上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3時にミーナの学校へ
リサと一緒にお迎えにいった。

教室から出てきたミーナはいつものように
教室前にあるプレイグランドで
しばし遊ぶ。

リサも楽しそうに遊んでいたので、
急いで帰る必要もないし
しばらく2人を遊ばせておいた。

たまたまミーナのクラスメイトのお母さん(ボスニア人)
と話をしていたのだが、
突然
リサの泣き声が聞こえたので
行ってみると、

プレイグランドにある
車のハンドルで遊びたかったのに
他の男の子が使わせてくれなかったので
泣いていたようだった。

その男の子は3歳くらいの子。
リサが使いたがっているのを知っているので
わざとその場から離れずに
意地悪そうな顔をして
リサを見ながら
ハンドルをまわして遊んでいる。 タチの悪いガキだ!

なんとかリサをなだめて
(後でチョコレートあげるからと言って)
諦めさせ、
そろそろ家に帰ることにした。

ミーナの姿が見当たらなかったが
どこからともなく
現れた。

駐車場へ向かいながら
ミーナが

「あのおばさん、意地悪でヤダ!」

と半べそかきながら言い始めた。

あのおばさん?

とミーナの指差す方向を見ると、
女の人が、
学校の制服を着た女の子と
3歳くらいの男の子を連れていた。

その男の子は
リサにハンドルを使わせなかった子だ!

ミーナが
おばさんがヤダ!といいながらも
何がどうしてイヤなのか
何とも意味不明なことを言っているので
あまり相手にしなかった。

そして、
車に乗り込むとき、

そのおばさんが
私に近づいてきた。

な、、、

なんだ???

おばさん
「Hi,How are you?」

と声をかけてくる。
でも、
顔つきが険しい。

「Good,thanks....」

と一応返事はしながらも
身構える。

「あなたの娘が、私が怒鳴ったとか色々言っていると思うけど、
実は、
あなたの娘が、うちの息子に唾をかけたのよ」

え!?

おばさん怒鳴った??

ミーナが唾をかけた???

それは、由々しき問題だ。

でも、、、

考えてみると、
私はこれまで一度もミーナが人に向かって
唾を吐くところを見たことがない。
リサにさえも
たまに叩く事はあっても
唾はかけない。

ってことは
たぶん

時々ミーナが悔しい時や意地悪された時に
両唇をブーっと震わせて
くしゃくしゃの顔をする。

あっかんべーの代わりなんだろう。。。

でも、
唇をブーっと震わせるのは
唾を飛ばしたことになるのか・・・?


そんなことを考えいたので
険しい顔でまくし立てるおばさんの言っている事も
半分上の空だった。

ここで
1.「だって、最初にあんたの子供がうちの子供に意地悪してたんでしょ!」

と言うか、

2.「あら~、それはごめんなさいね~」

と言うかが分かれ道だ。

おばさんの言う状況から察するに
その男の子がリサに意地悪をしたから
リサの敵をとるために
ミーナが
ブーっとやったんだろう。
しかも、
唾なんか飛ばしたつもりはない。

なので、
もちろん
1.で行くほうが
私の理に適っている。

しかし、
そうなると
喧嘩になるのは必至だ。

そうなると
私やミーナの悪口をこのおばさんが広めるだろう。

となると
ミーナの学校生活に支障をきたす。

という図式が出来上がり、
私は、

2.「あら~、それはごめんなさいね~」

を選択した。

私がすぐに謝ったので
おばさんの険しい顔が緩む。

「まあね、子供のやる事だからね」
とおばさん言い始めたが

「いえいえ、
子供がやる事でも
悪いことは悪いもの。
ちゃんとそういう風に言ってくれる人がいるのは
かえって嬉しいわ。
どうもありがとう。」
なんて、言ってみると
もう
おばさん
ニッコニコ。

「ただ、うちの下の子が、おたくの男の子が遊んでいるのを
やりたがっていたのに、使わせてもらえなかったから
ミーナがそういう風に出たと思うのよ」

「そうね、下の子を守ろうとしたのよね」
とおばさん
理解さえ示す。

「ただ、守るにもやり方ってモノがあるものね。
ミーナを注意してくれて
ありがとう。」

ここまでくると
私もちょっとわざとらしかったが、
おばさん
ご満悦で帰っていった。

車に乗り込むと
中でミーナが大泣き。

「ミーナちゃん、唾なんか飛ばしてないもん!!!」

かわいそうなミーナ。。。

「ミーナちゃん、
ママは、ミーナちゃんがリサを守ろうとして
ブーっとしたのは分かってるのよ。
すごくおりこうさんだよね。
でも、
ブーってやるよりも、
リサに使わせてあげて!って言葉で伝えたほうが
こんな風に勘違いされること
なかったでしょ。
せっかく良いことをしたのに
勘違いされて怒られたら
イヤだよね?」

「でも、ミーナちゃん唾飛ばしてない!」

「うん、それは分かっているんだけど
ちゃんと言葉で言ったほうが・・・」

「でも、本当に唾飛ばしてないもん!」

「分かったって言ってんだろーが!!
いい加減にしないと
今度はこっちが怒鳴るぞ~~~!」 もう怒鳴ってるが、、、

「うわ~~~~~ん 

・・・・


それにしても
子供が関わると
何が正しいかよりも
どうすれば子供に悪影響がないかを
優先的に考えなければならないので
人付き合いって
ますます難しくなる。

ヘンにプライドが高かったり
下手に正義感が強かったりすると
一人で生きている分にはいいが
家族を持ったとたん
それが
アダとなる場合があるので怖い。

私もそういう点で
今までたくさんの失敗をして
ミーナに可哀想な思いをさせてしまったこともあるが、
失敗から学び
私も子供と共に成長していくんだろう。

そう考えると
今回の私の対応は

よくやった!

と自分を褒めてあげたい♪

ただ、

最後に一言、、、


言わせて欲しい。。。




「人んちの子供に怒鳴る前に
テメーのガキをきっちり躾けろや!
ドタマかち割ったろか?
この
どアホがーーーーーっ!!!



あー、すっきりした♪


↓母子共に成長中
にほんブログ村 海外生活ブログへ





スポンサーサイト
2010.10.27 Wed l 子供のこと l コメント (16) トラックバック (0) l top

コメント

No title
おおっ、さすがですね。
意地悪くそガキの親はえてしてそっくりだもんね。
確かに子どもを持つと言いたいことを我慢して、下げたくもない頭下げないといけない時がありますもの。
私も学校の役員しているとき、クレームおばさんがきたら、先に名前いって挨拶するとか、弁当引換券忘れてきたとのたまえば「顔パスですよ~」とかいっておだてまくっていました(おだてなかった小学校には、文句言いにいったそうな)
機嫌良く帰宅させれば私の勝ちって思ってましたしね。

ミーナちゃんも偉かったですね。
きっと来月フィーから良いもの?が届きますよ、ポチ
2010.10.27 Wed l phebee. URL l 編集
No title
Kovachan,よくやった!

そうやって物事を論理的に考えるなんてとっても頭が良い証拠よ!

私なんて感情で生きてる動物だから、そういう場合、どうしようもないわ。。。(苦笑)

そうそう、そうやって吐くのよ!

その「どたま」ってのと「どあほ」ってのが大阪っぽくて好感持てるわ~。(笑)

子供を媒体とする付き合いは難しいよね。。。全く同感。。。
2010.10.27 Wed l Setta. URL l 編集
No title
kovachanさんすごい!!
そんな状況で瞬時に自分の感情を抑えて子供に悪影響がないように正しい判断ができるなんて尊敬しますe-420
リサちゃんを守ろうとしたミーナちゃんもすごくえらかったですね!
いいお姉ちゃんですね!

オーストラリアだと、何かあるとそうやってすぐに文句を言いに来られるんですよね。
子供がいるのに、私がちゃんと英語ができないと、私が子供を守れないなぁと、
こんな母ではだめな気がしてきました。
kovachanさんのブログを読んで、そこに住まないとわからないような事を知ることができて、
いつも為になります。

最後の一言、私も読んでスッキリです~!!
そのおばさん、単純でほんとにアホですね(笑)

ポチ!!
2010.10.27 Wed l yuukari. URL l 編集
No title
ははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは
バンザ~~~~~~いいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!!
2010.10.27 Wed l 松井大門. URL l 編集
No title
そういうおばさんにたてついても、騒ぎが大きくなるだけでなんも特にもならないですよね。
kovachanさんのとった態度は大人だと思います。
こういうお母さんだから、、子どももそうなっちゃうのかもしれませんね。
ある意味かわいそう…。
なーんて、あまり人のことを言える自分ではありませんが(苦笑)。
今「親業」に関する本を読んでいて子どもとの沢山の例がでているのですが、
ミーナちゃんには、「わかった」だけでなく、
「ミーナちゃんは、つばをとばしていないんだ~」と子どもの言った言葉を復唱するといい、と書いてありましたよ。
自分は実践できていませんし、そうなさっているかもしれませんが、一応ご参考までに~。
2010.10.28 Thu l ざまき. URL l 編集
No title
なかなかのいい戦いでしたね!
小さい子を持つ母親としては、こんなのヘノカッパと思って毎日を過ごさないと、ストレスが溜まり放題ですね。
最後の、ミーナちゃんへの振る舞い・・・
私もよくあります。なんで、わが子に怒鳴ってんだろ~ってね。
私は、自分が大人になる振る舞いをするために、心の中で、「ふんっ、私のほうが50倍、かわいいもんねっ!」と思います。なぜか、心が広くなる。試してください!!
2010.10.28 Thu l ねこめのひつじ. URL l 編集
No title
ミーナちゃん、 成長したね。 
泣かないでリサちゃんをかばったのだから、立派だよ。 あっぱれだ!  v-425

それにしても、その文句言ってきたババア、腹立つな~。  自分の子供が意地悪をしておいて、意地悪された子を怒るなんて、なんて、自分本位なんだ。
ほんと、ドタマかちわってしまえ~。 e-281
2010.10.28 Thu l ゴルッテリア. URL l 編集
phebee さんへ
自分のことだけでは済まない
子供を育てるって本当に大変な事なんですよね。
私一人だったら
怒鳴り倒していると思います。。。

こういう正しいことしているつもりの勘違いおばさんは
相手にしないに限りますね。

でも、
私も気付かないうちに勘違いな行動してるかもしれないし、
気をつけよ~~~。

ポチありがとう!!
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
いえいえ、
今までに何度も失敗しているから
少し学んだだけだよ。
失敗する前から論理的に考えられれば言うことないんだけどね。
でも、
子供が出来てから
(以前よりは)私も吠えなくなったよ。
大人になったなぁ、私。。。うん。。

2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
いえ、尊敬しないでください~!!
ほんと、
今まで何度も失敗しているんですよ。
私も怒りっぽくて、すぐカッとなるから
このおばさんも私と同類なんだなぁと
ヘンに同情しちゃったんです(笑)

英語が出来なきゃ、子供が守れないってことじゃ
決してないですよ。
出来るに越したことはないけど、
子供を守るのは英語じゃないです。

移住前にあまり気構えないでね!(笑)

ポチありがとう!!
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
ありがとうぅうううう!!!!!!
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
ざまきさんなら覚えてらっしゃると思いますが、
去年近所の子供に私が怒ったら
ミーナが仲間はずれにされた事件で
思い知ったんですよ。
こっちがあまり頑なになっても
ミーナに悪影響があったら意味無いですものね。

そうか、
子供の言葉を復唱するといいんですね。
実践してみます!
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
ねこめのひつじさんへ
ミーナがちょっとかわいそうだったけど
自分としては
いつもだったらけんか腰になるところを
上手く自分を抑える事ができて満足です(笑)
ミーナへの悪影響も回避できたと思うし。。。

あはは
私のほうが50倍かわいい!かぁ~
私の場合ちょっとかわいいだと無理があるので
50倍賢い!にしておこうかな。。。
あ、
それも無理があるか?(笑)
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
いつもは姉妹喧嘩ばかりしているけど、
いざとなると
ちゃんと妹を守るミーナは
わが子ながら立派だと思います。

あとは
誤解されるような振る舞いをしないように
教えないといけないですね。
もっと
人の見ていない所でぶん殴るとか(笑)
2010.10.28 Thu l Kovachan. URL l 編集
人の子に怒鳴る前に女の子に意地悪したテメーのガキしばかんかいっ!!!って感じですね~!

ミーナちゃんの揚げ足取るよりやることあるだろ!ババア!むきー!

。。。という悔しさを抑えて大人の対応、素晴らしいです。
母って偉大です!
2010.10.29 Fri l VERRE. URL l 編集
VERREさんへ
こういう妙な正義感を持った
勘違いババアが
一番始末が悪いですね~
自分は正しい事をしていると
信じ込んでいるので
手に負えません。
相手にしないに限ります!

まだまだ
私も大人への階段をのぼっている最中ですよ(笑)
2010.10.29 Fri l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/377-673c7693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。