上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日
ある方からコメントをいただいた。

私のスピード違反裁判に関して、

裁判に関わる仕事をしているので、
何かアドバイスできないかと思いコメントしました。
よかったら
その道路の詳しい情報を教えてください

とのこと。

なんて、親切な方なんだ!!!(号泣)

地獄に仏?
渡りに船?
豚に真珠? 違うか。。。

裁判に関わるお仕事なんて
きっと毎日忙しいに違いない。

たかだか罰金200ドルの私の裁判で
人の手を煩わせるのも心苦しいのだが、
記録にもなるので
ここに記しておこうと思う。

裁判関係にはうんざり
という方もいると思うので、

この先は
続きを読む
からお入りください。

↓その前に、いつものね!
にほんブログ村 海外生活ブログへ




まずは全体図

P1050328.jpg
米印はポリスから約120メートルの位置で
ポリスが私の速度を計測した事になっている場所。


高速道路を降り、
まず最初に80キロの表示がある。

ここでは80キロにスピードを落とした。

そして、
この後すぐに来る60キロの表示、
私はこれに気付かずに
そのまま80キロで
走り抜けたのだった。

しかし、
絵で見てもらえれば分かるように
60の表示の後は
クネクネ道になる。

まず最初のカーブはこんな感じ

P1050270.jpg

80キロでいけないこともないが、
この後のカーブが

P1050271.jpg

ほぼ90度に近いカーブなので
ここはいくらなんでも80キロは絶対に無理。

最初のカーブからすぐにこの急カーブになるので、
最初のカーブに入った直後にスピードを落とさないと
危険だ。

この後何度も同じ道を通り
実験したが   あぶねーなぁ
私の運転技術では
60キロが精一杯だ。

というわけで、
制限速度60キロに落としているはず。

しかし、
このあと、緩やかなカーブがあり
P1050272.jpg

直線コースにでる。
P1050273.jpg

その後、
2車線が3車線になり、
しばらく行くと
信号がある。
3車線のうち右側2車線が直進と右折用の信号。
一番左の車線は
左折専用で、信号はなく
注意しながらいつでもまがっていいことになっている。

このカーブから
直線道路にでるところは
スピードを出しやすい。

この辺でたくさんの車が
私を追い越していった事が記憶にあるのだ。

情けない事に
私自身が
ここでスピードアップしたかが
思い出せない。

ただ、
私がここで80を出したとすると
あの追い越していった車たちは
90キロか100キロ近く出していた事になる。

交通量がわりと多く、
左側にポリスが立っていたため
やたら、右側の2車線が込んでいた。
信号待ちの列も長かったので
90キロ以上出すのは難しい状況だと思う。

カーブを出て信号待ちの列まで、
スピードを出せる距離が100キロ位だとすると
90キロで走行できるのはたかだか3.9秒。
80キロに落とせば4.5秒。
彼らのほうが80キロくらいだったのではと推測する。

ってことは
彼らよりはるかに遅く走っていた私は
80キロもでていなかったということになる。

まぁ、
結局は推測の域をでないので、
説得力0なのだが、、、

次に、
ポリスが立っていた場所から
写真を撮ってみた。

P1050281.jpg

ちょうど奥の白い車が
カーブから出てきたところ。

違反切符には距離が120メートルと書いてあったので
この位置から
だいたい
写真中の白い車か青い車くらいの距離だろう。

しかし、
この二つの車、別の車線を走っているのに、
一列に見えないか??

そう、
ゆるいカーブがあるので、
ポリスの位置から遠くのほうは
車線が確認しにくい。
ほんのちょっとのズレで
隣の車線の車にスピードガンを当ててしまいそうだ。

しかも、
さっきも言ったが
この日は左側にポリスが立っていたので、
右の車線がすごく込んでいた。
左車線にいた車も
突然右に車線変更する車が多かったのだ。

そして、
私の前にも一台車がいて、
直線コースに入ってから
突然右の車線に移動した車がいた。

強引な移動の仕方だったので
「何だろう・・・?」

不思議に思っていたところで
私がポリスに止められたのだった。

ポリスは
「ここに車を寄せてまってなさい」
と言い、
私の前につかまったと見られる車の主と
話をしに行き、
それが終わるまで
私はしばらく待っていた。

つまり、
ここには
ポリスが間違えやすい状況がたくさんあったのだ。

120メートル先は、ゆるいカーブなので
どの車線の車か判別しにくい事。

私の前に車がいて
突然車線変更したこと。

80キロで走行していたとすると、
120メートルの場所は5.4秒前のこと。
そのときはポリスは
他の人の違反切符を切っている最中だった。
もし、
違反切符でなくて、
あれはポリスの友達だったとしたら
それこそ、業務中に何しとんのじゃ!
ということになる。
つまり
ポリスの仕事の正確性が疑われる。

そして、
このあとすぐに左折のため
P1050278.jpg
すでに
ポリスが私を止めるために
車線に飛び出しても
ひき殺さないほどに
スピードを落としていた。
ってことは、
他の右折の車と同じように
私がスピードを出せるのは
たかだか100メートルくらいの距離。

ほんの数秒間のためにスピードアップするような
ガソリンの無駄遣いを
私がするだろうか。。。?

この日のポリスは
車ではなくてバイクに乗って来ていた。
そして、
たった一人で手のひらサイズのスピードガンを持って
仕事をしていた。

状況的に
ポリスの間違いだった可能性が
極めて大きいような気がするのだ。

まぁ
一番いけないのは
私がちゃんとスピードメーターを確認しながら
運転してなかった事だ。

以来私は
神経質なほどにちらちらとスピードメーターを見るようになってしまい
かえってあぶなっかしくもあるのだが、
それも仕方がない。

最初は
私は無罪です!
といって、
以上の事を証言しようと思っていたのだが、
良く考えてみれば
全てが
私の記憶なので
証拠にならない。
なので、
証言にもならない。

かえって裁判が延期になってよかった。

次回は
自分は無罪だと信じてますが
証拠がないので
有罪を申し立てます。
でも、、、
云々かんぬん・・・
と以上の説明を続ける事にしようと思う。

そのほうがもっと真実に近いので
私も気が楽だ。

勝てればそれは嬉しいが、
やっぱり罰金を払いなさい!
っていう判決になっても
それはそれで、良いと思う。

警察に捕まったのが不服だったにしろ、
確たる証拠もなく
私の記憶を法廷で延々と喋ったって
「うん、分かる分かる、そうだよね~」
と言ってもらえるほど法廷は甘くない。

でも、
納得いかないことを法廷に持ち込む権利を
私たちはもっているんだし、
その費用だって自分で負担するんだし、
その権利を行使し、
そして、
そこからでた結果だったら
どんな結果でも、納得いくだろう。
ってか
納得せざるを得ないだろう。

最近では
スピードは5秒おきに確認するようになったし、
黄色信号は注意して進め!
ではなくて
黄色=止まれと認識して
他人に迷惑なほど
黄色になった瞬間から止まる事にしている。
後ろから激突される危険性もあるが。。。

なんだかんだ言って
惰性になりかけていた私の運転も
こういうことがきっかけで
もう一度緊張感を取り戻す事ができ
結果的には良かったと思う。

神様がいるとすれば、

「このままだと、
大きな事故を起こすから
気を引き締めなさい!」

私の注意を投げかけてくれたのかもしれない。

今回の裁判の延期にしたって
「もういちど自分の主張を考えて見なさい」

チャンスを与えてくれたのかもしれない。

能天気発言で申し訳ないが、、、

私ってばラッキーだ。

そんなわけで、
心機一転、
来月の裁判が楽しみに感じ始めた
今日この頃であった。。。

 
↓何事も経験は大事!
にほんブログ村 海外生活ブログへ


スポンサーサイト

2010.12.12 Sun l 裁判 l コメント (18) トラックバック (0) l top

コメント

ドライブレコーダー
永い間の海外生活の経験から西洋人は平気で
黒を白と言い切る人たちが多い。
馬鹿を見るのは正直者、それじゃ~あまりにも悔しいから突発的な事故などに役に立つドライブレコーダを愛車に数年前設置しました。
事故前10秒事故後10秒を自動的にメモリーカードに録画します。今までこの証拠Videoを使ったことはありませんが、安心です。
すべてメモリーカードに録画してパソコンで見ることができます。車に1台必要ですよ。
ドライブレコーダーと検索すれば色々でてきます。

2010.12.13 Mon l qld. URL l 編集
No title
そういうふうに前向きに考えれるようになって良かったですね。
今話題のE氏にも聞かせてやりたいわ。

私も最近は年のせいか判断力が鈍って来ました。
お互い事故らないように注意しないとね、ポチ
2010.12.13 Mon l phebee. URL l 編集
No title
こうやって困難を前向きに考えられるkovachanさん素敵!
2010.12.13 Mon l ざまき. URL l 編集
No title
それだけ、状況証拠があれば、必ず罰金は軽減できると思うよ。  というか、警察側もkovachanの車がスピードオーバーしたか? 立証できないのでは?
日本では、疑わしきものは、罰せずというのあるんだけど、 その理論からいうと、 無実もありえるのじゃ?

読む側からも、次の裁判がとても楽しみです。 (笑
2010.12.13 Mon l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
ははは
やるだけやってみよぅうううう!!!
何かのプラスは必ずあるよ!!!
2010.12.13 Mon l 松井大門. URL l 編集
No title
自分でここまで検証できるのはすごいと思います!
たとえ推測だとしても、私にはその時の状況がよくわかる説明でした!
運転に気をつける良いきっかけになりましたねi-179
前向きに考える方が気楽だと思います。
次の裁判、私も楽しみです。

ポチ!
2010.12.13 Mon l yuukari. URL l 編集
qld さんへ
> 永い間の海外生活の経験から西洋人は平気で
> 黒を白と言い切る人たちが多い。

あ~
それ分かります~!!

ドライブレコーダーというのがあるんですね。
知りませんでした。
使わずに済むに越したことはないけど、
何かの時にはすごく役立つアイテムですよね。
さっそく
調べてみますね。
情報をありがとうございます!
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
phebee さんへ
いくら気をつけてても
いきなり追突されたりとか
避けられない事故もあるかもしれないけど、
自分の不注意の事故だけは避けたいですよね。
毎日の事だとつい軽んじてしまうけど
やっぱり気を引き締めて安全運転を心がけなきゃいけないなと
思いました。
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
いつも
困難とかいやな事の裏には意味があると
思っているので
頑張れるんだと思います。

でも、
私にとって一番つらい
子供の愚図りの意味は
未だに意味が分かりません。。。(汗)
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
この状況だと
警察のミスのほうの可能性のほうが
極めて高いような気がするんですよね。
でも、
あくまでも私の記憶ですから
適当に話を作ったと疑おうと思えば
いくらでも疑えるし、、、
ウソはついてないので
このまま裁判の持っていって
あとは裁判官にお任せする事にします。
楽しみにしててくださいね!(笑)
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
あんまりの無茶をしなければ
色々な経験をしておくのは
大事だなと思います。
困難があっても
結果的にマイナスよりプラスが多ければ
いいんですよね。
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
裁判の勝ち負けよりも
結局一番大事なのは
常に安全運転を心がけなければいけないと
私が学ぶ事なんだと思いました。
大きな事故を起こしてから学ぶより
よっぽどいいですよね。
裁判もすごく緊張するけど、
それもまたいろいろと勉強になるし、
いいことずくめ!?です(笑)

ポチありがとう!!
2010.12.13 Mon l kovachan. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.14 Tue l . l 編集
No title
こうして、自分でしっかり振り返るところが凄い!
みんなが応援しているよ!

応援ポチポチ
2010.12.14 Tue l キラキラママ. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
ありがとうございます!!
では
お言葉に甘えて。
2010.12.14 Tue l kovachan. URL l 編集
キラキラママさんへ
ありがとう!
頑張りますv-91

応援もありがとう!!!
2010.12.14 Tue l kovachan. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.14 Tue l . l 編集
tomoさんへ
ありがとうございます。
警察が一人でやるのは
大きな通りでなければよくあることみたいです。(旦那の話では。。。)
なるほど、
120メートルって測定するには遠い距離になるんですね~。
これ全部、
あくまで
自分の記憶に頼った自論でしかないので、
こうして言っていただけると
ちょっと自身が持てます。
2010.12.15 Wed l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/401-f31762e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。