上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨年の1月、
義母が大病を患った。

あるとき、
転んですりむいた足のすねの部分。
単なる擦り傷だったのだが、
傷が治るどころか
日に日に深くなっていった。

2週間ほどしても
傷はますます酷くなるばかり。
3週間すると
小さかった擦り傷が
500円玉ほどの傷に広がり
しかも皮膚がえぐれてくるように。

もちろん医者にも行ったが、
様子見といわれるばかりだった。
4週間たって、
ますますえぐれてくる傷口に、
さすがに
医者もやばいと思ったらしく、
紹介状を書いて、
義母を病院に送り、
精密検査を受けることに。

すると、

足の付け根近くの血管が
少し詰まっているのが発見されたのだが、
さらに
検査をしてみると、
心臓近くの血管のひとつが
完全に詰まって
血管が機能していないことがわかった。

下手をしたら
命に関わる。

これは大変!
ということで
緊急大手術。

公立の病院でも
命に関わる病気の場合は
対応が早い。

すぐに入院をして、
手術前の精密検査を行い、
数日後、
手術となった。

心臓をいじる大手術なので
手術前には
医師からの詳しい説明がされるのだが、
しつこいほど、
この手術で命を落とす可能性もある
という事を
言われたらしい。

たぶん
万が一のための責任追及を逃れるためだろうが、
義両親、
とくに義父のほうが
激しく落ち込んでしまった。

こういうときは
女のほうが強いのだろうか・・・?

しかし、

手術中、

実際に
義母の心臓が一旦
止まってしまったらしい。

すぐに手当てを施し
事なきを得たのだが、
やはり
それほど危険を伴う
大手術だったようだ。

しばらく入院生活が続いたものの、
退院してからは
やはり
血液のとおりが良くなったせいか、
以前は
動くのが億劫そうだったのに、
心なしか
動きが軽やかになっていた。

そして、
足の傷も
見る見るうちに治っていき、
数ヵ月後には
元気な義母にもどっていた。

それでも
しばらくは
通院がつづいていたが、
そのほかに
医師から
心理カウンセラーのところに行くように
勧められていた。

特に
義母が精神に異常をきたしたわけではないのだが、
こちらでは
大病を患い、
大きな手術をした後は
たいてい
心理カウンセラーのところに
患者を送るらしい。

そう、
直接の病気の治療だけでなく、
それにともなう
心のケアまでしてくれるのだ。

もちろん
それも
治療の一環なので
保険が適用されて無料で行ける。

手術が終わってから
数週間に1回。
月日が経つにつれ、
月に1回とか
2ヶ月に1回とか
期間が開くようになるが、
1年間行き続けた。

義母は
神経が図太いというのか
自分の世界に住んでいるところがあるので、
手術による
精神的な大きなダメージは
医師が思うほど
なかったようなのだが、
(むしろ義父のほうが、ダメージが大きかった)
プロの心理カウンセラーと
他愛もない話をするというのが
義母にとって
とても楽しい経験だったようだ。

どちらかというと
義母にとっては
大手術よりも
心理カウンセラーに行った経験のほうが
影響が大きかったようで、

なんと、

今年、

義母が一大決心をして、

自分もカウンセラーになるために
大学で心理学を学ぶ!

と言いはじめた。

何か
悪い冗談だと思って
最初笑い飛ばしていたが、

実は本気だったようで
すでに申し込みもして、
明日
大学の面接を受けてくるらしい。

大学の学費は
払えなかったら、
卒業して働いてから学費を返すというシステムがあるので
それを利用するようだ。

でも、
心理学のコースは4年間。
義母はすでに60を過ぎている。

本当に大丈夫か?

とは思うものの、

ここ10数年
ひきこもりがちで
無気力状態だった義母が
何かをやろう!
と本気を出したのを見たのは
初めて。

これは
思いっきり応援したい。

それにしても、

怪我をしなかったら
大病を患っていたと気付かなかったし、
大病を患わなければ
心理カウンセラーに行く事もなかっただろうし、
心理カウンセラーに行かなければ、
何かを始めようという、
前向きな意気込みはなかっただろうし、、、

転んで怪我をした。

という小さな出来事が
人生を大きく変えることもありうる。

ほんと、

人生って面白いなぁと
つくづく思った。

今回は
大変な思いをしたというネガティブな経験を
大学での勉強というポジティブな意思に変えた義母に
拍手を送りたい。


↓頑張れ義母!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ







スポンサーサイト
2011.02.17 Thu l オーストラリアの医療 l コメント (20) トラックバック (0) l top

コメント

No title
凄い!
素晴らしいですねっ!!!
そして・・・びっくりぎょうてんしながら・・・読みました。ちさな傷が・・・心臓にかかわる傷・・・
怖い・・・v-12
・・・でも・・小さなきずのおかげで?っておかしいけれど・・・悪い所?直せてしかも!
お母様これからのの人生有意義に☆おくれますねっ☆「だからっ「よかったv-238
よかったですよかった~v-223

がんばってくださいねっポチ♪
2011.02.17 Thu l mina. URL l 編集
No title
お~~、すごいですね!
素晴らしいです。
海外の方は高校卒業してからすぐじゃなくても学びたかったら学ぶ、、ということが多いことは知っていましたが…。
失礼ですが、、今までお義母様には「ちょっと無神経」という印象しかなかったので(ごめんなさいっ!)、心理カウンセラーなんて、、大丈夫かな??なんて思ってしまったのですが…、でもご自分でピン!と来る物があったんでしょうね!
学びたいから学ぶ、、素敵です~。
2011.02.18 Fri l ざまき. URL l 編集
No title
早々、人生リタイヤ気分になっていると、本当に老化が激しいと感じている私からすれば、
60過ぎで、4年の大学に行ってさらにカウンセラーになるって、凄いな。 なにか目標を持てるって、気持ちも体力も若くするんだろうな。
羨ましいな。
2011.02.18 Fri l ゴルッテリア. URL l 編集
素晴らしい!
素晴らしいお義母さんです!
Hecs っていうらしいね、学費を国から借りられる制度。
うちの娘もそれで大学に行ってます。
卒業して本人が働くようになってから、ある一定の金額以上の年収になったら返済するらしいです。
(ならなかったら・・・???)
Kovachan さんもオーストラリア市民権をゲットしたら、(してる?)それで大学に行けます!
すべての人が大学に行ける権利があるなんてステキ!
でも、娘曰く、「行くのは誰でも行けるけど、セメスター毎の試験にパスするのたいへん。」らしいです。
お義母さん、ガンバ!
2011.02.18 Fri l ちりとて. URL l 編集
No title
すごい!
実はウチの実母も、退職したら大学に行くように父と勧めているんです。
母は成績は優秀だったにも関わらず女の子だからという理由で大学にいかせてもらえなかったらしいです。
奨学金とか夜学の存在も知らなかったので泣く泣く諦めた、という昔ならではの悲しい思いをしたようなのです。
年齢を重ねても新しいことを始めようとする人たちには勇気付けられますね。私も負けずに頑張らなきゃ~。
2011.02.18 Fri l 結. URL l 編集
すごいですね
お義母さまのように経験豊富な方がカウンセラーだと心強い?
60歳を超えても学ぶのに遅い事はないのですね。
かえってボケ防止でいいかもe-440

うちの母もパソコン教室に行って、70になる今はボランティアで公民館で教えています。
見た目白髪のおばあさんなので、皆さんびっくりされますよ。

前向きになったお義母さんに応援ポチ☆
2011.02.18 Fri l phebee. URL l 編集
こんにちは。
すばらしい v-237

「時は今」
スタートに年齢は関係ないv-237ないv-363v-363
2011.02.18 Fri l ボス。. URL l 編集
No title
大変でしたね。
でも、怪我をしたからわかってよかったね。

それから、スコーンを作ったけど違うものになっちゃったよ。。。

リンクしてくれてありがとう。
私もさせてくださいね♪

応援ぽちぽち
2011.02.18 Fri l キラキラママ. URL l 編集
No title
うちの義両親も60歳を過ぎていて、ずっと引きこもりがちで無気力状態が続いています。。
年を取ると、あまり「変化」を好まないようで、いつも同じような生活をして、外食しても同じ店に行ったり・・・みたいなんですよねi-202

お義母さんすごいですねi-199
60歳を過ぎてから何かにチャレンジするって、簡単なことではないと思うけど、頑張ってほしいです!!
ほんと、人生って何があるかわからないですね。
応援してます!

ポチ!
2011.02.18 Fri l yuukari. URL l 編集
minaさんへ
今回の義母の決心には
家族一同びっくりしています(笑)
でも、
小さな傷がきっかけで
こういう風に人生が変わっていくって
不思議ですよね~。
がんばってほしいです。
ポチありがとう!!
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
ざまきさんへ
いくつになっても学びたい時に学べる環境って
いいですよね。

実は
私もざまきさんとまったく同じ意見でした。。。(笑)
しっかり勉強してもらって
人の不幸を喜ぶ悪癖だけでも
治ってもらえればと期待してます。
がんばってほしいですね。
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
今まで、かなり長いことひきこもっていただけに
義母の決心には
家族一同喜んでいます。
というか、
一同びっくり!!

きっと、これからは
生き生きした義母がみれると期待してます。。。
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
Hecsっていい制度ですよね。
うちの旦那もそれで大学に行きましたよ。
でも、
今のところ一定金額以上の収入がないので
学費の徴収は保留状態です(汗)
こちらの大学は
とりあえず学歴のために行くのではなくて
本当に勉強する人のためのものなのが
いいですよね。
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
結さんへ
うちの母親も
成績はよかったのに
経済的理由で大学にいけなかったらしいです。
でも
結婚してから、
趣味をたくさんもって
ペン習字の先生をやったりと
いろいろ活動してました。
本人の意気込み次第で
色々な道があるんですよね。
私も自分の道を見つけたいです!!
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
No title
すすす素晴らしいぃいいいいいいい!
2011.02.19 Sat l 松井大門. URL l 編集
phebeeさんへ
わぁ、お母様パソコンの先生なんですか??
それもすごいですね!!
年齢を重ねても
前向きに生きている人は
素敵ですよね~!!
義母にもぜひがんばってもらいたいです!
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
ボスさんへ
ほんと
やろうと思ったと時が
ベストなタイミングなんでしょうね。
今日、義母と話していたら
とっても楽しみにしていました。
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
キラキラママさんへ
スコーン見ました~。
別のものとはいえ、美味しそうだったけどな。
バターかクリームの分量が
多すぎたのかな?
ぜひリベンジ頑張ってくださいね。
バターでつくるにしても
クリームで作るにしても、
冷たいままのほうが上手くいきます。
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
yuukariさんへ
うちの義母も
ずっとひきこもりで、無気力状態でしたよ。
パソコンでゲームばかりしてたり、
テレビばかり見ていたり、
大丈夫か?
と思うような生活が一転、
目標を見つけ、
それにむかって頑張る意気込みが沸いたらしく、
家族一同、びっくりしています。
がんばってほしいですね。

ポチありがとう!!
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
ほんと
素晴らしい意気込みですよね。
心から応援したいと思います!
2011.02.19 Sat l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/436-ff069ffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。