上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日本滞在記はお休みして、ちょっと独り言。

年齢と共に、友達作りって難しくなっていくものだと思う。

学生のころは
気の会う同士が集まり、
言いたいこと言い合って、
とっても気楽な付き合いが多かった。

大人になると共に、
そこに
礼儀とか遠慮とか気遣いが入る事となり
こう言ったら失礼かな?とか
こんなことしたら失礼かな?とか
考えてしまう。

それでも
大人らしい付き合いで、
また新しい友達ができていくのはとても楽しい。

でも、

一番ややこしいのは、
「ママ友達」
という関係だ。

ある育児サークルで知り合って、
同い年の子供のママグループが出来上がった。
とか、
たまたま
同じ幼稚園に通う日本人同士だった。
なんていう例。

もちろん、
ママ同士が気が合って、
良い友達になった、という事も良くあるし、
そういうことなら問題は無いが、

あくまで
子供を通した親のつながり
といった場合、

子供の行動によって、
大人の関係が変わってしまう。

ということがある。

大人だけの付き合いなら、
話も面白いし、
親切だし、
いい人、
となる人が、
その子供が、
人をぶったり、何かを壊したり、
勝手に人のものを取ったり、

それを見ると、
「なんだこの親は?
というのが
その人への判断になる。

子供を知らなければ
「楽しくていい人」、になれるものが、
子供の行動で
「子供をちゃんとしつけられない人」
というマイナスイメージに変わってしまう。

まぁ、
子供のことはある程度お互い様なんだから、
もうちょっと
おおらかな気持ちで見てあげなきゃ
と思っても、
自分の子供が被害に会うと
そうも言っていられない。

実は今日、こんな事があった。

久しぶりの日本語補習校での放課後。

3人の男の子が、ミーナに向かって

「わ~、ミーナちゃん怖い~にげろ~~!!」

と言って遊んでいた。

3人の男の子は、ミーナと赤ちゃん時代からの友達。

最初は仲良くふざけあっているだけかと思っていたが、
ミーナを見ると
半べそ状態。

どうやら、
男の子たちは
ミーナの髪の毛が長く顔にかかってしまっている状態が
お化けみたいで怖い
とからかっているようだった。

3人の男の子、
Aくん、Bくん、Cくん

AくんとBくんは兄弟でAくんが3年生、Bくんが1年生。
Cくんも1年生。

この日は
CくんのママがA,Bくんを連れて一緒に帰ることになっていたらしく
A,Bくんのママはいなかった。

そして、
一番ミーナをからかって遊んでいるのはA,Bくんたち。

3人が、わざとミーナに近づき、
そして
「わーミーナちゃん怖い!にげろーーー!!」
と言って
ミーナから3人で逃げ去る。

それをしつこいほど繰り返す。

私が
「そういう意地悪はやめて!」
といっても
母親じゃなければ
迫力も無い。

しばらくして
ミーナが泣き出した。

走って逃げて先をいく3人に私が、

「ねぇ、ミーナが泣いてるよ。どうするの?」

と言うと、
Cくんのママが3人に
「ミーナちゃんに謝りなさい」
と言ったが、

A,Bくんは

「ははは~、ごめんなさ~~~~~い♪」

とまだふざけた様子。

飛び蹴りをかましたい衝動に駆られたが
必死に自分を抑えた。

よく学校ではありがちなこういう光景。

私にも経験があるが、
私の場合、
そういう子達を本当にぶん殴っていたから、
「こわ~い」
と言われても、
何とも思わなかった。 本当のことだったし。。。

でも、
自分の子供がこういう目にあうと
自分がこういう目にあうよりも辛い。

つい
A,Bくんに腹が立つと同時に
そのママであるDさんに対しても

「どういう教育しとるんじゃ!!

という気持ちになる。

でもA,BくんのママのDさんは
話していても楽しいし、いい人。
色んなことをよく知っていたから、
まだ移住したばかりの頃は、
色んなことを親切に教えてもらった。

A,Bくんは昔からわんぱくなのは知っていたが
今回のように
男の子3人がかりで女の子一人を苛めるのは
納得がいかない。

いっそ、
まったく知らない人の子供だったら
もっと事は簡単だったのに。

ママ友って複雑だ。。。

そんな事を思いながら
泣くミーナを慰めていた。

まぁ、、、

子供の躾に関しては
私もあまり人のことを言えたものではないし、
何より、
こういったことが起こったとき、
もうちょっと
上手く立ち回れないものかと
大人としても自分の未熟さを実感せざるを得なかったのも事実だ。


↓でもやっぱり、納得いかねぇー
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト
2011.05.14 Sat l ひとりごと l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

No title
とってもよくわかるよ、、、。

そのたちに、ほんとに心から「だめだよっ」と言えるといいけど、
そこまでできるほどの関係ではない、ことが多いよね。
あとでその子たちのママに報告できればいいけれど
そこまでできる間柄か、というのも難しいし。。。


でも、意外に、Dさんに報告したら、またいい展開になるかも、、
ちゃんと子どもたちを叱ってもらえて。
どうかな~




2011.05.14 Sat l sammyサミー. URL l 編集
No title
その、モヤモヤ感を理解できます。
子どもより、私が地団太を踏みたくなります。

Dさんがいたら、きっとその場でとりあえず終息した内容が、いらっしゃらないばかりに持ち越し状態。モヤモヤします。
早く、大きくなって~と思います。
2011.05.14 Sat l ねこめのひつじ. URL l 編集
No title
ははは
怒る時はイカろぅううううう!!!
2011.05.14 Sat l 松井大門. URL l 編集
No title
A,B君の親がその場にいれば、怒ってもらえると思うのだけど、いない場合、 もやもやするよね。
でも男の子が女の子をいじめているんだから、いくら子供でも、ガツンとやってもいいんじゃないかな? A君は3年生でしょ。  v-217 かるくやってもいいんじゃないかな? 
2011.05.15 Sun l ゴルッテリア. URL l 編集
サミーさんへ
そうそう、
親同士が親しいと
やっぱり子供にも言いやすいよね。

でも、
子供の事考えたら
親同士の関係がどうのと心配するより
もっときちんと叱るべきだったなぁと
反省したよ。

難しいぃ~~!!
2011.05.15 Sun l Kovachan. URL l 編集
ねこめのひつじさんへ
わかってくださって、嬉しいです~(涙)
子供より私のほうが悔しかったですよ。
ミーナはひとしきり泣いたら
平気な顔してたんですけどね(苦笑)

本当は、ミーナにもうちょっと強くなって欲しいんですけどねぇ・・・
2011.05.15 Sun l Kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
他人の子供を叱るのって
難しいですよぉ~~!!
2011.05.15 Sun l Kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
> v-217 かるくやってもいいんじゃないかな? 

あはは
私が小学生だったら、間違いなくやってましたね(笑)
いつの時代も、こういうことってあるんですよね。
他人の子供を上手に叱れる大人になりたいものです。
2011.05.15 Sun l Kovachan. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.16 Mon l . l 編集
鍵コメさんへ
お気遣いありがとうございます。
感謝です。
ママ友って微妙な関係については
きっと誰もが色々な考えと経験を持っているんじゃないかと思います。
なので、
そうそう、そういうことってあるよね~
位に思ってもらえればと思って書いた記事で
決して誰か特定の人を非難するつもりで書いたものではないので
このままにしておこうと思います。
でも、
鍵コメさんのお心遣い、嬉しかったです。
ありがとうございました!!
2011.05.16 Mon l Kovachan. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.17 Tue l . l 編集
鍵コメさんへ
メールさせていただきました~
2011.05.18 Wed l Kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/464-a23aba2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。