上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
初めて
英語で履歴書を書くことになった。

今まで
2度ほどオーストラリアに来て
履歴書を出す機会はあったが
いずれも
日本語でOKだった。

英語の履歴書の場合
まずは
カバーレター(挨拶文)をつけなければいけないが
それは後回し。

まずは
履歴書の名前や住所など
無難なところから始めた。

日本のように生年月日を書く必要がないのが嬉しい。

まず、
つまずいたのが
学歴。

私は短大卒なのだが、
こちらには短大というシステムがない。
一応CollegeかJunior Collegeと訳すようなのだが
こちらでCollegeだと
専門学校の意味合いが強いので
なんか違和感がある。
それに
短大の英文学部国際関係学科卒って
学士じゃないし
DegreeどころかCertificateとも書けない。

さっそく
友人のSettaさん に電話をかけ
アドバイスをもらう。

彼女はやっぱり
短大はCollegeにして
英文専攻(Major)という風に書いたらしい。

さっそく参考にさせてもらう。

今度は
職歴。

日本だったら
どこどこ会社のなんとか部に勤めてました。
と書けば済むところだが
英文履歴書だと
そこで
どんな役割を担い
何を成し遂げたか
そこでどんなスキルを習得したか
など
自己アピールが必要になってくる。

これが困った。

とくに
銀行員だったころなんて
遠い昔だし
何も成し遂げた事なんてない。
習得したスキルといえば
札束の勘定が速くできること。

旦那に助けを求める。

すると

「外国為替業務において、個人そして企業など幅広い顧客層のニーズに
 素早く、そして正確に対処することが出来る。」

「全ての取り扱い外貨を正確に把握し、外国為替における多種の業務をこなせる」

そんなようなことを
スラスラと
書き始めた。

ちょ、、、

ちょっと待ってよ。

なんか、
これじゃ、私すごい人だったみたいじゃん!!

と旦那を引き止めたが

「じゃ、この書いた中にウソはある?」

と聞かれてしまった。

大袈裟ではあるが
ウソはない。

でも、
私は
謙虚さを美徳とする典型的な日本人だ。

こうやって
自分を美化することに
なんか
罪悪感を感じてしまう。

「これくらい自分をアピールしなきゃだめだよ!」

と旦那に説得されて
書いたものは
そのままにしておいた。

次は添乗員としてのアピール。

自分のやった仕事を旦那に説明すると
これまた
綺麗に文章にしてくれる。

でも、添乗員としても自分の仕事ぶりには
誇りをもっているので
それほど
こっぱずかしい気にはならなかった。

しかし
問題は現在の仕事。

スシ屋でのアルバイトはどうアピールするんだ・・・

始めてまだ3ヶ月だし、
未だに怒られてばかりだし・・・

すると

旦那は
私が2012年2月スシ屋勤務というところを訂正し
現在 スシ屋勤務と書き直した。
働いて
まだ日が浅いというところは
履歴書に書く必要はないと言う。

そして

適切な客への対応。
スピーディーな片付け、テーブルセッティング。
キッチンデューティー
チームワークとコミュニケーション力

とスラスラと書く。

「このキッチンデューティーって、、、私キッチンで働いてないよ!」

というと
「だって、皿洗いするだろ。
 それに、この間キッチンの手伝いでアボガドとレモンを切ったって言ってたじゃん
 立派なキッチンデューティーだよ」

あ、
そうなんだ。。。

というわけで
あっという間に
私の履歴書ができあがった。

それにしても
この自己アピール力の違いは
国民性の違いなんだろうか?

確かに
ミーナなんか
学校に入ったとたん毎週のように何かしらの発表があり
自分の知っていること、調べた事
考えた事などを
人前で話す機会が与えられていた。

そうやって
こちらの国の子供達は
小さいうちから
「自分を表現する」
という訓練ができているのかもしれない。

それにしても
銀行の外為窓口業務。
お客が来て両替してくれっていうから
両替していたし
送金してくれって言われるから送金していた、
というようなものなのに
それが

「幅広い顧客のニーズに対応」

となるとは
びっくりだ。

旦那は旦那で

「こんだけ色んなことしているのに
 何でそんなに自分に自信がないの?」

と不思議がっていた。

大袈裟ではあるが
決してウソではない
自分の履歴書を眺めながら、
自分を
過大評価しすぎるのも
過小評価しすぎるのも
良くないが、
もうちょっと
自分の歩んできた道に
誇りをもって
評価してあげてもいいのかもしれないな。
そんな風に思った。

国際化社会の中で
日本人の美徳を維持するのは
難しいようだ。


↓さあ自信を持って押してちょうだい!
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト
2012.04.18 Wed l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

学歴
私は外資系に長年勤めていたので、学歴では苦労しました。 私は大学には行けずに、コンピュータの専門学校を卒業したので、海外ではまったく相手にされませんでした。
日本ではまったく学歴は全く、関係なく出世しましたが、海外では認めてはもらえませんでした。 
2012.04.18 Wed l ゴルッテリア. URL l 編集
お~就職活動ですか?

どんなお仕事お探しなんでしょう。
オーストラリアでは実務経験がものを言いますし、自分に自信を持つこと、後、それにはまず自分が何が出来るか、した事があるかをしっかり把握する事が大事です。例え言われるがまま、時にはいやいややっていたような事でも、今になって役に立っている事って結構あります笑
例えば一日100件ぐらいの英語ールのやり取り、とか、宛名印刷とか、エクセルの関数、なんて事でも。

今までの経験が活かせるお仕事が見つかるといいですね。
2012.04.19 Thu l 結. URL l 編集
なるほど
あ、わたしも短大卒なんで、子供たちの学校に提出する書類なんかで、最終学歴college と書くと、子供たちから、
「お母さん、Uni 行ってないの?diploma とかないんだ。」
とガッカリされちゃいました。

ああ、日本でやっていた業務って、英語の履歴書だと、そんなふうに書くことになるんですね。
なんか、オーストラリア人の”根拠のない自信”みたいなものの正体を見たような気がします。
わたしなんて、大手商社でコピーとお茶汲みをやっていただけなんだけど、どう表現するんでしょうね。

コバちゃんの履歴書が威力を発揮しますように!

2012.04.19 Thu l ちりとて. URL l 編集
No title
こっちと日本の学校システムが違うから
履歴書も書くのに困るよねー。
日本の中学&高校はこっちでまとめてHigh Schoolになっちゃうし・・・。
しかし、Tafe のような受験も何も無く誰でも
入れるようなCollegeと学校ごとにレベルが
あってそれ相当に勉強して入った短大を一緒
にしてしまったのは腑に落ちなかったけどね・・。苦笑。

そうそう、もう何だってアピールしちゃえば
こっちのもんよ!
「私を雇わなきゃ損するわよ!」くらいの
意気込みで頑張ってねー。
・・・って近々どこかの面接受けるの??
2012.04.19 Thu l Setta. URL l 編集
ゴルッテリアさんへ
旦那の場合は逆に
学歴はいいのに全然相手にされません。
一応経済のDegreeを二つ持っていますが
スキルに結びつかなければ
ダメなんですよね。
実力次第なんだなぁと実感します。。。
2012.04.19 Thu l kovachan. URL l 編集
結さんへ
私は性格なのか
自分の出来る事よりも
自分の出来ない事ばかり考えてしまいがちなので
今回履歴書書くことで
いろいろ学びました(笑)

就職活動というほどでもなく
たまたま見つけた求人に
応募してみようかなぁという
軽い気持ちなんですけどね。
2012.04.19 Thu l kovachan. URL l 編集
ちりとてさんへ
> なんか、オーストラリア人の”根拠のない自信”みたいなものの正体を見たような気がします。

そうそう!!
ほんとに、旦那のスラスラ書く文章を読みながら
これがオージーの正体だ・・・
と思いましたよ~(笑)

コピーとお茶汲みだったら
社内のオーガナイゼーションとハイレベルのコミュニケーションスキル
になるのかもしれないですね。
2012.04.19 Thu l kovachan. URL l 編集
Settaさんへ
アドバイスありがとね~
そうなのよ
Collegeに抵抗があるのは
ちゃんと受験をしていたからなのよね。
しかも私達第2次ベビーブーム世代だから
結構な競争率だったし。
あの頃はまさか短大が世界に通用しないとは
思わなかったよね。

ジョブサーチしてたらちょっと良さそうなのがあったので
アプライしてみようと思ったの。
どうなるか分からないけどね。
2012.04.19 Thu l kovachan. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aussora.blog45.fc2.com/tb.php/581-ca84ad4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。