上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
あ~
まいった。。。

疲れ果てた。。。

子供に勉強を教えるのって
こんなに大変な事なんだろうか?

ミーナはご存知のように
日本語補習校に通っていて、
当然のごとく、
毎週たくさんの宿題を持って帰ってくる。

だいたい
日本の学校を同じカリキュラムを(国語と算数だけだが)
年間たったの80時間でこなそうというのだから、
超スピードで授業が進んでいくのも
たくさんの宿題が出るのも無理は無い。

それでも
最初の頃は、
国語もひらがなの簡単なものだったし
算数も
数を数えるだけのような簡単なものだったのだが、
毎週、毎週
超スピードで進んでいくうちに、

国語では小さい「つ」、「や、ゆ、よ」の使い方に
つまずき始めた。

「なっとう」と口ではいいながら
もじにすると
平気で
「なとっう」と書く。

「これ、自分で書いたもの読んでごらん」
というと
これまた平気顔して
「なっとう」と読む。

「ちゃいろ」といいながら
「ちょいろ」と書いたり、

「しょうがっこう」にいたっては
「しゅうがこっう」になる始末。

また、教科書にあわせたドリルでは、
「絵にあう言葉を書きなさい」
という問題が時々ある。
しかし、
絵が何か分かっても
日本語でなんていって言いか分からなかったりするので
そこから教えなくてはならない。

しかも、
ひらがな50音、まだ全部書くことが出来ず、
時々50音表を確認しながら
書いている。

いい加減覚えなさいーーーっ!!!

と何度怒ったことか。。。 ええ、ええ 怒鳴っちゃいけないとは分かってます。。。

でも、
国語はまだいいとして、
算数のほうが
意外と曲者だった。

単なる足し算、引き算の計算問題だったら
指を使いながらも
計算できるのでいいのだが、

文章題となると、
意味を理解するのに時間がかかる。

どうやら、
ミーナは算数自体すこし苦手なようなのだが、
それにくわえて、
日本語で書かれた文章題を理解して
式にするというのは
かなりの難関だ。

そして、
今日の宿題

13より4おおきいかずは□
19より7ちいさいかすは□
18は15より□おおきいかず
14は16より□ちいさいかず

ここで、
ミーナはつまずいてしまった。

まず、
問題の意味を理解するのに時間がかかる。
そして、
さらに、
目盛りを使わせたのだが、
大きい数を出したいのに、小さい数のほうに数えていったり、
18は15より・・・
っていう問題も
18の目盛りから15個大きいほうに数えようとしたり、

もう

すっちゃかめっちゃか。。。。

何度も何度も教えても、
出来るようにならず、
そうなると
私の堪忍袋の尾も切れる。 ええ、ええ、怒っちゃいけないのは分かってます

私が怒ると怖いので、
ミーナも萎縮して
ますます出来なくなるという悪循環を繰り返してしまうのだが、

この4つの問題。

これに2時間も費やした。
私のテコンドーのレッスンも犠牲にしているので、
イライラも最高潮。

少し分かってきたかなというところで、
数字を変えて同じ問題をだすと
とたんに分からなくなる。

目盛りを数えるだけで、答えは出るのに
その数え方が
何度説明しても、
説明したとおりにやってくれない。

わが子ながら

大丈夫か、、、こいつ

と猛烈な不安に襲われる。

2時間経って、
ようやく
少し分かってきたようなので、

さらに数字を変えて問題を出してみた。

目盛りの数え方も教えたし、
なんせ
2時間もかけてやってるんだから
出来るだろう。

そう思ったら、

答えはあっているものの、
答えの出し方がまったく間違っていた。

つまり
たまたま答えが合っていただけ。

私の怒りは頂点に ええ、ええ、キレちゃいけないと分かってます

「2時間も費やしておいて、なんだこれは~@##%^&*&%^%#!」
もう、言葉にならない

情けなくて涙さえ出てきた。

もちろん
7歳の子供に大人と同じレベルを期待できるわけが無い。
でも、
人の話を聞いて、その通りにやってみる
というのは
7歳だったら出来る事だ。

うん、うん、と言いながら
私が教えた事とまったく違う事をするのが
腹立たしい。

人の話をよく聞きなさい!とは
私も親や先生によく言われたことだが
私もしょっちゅうミーナやリサに言っている。

しかし、

ミーナの場合
特に補習校の宿題を見るようになって気付いたのだが
実は、

私の話を半分も理解していない

日常会話は
私とはいつも日本語なのだが、
簡単なやり取りは問題なく出来るものの、
特に
私が何かを説明しようとしたり
怒っていたりするとき
文章が少し長く複雑になる。

そうなると
私の機嫌を損ねないように
分かったフリをしながら、
実は
ほとんど理解していなかったのだ。

自分の言っている言葉が
わが子に理解してもらえない。。。

2ヶ国語で育てている家庭では
誰もが通る道なのかもしれないが
これはものすごくショックだ。

大事な事にかぎって
理解してもらえないというのは
かなりフラストレーションがたまる。

どうりで、最近
ミーナはダディーと話しているときのほうが
とても楽しそうだった。
そんな日頃の寂しさと
私の言葉を理解してもらえないフラストレーションと
2時間も算数に費やして
何も出来るようになっていなかったというショックで
もう、
今日は久々にキレまくった。

そして、
キレながら言っている私の言葉も
やっぱりミーナは理解していないようだった。

悲しい。。。

ただ、
算数の場合、
私の説明が日本語だから理解できないのか
ただ私の説明が下手なのか、
それとも
ミーナがただ算数が苦手なのか、
分からない。
でも
「じゃ、目盛りをこういう風に数えて答えを出してごらん」
といっているのに、
全然違う風に目盛りを数えて、しかもあてずっぽうの答えを書くのは
言葉を理解する云々以前の問題だと思う。

あ~あ、
なんかいい方法ないものかなぁ。。。


↓がんばってくれよ、ミーナ!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト
2011.08.18 Thu l 子供のこと l コメント (18) トラックバック (0) l top

コメント

no title

私も算数…今では数学…苦手です!!

教えるのって難しいですよね。だから学校の先生はすごいと今更ながら思います(^O^)
(何言ってるか分かんない先生もいますが…)

私はひらがなはカルタで覚えさせられた感じです(^ω^)
2011.08.18 Thu l のっぴ. URL l 編集
No title
焦らない方が良いんじゃないかな?
特に言葉や物の数え方はゆっくり時間をかければいずれ解ってくるような気がする。
コツコツとやっていれば、いつかキッカケがあって忘れられない物になるような気がするよ。

> 18は15より・・・っていう問題も18の目盛りから15個大きいほうに数えようとしたり、

これって、全然違っているんじゃなくて、ちょっとした言葉の解釈が違っているだけだから、褒めてあげても良いんじゃないかな? 日本人だって勘違いする子供はいると思うよ。 
2011.08.19 Fri l ゴルッテリア. URL l 編集
思い出します
ああ、娘が小学校1年生、2年生だった頃を思い出します。
その頃の娘は、うちではもちろん日本語なのですが、学校では英語。
頭の中は、英語で考えているらしく、日本語の語順や「て・に・を・は」の使い方がメチクチャ。
さらに、オーストラリアの学校での算数は、日本の算数と違って、初めのうちは概念だけわかっていればいい、とか言って、具体的な計算問題にはあまり重きを置かない。
自分で教えようとすると、話は通じないし、どうして(娘が)理解できないのか、(わたしが)理解できない。
こちらは、イライラするばかりで、ますます娘はわたしから勉強を教えてもらいたがらない・・・。
わたしは、算数については、公文の先生に救いを求めました。
「算数のわからない子っていうのは、英語で言っても、日本語で言っても、わからないんです。」
とハッキリ言われて。
数をこなすことで、自動的に頭が動くようするんだそうです。
日本語は、日本語のアニメを見せたり、日本語の絵本の読み聞かせをして、少しずつマシになりました。
どこの家庭でもあるんじゃないでしょうか?
2011.08.19 Fri l ちりとて. URL l 編集
No title
ははは
まだまだ大丈夫、気長にいこぅうううう!!!
2011.08.19 Fri l 松井大門. URL l 編集
のっぴさんへ
ほんと、
自分が当たり前のように分かっている事を
改めて教えるのって
難しいですね~

かるたはあるんですが
リサがおもちゃにしてしまうので
ずっとしまってありました。
そろそろ使ったほうがいいですね!
2011.08.19 Fri l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
子供の勉強に焦りは禁物ですね。
今日、
根気よく教えて何度も同じような問題を解かせたら
だいぶ分かってきたようでした。
なんだか
親子我慢比べみたいです(笑)
っていうか
私がもうちょっと余裕を持ったほうがいいですね(笑)
2011.08.19 Fri l kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
> 自分で教えようとすると、話は通じないし、どうして(娘が)理解できないのか、(わたしが)理解できない。

そうそう!
まさにその感覚です!!!
こういうことでイライラしちゃいけないとは思ってても
キ~~~~ッとなってしまうときがあるんですよね。

> 「算数のわからない子っていうのは、英語で言っても、日本語で言っても、わからないんです。」
> とハッキリ言われて。
> 数をこなすことで、自動的に頭が動くようするんだそうです。

ちりとてさん、
ありがとうございます!!
最高のアドバイスです!!
そっか、
算数が分からないというのは
英語とか日本語とかっていう問題じゃないんですよね。
目からウロコだ~
これからは、
毎日少しずつでも算数の問題をやらせていこうと思います。

子供に頑張ってもらうには
まず親が頑張らないといけないんですよね~。。。
2011.08.19 Fri l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
私が気長にやったら
ミーナが成人しちゃいますよ~(笑)

毎日コツコツと問題を解く練習をして
がんばることにしようと思います。
2011.08.19 Fri l kovachan. URL l 編集
No title
ああ、めっちゃくちゃよくわかりますっ!
め~っちゃくちゃよくわかりますっっとも。
私もキレまくりです(ええ、キレてはいけないことは重々承知ですよっ。)
同じ街に住んでたら、今すぐでも
お茶しながらひとしきり話したい気分ですよ~。

ふぅ~~~。

ところで、算数は、○○よりXX多い、とか言うのももちろん理解しなくちゃいけないけれど、いわゆる文章題ならどうですか?

「ケーキが5個ありました。お父さんが2個食べました。残りは何個ですか。」みたいなものです。こういうのだったら具体的にイメージしやすいのでわかりやすいんじゃないかな。

それから算数ですが、
豪州の数字の捉え方と日本のが違うことはないですか?具体的には私も知らないのですが、日本とカナダでは考え方が違うので、現地の学校で習った考え方と違って戸惑うことも出てくるかな、という気がしています。

ひらがなは、小さい「つ」とか、日本の子どもでも1学期のうちは間違いますから、それを1年かけて毎日!国語をやるなかで身につけていくことだと思うので、うちらの子は短い時間で訓練する時間がないんですよね。目に触れる時間も少ないので。。なので本当に繰り返すしかないのかな、って気がしてます。

すぬたなど、せっかく去年補習校で覚えたカタカナがあやうくなってますから(泣)

算数は、私自身が公文でたたきこまれたタイプなので、私も公文を考えてます。はよせな。すぬたは2年生なのでした。日本じゃ九九だわorz

長々と私の愚痴大会になっちゃいました。ごめんなさいね。
2011.08.19 Fri l すぬこ. URL l 編集
No title
私も算数が苦手で!
日本人同士ですが、父が何を言ってるかさっぱり理解してませんでした。
そして、やりたくない&わからないで、慌ててるため、聞こえてない。聞いてない。理解してないが重なって、教えて貰った事と全然違う、解き方してました笑
なんか、ほんとわかります。みーなちゃんの気持ち。。でも、今となっては父の気持ちもわかります。。とほほ
2011.08.20 Sat l 千尋. URL l 編集
No title
私の子供は2歳なのでまだまだまですが、日本で家庭教師をやっていた時期があるので参考になれば。
小学校1年生の子を教えていたときに算数も苦手国語も苦手でなにより問題を解こう!という意欲がない子だったんですよ。ずーっと座ってテキストを眺めているだけ…。みたいな子だったので、とりあえず元教師の母に相談したら「数える物を子供の好きなのに変えれば少しは意欲がわくはず」というアドバイスをもらいましたよ!言えば物でつってるんですがw飴を持参して数を数えさせてできたら「はい1つあげるね~」(あ、一応親御さんには許可をもらいました!)オーストラリアだとジェリービーンズなんかが最適だと思います☆でも、物でつってばかりいると「物」が無くなると意欲が無くなってしまうかもしれないという落とし穴があるので私のやってたことが正解!というわけではないと思いますが…。参考になればと思って書かせてもらいました~!
2011.08.20 Sat l AKKO. URL l 編集
そうだね~
補習校の1年生の8月くらいから、急に勉強らしくなった気がする。
でも2時間は長すぎだよ~~~
親も疲れたでしょ!!!(笑)
ウチ、日本語で理解できなければ、先に英語で説明しちゃうよ。
13より4大きい数が分からなければ、13より1大きい数を聞いてみるとか。
極端な話、1より1大きい数まで戻るとか。
分からないところを教えるより、分かるところまで戻ると、意外に楽に次のステップにいけるかも。
これから先は長~いもんね。
ゆっくり長く頑張ろうね!
2011.08.20 Sat l ポンポン. URL l 編集
すぬこさんへ
わかってくれます~???(笑)
ほんと、お茶しながらお互いの愚痴大会をしたいくらいですよね。

こっちの算数っていうか、全教科、教科書が無いから
どんな風に授業が進んでいるかって
分かりにくいんですよね。
なんか、勉強らしいこと全然していないような気も・・・

なので、補習校がありがたいです。
算数はネットで調べると、
結構問題がたくさんダウンロードできるので、
プリントアウトして使うつもりです。
やっぱり慣れですよね。
毎日少しずつでもがんばってもらいます!

国語は、、、
どうしよう。。。
2011.08.20 Sat l kovachan. URL l 編集
千尋さんへ
そっか、
ミーナもそういう状況なのかもしれないですね。(笑)
私もミーナが分かるように
シンプルに説明するように工夫しないといけないですね。
なんだか
こどもだけでなく親にとっても勉強ですね~
2011.08.20 Sat l kovachan. URL l 編集
AKKOさんへ
なるほどね~
好きなものを使うんですね!
たぶんミーナは甘いものがあまり好きじゃないので、
人形とか、ビーズとか使ってもいいかもしれないですね。
貴重なアドバイス
ありがとうございます!!!!
2011.08.20 Sat l kovachan. URL l 編集
ポンポンさんへ
なんか、
全然理解しないミーナに熱くなってたら
いつの間にか2時間たってたの(笑)
でも、翌日落ち着いて教えたら
すんなり出来たのよね。
あまり親がいきり立つとよくないね。
そっか、
分からなかったら分かるところに戻るのね。
アドバイスありがとう!!!
補習校も大変だけど、
こうして勉強する機会ができるのは
ありがたいよね。
お互い頑張ろう♪
2011.08.20 Sat l kovachan. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.08.23 Tue l . l 編集
鍵コメさんへ
そっか、
好きなものを使って
実生活に基づけば、掛け算とか割り算とかも
できちゃいますよね。
試してみますね!
本読みも、、、
ついつい面倒になってしまって
読んであげられなくなっちゃうけど、
そんなことも言ってられませんね。
がんばらなきゃ!

オーストラリアのツアーすくないんですか?
娘さんのホームステイも受け付けてますよ(笑)
2011.08.24 Wed l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/507-e26591a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。