上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近仲良くしてもらっている友達Mちゃんが
スピリチュアルにはまっている。

彼女との会話というか、
彼女の発言は、

「最近の私はちょっと波動が弱まっていて~」
訳:最近、あんまりいいことないんだよね~

「今日はすごくスピリチュアルな流れがあったの~」
訳:今日、びっくりするような出来事があったの~

「やっぱり宇宙に身をゆだねることで、自然と導かれるのよね~」
訳:やっぱりそういう宿命なのね~

そんな感じで、
とっても楽しい。

彼女もわりと、波乱万丈な人生を送ってきているので
スピリチュアル的に物事をとらえると
単なる出来事にまた更なる深みが増してくる。

そして、
ふんふん、やっぱり導きなのね~
と、彼女の話にどっぷり浸り始める私がいる。

そんな私がやっぱりこれも導きなのか
彼女が毎月参加している
「満月誘導瞑想会」
というものに参加する事になった。

1週間前、
たまたまその瞑想会の話を彼女がしていて
なんとなく面白そうだなと思った私。

「満月ってことは、月一回だけやる瞑想会でしょ?
もう、終わっちゃったの?」

と私が聞くと

「ううん、満月は今週の土曜日だよ。よかったら来る?」

という風に、
グッドタイミングに話がすすんでいったのだ。

そもそも
誘導瞑想というものは、
瞑想自体は、
一人静かに眼を閉じて行うものだが、
なかなか雑念だらけで、集中できなかったり
初心者で何を考えていいのか分からなかったり、
ただ寝て終わってしまったり
ということがある。
でも、
誘導瞑想ということで、
ある一人の人が、
あちらの世界(宇宙)との交信で送られてきたビジョンとかメッセージとかを
私達に伝えながら(誘導)瞑想するので、
目をつぶって何を考えていいか分からない
という問題を回避でき、
わりと
とっつきやすい瞑想法だといえる。

さて、
当日、夜7時に会場に赴く。

会場といっても、
誘導してくださる主催者の方のおうち。
偶然か必然か、
その主催者の方は私と同じ名前だった。
そして、
他に
10人くらいの参加者が集まり(全員日本人)
さっそく
瞑想開始。

主催者のHさんの口から、
あちらの世界からHさんに伝えられてきたビジョンが
伝えられる。

詳しい内容は書かないが、
そのビジョンは
抽象的だったり、具体的だったり。。。

でも、
例えば、
私が空に上って、もう一人の自分と会い(具体)、そして、
大きなエネルギー的存在(抽象)と会う。
というように、
物語的になっているので、
抽象的な部分はあるにしろ
イメージはしやすい。

なにしろ初めてなので
目をつぶって静かに座る事自体
違和感があり、
言われる事をイメージするのが必死だった。

でも、
途中でHさんが、
「では、その存在に、○○を聞いてみてください。
そして、
その答えを静かに待ってください。」

と言った時、
その○○という質問の内容が
普段から私が悩んで、疑問に思っていることと
まったく同じだったので、
びっくりを通り越して
ちょっと怖くなった。

だいたい
その物語(Hさんに伝えられるビジョン)自体が
なんだか、
私の普段の悩みとシンクロしていて、
私の心のなかをのぞかれているようで
気恥ずかしい。

でも、
Hさんいわく、
そのメッセージやビジョンというのが
そこに参加している全員にあったものや必要なものらしいので、
きっと
こういうことで悩むのは私だけじゃないんだろう。

そして、
瞑想が終わって時計を見てみると
1時間もたっていた。
15分くらいに感じたのだが、
いつの間にか集中していたらしい。

終わった後
一人ずつ感想を述べていくのだが、
体がボーっと熱くなったという人もいれば
なぜか涙が止まらなかったと言う人もいるし、
全然集中できなかったという人までいて、
反応は人それぞれ。

そして、
そのあとは、
皆でお茶を飲みながら座談会。

瞑想に限らず
最近の出来事や、
読んだ本、
人生について、

みんな、瞑想会に参加するだけあって
スピリチュアルな感覚をもっているので、
単なる出来事も
そこに哲学が加わって、
とにかく話が興味深い。

私が特に印象に残っているのは

人が何かに頑張っているのに前に進めないとき
一生懸命なのになぜか停滞している時、
受験勉強なんかがいい例だが、
そういう時は
心配と恐怖が足かせになってしまって進めなくなっている。

おぼれる者はワラをも掴むというが、
がむしゃらになりすぎて
心配と恐怖まで掴んでしまっている状態なのだ。

その心配と恐怖を掴んだ手をふと離す勇気も必要だ。
そして、
その後のことは
宇宙に身をゆだねるべきだ。

という話。

なんともニューエイジ的な言回しだが、
大昔から

人事を尽くして天命を待つ

という言葉がある。

スピリチュアルというと、
なんだか、
「あなたの後ろに死んだおばあちゃんがいます」
みたいな
霊的なことを想像してしまう人もいるが、

人が人として幸せに生きるための哲学

がその本質であって、
それは
何千年も昔からまったく同じように語り継がれてきたものを
最近になって
スピリチュアルと言う言葉で表現するようになったものに過ぎない。

すべては偶然でなく必然。
宇宙という大きなエネルギーによって導かれている。
でも、
その導かれる方角は自分次第。
自分が行きたい方角を宇宙に正しく示せば
必ず宇宙は自分の行きたい方向に導いてくれる。

その宇宙への正しい示し方が
宗教であったり
スピリチュアルであったり、
もしくは
自分なりの哲学であったりするわけだ。

みんな幸せになりたくて必死だ。

瞑想会に来ていた人たちも
海外在住という同じ状況下で
そういった目に見えないものを信じる
似た様な価値観を持つもの同士、
幸せになりたくて
一生懸命だった。

そんな印象だった。

瞑想もいいが
こういった人たちと話をするのが面白いので
また機会があったら
参加してみたいと思う。

Mちゃんとたまたま友達になり
たまたま彼女と話す機会が増え、
たまたま彼女がスピリチュアル好きと知り、
たまたま彼女の行きつけの瞑想会に参加する事ができた。

これも
偶然ではなく、必然なんだろう・・・

そして、
瞑想会の帰り道の信号が
全部青だったのも
偶然ではなく、必然だったんだろう・・・?


↓ここも必然です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
















スポンサーサイト
2010.10.24 Sun l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ははは
迷走は得意だよ~~~~~~!
2010.10.25 Mon l 松井大門. URL l 編集
No title
スピリチュアルっていうと、黒人のゴスペルのことだと思ってました。 

心霊的な意味もあったのですね。
瞑想会は苦手です。 昔、お化けの出るアパートに住んでいたのですが、しょっちゅう、向こうの世界からやってきて、色々な教えを頂きました。( 勧誘みたいな感じです)  たぶん、誰にいっても信じてもらえませんが、本当なんですよ。 本当のお化け(霊)だとあまり恐怖感がないんですよ。

でも、成仏していない、お化けの時はちょっと怖かった。 あれ~、 話が違う方にいってしまいまいした。
2010.10.25 Mon l ゴルッテリア. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.10.25 Mon l . l 編集
松井大門先生へ
あはは
私の人生も
迷走状態です~~

絵送ってくださってありがとうございます!!
プリントアウトして
飾っておきますね♪
2010.10.25 Mon l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
そういえば
昔住んでいたアパートで出てきたって言ってましたよね。
勧誘までされていたんですか!?(笑)
面白そうだけど、やっぱりちょっと怖いですね。
ゴルッテリアさんが瞑想しちゃったら
いろんなものが出てきちゃいそうですね。(笑)
2010.10.25 Mon l Kovachan. URL l 編集
No title
うちにも正体不明の「何か」はいますよ。
霊感は無いんですけどね。
守護霊だと思って「悪さはしないでね」ってはなしかけています。

日本人ばっかりで話すのも気晴らしが出来ていいのかな?
これで大殺界は終わったかも?ポチ
2010.10.25 Mon l phebee. URL l 編集
phebee さんへ
> うちにも正体不明の「何か」はいますよ。

えええ~i-201
それはちょっと怖いです~~~。。。

信じる信じないは別として
たまには
普段と違ったグループに参加して
話を聞くのって面白いですよね。

ポチありがとう!!
2010.10.26 Tue l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/375-ff666413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。