上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
私のメールはhotmailとyahooを使っている。

yahooは便宜上最近使い始めた一方、
hotmailメールのほうは、
オーストラリアに来て、すぐに登録して以来
使い続けている。

かれこれ7年弱。

ジャンクメールなどはすぐに消去しているものの
それでも、未開封メールは300近くあり、
何を思ったか
今日突然
受信トレイを整理整頓し始めた。

そして開いたページは
なんと、
2004年4月。
私がオーストラリアに来てすぐhotmailを開設した時。

一番最初に来たメールは
実家の母からだった。

おそらく私が
「これが新しいメールアドレスです」
と書いて送った
返信だったのだろう。

2004年4月11日 母より

「練習中」

そ、、、
そうだ。。

当時、母はコンピューターなどいじった事がなく、
まして
キーボードなんて打ったことがない。
ローマ字入力に四苦八苦してたっけ。

この
「練習中」という一言を入れるために
どれだけの時間を費やしたんだろう。。。

でも、
海外に渡った娘に対しての初めてのメールが
「元気?」とか「体の調子はどお?」(私は妊娠8ヶ月だった)
じゃなく、
「練習中」
とは、
なんとも母らしい。

そして、次のメール

4月13日 母より

「いい天気?」

おお~
「?」を使うとは、シフトキーを押すことを学んだのか?

それにしても、
海外に渡った妊婦の娘に対して
「元気?」とか「体の調子はどお?」
じゃなく、
天気の話題とは、
なんとも、母らしい。

そして、
なんと、
次のメールには
単語ではなく、
初めて、文章が書かれていた。

4月15日 母より

「今日おば茶間の独鈷路にいた、Kovaのこといろいろはなした。写真きれいといたいた」


・・・・・

努力は認めるが、
意味不明。。。

いったい何が言いたかったんだろう。。。

一生懸命記憶の糸をたどる。

おそらく、

「今日、おばあちゃま(私の祖母)のところに行った。
 Kovaのこと色々話をした。
(結婚式の)写真、(おばあちゃまが)綺麗といっていた。」

と言う事なんだろう。

それにしても、
ひでえな

文章が打てると、自信を持った母は
翌日にもメールをくれていた。

4月16日 母より

「御返しすべておわた。○○せんせいからへんげかきた」

へんげかきた???

う~ん、むむむむむ、、、

おそらく
この3ヶ月前の私の結婚式にご祝儀を下さった人たちへの
お返しが全て終わって、
その中の一人の○○先生から
さっそく返事がきたという事なんだろう。

この○○先生の名前まで間違って打たれているので、
思い出すのに時間がかかった。

ようやく母もキーボードに慣れてきたらしく、
その後のメールは
それ程頭を悩ますものではなくなっていた。

それでも
しばらくの間は
小さい「っ」の打ち方が分からないらしく、

「○○さんに、あなたがけつこんしたと報告した」
とか

「犬がさみしがつてるよ」
とか

そんな感じだった。

そして、

この母とのやり取りのところどころに
兄からのメールも入っていた。

4月13日 兄より

「おい!なぜ、オレ様にもメールをよこさないのだ!」

オレ様って・・・

4月18日 兄より

「まだ産まれないのか?
 本当は妊娠してるんじゃなくて
 う○こがたまっているだけじゃないのか?」

おいっ!
予定日は6月だ!!!

そして、
一度だけ父からもメールが来ていた

4月24日 父より

「母は今日めずらしく教祖様のところへは行かず、晩飯を早く作ってくれた」

き、、、
教祖様・・・????

そういえば、
日々欠かさず社交ダンス教室に通っていた母に対し、
父はよく
「今日もご信心に励んでおられますなぁ~」
と皮肉っていたっけ。
そして、
母のダンスの先生の事を教祖様と呼んでいた。

それにしても、
どいつもこいつも
「体調はどうですか?」
とか
「そちらの生活はどうですか?」
とか
「がんばってね」
とか
普通、妊婦の娘が海外に移住したら
言うだろうという言葉がない。

ってか、
妊婦の妹に
「う○こがたまってるだけじゃね~の?」
とか言わないだろ普通。

でも、
こんな直球勝負の毒舌ファミリーだが、
いつも言葉の裏には愛情がちゃんと隠れているのを知っていた。
言葉にはしなくても
たくさん心配してくれて
たくさん寂しく思ってくれていたんだと思う。

まだ、
祖母も父も犬も生きていて、
私の大好きな人が全員揃っていた。
家族を守ってくれていた父が亡くなって
私達一家が現実に直面するまでは
いっぱい、いっぱい笑顔があった。
そして、
私が子供を産んで母になる直前、
離れていても
私が末っ子の甘ったれの子供で居られた
最後の時間だった。

読みながら
笑ってしまったが、
同時に
7年という時の流れと状況の変化に
キュッと胸が痛くなった。

もう戻ってはこないあの時間。
でも、
確かにあの時はあったという証拠に
このメールはずっと大事に
とっておきたい。


↓う○こじゃなくてミーナが産まれてくれてよかった。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ









スポンサーサイト
2011.01.20 Thu l 思い出 l コメント (18) トラックバック (0) l top

コメント

No title
私の胸もキュッと痛くなった
目が熱くなった
kovaちゃんの家族の素敵なことと言ったら・・・
kovaちゃんが素敵な家族を作っている理由が分かる気がする
2011.01.20 Thu l Lily姫. URL l 編集
No title
ぷぷぷぷ!!

かなり笑わせてもらったよ~!!

Kova家の人々はみんなとってもお茶目!

ちっちゃい「つ」はすっごく分かるよ。
なんてったって自分もそうだったから!笑!

手紙という形では無い時代になってしまったけど、
メールの思い出もまた良いものだね。
大事に保存しておいてね。

う○こでなくて、ミーナちゃん誕生祝いポチ!爆。
2011.01.20 Thu l Setta. URL l 編集
No title
最初は、お母様のメールで涙がでるほど笑わせてもらい、最後は涙がでるほど切なくなりましたi-241
家族からのメールって、本当何気ない普通の言葉の裏に大きな愛情がこもってますよね!
時の流れは止められないけど、思い出の証拠はずっと残しておきたいですね。

ポチ!
2011.01.21 Fri l yuukari. URL l 編集
No title
楽しい御家族ですね。
小さい「っ」や濁点の付け方がわからないのは義姉も同じで、いつも解読に時間がかかります。
私もさっさと消さないで取っておけばよかったな。

今日、かんぺいちゃんが地球一周マラソンのゴールを迎えます、ポチ☆
2011.01.21 Fri l phebee. URL l 編集
No title
笑わせていただきつつ、ホロっときてしまいました。
私も末っ子なので、あの家族そろっていて甘えさせてもらっていた時期を懐かしく思います~。

うちの母のメールも意味不明なことが多いです。
「たぶんこういうことを言いたいんだろうな~」と予測しながら読んでいます。
でも機械が苦手ながらも一生懸命娘にメールを書こうと努力してくれていることがありがたいですよね~。

この面白いご家族あってのkovachanさんなんですね~。
2011.01.21 Fri l ざまき. URL l 編集
No title
日本語をタイプするのって、凄く難しいよね。
それを一生懸命やろうとしているお母さん偉いな。

私の働いていた前の会社は世の中にemailが普及する前から、社内は電子メールが普及していたので、年を取った人も英文のタイプは出来たんですよ。 それが、急に今のemailになって、日本語が使えるようになった時、 タイプ難民が増えた。(笑 その頃のメールを思い出しました。  信じられないけど、未だに日本人なのに、まともな日本語タイプできないのが存在している。 (笑

お母さんのメールの方がよっぱど、心が伝わる。
2011.01.21 Fri l ゴルッテリア. URL l 編集
Lily姫さんへ
あの頃って、
オーストラリアに来たばっかりの不安はあっても、
まだ子供も生まれてなかったし、
姑との確執もなかったし、
実家の家族もみんな揃っていたし
私にとって
最後の平穏な、特別な時期だったんですよ。
思い出すだけで、やっぱり胸がキュッとなります。
でも、
昔を思うより、今を生きなくては、、、ですね!
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
ずっと忘れてたけど、
うちの母はキーボードがまったく打てずに
私の渡豪前、必死に練習してたんだよね。
めちゃくちゃな文章でも
そのまま送っちゃう度胸がすごいよ。

あはは
ほんと、産まれたのがミーナでよかった。
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
yuukari さんへ
なんだか、メール読むと笑っちゃうんだけど、
どれほど私が
残してきた家族に寂しい思いをさせたかと思うと
やっぱり胸が締め付けられる思いになっちゃいます。
でも、
離れているからこそ、素直になれたり
思いやったりできて、
一番いい時期だったと思います。
このメールは宝物です。

ポチありがとう!!
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
phebee さんへ
文章がめちゃくちゃなのはともかく、
そのまま送るところが、
やっぱり母だなぁと思いました。(笑)
たしか当時、
それを電話で、母に言ったら、
「だって、直すのも面倒くさいんだもの。
 あなたが何とかして、意味を理解してくれればいいじゃない?」
と言われた記憶があります。。。
ツワモノです(笑)

ポチありがとう!!
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
ざまきさんも末っ子なんですね。
私は兄2人いて、ちょっと歳の離れた末っ子の一人娘だったので
相当に甘やかされて育ったんです(笑)
家族がみんな居て、
私が好き勝手やっていた時間が懐かしいです~。
でも、
そういう時があったからこそ
今頑張らなきゃいけないんでしょうね。
人生の帳尻あわせ?(笑)
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
そうそう
会社によっては早くから電子メールを使っていたんですよね。
私が就職したばかりのころ、
NECに勤めていた友達は電子メールがどうのこうのと話していましたが、
当時銀行に勤めていた私にはチンプンカンプンでした。
手紙を社内便の封筒に入れて、
庶務行員と言う人たちが、銀行の支店間を行き来して書類を届けていたんですよ~
今では考えられない光景です(笑)
20年弱前までそんな感じだったんだから、
母がおかしな文章を送ってくるのも
しょうがないかな?(笑)
2011.01.21 Fri l kovachan. URL l 編集
No title
ははは
ナイスファミリ-だぁああああああ!!!
2011.01.21 Fri l 松井大門. URL l 編集
No title
お母様はメール送れるだけでもスゴイですよ。うちの母親はたぶんPCを触った事すらなかったと思います。
最近はデコメとか出来ちゃったりするんじゃないですか~?
家族仲良しでいいですねv-209v-208v-206v-205
2011.01.22 Sat l hisachan. URL l 編集
じーん。
泣かせていただきました。

いいお兄さんじゃないですか(笑)。

お母様のメール、永久保存してくださいね。

あさって日本へ着地します。初めての羽田着。
わくわくです。今回は3週間です。 春はKOVACHANさんに野毛で会えそうですね、待ち遠しい♪
2011.01.23 Sun l ピノミホ. URL l 編集
松井大門先生へ
ありがとうございます~。
かなり毒舌ファミリーでもあるんですけどね。(苦笑)
2011.01.23 Sun l kovachan. URL l 編集
hisachan さんへ
母は私が移住する前に、初めてパソコンを触ったんですよ。
これからメールで連絡とるようになると思って、
練習始めたんですが、
教える私のほうが、辛かったです(笑)
最近は、ブログで私の様子が分かるので
全然メールでのやり取りがなくなっちゃいました。
もう打ち方忘れちゃったかも・・・!?
2011.01.23 Sun l kovachan. URL l 編集
ピノミホさんへ
あはは
このメールをよこした兄は
ピノミホさんの中学の後輩ですよ(笑)

あさって日本ですか!?
いいなぁ~
私も4月が待ち遠しいです。
野毛で飲みましょうね~!!
2011.01.23 Sun l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/423-32783d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。