上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
よくここに書いている事だが、

ミーナは考え方が相当ネガティブだ。

自分は嫌われている。
自分ばかりいつも仲間はずれ。
誰も自分の事なんか構ってくれない。
みんなが自分をいじめる。
自分だけがいつも一人ぼっち。

何を根拠にそう思うのか、
ミーナに聞いてみても
本人さえ
はっきり分かっていない。

「そういう考え方はやめなさい!」

と何度も言ったところで
まだ7歳のミーナ。

そう考える事がどうしてよくないのか、
そう考える事によってどうなるのか、
分かるはずもない。

学校で、
意地悪されやすかったり
からかわれやすかったりするのも
そうやって
ウジウジとネガティブな考えを持っているからよ!
と言っても、
ミーナにとっては
無意識の思考なので、
理解ができない。

う~ん。

どうしたものか。。。

と考えた挙句、
ピカッとひらめいた

否定形がダメなら
肯定形だ!

「ミーナちゃん!ミーナちゃん!」

と呼ぶ。

「あのね、ミーナちゃん。
 ママ今まで黙ってたんだけど、
 実は、ミーナちゃんは、、、

 魔法が使えるの!」

ポカンとするミーナ。

「ミーナちゃんの魔法はね、言葉なの。
 口に出したことが、本当になっちゃうんだよ。」

「ふ~ん」

半信半疑というか、
いまいちピンとこない様子。

そんな時、
ちょうど、
ミーナのお友達のHちゃんに
遊びにおいでと誘われた。

しかし、
Hちゃん、ミーナが来るまで
近所に住んでいるLちゃんと遊んでいるという。

Hちゃんと遊べると喜んだミーナだが
Lちゃんもいると知るやいなや
突然暗い顔になり、

「どうせ私が仲間はずれにされるから
 3人で遊ぶのはヤダ!」

と言い出した。

そこですかさず、

「ねぇ、今こそミーナちゃんの魔法を使うときでしょ!
 仲間はずれにされるからヤダ!
 なんていったら、本当にそのとおりになっちゃうから、
 ここは
 ’今日は3人で仲良く遊ぶぞー!’
 って言ってみてごらん」

ミーナは嫌々、

「今日は3人でなかよく遊ぶ・・・」

「声が小さい! もう一度はっきり!」

「今日は3人で仲良く遊ぶぞー!」

「もっと笑顔でっ!」

「今日は3人で仲良く遊ぶぞー!♪」

「そう、今度はもっと楽しそうにっ!」

「今日は3人で仲良く遊ぶぞー♪」

そして、
Hちゃんのおうちに行くまでの車の中、
約15分間も
ずっと言わせていた。

ずっと言い続けるミーナの素直さにも驚いたが・・・

そして、
到着。

そこには、
HちゃんとLちゃんが遊んでいた。

なんか入りづらそうなミーナ。

しかし・・・

なんとその日は
Lちゃんが用事で早く帰らなきゃいけない日だった。

ミーナが着いて
まもなくLちゃんが帰っていき、
つつがなく
Hちゃんとミーナが遊び始める。

うわっ

本当に魔法が効いたっ!!!

ミーナより私の方がびっくりした。

うまい具合にいったので
これは、
説得力がある。

ちなみに
これは1ヶ月ほど前
スクールホリデーも残すところあとわずか
という頃の話。

というわけで
次に思いついたのが

「3年生になったら、たくさん友達が出来て
 学校が楽しいぞー!」

だった。

学校が始まる
数日前から言わせていたのだが、

数日前記事にもしたように
新しいクラスには
前のクラスからの友達が1人もいないどころか、
いじめっ子のAくんまでいる。。。

しまった。。。

魔法が効いてない!
これじゃ、
説得力がない

それでも
毎日

「新しいクラスで、新しい友達をつくるぞー!」

「学校は楽しいなぁ!」

と言わせていた。

それから数日後、
学校から
こんなメールが来た。

「生徒数の急激な大幅増大につき、
 クラスの再編成をします」

各学年、一クラスずつ増える事になった。

そして
なんと
ミーナは、その新しく増えたクラスに移動することになり、
もちろん、
Aくんとは離れ(しかも校舎まで別棟に離れた)
プレップの時からずっと同じクラスだった
Aちゃんとまた再び
同じクラスになった。
ミーナとAちゃんは
いつも遊ぶという友達ではないが、
それでもプレップからずっと知っている子がいるだけで
ミーナもすごく
心強かったらしい。
しかも、
そのクラスは14,5人ほどの少人数のクラスで
(通常一クラス25人ほど)
新しく赴任してきた男性の先生だった。

教職についたばかりで
やる気に溢れた先生。

普段
男の人を毛嫌いするミーナも
すぐに
この先生を気に入った。

そして、

新しいクラスになってから
1週間。

学校から帰ってくるミーナは
毎日
機嫌がいい。

「学校楽しかった?」

と聞くと

「うん、楽しかった。」

と答えてくれる。

さらに今日は

「新しいお友達ができたの!」

なんて言ってくれるではないか!!

恐るべし
ミーナのマジックパワー!!!

言霊という言葉があるように、
言葉には
パワーがある。
そして
思いがけず
ミーナがそれを実証してくれた。

今度は


「宝くじ1等が当たる~♪」

と言わせたい衝動に駆られるが、
人間、
謙虚さも大事。


ミーナの魔法がパワーアップするまで
もうちょっと待とう。


↓煩悩まみれの母より
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ





スポンサーサイト
2012.02.10 Fri l 子供のこと l コメント (14) トラックバック (0) l top

コメント

No title
おお!すばらしい!!

でも確かに「楽しくない」って思ってても、意識して「楽しい楽しい」って口に出してたら、ほんとに楽しくなるし、その逆もありますよね。
楽しくなくてもなんとか笑顔を作っていたら楽しくなるし。

願い続けていれば思いは届くといいます。私もオーストラリアに帰りたい帰りたい、と思っていたら住めるようになりました!

でも奇跡のクラス替え!はすごいかも。
A君と離れてよかったですね、って大人が言っていいのかは分からないけど。
ミーナちゃんが楽しく1年間を過ごせますように。
2012.02.11 Sat l 結. URL l 編集
スゴイ!!
スゴ過ぎます!
今、20年以上住んでいたゴールドコーストから
日本に引き揚げて、
冬の日本でかなりネガティブになっている母に、
その魔法を教えたい、と思いました。
2012.02.11 Sat l ちりとて. URL l 編集
No title
信じられないけど、言葉のエネルギーがはなつ波動が物事を変えるというのはあるらしいです。 特にポジティブな言葉は良いらしいです。 私もやってみたくなりました。 
でも、読んでいて一番嬉しかったのは、ミーナちゃんのクラスが変わってAと解れたことが、嬉しかったかな? v-437
2012.02.11 Sat l ゴルッテリア. URL l 編集
結さんへ
子供は純粋だから、言葉のパワーも
また強いんでしょうね。
私も、さすがにクラス替えには
びっくりしました。
でも、逆に
これからは、
口に出す言葉には気をつけないといけないですね(笑)
2012.02.11 Sat l kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
あぁ、20年もGCにいたら
冬の日本は辛いですね。。。
ぜひぜひ
魔法を伝えて差し上げてくださいね!!
そして、
1日も早く気持ちが元気になりますように。。。
2012.02.11 Sat l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
私も最近はできるだけ
ポジティブな言葉を使うようにしています。
そして
実は結構効き目ありますよ!
でも、
ミーナのクラス替えはびっくりですよね。
校舎まで離れてしまったのは
すごいです。
2012.02.11 Sat l kovachan. URL l 編集
No title
言葉って大切ですね。
子どもも"I can't to do it"って言っているとほんとにできないけど、
"I can I can・・・・" って言いながら物事をやると、ほんとに
できたりしますよね。不思議。
暗示っていうこともあるんでしょうけどね。

さあ、「念」を送って宝くじでもスクラッチでも買ってください。
ご報告をお待ちしております。
2012.02.12 Sun l まんぼう. URL l 編集
No title
昨日書きたかったのですが、思い出せなく書けませんでした。  多分、kovachanは知っていたと思うのですが、これ 言霊(ことだま) と言うのです。 昔からあった手法のようです。 私も仕事時代には何度かトレーニングを受けました。  良いこと思い出したので、私も今日から実践です。 
宝くじ当たったら、kovachanに少しおすそ分けしなくっちゃですね。 (笑
2012.02.12 Sun l ゴルッテリア. URL l 編集
まんぼうさんへ
自分で、ダメだとか出来ないと言ってしまったら
そこまでなんでしょうね。
子供は可能性をたくさん秘めてる分
いつも
I can!と言っててほしいですね。
2012.02.12 Sun l kovachan. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
会社でもそういうトレーニングがあるんですね!
画期的!
ふふふ
宝くじのおすそ分け、楽しみにしてますよ~♪
2012.02.12 Sun l kovachan. URL l 編集
No title
ちょっと違うのかもしれませんが、昨日このエントリーを読んだ後の夕食で、下の子が食べると言うからおかわりをよそったら、遊び始めてしまったんです。
いつもなら「食べなさい!早く食べなきゃダメ!」なんて怒るんですが、ふと思い出して
「○○はごはんをちゃんと食べるよい子だよ~きちんと食べてえらいね~かしこいね~」
と言いながら座らせたら、ちゃんと食べ始めた!
自分で言っておいて驚いてしまった母でした。
なるほど、言霊というんですね。
ネガティヴな言葉は思考や行動もネガティヴにするんですねー。頭ではわかってはいたけど、目の当たりにして改めて思いました。
2012.02.12 Sun l ろぼこん@ブリスベン. URL l 編集
ろぼこんさんへ
なるほど!
そういう使い方もあるんですね。
やっぱり
ポジティブな言葉ってどんな場面でも
パワーがあるんですね。
参考になりました。
私もやってみよ♪
2012.02.13 Mon l kovachan. URL l 編集
はじめまして
初めまして、こんにちは!
昨日こちらのブログを見つけて読み始めました。
過去の英語のエントリーとか大笑いしましたよ。
ポジティブな言葉、本当に大切ですよね。
シドニーでキネシオロジーというナチュラルセラピーを勉強したときも、
目標設定はポジティブな言葉を!と教わりました。
I can't do it >> I am still learning
みたいにネガティブな言葉をポジティブに置き換える練習もしました。
でもこれ、本当に効きます。言霊パワー!!
2012.04.04 Wed l 元気なゾウさん. URL l 編集
元気なゾウさん
はじめまして
コメントありがとうございます。

同じ状況でも
ネガティブにとるかポジティブにとるか
自分次第なんですよね。
私もできるだけポジティブな言葉を言うように
心がけています。
キネシオロジーですか?
初めて聞きました~
面白そうですね。
2012.04.04 Wed l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/569-f72bc506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。