上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
流産の記録もいよいよクライマックスなのだが
ちょっと小休止。
(ドラマのちょうどいいところでコマーシャルが入る感じ?)

実は、
流産をして2日後、
まだ体も心も凹みまくっていた時、

我が家に新しい家族が増えた。

なんと

P1050888.jpg

12匹のひよこ達

以前から
ニワトリを飼って
新鮮な卵を食べたいね~
と言っていたところで、
ちょうどリサのキンディーで
ニワトリの卵を孵らせて、子供達に
卵からひよこが孵る様子を見せてくれていた。

そして
産まれたひよこたちは、
希望者のところに引き取られていくのだが、
すでに、
2,3羽引き取られていって、
残ったのがこの12羽。

なんと
旦那は全て引き取ってきてしまったのだ。

ひよこも
一匹か二匹くらいでピヨピヨしていてくれれば
まだかわいげがあるものの、
こんな
12匹という団体で迫られたら
ひよこといえども
怖いものがある。

それでも、
引き取ってきた時は、まだ産まれて数日、
とっても小さくて
慣れない環境に怯え
12匹でしっかり団結し固まっていたのがかわいかった。

そして、
数日後

P1050890.jpg

あっという間に大きくなり
かわいげ度激減。

しかも
ひよこのぶんざいで
飛んで箱から逃げ出そうとする。

狭くなった箱でストレスを感じるのか、
一羽をみんなでつつくという
虐めも勃発。

ひよこ社会でも虐めがあるの!?
っていうか、
なんで
ひよこのくせに飛べるのさ???

納得いかない思いを抱きながら
ひよこのために
新居を用意。

外にある子供達のカビーハウス(日本語で何ていうんだ?)に
ちょこっと手を加え
ひよこ小屋にした。

室内から突然屋外に放り出されたひよこ達。
最初の夜は
新しい環境に馴染めず
12匹でまたしっかり団結していたが、
日に日に慣れていき
広い新居で
のびのびと育っていった。

そして、

P1050900.jpg

さらにでかくなる。

奥の赤い窓からいつもえさや水を与えているのだが、
半野生化したひよこ達は
この赤い窓まで飛んできてしまう。

あまりにアグレッシブな態度に萎縮して
私は
えさ係を引退し、
今はもっぱら旦那の仕事になった。

旦那が窓を開けると
12羽の総攻撃が始まる。

「うわっ、くそっ、こらっ、あっちいけ!飛んでくんなっ!!」

「ピーピピピーッ!!! (訳:こっちぁ、腹減ってんだよ!)」
「ピピピー、ピーピー~!!! (訳:さっさとメシよこせよ!)」
「ピピー、ピヨッ、ピヨッ!! (訳:おい、水はどした、水?)」
「ピヨッ!ピーピーピー!! (訳:ぐずぐずしてんじゃねーよ!)」
「ピーピヨッ、ピピー!! (訳:また今日も同じメシかよ!)」
     ・
     ・
     ・
     ・


昔、小学校にニワトリ小屋があったが、
鳥嫌いの私は、まったく近づいた事が無かった。
なので、
ニワトリの習性も、ひよこの習性もよく分からないが
ひよこが
こんなに勢いよく飛べるものとは知らなかった。

だんだん

これが実はニワトリじゃなかったらどうしよう・・・

という不安が襲ってくる。

でも

もっと怖いのは、

実は、

なんと、、、

このひよこ達の性別を私達はしらない。

このひよこ達が全部オスだった日には、
卵を産まないどころか
毎日、毎日
夜明けと共に
12羽の
「コケコッコー」
という大合唱を聞く羽目になる。

いちかばちか
というか、
行き当たりばったり
というか、、、

それでも呑気な旦那は、
「新鮮な卵が食べれるようになったら、
 新鮮な牛乳もほしいよね。
 そしたら、新鮮なチーズもヨーグルトも作れるよ」

とキラキラした目で言っているから怖い。

我が家に牛がやってくる日が来るのだろうか・・・



↓えさ代を考えたら卵を買ったほうが安いのよ
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト
2011.09.30 Fri l 日常 l コメント (20) トラックバック (0) l top

コメント

私。。。壊れそう。。。
コバちゃんファミリーの記事で笑いすぎて!
心配で心配で(一人で勝手に)、コメントもしないのに気になって何度もチェックしたり(私のコメント長いからね。。。。。)、
!!!
一人でヒーヒー笑ってしまいました(ーー;)旦那さん面白過ぎです(*^_^*)でも、ゴールドコーストからバイロンベイまでのバイパス?から、何度も牛も馬も見えたので、最後の文章をリアルな想像して、なんだかドキドキワクワクしてしまいました(^-^)/笑い過ぎてゴメンなさい(笑)
2011.09.30 Fri l ゆうこ. URL l 編集
No title
まー、かわいいヒヨコさん達だこと!
大丈夫よ、これだけ居たらどれか一匹くらいは
メスなんじゃない?(←他人事)
これからも「ヒヨコ成長記」
楽しみにしてるよー。

あ、そうそう!
牛を飼うと、そのミルクでバターも作れるよー。
(昨日付けの私のブログ参照)
それにねー・・・
芝も刈ってくれるから一石二鳥よ!(←こちらも他人事)


自給自足生活って素敵!!
2011.10.01 Sat l Setta. URL l 編集
No title
えええ~12匹も?!(◎_◎;;)
そらまた・・・大変ですね。

にわとりは野菜の切れ端とか果物の皮みたいな残飯食べてくれるから、生ゴミが減ることは間違いないですよ。
あと糞は花壇の肥料とか猫よけになるらしいです。臭いですけど・・・。
卵もたしかに新鮮&安全なのが食べられていいですね!

キッズハウスではすぐに手狭になりそうですね~。
お友達で3~4匹めんどり飼ってる人が居ましたけど、卵食べきれないぐらういにとれて、職場に持って行って、レモンとかと物々交換してましたよ~。
そこはご夫婦2人だけでしたが。

ウチの目の前は海で、アヒルがいっぱい遊びに来ますよ。ヒヨコのときから野生とは思えない人なつっこさで、すごいスピードで走って寄ってきます。

ひよこ~にわとり日記楽しみでっす。
2011.10.01 Sat l 結. URL l 編集
No title
小さかった頃、おばあちゃんの家に行くと朝、庭からたまごを取ってくるように言われたのを思い出した。 小さい頃は出来立ての卵で朝ごはん、って妙に気持ち悪かった覚えがある。 ミーナちゃん、リサちゃんはどうかな? 食べれるかな? 

で、その鶏卵産まなくなったら、食べちゃうの? 鳥のサバキ方教えようか? (笑
2011.10.01 Sat l ゴルッテリア. URL l 編集
お~~~。
家も鶏を飼っていますが、カウンセルによって1家族で買ってよい数が決まっています。 うちの住んでいるエリアでは最高6羽です。 大きくなってくるとHENSでも鳴く子達がいますので近所から苦情が出ると大変なことに。。。。 いろんな条件がありますのでカウンセルのルールを調べられたほうがいいと思います。 それからもう少し大きくなったら
隣とのフェンスを飛び越えますので、羽を切ったほうがいいですよ。 うちは飼いはじめた頃、うちのPちゃん隣の立派な庭に侵入して、春先の花壇を台無しにしてしまったことがあります。  反省。。。。
大体8ヶ月ぐらいから卵を産みますよ~~。 マジ美味しいです。 爪楊枝30本さしても黄身がこわれません。 また鶏糞を畑にまくと立派な作物が出来ますのでこれまた嬉しいです。  それと、ルースターは日の出と、日の入りのときも半端なくなきますよ~~。 ピーちゃんとの生活楽しんでね。
2011.10.01 Sat l OLIVE. URL l 編集
No title
はははその日は近いぃいいいいい!!!
2011.10.01 Sat l 松井大門. URL l 編集
ゆうこさんへ
いや~
牛が来ちゃったらもう笑えないですよ~。
旦那は勢いでもらってきちゃうのはいいんですが、
えさをちゃんと買ってなかったり
ひよこの飼育について調べたりとか
まったくしないし、
やることが中途半端なんですよ。
とりあえず
数ヵ月後には新鮮な卵を食せるか
楽しみでもあり、緊張でもあります。
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
そっか、
ミルクからバターを作れれば
あとは
麦を育てるのみね!
その暁には
我が家で
「ホットケーキできあがり!」
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
結さんへ
大きくなったら
残飯整理をしてもらえると思ったけど、
よい卵を産ませるには
やっぱり栄養バランスを考えたえさを与えないと
いけないらしいです。
当然といえば当然なのですが・・・
食べきれないくらいの新鮮な卵
憧れです~
でも
全部雄鶏だったら、
食べきれないくらいの
ローストチキン!?
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
> 小さい頃は出来立ての卵で朝ごはん、って妙に気持ち悪かった覚えがある。 

あ~
それ分かります!!
以前新鮮なアヒルの卵をもらったとき
なんだか気持ちが悪くて
目をつぶったまま卵を割りました。
ニワトリのおしりから出てきた卵に
子供達がどう反応するのか楽しみですね。

卵を産まなくなった鶏と雄鶏は
ローストチキンの予定です。
でも、
私も旦那も捌けないんですよね~
その時はゴルッテリアさん
お願いします。
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
OLIVEさんへ
おおお~
貴重なアドバイス、ありがとうございます!!!
そうそう
この辺りでも、飼っていいのは6羽らしいです。
でも人づてに聞いただけなので
やっぱりちゃんとカウンシルで
いろんなルールを含めて調べたほうがいいですね。
とりあえず
もう少し大きくなったら
旦那の実家におすそ分けする予定です。
ニワトリって飛ばないのかと思ったら
フェンス飛び越えちゃうんですね。
かといって
羽根を切るのも怖いし、、
ちょっと後悔。
でも、
鳥フンを畑にまくのと
卵の黄身に楊枝30本立てるのが楽しみです!!
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
松井大門先生へ
牛が来たら困る~!!!
でも
それはそれで面白いかも~
と思っている自分が怖い!!
2011.10.01 Sat l kovachan. URL l 編集
No title
流産の記事に胸を締め付けられながら読んでましたが、この小休止で爆笑しました。
牛!12匹もひよこちゃんを連れて帰って来ただんな様ならやってしまうかもv-12
ちゃんとオスメスそろっているように祈っていますv-222
2011.10.02 Sun l ろぼこん@ブリスベン. URL l 編集
No title
私は5歳まで自宅の鶏が産んだ卵で育ちましたよ。
引っ越してからは目の前の伯母の家で飼っていた鶏を年末につぶしてお正月の御馳走にしていました。
今風に言えば食育でした。
鶏は慣れてきて庭に放せば雑草や害虫食べてくれたり、糞は養分になったりと役に立ってくれますよ。
♂♀いたら良いですね。
挿し餌しなくて良いので鶏を増やすのは楽ですよ。
2011.10.02 Sun l phebee. URL l 編集
ろぼこん@ブリスベンさんへ
ほんと、
うちの旦那ならやりかねないですよね。
気分が落ち込んでた時にいきなり12匹のひよこが来て
おかげで、
ずいぶん気がまぎれたけど、
牛が来てしまったときには
気がまぎれるどころの話じゃないですね~。
2011.10.02 Sun l kovachan. URL l 編集
phebeeさんへ
私の父が大昔叔母さんの家を訪ねた時
「今日はご馳走にしようね~」
と言って、
叔母さんが庭にいた鶏を捕まえて
首をキュッとひねったところを見てしまって以来
一切鶏肉を口にしなくなってしまったんです。
本当はきちんと知っておいたほうがいいとは思うけど、
子供達に見せてしまうのは
気が引けますね。
といいつつ
ローストチキンが楽しみではあるのですが。。。
2011.10.02 Sun l kovachan. URL l 編集
No title
v-521もっ~可笑しい~(笑))))

そしてっ~~~わかる~じょじょに~にわとりになるv-532 可愛いひょこ達~~~

うちも~昔し~おばあちゃんが~・・・

押し入れで?飼ってました?えっ?押し入れ!
・・・・・・・・なんで?押し入れ???だったんだろう・・・(笑)))) かわいいはずの~ひよかが・・・みるみる・・・にょきにょき足で・・・う~こわ(笑))))

こけこっこ~♪でっめざめだしたら~又すぐ教えてください~~~(笑))))
2011.10.02 Sun l mina. URL l 編集
太っ腹
コメント、出遅れちゃいましたね。
12匹のヒヨコで癒されるー(気がまぎれるだったっけ)、って太っ腹だなァと思いました。
わたしだったら、ダンナがヒヨコ12匹引き取ってきたら、ブチ切れると思います。
「何、考えてんの?ニワトリ12羽になるやんか!!」って。
確か、住宅地でオンドリは飼っちゃいけない、とか聞いたように思うんですけど・・。
単純に、半分オンドリだったら、6羽のコケコッコォーってにぎやかでしょうね。
2011.10.03 Mon l ちりとて. URL l 編集
minaさんへ
え!?
押入れでニワトリを飼うんですか!?
なんか
押入れの中で重ねられた布団に鎮座するニワトリを
想像してしまいました~
うちのひよこ達も
ますます大きくなってきてますよ。
2011.10.03 Mon l kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
まだ調べてないですけど、
住宅地でおんどりは無理でしょうね~。
まあおんどりと分かった時点で
若鶏として食せるかなと考えてます。
そんな、、、
ひよこ12匹に癒されないですよ~!!(笑)
悲しい気持ちから気がまぎれただけです。
基本的に、鳥類は苦手なんです。
食べるのはいいけど。。。
2011.10.03 Mon l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/522-b0b39b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。