりあえず、
大人として
ここでストップしたほうがいいかも、、、

という結論に達した。

イジメはどこにでもある問題だが
今回の件では
教師に頼ってはいけない。。。
ということを
痛みを伴って学んだ。

ただ、
学校にいる間は私たち親は
何が起きているのか
まったく分からない。

ある程度は先生の力を借りるしかないのだけど、
一番大事なのは
親が子供に
自分の身の守り方を教えることなのかもしれない。

それは決して暴力に限ったことではなく
今回のケースでいえば、
何かされたら
先生にすぐに報告する。
相手の子供をちゃんと覚えておく。

だいたいいじめられやすい子は
おとなしくて
何かあっても言い返したり
先生につげ口しに言ったりする
機動力がない子。
黙って耐えてしまう子。

まさにミーナタイプ。

本当は優しくて思いやりのある子なのだが
それがアダになっては
元も子もない。

ちょっとくらい面倒くさくても
きちんとミーナと話をする時間を作って
毎日の学校生活を聞きながら、
ケースバイケースで
そのつど対処の方法を地道に教えていくしかないんだろう。

人をいじめるのはもちろん悪いことだが
いじめられるほうも、そういう奴らに
いじめるチャンスを与えてしまっている
ということを
認識するべきなのかもしれない。

もっと大きくなって
もっと乱暴で悪質ないじめが起こる前に
今回のことで
私達もミーナをどう教育するか
じっくり考える機会を持てた。

ミーナには
優しさだけでなく、強さを兼ねそろえた子になってほしい。
自分の身を守る賢さを持った子になってほしい。

まずは親子のコミュニケーション、
そして、
ミーナが「自分は守られている」と安心できる環境、親子関係を作る。
そういうことから始めていくべきだろう。

かなり腹も立ったし
未だに納得いかないところもあるが、
今回のことで
親としてまた一つ
大事なことを学ぶことが出来たのはいいことだと思う。 ←能天気発言!?

でも
当の本人は、、、

P1050084.jpg

全然気にしてないんだよね~


↓子育ては奥が深い!?
にほんブログ村 海外生活ブログへ











スポンサーサイト
2010.10.06 Wed l 子供のこと l コメント (34) トラックバック (0) l top

コメント

今日はとっても楽しかったよ!
ありがとう~!!

取りあえず、副校長が理解してくれて良かったね。
ってか、肝心なのはいつも子供達と一緒に居る
担任だろが~!!!って思うけどね。

Kovaちゃんが言うとおり、子供が大きくなるにつれて問題が複雑化するから、
今のうちに親と子供のコミュニケーションを確立して置く必要がありそうね。
学校(先生)はあまりあてにならなさそうだし。。

ミーナちゃんの担任、例えミーナちゃんが即座この先生に一部始終話したところで、
こういう無責任な人はシリアスに捕らえなさそう。。。

とにかく、ミーナちゃんが元気そうでよかったわ!
6歳にして、胸が全然私より大きいじゃない!
そういや数も1つ多いわ!うらやまし~(笑)
2010.10.07 Thu l Setta. URL l 編集
No title
ははは
最後で噴き出しちゃったぁあああああ~~~~!
ミ~ナちゃん大物だぁああああ!!!
2010.10.07 Thu l 松井大門. URL l 編集
No title
最後の元気そうなミーナちゃんの写真を見て安心しましたi-179
副校長が常識のある人でよかったですね!
でも、私も担任からの謝罪はないのか!?って思いましたi-191
あの女は、絶対自分は関係ないと思ってるんでしょうね。腹立ちますね。。
親子のコミュニケーションって大事ですよね~。
学校で何が起こってるかわからないので、子供から聞くしかないですもんね!
私も、娘に何でも話してもらえる親子関係を築いていきたいと思います!

子育てってほんとに大変ですねi-229ポチ!
2010.10.07 Thu l yuukari. URL l 編集
No title
こんばんは。
先ほどコメントを送りましたが、アクセス量が多いのでしょうか?つながりませんでした。
熱くコメントしていましたが、二回目はちょっとクールダウン・・・でコメントします。

お疲れさまでした。
お二人の取られた行動に感服です。
子どもを取り巻く環境、学校の体質、担任の資質を知るきっかけになったと思います。

このような問題に、終着点はないような気がします。どう心の拠り所を見つけるかは難しく、この先、常に付きまとうものだと思います。
親がきちんとした態度でいれば、遅ればせながら、きっと子どもたちは、ついてくれると思います。
ミーナちゃんには、ママのように自分の気持ちを伝えられる人になってくれるといいですね。

それと~、ミーナちゃん、万国共通ぅ~おっ〇いは二個だよ~。
2010.10.07 Thu l ねこめのひつじ. URL l 編集
ミーナちゃんのひょうきんな姿に、こちらのほうが救われるような気持ちになりました(^-^)
優しくて、子どもらしくて、本当に可愛らしい娘さんですね。

コバさんご夫婦が学校に訴えられた内容は、子どもを愛する親として当然のことであり、大切なことをしっかりと抗議なさって本当によかったと思います。
担任の女教師の人間性には最後まで納得がいきませんが、この教師がこの先自分の過ちに気付き、きちんと認めて改めていくことを願わずにはいられません。
学校側からこってりギューギューにしぼられていて欲しいものですね!

ミーナちゃんの健康と幸せを願っています!o(^-^)o
2010.10.07 Thu l アイビー. URL l 編集
No title
話が分かる人とじっくりお話できたようでよかったです。

担任の教師、ほんっとだめですね~!
前の日にビシッと旦那さんに言われてちょっとは反省したかと思えばまたミーナちゃんを責めるなんて・・・ゆるさーん!
自分が楽するばっかり考えて、生徒の気持ちとかどうでもいいのか?!
副校長にこってり怒られてますように!!

本人から謝罪がないのは納得いきませんが、せめてこれからは気をつけてくれると良いですね・・・。

ちなみにこの教師って、若い方ですか?それとも年配?年配の方だとなおさら頑固で改善とかあんまりしなさそう、ってなんとなく思ってしまいますが・・・。せめてこれは若さゆえのミスだと思いたい。
2010.10.08 Fri l VERRE. URL l 編集
No title
いや~~、今回は私も色々と学ばせていただきました。
日本だと旦那さんは
「子供のことはお前にまかせる」なんて言っている人も多いのに、kovachanさん一家は旦那様が加勢してくれるのでいいですよね!

ミーナちゃんひときわかわいいから、、男の子はちょっかい出したいのかな。。
まあ、ちょっかいと言うレベルじゃないですが…。
よっぽどの時はテコンドーでやっつけちゃえ!
2010.10.08 Fri l ざまき. URL l 編集
No title
副校長先生は話の分かる人で良かったですね~。でもホント、なんで校長先生は出てこない?そして、肝心の担任の謝罪もなし?? 何となく腑に落ちないのも分かる気がします。

でもご両親の対応はホントに素晴らしい!そしてkovachanさん、強いなぁ…。まぁ『我が子の為なら!』って感じでしょうけど、英語で苦情を言うのって結構難しいんですよね…。私の場合は遠まわしじゃなくて、ストレートに言っちゃうので(笑)。

とっても参考になりました。確かにいじめる側にも問題があるけど、いじめられる側も変わらないといけないところがあるのかも知れませんね。ミーナちゃん、この際テコンドー頑張って、いざという時に備えちゃいましょう!(笑)。
2010.10.08 Fri l きらしお. URL l 編集
No title
とりあえず、ひと段落ですね。
家の子は幼稚園の時首を絞められて、苦しいので殴ったら、相手の子が「なぐられた~」と先生に告げ口に行ったんです。
一部始終を見ていたので、はぁ?おまえが先にやったんだろーと思ったんですが、悪さする子ほど自分がやられたら告げ口しに行くようですね(その後も他の子ともめ事起こしていましたから・・親子で)

ミーナちゃんが気にしていないなら良かったですね。
ぎらしおさんがおっしゃるようにテコンドーがんばって強くなってね。
2010.10.08 Fri l phebee. URL l 編集
No title
ミーナちゃんのオチャラケ写真でちょこっと安心しましたが、それにしても担任の先生の無責任な態度にムカムカ・・です。
ワタシがKovachanさんの立場だったら、泣き寝入りしてそうな気がするので、読みながらすごい!と思いました。でも、副校長が理解ある方で本当によかった!!こっちって上の人でも、結構同じ態度(対応?)の人が多かったりするから、、笑  
2010.10.08 Fri l 美愛. URL l 編集
No title
ミーナちゃんの写真を見て、元気だと言うことがわかり安心しました。
担任という立場をわかっていない先生なのかな。。。
そうすれば、私も楽だからだなんて思っていても言ってはいけない言葉だし、実際担任だから、今回のことはしっかり考えなければならない。
人間として許されない人ですね。

それにしても、救いは副校長先生がそれなりに対応をしてくれてよかったですね。

応援ぽちぽち
2010.10.08 Fri l ぐーたらまま. URL l 編集
No title
副校長先生が立派な人なので、ちょっと安心はしませいたが、 それでもその担任先生はまだ、許せませんね。  考えれば日本でも、どうしようもない人間が先生になって、よく犯罪犯しているけど、世界中同じなんだね。 先生という職業もちゃんと、定期的に生徒からの意見などを含めて見直さないといけないと思う。

まだ、なんかすっきりしないけど、 ミーナちゃんが元気そうなので、少しだけ許してやっか。 
2010.10.08 Fri l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
はじめまして。
お母さんの学校に対する行動、言葉に共感を覚えコメントさせていただきます。

自分の気に入らない人間がいるからといって
その人と最低限度うまくやっていくだけの
能力のない人間がいじめをするんだと思います。
社会に出たらまわりの人が皆自分と気が合うなんて
ありえない事なのですからそういう相手との
距離感を学校で先生から教えて学んでほしいものです。
いじめられる原因はあるかもしれないけれど
「いじめてもいい理由」にはならないと私は思っています。
悪いことした、気に入らない、等で殴ったりいじめたりして当たり前?ではないと思います。
そういう考えがあるからいじめがなくならないのだと思います。
ミーナちゃんは悪くないです。
やさしい思いやりのあるそままでいいと私は思います。
2010.10.08 Fri l はな. URL l 編集
No title
こんばんは、

kovachanの記事、しっかり!!読ませていただきました。
その通りですね!!

しっかり地に足をつけて、
一つ一つ経験したことをきちんと学習して、
前に進んで行くことが大事ですね(笑顔)

それにしても三つのデッカイ!胸とVラインと
ミーナちゃんのひょうきんなお顔が愛くるしいわ❤
応援ポチ
2010.10.08 Fri l かな. URL l 編集
No title
たたただいまぁああああ~~~!
2010.10.08 Fri l 松井大門. URL l 編集
Settaさんへ
こちらこそありがとう!!
いろいろごちそうになっちゃって、、、
楽しかったよ~~

まあ、
副校長の対応はよしとしても、
やっぱり担任には納得いかないよね。
上に責任押し付ければいい、みたいな
典型的オージー体質。
子供が関わると
ある程度のブレーキも必要なので
ちょっともどかしいけど、
いい勉強にはなったよ。

ミーナの胸、
私も1個借りたいくらいよ!(笑)
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
本人はまったく
何を考えているのやら、、、
でも
笑顔でいてくれるのが一番ですね!
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
もう、担任にしてみたら
副校長に謝らせとけばいいや
っていう程度なんでしょうね。
考えると腹がたちますが、
いい教訓にはなりましたよ。

つい自分のやりたい事を優先してしまって
子供と話す事をおろそかにしてしまいがちですが、
やっぱり
親子のコミュニケーションはとっても大事ですね。

ポチありがとう!!
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
ねこめのひつじさんへ
ほんと、そうですね。
私は特にあまり特別な事がない限り
担任とは話をしないのですが、
今回の事で、学校の色々な面が見えてきました。

本当は担任と校長に謝らせたい気持ちもあるんですけど、
子供の親として、
あまり感情的に突っ走る事もできず、
とりあえず、
いい勉強だと思って
今回の事は終わりにしようと思ってます。

ミーナへの教育といっても、
まずは私がしっかりしないといけないですね!

胸を三つもっている娘も
かなりのツワモノですが・・・(笑)


2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
アイビーさんへ
実際、抗議をすることよりも
その抗議をどこで引くか、のほうが
ずっと難しいんですね。

まだまだ納得いかない事だらけだけど、
あの女も今回に限らず、
あの調子じゃ、これから先色々な問題が起こると思うので
きちんと身を削って学んでもらいたいものです。

とりあえず、
ミーナ本人がそれほど気にしていないのが
救いですね。
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
VERREさんへ
とりあえずは、
副校長が常識のある人だったので
よかったです。
担任はまだ30代前半の独身の若い女なんですよ。
若さゆえのミスと思いたいけど、
性格からして捻じ曲がっているから
一筋縄ではいかないでしょうね。

学校側も今回の事で
少しは気をつけるようになると思うので
(いつまで続くかは不明ですが)
それだけでも
抗議にたちあがってよかったです。
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
うちの旦那は半主夫なので
(要するに仕事をまともにしていない。。。)
子育てに参加せざるを得ないんですよ(笑)

一時期
ミーナがテコンドーを止めたがったのですが
これでますます止めさせられないですね。
強くて優しい女の子になってほしいです。
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
きらしおさんへ
そう、
校長が出てこないのがちょっとひっかかりますよね。
でも、
校長より副校長のほうが
話が分かる人だったかもしれないです。。。
かえってよかったかも!?

実は私も
英語で遠まわしの言い方が出来ないので
直球勝負なんです。
それで火に油を注ぐ事もありえるので
時々旦那もヒヤヒヤしている場面もあるのですが
今回は
思いっきり直球を投げても
担任にはまったく響きませんでした。。。

イジメは言語道断だけど、
いじめられる側もちょっと自分自身を振り返る努力は
必要のような気がするんですけどね。
子育てって難しいです。。。
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
> 悪さする子ほど自分がやられたら告げ口しに行くようですね

ほんと、その通りだと思います!
私も小学生の頃、私に意地悪をした子をぶっ飛ばしたら
そいつが告げ口して、
担任から親宛に苦情の手紙を送られてしまいました。
でも
担任も親も私から一言も話を聞こうとしなかったのが悲しくて、
そんな思い出があるから
なおさらコミュニケーションって大事だなと思うんですよ。

ミーナにはますますテコンドーがんばってもらわないと!
ですね(笑)
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
美愛さんへ
> こっちって上の人でも、結構同じ態度(対応?)の人が多かったりするから、、

そうそう、
むしろそっちのほうが多かったりしますよね。
せめて副校長だけでも常識のある人でラッキーでした。

大丈夫!
子供に何か起こると、
親って突然メキメキーっと強くなるものですよ。
泣き寝入りはありえません!(笑) 
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
ぐーたらままさんへ
担任の立場も分かってないし、
教師という仕事も理解していないんでしょうね。
オフィスワークを大差ないと思ってるんじゃないかな。
とりあえずは
副校長からきちんと対応してもらえたことだけが
救いです。
まだ、モヤモヤは残るけど、
子供が関わっている以上、引き際も大事ですものね。
いい勉強になりました。

応援ありがとう!!

2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
聞いた話では
私立の学校では、
先生に点数が付いていて、
生徒や親からのフィードバックで、あまりに減点が多い先生は
止めさせられるらしいです。
学校にもよるんでしょうけどね。
で、
そうやって止めさせられた先生が
公立で教師を続けるらしいです・・・(汗)

担任にはまだムカつくけど、
まあ、
ミーナが笑顔でいてくれたら、
それが一番ですね。
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
はなさんへ
はじめまして!
コメントありがとうございます!!

もちろん、どんな理由があっても
イジメという手段に出るのは許せないし、卑怯ですよね。
子供にせよ、大人にせよ
イジメをする人間は心を患っていると思ってます。
ただ、
なかなかそういう人間を一人残らず罰して改心させる事が出来ない分、
せめて、その被害者にならないだけの知恵をつける、
つまり自己防衛を学ぶことが
とっても重要になるのでは、、と思うんです。
それで全てのイジメ問題が解決にはなると思えませんが、
ミーナの場合
母親が日本人という、それだけでいじめられる要素を持っている分
優しく、思いやりがあり、そして、強い子になってほしいです。
私もがんばらないと!ですね。(笑)
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
かなさんへ
しっかり読んでくださって
ありがとうございます!(笑)

結局
担任からは謝罪もないし、
サンドウィッチを踏んづけた件はうやむやになるし
納得いかない事だらけですが、
とりあえず、
ミーナ自身が笑顔でいてくれているので、
これは
良い学びの場だったと思う事にします。

そのかわり、
今度同じことがあったら
そのときこそ
ギッタギタのボッコボコにしてやるつもりです!(笑)

ミーナの3つの豊満な胸のうちのひとつは
私がもらう予定です。

応援ありがとうございます!!
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
> たたただいまぁああああ~~~!

お帰りなさい~~~!!!!!
2010.10.08 Fri l Kovachan. URL l 編集
No title
ミーナちゃん、ひょうきんだなぁ♪
この写真を見て、安心しました(^^)

それにしても、この教師は、どこまで責任転嫁するんだろ~!!と、私も怒ってしまった~~

でも、副校長が理解ある方で、ちゃんと対応してくれたみたいで、良かったね!!

二度と、同じことがないといいね(^^)

子供が大きくなるにつれ、コミュニケーションの大切さを、私も身にしみて感じています~~

応援♪

2010.10.08 Fri l BiBi. URL l 編集
No title
ホント腹立つね、この女。こんな人間が教育に携わっているなんて・・・

That makes my life much easier!
って捨て台詞を保護者に向かってはくとは。
kovachanと旦那様のような常識のある方じゃなかったら、本気で殴られてるよv-41

とにかくミーナちゃんが元気なのが何よりの救いですね。
負けるな~、ミーナちゃん!
2010.10.08 Fri l hisachan. URL l 編集
BiBiさんへ
ミーナは変な事ばかり(特にお下劣系)しているので
時々心配になります。
BiBiさんのお子さん達は大きいけど
やっぱり、いくつになってもコミュニケーションは大事なんですよね。
副校長の対応には、とりあえず安心したけど、
張本人が知らん顔というのには
ひっかかります。。。
ま、
これも人生勉強と思って、
前に進むしかないですね。

応援ありがとう!!
2010.10.09 Sat l Kovachan. URL l 編集
hisachanさんへ
あの捨てゼリフは、考えられないですよね。
あまり教師には期待せず、
たまたまいい先生にめぐり合えたらラッキーと
思うしかないんですね。
悲しい事ですが。。。
とにかく
ミーナには、身も心も鍛えてもらうため
ますますテコンドーを頑張ってもらいます!(笑)
2010.10.09 Sat l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/365-f83bd2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。