上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ホームステイの記録、
6日目と7日目が抜けてしまっているが、
それは、また
後日記す事として、

今日、

とうとうKちゃんが帰ってしまった。。。。

朝、
「明日の朝、6時半に起こして~な!」
と頼まれていたので、
いつも7時に起きる私が、
6時半におきて、Kちゃんを起こした。

朝食は、まだこっちで食べてなかったシリアル。

いろんな種類のシリアルをまぜて、
牛乳かけて食べたのだが、
Kちゃんは、
途中でおなかがいっぱいと残してしまった。

「なんや、鳥のえさ食べとるみたいや。
 味も鳥のえさっぽいし」

「あはは、
 これも経験よ!」

そんな気安い会話も、
この1週間の滞在ですっかり打ち解けた証拠。

荷造りを手伝いながら、
いつの間にか日課になっていた
関西弁講座が始まる。

「関東の人は’関空’の言い方がちがうねん」

「’かんー’じゃないの?」

「’かんー’やない! ’かく’ーや!」

「え~、何それ。えっと、、 ’んくー?’」

「’んくー’ちゃうねん!
 ’かくー’や!」

「難しいなぁ。。。 えっと、、、’かくー’?」

「そう、うまいうまい!!」


まったく、
英語を学びにきたホームステイの生徒に
関西弁の講義を受けるとは。。。

いつの間にか、
毎日夕食時にはこうして
Kちゃんから関西弁を教えてもらっていた時間も
きっと恋しくなるだろう。

そして、時間は8時45分。

最後に家の前で記念撮影をして
集合場所のミーナの学校へ向かった。

刻々と別れが近づいてくる。

でも、
Kちゃんはそれほど寂しそうでも無い。
というか、
滞在中ずっと気になっていたのだが、
Kちゃんは、
表情や感情表現が乏しい。
最近の子供はそうなのか、
Kちゃんだけがそうなのか、
日本の子供はそうなのか、
よく分からないが、

楽しいのか、
イヤなのか
分かりづらくて、困る事が多々あった。

まぁ、
涙、涙の別れもつらすぎるし、
サクッと別れられれば
そのほうがいいだろう。
どんな別れをしても、
楽しい時間を一緒に過ごしたことは事実なんだから。

そして、
学校に着く。

正門には、
すでに、
日本に帰る生徒達が、先生やコーディネーター、添乗員と一緒に
バスを待っていた。
私達が最後のようだ。

まもなくして、バスが来た。

すると
突然Kちゃんが
私に抱きついてきた。

「Kちゃん、ありがとう!
 また絶対にオーストラリアに来てね。
 1週間楽しかったよ」

そういうとKちゃんはうなづいて
私から離れた。

続いて、旦那、ミーナ、リサとハグをする。

それから、
バスにスーツケースを預けにいった。

生徒達が並んで、
バスの運転手にスーツケースを渡す。

すると
Kちゃんの友達らしき子の声が聞こえた。

「K、何、泣いとんの?」

見ると、
Kちゃんが、友達の肩に寄りかかって
おいおい泣いていた。

そんな様子を見ていた私も
こらえきれずに
涙が出てきた。

荷物を預けて戻ってきたKちゃんに
もう一度、ギューッとハグをする。

「今は寂しいけど、
 必ずまた会えるからね!」

そう言う私の声が
涙に震えて声にならない。

泣きながらうなずくKちゃん。

そして、
私から離れて
先生と、添乗員のところに行く。

「先生、うち、帰りとぉないわ」

「そっか、楽しかったんだね。
 またオーストラリアにくればいいよ。」
そういって
慰める先生。

「うち、バスに乗りとぉない!!」

そういって、また泣き出すKちゃん。

もう、このままKちゃんを引っ張って
うちに連れて帰りたい衝動に駆られた。

しかし
そういうわけにも行かず、
先生に支えられながら
バスに乗り込むKちゃん。

最後にもう一度ハグをして、
Kちゃんと別れた。

バスのドアが閉まり
残酷に走り去っていく。

さようなら。

楽しい一週間をありがとう!!!

そう心の中で叫びながら
バスが見えなくなるまで
手を振った。

あまり
感情を表に出さなかったKちゃん。
今回の滞在は
Kちゃんにとって、楽しかったんだろうか、
嫌な思いや、寂しい思いをさせてなかっただろうか、、、
そんな不安がずっと心に引っかかっていたが、
最後に見せたKちゃんの涙が
全てを物語っていた。

時計を見るたびに
「Kちゃん、今頃飛行場だね。」
とか
「Kちゃん、今頃シンガポールかな?」(シンガポール経由なので)
とか
「今朝早く起きたから、疲れているんじゃないかな?」
とか
そんなことばかり言っている私に
旦那が、
「なんか自分の子供のようだね」
と笑いながら言った。

正直
私はそれ程子供好きではない。
自分の子供ならまだしも、
人の子供が誰も彼もかわいい~!!
っと感じるタイプではないのだが、
Kちゃんは不思議と
最初から他人という距離を感じることが無かった。
自分の子供のように
かわいいと思えたし、
自分の子供のように、
それはダメだろ!と思う事もあった。
そして、
たとえダメだろ!と思っても
それが、Kちゃんを嫌いになる要素にはまったくならなかった。

そんな子と人生の中で出会うことが出来る確率なんて
いったいどれほどのものだろう。

宗教家でなくても
この出会いには
神様に感謝したくなる。

ぽっかりと空いたコバ家の空間。
少し時間はかかるかもしれないが
Kちゃんとの楽しい思い出で
丁寧に埋めていきたい。

それにしても、

私とKちゃんの涙の別れとは対照的に、
他の生徒たち、
「やっと日本に帰れる~!!!」
と大喜び。

そんな中、泣きながら抱き合ってる
私とKちゃんはかなり浮いていた。

そして
もっと驚いたのが、
見送りにきたホストファミリーが
半分もいなかったこと。

ほとんどが、
生徒を集合場所でおろして、
そのまま帰ってしまったようだ。

朝だったので、
仕事の都合などもあるのかもしれないが、
9時出発という時間は、
自分の子供を学校に送り届ける時間と
15分くらいしか変わらない。
なんとでも都合はつけられる時間だ。

ホストファミリーが薄情なのか、
生徒がやっかいだったのかは分からないが、
1週間で絆が深まらなかったのは事実だ。

最後まで見送らないホストファミリーに
日本に帰ることを喜んでいる子供達。

ちょっと悲しい図だな。。。

そんな風に感じてしまった。

一方
最後まで残って見送ったホストマザー達と話すと、

「言葉は通じなかったけど、すごく楽しかったわ~」

「絶対またホストファミリーをやりたいわ~」

と大満足の様子。

私の場合は
共通の言語があったのでラッキーだったが
言葉の分からない子供の世話を
1週間するって相当大変な事だ思う。
イラッとすることもたくさんあるだろう。

言葉が通じない状態を上手く受け入れて
対処できるホストファミリー
そして、
もちろん
生徒自身の努力。

このバランスがホームステイの成功をにぎるカギなのかもしれない。

もしうちに
言葉の通じない生徒がきたら
どうだっただろう。。。。

でも、
今回のホストファミリー体験。
結局ほとんど日本語環境にしてしまったが、
結果的に大成功だった!
と胸を張って言いたい。 ザ自画自賛

ありがとう!Kちゃん

P1050783.jpg
また会う日まで。。。



↓ホームステイ無事終了記念ポチ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ










スポンサーサイト
2011.08.09 Tue l ホームステイ l コメント (28) トラックバック (0) l top

コメント

No title
1週間お疲れ様!

ホストファミリーをするといろんな意味でよい経験と勉強になるよね。
子供を通して今の日本社会を垣間見る事ができるし・・・。

しかし、「やっと日本に帰れるー。」って・・・。
悲しいね・・・・。

とりあえず、あさって「関空」の発音が
マスターできているかチェックさせてもらうよ。
ふふふ・・・・。笑。
2011.08.09 Tue l Setta. URL l 編集
No title
お疲れ様でした。
昨日は国勢調査で思い出したのですが、15年前の国勢調査のとき、初めてオーストラリアに来ていて私も名前を記入したのでした。
Kちゃんと同じように1週間だけの滞在だったけど、最後はお別れが悲しくて泣いたなあ。
でも15年後、またこうやって戻ってきてるよ(笑)永住で。
ご家族にも良い経験になりましたね。
2011.08.10 Wed l 結. URL l 編集
1週間って長いようで短かったですよね(´・ω・`)

わたしも帰るときは号泣しました…日本に帰ってきてからも逆ホームシックでオーストラリアに帰りたいくらいでした!
2011.08.10 Wed l のっぴ. URL l 編集
No title
見送りにきたホストファミリーが半分もいなかったってのがちょっと驚きでした。 やっぱりコミュニケーションが上手く取れなかったのかな? 
でもkちゃんは良かったね 楽しく終われて、大成功でした。 ミーナちゃんもリサちゃんもしばらくは寂しくなっちゃうんじゃない?
2011.08.10 Wed l ゴルッテリア. URL l 編集
No title
kovachanさんとKちゃんの涙のお別れ部分で、
もらい泣きしちゃったじゃないっすか~
えぇ~ 話やなぁ~~ (;_;)ホロリ

普段、喜怒哀楽を抑えるKちゃんが、
最後にハグをしてきて、涙をみせ、
「帰りたくない!」って、
いじらしくって泣けるよね。。。
kovachanファミリーと過ごした時間が、
本当に心から楽しかったし、
お別れしたくなかったんだろうね。

Kちゃんが、別のホストファミリーと過ごしてたら、
もしかしたら、他の生徒たちと同じように、
「やったぁ、これで日本に帰れるぅ~」って
思ったかもしれない。

ブログを拝見していても、
kovachanさんが、Kちゃんのために一生懸命だったのが、すごく伝わってきた。
そばにいたKちゃんは、きっとそれをひしひしと感じていたんだと思うのよ。

kovachanさんもよ~くがんばったっ!
1週間おつかれさまでした!
2011.08.10 Wed l rikkimonkikki. URL l 編集
お疲れ様でした
お疲れ様でした。
Kちゃんが、別れを惜しむぐらい楽しんでくれてよかったですね。
毎日たいへんだったでしょう。
特に、土曜日はあっちに行ったりこっちに行ったり、いったい何キロぐらい走ったんでしょう。
その日も、お夕飯を用意したなんて、Kovachanがバテないか、心配になってしまいました。
最高のホストファミリーだったと思います。
ご自分を誉めてあげてくださいね。
2011.08.10 Wed l ちりとて. URL l 編集
No title
お疲れ様~~~

いい思い出になるねぇええ!!!
2011.08.10 Wed l 松井大門. URL l 編集
Settaさんへ
1週間あっという間だった~
疲れたけど、
満足感の疲れだね。
でも、やっぱり
日本に帰るのを喜んでいる子供達と
見送らないホストファミリーをみて
10歳から13歳くらいの子が外国の家庭に入るのは
難しいんじゃないかと実感したよ。
明日
関西弁のテストか~
がんばるぞ!!(笑)
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
結さんへ
そっか、結さんは15年後にもどってきてるんですね。
いつかKちゃんが
オーストラリアに戻ってくる日があるのかな?
でも
その頃には、私○○歳。。。
会うのが怖いような怖くないような・・・
ほんと、
良い経験になりました♪
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
のっぴさんへ
一週間は、あっという間でした~
そうか、
のっぴさんも号泣したんですね。
逆ホームシック、
私も昔ホームステイした時そうだったので、
分かります!!
また
戻ってこれるといいですね!
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
> 見送りにきたホストファミリーが半分もいなかったってのがちょっと驚きでした。

ちょっとショッキングでしたよ。
コミュニケーション不足なのかもしれないし、
言葉が通じないながらも何とかする、というには
まだ生徒達が若すぎたんじゃないかと思います。
泣きながら分かれる私とKちゃんを
羨ましそうに見ていた子供達が
ちょっと痛々しかったです。
ミーナはすごく寂しがっていたけど、
その日学校から帰ってきたら、
もう平気なようでした(笑)
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
rikkimonkikkiさんへ
正直、
今回は我ながらよくがんばった!
と思ってます(笑)

でも、
感情表現が乏しいので、
楽しんでいるのかな?って
ずっと不安ではありましたよ。
最後の涙で、ほっと一安心したところです。

見送る側って、つらいですよね。
家に帰って
空っぽになったKちゃんの寝室みて
また涙がでそうになりました(笑)

でも、ほんと、
今回はいい経験でした♪
感謝、感謝!
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
楽しかったとはいっても、
やっぱり
ホストファミリーは大変ですよね。
さすがに3日くらい経ったころには疲れてきたけど、
がんばらなきゃ!と思えたのは、
Kちゃんのことがすごく可愛く思えたからなんでしょうね。
今は、
充実感と満足感でいっぱいです。
思い切ってホストファミリーやって良かったです!
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
もうさっそく
写真をみては、懐かしんでますよ~
ほんと
いい思い出です!!
2011.08.10 Wed l kovachan. URL l 編集
No title
Kちゃんは、kovachanさん一家にこれて本当によかったね~。
最後にKちゃんが泣いてしまったことは、Kちゃんが心から
kovachanさんのお家にホームステイして楽しかったことがわかるね!本当、嬉しいことね。

我が家の長男もお願いしたいところだけど、
男の子だから、男の子がいる家庭がいいのかな~。

Kちゃんは、日本の学校で、kovachanちゃんたちの事を話ししているでしょうね!!
2011.08.10 Wed l キラキラママ. URL l 編集
HI
Dear Kovachan
HI, my name is Haruna, and I live in Yokohama. I'll go to Brisbane to enroll in QIBT in 17th October. I need large amount of infornmation and friends..I really apredciate If u tell me the life in Aus coz Im worried about my first study abroad!
Thansk.
Regard
Haruna,

突然のコメントすみません!
2011.08.11 Thu l Haruna Nasu. URL l 編集
お疲れ様でした
Kちゃんの涙が、すべてを物語っていますね。
私もいつか受け入れ家庭をやってみたいけど、まだまだ実現は程遠そうです。
ゆっくりしてね、ポチ☆
2011.08.11 Thu l phebee. URL l 編集
No title
もらい泣きしちゃった
いい出会いと、いい時間が持ててよかったですね

そして、kovaちゃんと旦那さまの、出会いを大切にする姿勢を、
ミーナちゃんとリサちゃんは、全身で見てたと思う

Kちゃんにとっても、一生の思い出になりますね

お疲れ様~
しばらくは、思いっきり寂しい気持ちに浸って、ゆっくりしてね


2011.08.11 Thu l Lily姫. URL l 編集
忘れられない経験
こちらのブログを読むとマスカラが落ちることが多いけど、今日の記事もぐーっと泣けました。

Kちゃんにとって、この先の人生にもこの経験は大きな刺激になりましたね。
正直で優しいホストマザーkovachanさんのおうちに行けて幸せですね。

昨晩、野毛を徘徊していて最終的に「はる」に流れ着いて真夜中まで居ました。外に出たとき、店の前の道でkovachan親子の姿をなんとなく探してしまいました。いるはずもないのに♪


2011.08.11 Thu l ピノミホ. URL l 編集
こんばんは。
Kovachan一家 お疲れさま v-343

眼がしらが、、、、、v-17e-263
2011.08.11 Thu l ボス。. URL l 編集
キラキラママさんへ
滞在中は、Kちゃんが楽しんでいるか不安だったけど、
楽しんでくれていたようで、
ホッとしました。
いつまで、覚えてくれていたらいいなと思ってます!
おーくんも、ちーくんも
ホームステイ大歓迎ですよ~♪
2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
Haruna Nasuさんへ
私のブログがお役に立てたら
とても嬉しいです。
留学準備、がんばってくださいね!
2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
phebeeさんが受け入れ家庭をやったら
うちの子供たちお願いします!(笑)
家の中が寂しくなったけど、
同時に、
すっごく楽になりました~
ゆっくりしてます♪

ポチありがとう!!
2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
Lily姫さんへ
本当に、今回はいい出会いに恵まれました。
疲れはしたけど、
終わってみると気持ちのいい疲れです。
Kちゃんがいつまでも
今回の滞在を覚えていてくれるといいなぁと思ってます。
Kちゃんが使っていたベッドのシーツをはがした時が
一番寂しかったですよ(笑)
2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
ピノミホさんへ
私自身、10歳の時の記憶なんて、あまりないから
Kちゃんも、
時間の流れと共に、今回の滞在を忘れていってしまうのかもしれないけど
何らかの形で
Kちゃんの人生の中で影響や刺激になれればいいなと思ってます。

横浜のCepageの様子、拝見しましたよ!
その場にいれないのが本当に残念!!
野毛の「はる」も懐かしい!!!
皆さんお元気でしたか~

2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
ボスさんへ
Kちゃんが帰った日の空っぽになった寝室を見るのが
一番つらかったです。
でも
こういう出会いが出来た事に感謝ですね。
2011.08.11 Thu l kovachan. URL l 編集
No title
Kova家みなさん、たくさんの思い出ができたんだね。
もちろんKちゃんにとっても。。
しかし、ほんとにKちゃんはラッキーだったね、Kova家に来られて。
だんだん大人になるにつれて、それを実感していくのかな~。。

きっと、Kちゃんは、オーストラリア大好きになったよね!
ホストKovaママ、おつかれさま~。
2011.08.12 Fri l sammyサミー. URL l 編集
サミーさんへ
初めてのホストファミリーだったけど
楽しかったし
無事に終わってほっとしているよ。
Kちゃんにとっても
将来またオーストラリアに来るきっかけになってくれれば
いいなと思ってるんだ。

2011.08.12 Fri l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/503-3d032ff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。