上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先週の土曜日。

ミーナの日本語補習校の先生から
メモ書きを預かった。

そこには

「来週の土曜日は、ミーナちゃんの’発表’の順番です。
何をお話してくれるのかな?
楽しみにしています。」

が全部ひらがなで書いてあり、
最後に

「お母様、ご準備よろしくお願いします。」

と書いてあった。

’発表’というのは
毎週誰かが一人みんなの前に立って
みんなに見せたいものや、話したい事を
発表することになっている。

地元の学校でも
’Show and Tell’
と言って
ミーナがプレップの時からやっていた。

なので、
ミーナもどんなことをしなきゃいけないのかは
分かっていたが、
私がちょっと心配だったのは
それを
日本語でやる
ということだった。

ミーナに
「発表では何やりたい?」
と聞くと
間髪いれずに
「Solar System!(太陽系!)」
と答えた。

実は
地元の学校では今学期
ミーナたちは
ずっと太陽系について学んでいた。

クラスの皆で大きなロケットを作ったり、
太陽系のモデルを作ったり、
宇宙食を試食したり、
太陽系の惑星の歌や、
月の歌。

時間をかけて
じっくりと学ぶので
ミーナもすっかり太陽系に詳しくなって、
学校から帰ってくると

「ママ、冥王星はねぇ、
もう太陽系の惑星じゃなくなったんだよ」
とか、

「ダディー、地球の外にでると
重力がなくなるんだよ」
とか、

「ママ、ダディー、
木星には、ビッグレッドアイがあるんだよ」
とか、

6歳児とは思えないような発言にびっくりする。

おかげさまで
私も惑星の名前を英語で覚える事ができた。

しかし、
これを日本語補習校で発表するとなると
全部
日本語で覚えなければならない。

大丈夫だろうか、、、

ちょっと不安はあるものの、
まずは
太陽系の絵を書くことから始めた。

黒い画用紙に
惑星の絵をかく。

「黒い画用紙だと
惑星が見にくくなっちゃうね」
と私がいうと

「大丈夫よ。
惑星を折り紙で作って
黒い画用紙に貼ればいいんだから。」
とミーナ。

なんだか、
太陽系を学んだとたん
頭が冴え始めたようだ。。。

子供用の百科事典の宇宙のページを見ながら
折り紙で惑星をつくり
貼っていくミーナ。

そして、
惑星の名前を
日本語で書いて貼っていく。
(私が見本を書いて、ミーナが書き写す)

2日かけて
出来上がり。

P1050241.jpg

次は
すでに英語では分かっている惑星の名前を
日本語で覚えてもらう。

でも
わりとすぐに覚えてくれて
一安心。
興味のあることは
習得も早い。

あとは
ミーナが話したい内容を
私が紙に書き写し、
それを
繰り返し練習すればOK。

さっそく
ミーナに知っていることを話してもらい
それを私が全部ひらがなで書き取った。

しかし、

ミーナはまだ
ひらがなが全部読めなかった。。。。

結局
私が書いた紙を手に持って
読んでいるフリはするものの
話す内容は
毎回違ってしまう。

まぁ、いいや。

知識は十分あるんだし、
まして
幼稚園生の発表なんだから
リラックスして
その場で思いついた事を言ってもらおう。

そして、
当日。

ミーナがみんなの前に立つ。

13112010692.jpg

発表というと
たいていみんな
何処かに出かけたときの写真を持ってきて
見せる事がおおいので
いきなり
手作りの太陽系の絵を出したミーナに
先生もびっくり。

「わ~、ミーナちゃん、すごいねぇ、これ。
これは何ですか?」
と先生。

「これは太陽系です。
それから、
次が水星です。」

おお~
いい調子、いい調子。

「それから
金星で
次が地球。
次が火星で
次が木星。。。。」

あれ・・・

惑星の名前を
順番に言っているだけだ。。。

それでも、
先生が
「私達が住んでいるのは
どの星ですか?」
と聞くと
他の子供たちが

「オーストラリアー!」

と答えている中
ミーナが

「地球です。」

とキッパリ答えていたのには
感心した。

「じゃあ、土星にあるこのまぁるいのは何だろう?」

と聞くと

「’わ’です」

と答える。
英語の’リング’といわずに
ちゃんと
’わ’と答えられた事に
ますます感心。

13112010693.jpg

最後に
「冥王星はすごく小さくて
太陽から遠いから
寒いんです。」

と言って締めくくった。

先生からも
「ミーナちゃん、すごいね~」
を連発されて
私もいい気分。

「みんなもミーナちゃんみたいに
面白いなぁとか不思議だなぁとか
思った事があったら
こうやって調べて
発表してみるといいね」
と先生がいうので

内心

ま、うちの子には
及ばなくてよ!

とほくそ笑んでいた。 ←感じわるっ

ちょっとした
天才児を持った気分を味わえて
私は大満足だったが、
逆に
ちょっと難しい内容で
他の子たちからの反応がイマイチだったのが
ミーナには不満だったようだ。

それにしても、
心配していた日本語も、
全然問題なく、
子供が興味を持っているときの
知識の吸収力はすさまじいと
実感した。

本人は勉強という意識がなく
楽しく、興味を持ちながら
知識を吸収していく。

本来は
勉強ってこういう形であるべきなんだろうな。


ちなみに
地元の学校で宇宙食の試食をした日のこと、

「今日ね、学校で宇宙食食べたの!」とミーナ。

「へぇ、どんなもの食べたの?」と私は興味しんしん。

「チョコレートバーだよ。」

「え?チョコレートなんか食べるの??」

「うん、’MARS BAR’」

mars bar MARS=火星


「・・・・・

おいっ、学校で真剣にギャグ教えてどーすんだよ


↓大丈夫か? オーストラリアの学校教育??
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2010.11.14 Sun l 子供のこと l コメント (16) トラックバック (0) l top

コメント

すごいよ~
ミーナちゃん、すっごい頭良いよね~。
ってか、天才??

太陽系の事を発表したいなんて!
完全に理数系じゃない!!
こりゃ、将来大物になるな!

私達の子供達が大きくなる頃には宇宙旅行が
普通になってるかもしれないから、
ミーナちゃん、ちょっぴり母親の血を受け継いで、
「宇宙添乗員」とか??笑!
いや、マジでありえるかもよ~。

それにしても「Mars」には笑えたわ!!
ただ、先生が食べたかっただけじゃないの??笑!
2010.11.14 Sun l Setta. URL l 編集
No title
ミーナちゃん本当に天才じゃないですか!?
生まれた時からオーストラリアに住んでいても、ちゃんと日本語で説明できるなんてすごいです!
惑星の名前覚えるのもややこしくて大変だと思うのに、やっぱり「好きこそ物の上手なれ」ですねe-420
勉強ってさせられるのと自分で興味を持って学ぶのとでは、ぜんぜん吸収のしかたが違いますよね。
これからもどんどんいろんなことに興味を持って、楽しく知識を吸収していってほしいですね!
私も娘がオーストラリアで楽しく勉強してくれるといいなぁと思います!

ポチ!
2010.11.14 Sun l yuukari. URL l 編集
No title
すごいね~ミーナちゃん。

私が惑星の名前を英語で覚えたのは「セーラームーン」が流行ってから。
惑星を折り紙で貼る発想もナイスv-218

これを機会に宇宙飛行士目指します?

頑張れ、ポチ☆
2010.11.14 Sun l phebee. URL l 編集
すご~い
ミーナちゃん、すばらしいですね!
おっしゃっているように子供が興味もったことを助けてあげれば伸びるんでしょうね~。
いや~、素敵!
こうやってSHOW&TELLで人前で発表する機会っていいですよね!
日本でも導入してほしいな~。

あとは私事になってしまい申し訳ないのですが、
ちょっと前に聞いた子育て講演会で、子供を褒める時に「「すごい」(とか「おりこうさん」)と子供の性格を褒めるのはダメ」と聞いて、なにか作品を作って「「すごい」「すばらしい」って褒めちゃいけないのかな~?」って迷っていたんです。
(こうやって人の言ったことを鵜呑みにマジメに考えてしまうです。。)
でもこの記事を読んで、すごいものはすごいんだから言ってはいけない、、なんて躊躇することはないんだ、、と思いましたよ。
先生だって言っているし~。

ミーナちゃんすごいです~!
2010.11.15 Mon l ざまき. URL l 編集
No title
凄いなミーナちゃん、 

普通、発表するって言っても、何を発表するのか決めるだけでも時間がかかるのに、自分で発表するテーマを作っただけども、非凡な所があるね。
惑星を折り紙ではるアイディアとかも素晴らしいと思うよ。 単純に物を覚えるだけなら、誰でも出来ると思うけど、考えながらやれたというところが凄いと思う。

日本語なんて、あっという間に覚えそうだね。
うらやましい。
2010.11.15 Mon l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
こんにちは♪

ミーナちゃん、すご~~い!!
興味を持ち、深く学んでいて、素晴らしいなぁ。
発表も、日本語で出来て、拍手を送ります~~(^^)

応援♪
2010.11.15 Mon l BiBi. URL l 編集
Settaさんへ
毎年ミーナの学校では
最終学期に一つのテーマを決めて
ずっとそれについて学ぶんだよね。
去年は世界の国についてだったので
国旗と国名なんかたくさん覚えてきたよ。
それで
今年は宇宙だったみたい。

ミーナが特別ってわけじゃないけど、
やっぱり
自分の子供がたくさんの知識を持ち始めるのは
感動ものだね(笑)

あはは
宇宙添乗員?
Mars Barかじりながら
添乗してそうだね(笑)
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
学校のほうで、
楽しく教えてくれているから
ミーナも興味持つんでしょうね。
色々疑問は感じるところがあるけど、
こういうところがいい学校だなと思います。
日本語も
惑星の名前はすぐに覚えちゃったんですけど、
やっぱり説明となると難しいですね。
日本語も楽しく覚えていってくれるといいんですが。。。

ポチありがとう!!
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
phebee さんへ
私も小さい頃宇宙にすごく興味があって
「宇宙のひみつ」とか、
百科事典とか
穴の開くほど眺めていた時期があったんですけど、
宇宙飛行士にはなれませんでした・・・(笑)
ミーナに夢を託そうかな?

ポチありがとう!!
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
そういえば、
日本の学校では「発表」ってあまりなかったですよね。
地元の学校では
プレップの時から毎週あるんですよ。
こっちの人はそうやって自己主張を学んでいくのかな?

私もざまきさんの記事を読んで
「すごい!」はいけないのか~と思っていたんですけど、
大人の私だってすごいと言われれば嬉しいし、
褒めるのに悪いことはないですよね。
すごい! おりこう!
言いまくっちゃいましょうね♪(笑)
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
たまたま地元の学校で宇宙の事をやっていたので
ちょうどよかったです。
いつもだったら
私が「こうしたら?」と言わないとできないのに、
好きな事だと
自分から色々考えてやるんですよね。
楽しく準備が出来てよかったです。
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
BiBiさんへ
やっぱり学校で一学期間かけて
一つの事をじっくり学ぶのって
いいですよね。
低学年のうちだけでしょうが、、、
いろんなことに興味を持って
たくさんの知識を吸収してほしいです。

応援ありがとう!!
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
No title
うわ~、ミーナちゃんカッコいい!

興味があることは覚えるのが早いというけれど
ミーナちゃんは、同じ歳の子供より凄いと思う!

応援ポチポチ
2010.11.15 Mon l キラキラママ. URL l 編集
No title
よくやった~~~~~ぞ~~~~!!!!

ハハハギャグ1番!!!
2010.11.15 Mon l 松井大門. URL l 編集
キラキラママさんへ
いや~
どちらかと言ったら
ミーナは同い年の子に比べて
ちょっとゆっくりペースのところもあるので
たまにこうやって博識ぶりを披露してくれると
なおさら嬉しいんですよね~
親バカです。(笑)

応援ありがとう!!
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
学校で
こんなしょーもないギャグって
どうなんでしょうね~?(笑)
2010.11.15 Mon l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/387-e3653670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。